Google しごと検索(旧Google for Jobs)とは?求人掲載方法も解説!

f:id:enjapan_engage:20191008135836p:plain

  • Google しごと検索って何?
  • どういうサービスなの?
  • これまでの求人サイトと違うの?
  • 無料で掲載できるって本当?
  • どうすれば掲載できるの?

 こういったことを知りたい方に向けて書いています。

 

この記事では、Google しごと検索の基礎知識や掲載方法などをお伝えします。この記事を読めば、話題のGoogle しごと検索を使った、採用コストを抑えた採用活動をスタートできるようになります。コストをかけずに優秀な人材を採用したい方は必です

 

記事を読まずに、すぐに「Google しごと検索」に対応した求人を作成したい方は下記から無料でできます。

f:id:enjapan_engage:20191009145220p:plain

 

 

 

Google しごと検索(旧Google for Jobs)とは?

f:id:enjapan_engage:20191008135851p:plain

Google しごと検索は「Google for Jobs(グーグルフォージョブズ)」の名称で知られています。※Google for Jobsは旧名称。現在はJob Search on Googleが正式名称に変更になりました。

 

2017年6月にアメリカでリリース後、2018年8月までにアジア、ヨーロッパ、南⽶全域、中東と北アメリカ、北⽶、サハラ以南アフリカ含む14カ国でサービス提供を開始。その後、2018年後期から急激に対応国を拡大し、2019年1月23日、ついに日本でも正式に提供が開始されました。

 

サービス概要は、Web上に存在する求人情報を収集し、Google しごと検索のプラットフォーム内に表示させるというもの。たとえば、求人サイトにのせた求人情報や、自社HPでのせている求人情報などを集めて、求職者がこれまで以上に簡単に仕事探しができることを目指したサービスです。

 

少しイメージしにくいと思いますので、下の画像をみていきましょう。まず、Googleの検索バーに希望する勤務地や希望職種などの条件を入力します。今回は「営業 渋谷 正社員」と入力。すると下記の図のような検索結果が表示されます。

 

googleの検索結果画面

 


赤枠で囲った部分が、Google しごと検索に掲載された求人です。検索した「営業 渋谷 正社員」に関連する求人が表示されています。求人のいずれかをクリックすると下記のように表示されます。

 

Google しごと検索 詳細画面

 

上図の左側の項目が企業の求人情報一覧で、右側に表示されるのが求人情報の詳細です。左側の求人をクリックすると、右側に求人情報の詳細(仕事内容、応募資格など)が表示される仕組みです。

 

これまで求職者は、複数の求人サイトを訪問して自分に合う仕事を探さなければならず、その手間は小さなものではありませんでした。しかしGoogle しごと検索は、Web上にある求人情報を集めてくるので、求人サイトを複数見なくても、希望の条件を入力すれば合致する求人情報が表示されます。

 

 


求職者からすると、仕事さがしの手間が省けるようになったのです。これにより、利用する求職者が増加。そのため、Google しごと検索に求人が載っていれば、求職者にみつけてもらいやすくなっているのです。

 

f:id:enjapan_engage:20191009145220p:plain

 

Google しごと検索(旧Google for Jobs)と、Indeed(インディード)の違い


この記事を見ていただいている採用担当者の方のなかには、「Indeed(インディード)と何がちがうの?」と思われているかもしれません。そこでここではGoogle しごと検索とIndeed(インディード)の違いについて解説します。Indeed(インディード)について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

最近CMで注目を集めているIndeed(インディード)も仕組みとしては、Google しごと検索と似ていると言えます。どちらもWeb上にある求人情報を収集し、検索しやすくしてくれるサービスです。ただし、細かく言うと、異なる点がありますので、違いを理解し、自社の採用活動に役立ていただければと思います。

 

Google しごと検索には広告枠がない

一番の違いは、Google しごと検索には広告枠がないことです。Indeed(インディード)にはスポンサー広告という有料広告枠があり、求人を上位に表示させることができました。

 

しかし、Google しごと検索には広告枠がありません。そのためお金をかけたからといって、求人が上位に表示されるわけではないのです。

Google しごと検索は、応募者管理機能はナシ。直接求人も投稿できない

もう一つ大きな違いは、Google しごと検索には応募者管理機能がないこと。求人サイトやWeb上にある求人サイトから求人情報を収集しているだけなので、応募者の管理をすることができません。また直接求人を投稿することも不可。一方でIndeed(インディード)であればこれらが可能です。 

