求人広告を有効に活用するには?媒体の選び方から原稿作成まで解説

人材採用に向けた動きとしては、たとえば合同説明会への参加や学校訪問など、さまざまな活動が考えられます。その中でも比較的始めやすいといえるのが求人広告で、かなりの費用がかかると思われがちですが、掲載方法によっては無料で出稿することも可能です。

 

そこで採用活動の第一歩となる「応募者を集める」手段として存分に有効活用するためにも、求人広告の出し方や効果的な使い方などについて詳しく解説していきます。

 

CHECK!

採用でお困りではないですか?

 

無料で求人を掲載したい方は、engage(エンゲージ)に無料登録を。Indeedをはじめ、LINEキャリア、求人ボックス、求人情報 on Facebook 、Googleしごと検索などの求人サービスにも自動で掲載されます各社の掲載条件を満たした場合

 

engage(エンゲージ)の導入社数は、30万社を突破。東証一部上場のエン・ジャパンが手掛けるサービスですので、安心して利用いただけます。(無料)

 

求人広告を出す目的とは

そもそもなぜ数多くの企業が求人広告を活用しているかというと、たくさんの応募者を集めるという目的があります。さまざまな採用活動があるように、たとえばハローワークで紹介を受けたり転職フェアに参加したりするなど、就職活動も多種多様です。

 

ただその中でも特に手軽にできるのは、自分自身でインターネットや情報誌などを使って求人を探す方法でしょう。仮に在職中であまりまとまった時間が取れない場合でも、自宅で簡単にリサーチできるなどのメリットも多数。特にWeb媒体であれば、より幅広い層の求職者の目に留まるチャンスも多いといえます。最近ではSNSで求人をしているケースも見られており、情報化社会が進んでいる昨今だからこそ、求人広告も効果的であると考えられるのです。

求人広告の種類

求人広告といっても、その種類は幅広く、掲載先となるメディアも多彩です。あくまで一例ではありますが、一般的には次のような求人広告があります。

・紙媒体

よく見られるのが、新聞折込やフリーペーパーです。特定の地域に限定して募集したい場合に、一部のエリアに集中して求人広告を出せるメリットがあります。そのほかの方法としては新聞自体への掲載や、地域情報誌への出稿など。また自社で独自に求人広告のチラシを作成し、自前で配布するのも1つの方法です。

 

・web媒体

最近特に主流になってきているのが、就職・転職専用のポータルサイトです。通常のネット検索でも表示されやすく、各サイトに会員登録している求職者に対しても、広くアピールできるのが利点でしょう。さらに紙媒体に比べて掲載できる情報量も多く、応募の段階からマッチングが図りやすい特長も。そのほかには先ほども出てきたSNSや、自社のHPに採用ページを設置する方法もあります。

求人広告を掲載する流れ

ではここからは、近年特に主流になってきている、就職・転職サイトを使った求人広告の掲載方法についてご紹介します。実際に求人広告を出すには、どのようなステップが必要なのかを具体的に説明していきます。

求人広告を出す媒体を選ぶ

求人広告を出す準備段階として欠かせないのが、掲載する媒体の選定です。たとえば先ほども出てきたように、自社のHPがある場合には採用ページを追加するのも1つの手ですが、やはりポピュラーなのは有名な求人サイトに載せる方法でしょう。そのメディアを使っている求職者が多ければ多いほど、採用につながるチャンスも多くなるといえます。

 

また求人サイトには大きく分けて4つの特性があり、新卒型または中途型、総合型もしくは業界特化型に分けられます。もちろん各媒体によって掲載できる内容や料金には差があるため、より有効な方法を選ぶためにも十分に検討する必要があるでしょう。

広告に載せるコンテンツを作る

求人広告を掲載したい媒体が決まったら、次は求職者に「応募したい」と思わせるような内容を作る段階に入ります。もし求人サイトを使う場合には、出稿の問い合わせ後にまずは営業担当との打ち合わせに入るのが一般的です。そこで予算や掲載期間などの希望条件にあわせて、広告のプランニングをしてもらうことになります。

 

その後は取材やヒアリングなどを通じて、求職者にアピールできる情報を収集。採用担当だけでなく、現場社員にインタビューする場合や写真・動画の撮影もあるため、事前に協力をお願いしておくのがベストです。なおインタビューであれば、「入社して良かったエピソード」などをまとめておいてもらうと良いでしょう。そして最終的に、基本は先方の制作専門スタッフによって原稿を作ってもらえます。ただし制作チームがいなかったり格安メニューだったりする場合には、出稿者自身で求人の内容を記載することもあるので覚えておきましょう。

出稿する

すべてが完了し原稿の最終チェックができたら、各媒体に入稿して求人広告の掲載が開始されます。特に掲載前の確認では、情報に間違いや漏れがないか十分な注意が必要です。ミスがあるまま載せてしまうと応募者に混乱を招くだけでなく、たとえば給与といった重要なデータが誤っていては、企業に対する信用性にも関わってくるでしょう。求人広告は応募者にとっての第一印象にもなるので、しっかりと見直すようにします。

