powered by

─ 合同会社 山立会の採用・求人情報

合同会社 山立会 
Yamadachi-kai
私たちと一緒に働きませんか?
ABOUT
私たちについて
里山は、豊かな自然や食・生活文化が残ると同時に、そこで活動する人々は鳥獣害対策の最前線として野生動物の分布拡大を抑えたり、農地、山林を守る役割を果たしています。しかし、そのような地域の多くが今、過疎高齢化問題に直面しています。里山に魅力を感じ、農業、自然ガイド、伝統産業をしたいという若者はいます。しかし、里山では需要はあってもそれだけでは食っていけないという仕事が多い(例えばジビエ、山菜、空家管理など)。そこで、一人では大変な仕事でも、仲間が集まって一つの会社として取り組めば、効率化により経営的に成り立つのではないかと考えました。当社のミッションは里山地域の課題解決、および里山の価値を創出し市場までしっかり届けること。それらを実現する手段として、里山を舞台に農業生産や新商品開発、マーケティング、野生動物調査など多角的な事業に取組む「里山総合会社」の体制構築を目指しています。
  • ミッションは、里山と市場を隔てる課題の解決と、里山の価値を創出し市場に届けること。
  • 里山を舞台とした多角的な事業に取組むことで、里山の総合的な課題解決に貢献します。
MESSAGE
私たちの想い
「里山総合会社」を創る。
里山の過疎高齢化、廃業は待ったなしの状況。人口(=お客様)が少ない里山で、若者が一人でゼロから起業するのはハードルが高い、里山にもトヨタ自動車のような大企業があってもよいのではないか、楽しいのではないか。里山で実現したい夢をもった仲間が集まる「里山総合会社」を作ることが私の夢です。自給自足ではなく最低でも公務員並みの所得を得られる経営を目指します。夢を実現するためには、諦めずに続けること、時間は限られているのですぐに始めること、時には思い切ってガツンと挑戦することというスタンスで動いています。新しいことへの挑戦と地道な現場作業の両立ができる人材を求めています。里山総合会社「山立会」はまだまだ動き始めたばかり、どうなるか分かりませんが一緒に今後の里山を模索してくれる仲間を募集いたします。
BUSINESS
事業内容
里山を舞台に、多角的な事業を実施しています。将来的には、各人の専門分野に特化していければと思いますが、現在は立ち上げたばかりなので、一人あたり2~3の事業を掛け持ちして社員同士助け合いながら事業を進めています。他に、山菜栽培も。現在は、石川県内で活動していますが、将来的には全国の里山で事業展開したいという思いもあります。里山を舞台としたものであれば、地域や社員の要望・得意分野に沿って新規事業の展開にも対応いたします。
  • 野生動物管理
    「地域野生動物管理のワンストップ専門サービス」を提供。石川県内、大型哺乳類を専門に、計画策定支援、調査、獣害対策、ジビエまで相談を賜ります。
  • ジビエ
    有害捕獲や狩猟で捕獲されたイノシシ、シカを衛生的な施設で解体し、安心で美味しいジビエとして提供しています。
  • 木滑なめこ
    菌床栽培で通年出荷しています。7つのサイズに分けていて、一番大きい「でけえなめこ」はなんと一粒30g以上。
  • 地域商社
    都市部への地域産品の配送が里山地域の大きな課題。当社は地域商社として商品開発から営業、配送までのシステムを構築します。
MEMBERS
メンバー紹介
現在の中心メンバーは、30代の男3人組。かといって3人だけで働いているわけでなく、ナメコ、ジビエ、山菜など各事業ごとに老若男女、多くの方のご協力を頂きながら取り組んでいます(パートは、なめこ7名、ジビエ1名、山菜たくさん)。女性視点も必要だと感じているので女性メンバーも積極的に募集中です。
  • 有本 勲
    山立会代表。元・クマ研究者。野生動物管理とジビエ担当。それと事務全般。
  • 木滑なめこ・山菜事業の担当
  • 地域商社事業担当
PHOTOS
  • 石川県で初めて食肉処理業の許可を得た衛生的な施設で、イノシシやシカを解体しています。
  • 山立会の事務所。白山市木滑にある旧商店です。少し(だいぶ?)古いけど納屋もあって広々。徐々に使いやすい事務所に改修したい!
  • 40年続いた「木滑なめこ」を2018年10月に事業承継しました。白山麓の伝統食材。
  • 生産しているジビエや蚕糸、ナメコを使った商品開発、地域産品の都市部への配送なども手掛けています(地域商社)。
COMPANY
アクセス
石川県白山市木滑西1番地
TEL:076-255-5579
Mail:arimoto@yamadachi.com(採用担当)
SHARE