powered by─ 株式会社つながりの採用・求人情報

弊社のスタッフ紹介

MEMBERS
  • 鈴木 可奈恵
    私は前職では美容師だったのですが、お客様1人ひとりに向き合う接客スタイルは共通していると思います。

    大きく違うところは、トレーナー全員が「お客様に元気になってもらいたい」という共通認識を持ち、

    お店が一体となってすべてのお客様に丁寧にサポートする姿勢です。

    たとえ自分の担当じゃなくても、お店のお客様には皆が親身に接する風土が『Dr.ストレッチ』のいいところではないでしょうか。

    お店同士の交流も盛んで、近い店舗と悩みを共有したり、技術のブラッシュアップを目的とした練習会も月に1回ずつ開催されます。

    また、店長に昇格するときは店長プレゼンというものを行ないます。

    私も地元で応援してくれている父母に私の頑張りを示すために、店長になりました。私の夢は複数店舗を任されるマネージャー職ですね。

    この仕事に就くようになり、より人に興味を持つようになりました。

    人材育成の面で、会社に貢献していけたらと思っています。
  • 館野 花歩
    学生時代はバスケットボール部に所属し、部活に明け暮れていました。

    しかし、怪我に悩まされた時に治してくれた病院の先生に憧れ、自分もスポーツ選手やお客様の身体のケアに携わりたいと思い、今のトレーナーの職を選びました。

    今では一人でも多くのお客様に喜んでいただけることにやりがいを感じています。

    是非スポーツの経験を活かし一緒に頑張りましょう!!
  • 佐々木 遼介
    小学校3年生から野球を始めました。高校では、親元を離れ岩手県に行きました。

    大学進学も野球を続けましたが、ダルビッシュ有選手と同じ右肘内側側副靭帯再建術(通称トミージョン)をしてしました。

    ベストな状態に戻れず、大好きな野球を引退。

    自分と同じような経験をしてほしくないので、『Dr.ストレッチ』のトレーナーになりストレッチの大切さを知ってほしいと思っています。

    お客様と「体の変化」を一緒に感じて頂けたら僕は幸せです。

    一緒に頑張りましょう!!
  • 中島 亜星
    中学校の時ピストルの音がかっこいいと思ったことがきっかけで陸上競技部に入りました。

    一番遅かったのもあり、朝から晩まで毎日練習を重ねました。

    その結果、3年の時に県で優勝することが出来ました。

    しかし、高校3年の時にケガをし、走ることが出来なくなってしまう。

    そのとき自分と同じような人を減らすと決めました。

    大学では、陸上部の立ち上げ、部としての運営に力を注いできました。

    人の為に自分のすべてを捧げる。そのために常に自分を変えていく。

    出会いに感謝し、今日もお客様との時間にすべてを注ぎ込んでいきます。
採用ページTOPへ戻る
SHARE