powered by

─ 株式会社ユニックの採用・求人情報

careers at
株式会社ユニック
数値解析で社会に貢献を!
MESSAGE
数値解析で社会貢献を!
初めまして。(株)ユニックの人事担当藤永と申します。
当社は、数値解析を専門とするコンサルティング・エンジニア企業です。
「数値解析」ってご存知でしょうか。
理系出身の方は、「数値解析」を学ばれた方も大勢おられるかもしれません。
しかし、一般的には、「数値解析」の仕事と言われてもピンとこない方が多いと思います。
「数値解析」とは、物理現象を解析コードを使って数値的に表現することです。
物理現象といってもいろいろあります。
わが社は地震や津波などの自然災害や、土木構造物を対象としています。
日本は地震大国であり、2011年3月に起こった東日本大震災や、1995年1月の阪神淡路大震災など、
大きな地震が起これば、被る被害は計り知れません。
そんな大震災に対して、数値解析でできることは小さなことかもしれません。
それでも、数値解析で社会に貢献をしよう。それがユニックです。
BUSINESS
他に類例の少ない「数値解析に特化した専門家集団」として、
1970年の設⽴以来、信頼を築き上げてきました。
沿岸部における津波対策、構造物の耐震性や地盤の安定性検討などに対するニーズが急速に⾼まる中、
当社の技術⼒への期待は益々⾼まっています。
イチから数値解析を学び、次代を担ってくれる⽅をお迎えしたいと考えています。
  • 【主な業務】
    建設・⾃然災害・環境に関わる数値解析業務
    ■コンピュータによる各種数値解析とシミュレーション
    ■各種解析コードの開発
  • 【水理部門】
    主に過去の津波の解析データを基にした、予測される津波のシミュレーション、 津波ハザードマップの作成、沿岸施設の安全性検討などを⾏います。
  • 【地盤構造部門】
    主に土木構造物(カルバートやコンクリートの地中構造物、ビルなど)の耐震性検討や、地震に対する地盤の安定性評価などを⾏います。
  • 【顧客】
    建設コンサルタント、電⼒会社、ゼネコン、地⽅⾃治体など。
    近年は電⼒会社からのご依頼が多くなっています。
ABOUT
惨禍を繰り返さないために、どれほどの対策が必要なのか――?
東⽇本⼤震災以降、沿岸部の⾃治体や電⼒関連施設などにおける津波対策が急がれています。
浸⽔、氾濫の被害を防ぐ防波堤、防潮堤の設置が切迫感をもって進められる中、
予測される地震規模に基づいた「津波のシミュレーション」を⾏うのが、私たちの仕事です。
  • 少数精鋭の技術者集団。フレッシュな方の仲間入りを心待ちにしています。
  • 数値解析が未経験の社員も技術者として成長しています。
COMPANY
東京都目黒区駒場3-5-18
SHARE