Googleで検索した場合、Indeed(インディード)よりも上位表示されやすい

Indeed(インディード)はSEOが強く、上位表示されやすいという特徴があります。しかし、Google しごと検索はそれ以上に上位表示されやすいのです。

 

実際に「東京 営業」という検索ワードで調べてみると下記のように、Indeed(インディード)の上部にGoogle しごと検索が表示されています。このようにGoogleの検索で上位表示されやすいので、より多くの求職者に見てもらいやすいと言えます。

 

Google しごと検索 検索結果


 Google しごと検索の掲載には、構造化マークアップが必要

自動で求人を収集するGoogle しごと検索ですが、そのためには自社のサイトをGoogleのロボットが読み込めるようにマークアップする必要があります。

 

マークアップとは簡単にいうと、Webページの内容を伝えるために意味づけをする行為。求人情報には仕事内容、給与、勤務地などを記載すると思いますが、ただのテキスト情報だけではロボットはそこに何が書かれているのか認識できません。

 

そこで、仕事内容の項目には、ここは仕事内容であるという意味づけをしていく必要があるのです。それぞれの項目でこういった意味づけがされていれば、Googleが求人情報だと認識することができ、収集されます。

 

Indeed(インディード)にも同じようにロボットにクローリングをしてもらうためのルールがありましたが、Google しごと検索ではそれ以上にエンジニア的な知識が必要になってしまいます。そのため社内のシステム部やエンジニアなどに依頼をして指定の通りにマークアップしてもらう必要があるでしょう。

 

f:id:enjapan_engage:20191009145220p:plain

 

 

Google しごと検索(旧Google for Jobs)の効果は?

f:id:enjapan_engage:20191008140225p:plain

 

Google の新しい求人情報検索機能を活用してコンバージョン率を 大幅にアップさせた「ZipRecruiter」。海外の企業ですが、Google しごと検索を利用することで、コンバージョン率を4.5倍に増加させました。

 

考えてみればそのはず。Google しごと検索は、Googleの検索結果の上位に表示されるため、クリック率が高く、多くの方に求人情報を見てもらいやすくなります。今後サービスが普及していけば、さらなる効果にも期待できるでしょう。

 

Google しごと検索(旧Google for Jobs)の対応方法は3つ


前述したように、Google しごと検索に自社の求人を表示させるには、求人情報をWeb上に公開するだけでなく、Google社の規定の沿った形でマークアップする必要があります。ここでは、Google しごと検索の掲載基準を満たすためのマークアップの方法や、その他の掲載方法について説明していきます。

 

自社のHPの求人情報に、構造化データを追加する

1つ目は、自社のHPの求人情報に、構造化データを追加する方法です。 

構造化データとは、Webページに書かれている様々な情報が、それぞれ何を意味するのかを、Google検索エンジンなどのロボットが理解できるようにするためのデータ形式を指します。

 求人ページにおける構造化データとは、そのページの内容が「求人情報」であることを検索エンジンに明示するということです。先ほど説明をしたマークアップですね。

 

たとえば、「お仕事情報サイトの企画営業募集 ※月給26万円以上/エン・ジャパン株式会社」という文字列に対して、人間の目では「エン・ジャパンという会社が月給26万以上の企画営業を募集している」と理解できますが、検索エンジンは必ずしも意味を理解できるわけではありません。

 

そこで、あらかじめ定義された記述ルールに基づいて、エン・ジャパン株式会社が「会社名」を表すものであり、企画営業が「募集職種名」で、26万円以上が「月収」であることを伝える必要があります。これが、構造化データ(マークアップ)です。上記の記述例は以下です。

 

"@type": "QuantitativeValue",
"value": 260000,
"unitText": "MONTH"
}
}
"hiringOrganization": {
"@type": "Organization",
"name": "エン・ジャパン株式会社",
}


現在、求人情報の構造化データとして「必須」の記述とされているのは以下の6項目です。

  • datePosted(求人掲載開始日)
  • description(求人の詳細な説明)
  • hiringOrganization(社名などの会社情報)
  • jobLocation(勤務地)
  • title(職務名)
  • validThrough(求人の有効期限)※有効期限がある場合のみ

最低限上記6つの情報が記述されていれば問題はないですが、
必須以外にも推奨(任意)の記述として下記のような項目も存在します。

・baseSalary(基本給)
・employmentType(雇用形態)

