仕事探しに役立つノウハウをお届けするメディアです

週休2日制と完全週休2日制の違い

求人情報で必ずといっていいほどチェックする休日休暇の項目。どれくらい休日があるのかは、誰もが気になるポイントです。しかし、週休2日制と完全週休2日制の違いは意外と知られていません。そこで今回は、求人情報でよく見る用語のなかでも完全週休2日制と週休2日制にフォーカス。それぞれの用語の意味を正しく理解し、入社後のミスマッチ防止に役立ててください。

 

CHECK!

自分にぴったりの求人を見つけたいなら、求人サイト「エンゲージ」がオススメです。

エン・ジャパンが運営する「エンゲージ」は100万件以上のお仕事を掲載中。

 

「在宅OK」「人気の事務」「家チカ」「年間休日120日以上」など

豊富な求人があるので希望に合った仕事が見つかるはず!

 

また入社後のミスマッチにならないように仕事探しができるのも特徴です。

「企業の採用HP」や「企業の口コミ情報」など詳細情報もあわせて閲覧できます。


完全週休2日制とは?

完全週休2日制とは、1年を通して、毎週2日の休日があること。たとえば、毎週土曜と日曜、水曜と日曜が必ず休みになる場合などを指します。

 

  • 完全週休2日制(土・日) ⇒ 毎週土曜と日曜が必ず休みになります。
  • 完全週休2日制(水・日) ⇒ 毎週水曜と日曜が必ず休みになります。
  • 完全週休2日制(日・他1日) ⇒ 毎週日曜と他の曜日1日が必ず休みになります。
  • 完全週休2日制(シフト制) ⇒ シフトに応じて必ず毎週2日の休みがあります。

 

では、「完全週休二日制(土・日・祝)」と記載されている場合は、何曜日が休みになるのでしょう。正解は、祝日のある週は土曜と日曜のどちらかと、祝日(土曜と日曜のどちらかは出社となります)。求人情報で完全週休2日制(土・日・祝)と記載されている企業に入社しても、ウッカリ土曜、日曜、祝日と連休にしないように注意しましょう。

 

※毎週の土曜と日曜、祝日が必ず休める場合は、「完全週休二日制(土・日)、祝日」と表記されます。

週休2日制とは?

週休2日制とは、1年を通して、月に1回以上2日の休みがある週があり、他の週は1日以上の休みがあることです。たとえば、毎週日曜と第2水曜が休みとなる場合や、1年のうち1月、4月、7月、10月の第2土曜だけ出社する場合などを指します。

 

  • 週休2日制(日、第2・3・4水曜) ⇒ 毎週日曜と第2・3・4水曜が必ず休みになります。
  • 週休2日制(日、月2回土曜日) ⇒ 毎週日曜と月2回土曜が必ず休みになります。
  • 週休2日制(土・日 ※年4回土曜出社日あり) ⇒ 基本的に毎週土曜と日曜が休みですが、年に4回土曜出社日があります。

 

では、「週休2日制(月7日 シフト制)」と記載されている場合は、何曜日が休みになるのでしょう。休みの曜日は月によって異なる、というのが答え。毎月7日の休みがあるということと、月に1回以上2日休める週があり、他の週は1日以上の休みがあることは確定していますが、具体的な曜日は月のシフトによって異なります。飲食やアパレルなど、サービス業界の求人情報で目にする機会が多いでしょう。

ケーススタディ|完全週休2日制?それとも週休2日制?

最後にケーススタディで、おさらいをしてみましょう。以下のケースは、週休2日制でしょうか?それとも完全週休2日制でしょうか??

 

【Question】

1.基本的に土日休みなのですが、1年のうちに、4月の第2土曜だけ出社する場合は?

2.1年を通じて、1ヶ月のうちに休めるのは毎週日曜と第4土曜だけの場合は?

3.飲食店で、1年を通じ、シフトに応じて毎週金曜・土曜・日曜以外で必ず2日休める場合は?

…いかがでしょうか?それでは、答えを解説します。

 

【Answer】

1.週休2日制

⇒ 休日が1日しかない週が1週でもある場合は、完全週休2日制にはなりません。

2.週休2日制

⇒ 1年を通じて、月に1回以上2日休める週がある場合は、週休2日制になります。

3.完全週休2日制

⇒ 1年を通じて、毎週2日の休日がある場合は、曜日に関わらず完全週休2日制になります。

 

以上が、完全週休2日制と週休2日制の違いです。入社後に「あれ?もっと休めると思ってた…」とならないためにも、正しく理解しておきましょう。

 
CHECK!

自分にぴったりの求人を見つけたいなら、求人サイト「エンゲージ」がオススメです。

エン・ジャパンが運営する「エンゲージ」は100万件以上のお仕事を掲載中。

 

「在宅OK」「人気の事務」「家チカ」「年間休日120日以上」など

豊富な求人があるので希望に合った仕事が見つかるはず!

 

また入社後のミスマッチにならないように仕事探しができるのも特徴です。

「企業の採用HP」や「企業の口コミ情報」など詳細情報もあわせて閲覧できます。