powered by─ トライコーン株式会社の採用・求人情報

社員紹介

MEMBERS
セールス・マーケティング部門

S.K.
LINEと連携したメッセージサービスのコンサルティング営業を担当
  • 電話や会議でお客様とコミュニケーションをとったり、提案するサービスの資料を作成したりしています。
  • 相手に合ったサービスを提供するにはまず知識が必要なので、業界動向を中心に様々な知識を蓄えています。
  • 趣味は、海外に行くのが好きです。
MORE INFO
社員に聞く7つの質問

(S.K.)
- Q1 趣味は? 
-フットサル、アウトドア、料理です。得意料理はパエリヤです。
自分で言うのもなんですが、ほんとに美味いです。

- Q2 どんな学生時代を送ってましたか? 
-国内外問わず旅してました。

- Q3 トライコーンへ入社したきっかけは? 
-IT業界という最先端のフィールドで、チャレンジしていきたいと思ったからです。

- Q4 仕事のやりがいは? 
-お客様の課題解決を通して、世の中の仕組みを便利にしたいという思いを形にできることです。

- Q5 トライコーンの魅力とは? 
-フラットな雰囲気で、チャレンジできる風土があることです。

- Q6 社内で自主的に取り組んでいることは? 
-お客様の要望や悩みを察知できるように、自身の想像力を養うためにも日ごろから情報収集しています。

- Q7 就活中の皆さんへメッセージ。 
-自身の強みを認識して、それを活かすことができるかという視点で探してみるのも良いかもしれません。
最後まで楽しみながら就職活動を頑張ってください。
MEMBERS
デザイン部門

M.N.
デザインや制作だけでなく、代行作業など幅広く担当
  • メール・LP・フォームなどの制作(デザインやコーディング)をしています。
  • 制作だけではなく、メール配信の代行、データメンテナンスなど幅広く仕事をしています。先輩社員のノウハウも取り入れて作業を進めます。
  • 趣味はカラオケ、ゲーム、寝ることです。
    スマホゲームをよくやっています。
MORE INFO
社員に聞く7つの質問

(M.N.)
- Q1 趣味は? 
-ゲーム、漫画、寝ることです。

- Q2 どんな学生時代を送ってましたか? 
-学園祭実行員とイラスト部に所属してました。

- Q3 トライコーンへ入社したきっかけは? 
-幅広くデザインを手がけてみたいと思っていた私にとって、
様々な業界と取引があるトライコーンはぴったりでした。

- Q4 仕事のやりがいは? 
-1つのものを制作して終わりではなく、その先の効果を上げる方法も考えたり
お客様と一緒に試行錯誤して、喜びを共有できるところです。

- Q5 トライコーンの魅力とは? 
-社員のスキルアップを後押ししてくれるところです。
書籍購入や資格取得、社外セミナーへの参加など積極的に活用できます。

- Q6 社内で自主的に取り組んでいることは? 
-報連相を徹底するように心がけています。

- Q7 就活中の皆さんへメッセージ。 
-自分が働くイメージを大事にすると良いと思います。 
イメージがぼやけている時は面接時に積極的に質問してみてください。
MEMBERS
セールス・マーケティング部門

Y.I.
CRMやマーケティングオートメーションのコンサルティング営業を担当
  • お客様の課題を聞き、トライコーンがどう役に立てるのかを考え、適切なサービスを提案する役割です。
  • サービスをご利用頂いたお客様には入念なフォローを心がけ、+αの提案もしていきます。
  • 趣味はギターをかき鳴らすことです。過去にバンド活動をしていました。
MORE INFO
社員に聞く7つの質問

(Y.I.)
- Q1 趣味は? -
ギターをかき鳴らすことです。将来はロックスターになるという野望があります。

- Q2 どんな学生時代を送ってましたか? -
主にバンド活動です。

- Q3 トライコーンへ入社したきっかけは? -
理由は3つあります。
(1)営業がやりたかった。
(2)トライコーンの事業内容に魅力を感じた。
(3)トライコーンの人達となら自分らしく働けると思った。

- Q4 仕事のやりがいは? -
やはりお客様から頼りにしてもらえることです。
サービスはもちろんですが、人柄を買ってもらえると尚更嬉しいです。

- Q5 トライコーンの魅力とは? -
手を上げればチャレンジできる環境があり、会社一体となって支えてくれるところ。

- Q6 社内で自主的に取り組んでいることは? -
自分がされて嬉しいことを周りにもするように心がけています。

- Q7 就活中の皆さんへメッセージ。 -
何かに少しでも興味を持った時が物事を始めるチャンスです。
知識の有無を問わず、まずは一歩踏み出すところから始めてみてください。
採用ページTOPへ戻る
SHARE