求人広告で注意しておきたいポイント

求人広告を作るにあたっては、事前に検討しておくべきポイントがいくつかあります。中でも特に注意しておきたい点について、次から詳しく見ていきましょう。

採用のコストや期間がかかる

特に有料の求人サイトを使う場合には、しっかりと考慮しておきたい部分です。たとえば有料の求人サイトであれば、一般的には掲載課金型と成果報酬型のいずれかによって料金が発生します。もちろん媒体によって価格は異なり、数万円から数百万円まで、かなりの差があるものです。さらにコストが高ければ必ず採用が成功するともいえないため、十分に検討する必要があります。

 

また求人広告を業者に依頼する際には、掲載まである程度の期間は見ておくほうが無難でしょう。仮に初回であれば申込時より10~14営業日で掲載となるのが平均的で、どうしてもすぐに載せたい場合には注意しておかなければなりません。

掲載できる表現には制限がある

求人広告には、勤務条件・仕事内容・応募資格・募集背景などの必須項目に加え、企業として何かアピールしたいポイントを載せるのが一般的です。だからといって何でも自由に書けるわけではなく、当然ながら誇張した内容や虚偽の情報は掲載できません。また中でも採用要件には注意が必要で、改正雇用対策法や男女雇用機会均等法、職業選択の自由といった観点による制限があります。

 

具体的には、年齢・性別・健康・国籍・居住地を限定した記載は不可です。たとえば「20代の女性に限る」「元気な方募集中」「外国人歓迎」などは記載できません。ただし現状表記はできるため、女性向きにしたい場合には「女性活躍中」などのように工夫することは可能です。

 

職種名についても、「カメラマン」「営業マン」「ナース」というような、男女どちらかに偏った表現もできません。「フォトグラファー」「営業職」「看護師」というように、適切な名称に言い換える必要があります。そのほかにも求人媒体ごとの規定もあるため、事前に十分に確認しておくと良いでしょう。

自由に変更できないケースも

有料の求人サイトを利用する場合には、掲載期間中の修正ができないケースも少なくありません。そのため途中で「こんなアピール内容を書き忘れていた」「給与の詳細を変えたい」などの変更があっても、対応できないこともあります。事前にしっかりと打ち合わせをしておくか、サービス内容を十分に確認しておくのがベストです。求人広告の業者を使うと、柔軟に動かしづらい点が出てくることもあるので注意しておく必要があります。

en-gage.net

無料で求人広告を掲載する方法も

最近では有料サービスだけでなく、無料で求人広告が出せるケースも増えてきています。もちろん悪徳業者というわけではなく、別の有料オプションやサイト内の広告収入による利益で賄っており、無料で求人広告の場を提供している場合が基本です。ただしいずれについても、求人広告の原稿は出稿者自身で作る必要があり、担当者によるサポートはありません。自社内で調べながら、求人広告を制作していく必要があります。

無料の求人サイトを利用

代表的なのは「ハローワークインターネットサービス」で、ハローワークのオンライン版として古くから利用されている無料求人サイトの1つです。国が運営しているため知名度も信頼度も高く、安心して使いやすいメリットも。さらに2020年にはリニューアルも行なわれ、求人票に画像も追加できるなど、職場の魅力も訴求しやすくなっています。さらには、LINEアプリ利用者向けに求人広告が出せる「LINEキャリア」や、地元情報掲示版サービスの「ジモティー」のほか、「げんきワーク」「求人Free」といった媒体が有名です。

 

en-gage.net

無料の求人検索エンジンに出稿

検索エンジン型の求人で有名なのが「Indeed」で、世界的にも展開している大規模サービスです。求職者側にとっては、媒体に関係なくインターネット上にある求人情報をまとめて検索できるメリットがあります。また企業側にとっては、アカウント登録するだけで、Indeed内に無料で求人広告を作って掲載できるのが利点です。どちらにしても手軽に利用できるのが大きな特長でしょう。そのほか、大手メディア運営会社のカカクコムが手がける「求人ボックス」や、Googleによる「Google しごと検索」なども無料の求人検索エンジンとして有名です。

 

en-gage.net

en-gage.net

en-gage.net

採用支援ツールを導入

近年はさまざまな人事管理システムがリリースされていますが、その1種として採用活動に特化したツールも数多く展開されています。こうしたツールの場合、求人広告の制作から応募者の管理まで、システム上でトータル的に対応できるケースが多数。いずれも比較的簡単に操作できるようになっているので、採用活動の負担を軽減する意味でも導入は有効的といえます。特にこれから本格的に採用活動を始める際には、体制を整えるのにも役立つでしょう。

最適な人材の採用につながる求人広告とは?

