powered by─ 株式会社b.note(古我邸)の採用・求人情報

社員紹介・プランナー未経験者(中原 麻里)

MORE INFO
{ VOICE }
提案から式当日まで携わったあの瞬間。絶対に忘れません。
(プランナー未経験者・中原 麻里)
―分業で成果が見えない。もっと自分の仕事の手応えが見てみたい―
 私はウェディングプランナー未経験で転職しています。前職は、ウェディング関係の会社で、ウェディングドレスのコーディネートとフラワーアレンジメントを担当していました。当時の会社は規模が大きくて、担当業務のみを担うような、完全に分業制でした。入社当時に期待していた、自分がコーディネートした新婦の姿やフラワーアレンジメントを、「挙式当日に見る」ということは、結局出来ずじまいだったんです。「自分のやったことが、どう映っているのだろう…」。そんな反応がとても気になったんです。仕事をしていく中で募っていたのは、この分業体制で自分がどれだけの成果を出しているのかが分からない、もやもやな気持ち。せっかくウェディング業界に入ったのだから、全てを観れるプランナーへの憧れが芽生えていったんです。そして、新卒から約6年勤めた会社を離れることにしました。


―最初から最後までプランニングする、緊張と感動―
 複数社のブライダル会社を受けた中、提案の最初から式当日まで全部出来るところに惹かれてこの会社に入社を決めました。プランナー未経験で入社したので、色々と教わりながら入社4ヶ月で最初の結婚式を担当をすることが出来ました。最初にご担当させていただいたカップルは、なんと新婦が妊婦さん。マタニティでのウェディングなので時間が限られていて、すべてが前倒し。教わったことを次の日にすぐ実践するようなスピード感でした。今振り返ってみればよく頑張れたなぁと笑。未熟ながらも、なんとか成功させたい一心で自分なりに試行錯誤をした日々でした。当日まで、本当にあっという間。部署を超えて色々な先輩に助けてもらいながら、なんとか無事に式を終えることができました。あの瞬間はやっぱり言葉では言い表せないです。そのお客様は出産された後も会いに来ていただいており、私の中で忘れられない大切な思い出です。


―未経験のアイデアも"即採用”。良いものはその場で採用される―
 入社して良い意味で驚いたのは、自分の意見を発信出来て、すぐに採用してくれるところでした。昔から面白そうなアートの展示やファッションイベントがあると観に行っていて、「いつかこんな人たちとコラボレーションが出来ると良いなぁ」って思っていたんです。そんなふんわりしたアイデアを提案したら、すぐ採用してくれたんです。実際に、提案した中から、新しいドレスショップとのお付き合いが始まっています。今は引出物として、コラボレーションしたいお店とも交渉中なんですよ。もちろん、自分が本当に「イイ!」と思っていたし、お客様にもオススメしたアイデアなんですが、それをちゃんと聞いてくれて採用されることなんて驚きでした。前職では分業制で、そんな場面すらなかったので。元々アンテナを広げて色んなことに触れていたい性格なこともあり、もっともっと提案の幅を広げていきたいです。そしてこの職場はそんな意見が求められているんだと思います。
採用ページTOPへ戻る
SHARE