なるべくこれらのような必須以外の項目も併せて、より詳細な求人情報を作成することが重要で、多くの情報を提供することで、求職者にとっての求人の質を高くします。
(※参照:https://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting?hl=ja#definitions

 

以上は、主に自社で保有しているサイト内で公開した求人を、Googleしごと検索に表示させる場合に必要な方法となります。

 

・・・なんだか難しいですよね。

 

ご安心ください。「そもそも自社で採用ページを持っていない」「求人を公開していない」「構造化データのやり方がわからない」といった企業様でも、これから紹介する2つの方法であれば、簡単にGoogleしごと検索に求人を掲載することができます。

 

Google しごと検索に対応している求人サイトに掲載する(予算がある会社向け)

自社サイトで求人を掲載する以外にも、一般にサービス展開している求人サイトを利用するという方法もあります。

 

多くの求人サイトでは、求人情報の構造化データに対応しているので、すでに求人サイトを利用している、または利用を検討されている求人サイトがあれば、Google しごと検索への対応有無の確認を行ないましょう。ただし求人サイトでの掲載が終われば、Googleしごと検索での掲載も終わりになります。 

engageを利用する(コストを抑えて簡単に対応させたい企業向け)

一般の求人サイトに掲載をする形ではない別のやり方は、engage(エンゲージ)を利用する方法です。

 

「マークアップって難しそう…」「HPをいじるなんてできない…」「Google しごと検索の掲載って難しい…」と思っている方にはもってこい。社内にエンジニアがいなくても、知識不問で、簡単にGoogle しごと検索に対応させることができます。

 

f:id:enjapan_engage:20191009145220p:plain

 

 

ところで、engageって何?

f:id:enjapan_engage:20191001151920p:plain

 

そもそも、engage(エンゲージ)って何?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。engageは、大手企業をはじめ、21万社以上が利用をしている、国内NO.1の採用支援ツールです。

 

採用サイトの作成をはじめ、求人広告の作成などを簡単に無料で行なえるengage。これまで制作会社に依頼しないと制作できなかった採用サイトを、専門知識がなくても5分ほどで簡単に作成できてしまう優れものです(しかも無料)。

 

さらに採用サイト内で求人を作成し、公開することも可能。その求人がLINEキャリアに自動で掲載されます。ちなみにengageでつくった採用サイトの一例が下記です。

 

株式会社にんべん様

engageの採用パネル

 

(ブルーウェーブ株式会社様)

engage採用ページ例

 

簡単にオシャレで、かっこいいサイトができます。写真を選んだり、テキストを入力すれば反映。サイト制作に必要なHTMLやCSSなどの知識は一切不要。フォーマットにしたがって入力するだけです。

 

LINEキャリア、Indeed(インディード)などにも無料で求人掲載できる

engageでは求人情報も作成することができ、公開すれば、前述したようにGoogle しごと検索に対応できます。また話題の『Indeed(インディード)』やLINEがはじめた転職情報サービス『LINEキャリア』にも自動で掲載されるため、求人の露出度は高まり、応募の可能性がグッと上がるというわけです。

 

engageの連携先

 

また、engageでつくった採用サイトから直接応募する求職者もいるため、応募がさらに見込めるようになるのです。

 

なんで無料で使えるの?

上記で紹介した採用サイト作成や求人作成機能はすべて無料で利用することができます。でも「そもそもなんで無料なの?」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

怪しいサービスではありませんので、ご安心を。現に大手企業をはじめ21万社以上にengageを利用していただいている実績があります。

 

なぜここまで様々な機能があるのに、無料なのかと言えば、有料サービスを用意しているため。有料オプションを利用するとさらに多機能の利用が可能に。さらに機能を追加したい、効果をより出したいときに有料を選ぶことができます。

 

当然、希望されない場合は無料でずっと利用できますし、採用サイトの作成や『LINEキャリア』や『Indeed(インディード)』などへの自動掲載は無料で利用できるのでご安心を。

 

無料ですので登録リスクはなし。気に入らなければ退会もできます。でも、きっと貴社の採用活動に役に立つはず。この機会にぜひ、ご活用ください。

 

f:id:enjapan_engage:20191009145220p:plain

 

 ※Googleしごと検索の掲載条件を満たした求人に限り、対応されます。