もし無料の求人広告サービスを使う場合には、プロの手は基本的には借りられません。ただしきちんと気をつけるべきポイントを押さえておけば、求める人材の採用には十分につながる原稿は作成できます。そこで以下からは、より効果的な求人広告の作り方について解説していきましょう。

求める人物像を明確にする

求人に限らず、広告制作で重要なのはターゲットを定めること。ただ漠然と自社の魅力を伝えるだけでは、それが本来採用したい人材に響く内容にはならない可能性が高いのです。そこでまずは何をアピールすべきか見極めるためにも、具体的にどのような能力や属性の人材を求めているのか明確にする必要があります。

 

たとえば体制強化に向けて若手の人材を集めたい場合には、「社会人経験は2~3年程度でまだ浅いが、これから学んでいく意欲は高い」など。細かくペルソナを設定していくことで、その人物がどんな部分を見て応募を決めるのか、企業側として訴求すべきポイントが浮かび上がってくるようになります。

コンセプトを設計する

採用したい人物像が固まったら、次は具体的何を打ち出していくべきか、求職者にアピールできる魅力を洗い出すステップに入ります。リストアップする中で、求める人材に刺さる訴求のポイントを見つけることで、最適なマッチングが図れるようになるでしょう。

 

例として、とある部署のリーダー候補として新規採用を行なう場合を考えてみます。福利厚生の充実度や残業の少なさがアピールできるポイントでも、その部分を訴求したところで集まってくるのは「働きやすさ」を重視した人材になってしまいます。

 

リーダーになりたい人物として考えられるのは、使命感やキャリアアップを求めて転職活動をしている求職者などが想定されます。であれば仕事内容そのものの面白さや、そのポストの重要度を伝えるほうが、より適した人材の応募を促せるでしょう。このように必要としている人物像と、アピールポイントの掛け合わせで、原稿の軸を作っていくと効果的です。

ネガティブな情報にも触れる

ネガティブといっても、ただ悪い印象を出すのではなく、担当してほしい仕事の厳しさや現実も伝えるほうが望ましいといえます。たとえば変則的な勤務体系になる業務であれば、「担当の案件によっては早出や残業の場合もある」など。求職者にとってはマイナスに思われるかもしれない部分も、できるだけ正確に明記しておかないと、認識のズレによる早期退職を招く可能性も考えられます。きちんと定着する人材を採用するためにも、具体的かつ正しい内容にすることは非常に重要です。企業としての誠実な姿勢を示す意味でも、求人情報はクリアにしておく必要があります。

engageなら採用活動を一括でサポート

先ほど無料サービスの項目で紹介した採用支援ツールの1つとして、特におすすめなのがあらゆるシーンで使える「engage」です。応募者の管理までまとめて使える豊富な機能があり、採用サイトも無料で制作することが可能。テンプレートに沿って文章を打ち込んだり画像を登録したりするだけなので、非常に簡単に原稿が作れます。もちろん求人の掲載もでき、無期限かつ無料で利用できるのもメリットです。

 

さらにengageで求人広告を公開すれば、「Indeed」「LINEキャリア」「Googleしごと検索」「求人ボックス」にも自動的に同時掲載されます。無料でありながらも、より幅広い層からの応募者を集められるツールなのです。

採用活動の管理にも使える

「engage」では応募者の管理機能も実装しており、採用活動の進捗確認も手軽にできるのが特長です。また応募者とのメッセージのやり取りもでき、ツール上で面接日程の調整や選考通過の連絡もできます。もちろんこうした機能も無料で、コストの心配もなく安心して活用できるのが大きなメリットです。

スカウトメールの送信も可能

転職サイトの「エン転職」と連動して使えるのも大きなメリットで、800万人もの会員を対象にスカウトメールが送れる機能もあります。たとえば学歴やスキルなどを設定して、ターゲットを定めて送信できるため、より適切な応募者を集めるのに有効的です。そのほか地域や職種というような、さまざまな属性に分けて求職者にアプローチできます。なおかつこの機能も無料で、よりコストパフォーマンスの高い採用活動することが可能です。

そのほか多彩なオプション機能あり

ほかにも、応募者の録画による選考ができる「動画面接」や、オンラインでの「適性テスト」、入社後のフォローに使える「退職防止ツール」などが利用できます。さまざまなオプション機能があり、いずれも上限付きであれば無料で利用することが可能です。一度お試しで使ってから本格的に導入もでき、自由にカスタムして活用できるメリットもあります。

 

en-gage.net

まとめ

少子高齢化や人材の流動化が進んでいる昨今では、企業の採用活動も徐々に難しくなってきているといえます。また採用活動の中でも、求人広告は人材を集める窓口であり、さらに応募者の母数を確保する重要な要素でもあるでしょう。

 

求人広告はコストや運用方法をじっくりと検討した上で、より効果的な使い方をしていけば、的確かつスムーズな採用活動にもつながるものです。さらに求人広告の出し方には幅広い選択肢があるため、しっかりと見極めて活用していくのがベストでしょう。

 

CHECK!

採用でお困りではないですか?

 

無料で求人を掲載したい方は、engage(エンゲージ)に無料登録を。Indeedをはじめ、LINEキャリア、求人ボックス、求人情報 on Facebook 、Googleしごと検索などの求人サービスにも自動で掲載されます各社の掲載条件を満たした場合

 

engage(エンゲージ)の導入社数は、30万社を突破。東証一部上場のエン・ジャパンが手掛けるサービスですので、安心して利用いただけます。(無料)