仕事探しに役立つノウハウをお届けするメディアです

研究開発とは、どんな仕事内容なの?

研究開発とは、研究によって得た知識なり技術を商品として開発する仕事のこと。基本的に理系職で、理学部、農学部、工学部などを出身した人が就くことの多い職種です。難しそうなイメージが強いこの職種ですが、具体的にはどのような仕事を手がけているのでしょう。今回は、研究開発の仕事内容について解説します。

 

CHECK!

自分にぴったりの求人を見つけたいなら、求人サイト「エンゲージ」がオススメです。

エン・ジャパンが運営する「エンゲージ」は100万件以上のお仕事を掲載中。

 

「在宅OK」「人気の事務」「家チカ」「年間休日120日以上」など

豊富な求人があるので希望に合った仕事が見つかるはず!

 

また入社後のミスマッチにならないように仕事探しができるのも特徴です。

「企業の採用HP」や「企業の口コミ情報」など詳細情報もあわせて閲覧できます。


研究開発に求められる能力ってどんなもの?

研究開発に求められる能力は、基本的に理系の知識・能力です。実際、研究開発の現場で働いている人の多くは、理学部、農学部、薬学部、獣医学部、工学部といった理系学部の出身者たち。理系学部出身であることが重要だといえるでしょう。

また、研究開発はいわゆる研究職/技術職であるため、常に知識・技術を研鑽し、学び続けるという資質も必要です。常に最新の知識と技術についていける勤勉かつ優秀な人材が求められているといってもいいでしょう。

研究開発に向いてるのはどんな人?

研究開発は明確な目的をもって行なわれており、長期間にわたる研究・技術研鑽が必要とされる場合が多くあります。研究開発を目指す人は、長い目で自分の研究を冷静に俯瞰できる人が向いているといえるでしょう。

また、今ある技術や商品に対して「何」を付加すれば新しい価値を生み出せるかを常に考えて研究テーマを見つけられることも必要です。ひらめきと持続力、この2つを兼ね備えている人が良い研究開発者といえるのかもしれません。

研究開発の問題点って何?

研究開発員の多くは大学院で修士コース、博士コースを取得しています。しかし、経験を積み知識や技術を身につけたにも関わらず、企業に入社すれば何か偉大な発明をしたとしても、個人として評価される機会は多くありません。この問題は早期から取り上げられ、多くの議論を呼びました。

しかし現在では多数の企業が研究員のキャリアパスを重視した体制を整えつつあり、改善が図られてきているようです。

以上が、研究開発という仕事についての解説です。たった一人の研究員のアイデアから企業の未来を変える新製品が開発できそうな場合でも、個人プレーでは成し遂げられません。大切なのは、チームプレー。個人の主張も大切ですが、いかに周囲を巻き込んでいけるかどうかが研究開発として大成するためには欠かせないポイントだといえるでしょう。

 
CHECK!

自分にぴったりの求人を見つけたいなら、求人サイト「エンゲージ」がオススメです。

エン・ジャパンが運営する「エンゲージ」は100万件以上のお仕事を掲載中。

 

「在宅OK」「人気の事務」「家チカ」「年間休日120日以上」など

豊富な求人があるので希望に合った仕事が見つかるはず!

 

また入社後のミスマッチにならないように仕事探しができるのも特徴です。

「企業の採用HP」や「企業の口コミ情報」など詳細情報もあわせて閲覧できます。