powered by─ 東洋エンジニアリング株式会社の採用・求人情報

一般事務職の仕事

MEMBERS
TOYOが誇る
サポートスタッフ
  • 植草 美都
    専攻:経理系
    [ 私の仕事 ]
    会社全体の資金の管理をするチームで実務を担当しています。

    財務部のプロジェクトのチームからいただいたデータと合算して会社全体の資金の実績から予算までキャッシュの流れが分かるように計算書を作成しています。

    また、社外からの借入や子会社への貸付、保有している有価証券(株式)に関わる実務(伝票の起票 等)をしています。

    [ 私のやりがい ]
    財務部で資金管理業務の借入金、貸付金、有価証券、予算 等の実務を担当しています。 

    残高の管理から伝票の起票・月報の作成まで一連の流れを担当できるので、担当業務に関係する会計や税務の知識を実務から勉強でき、やりがいを感じています。

    [ 私の目標 ]
    現在の業務に関する知識の向上を目標にしています。

    社内の先輩方に教えていただいたり、興味のある社内勉強会やセミナーには、できるだけ参加するようにしています。

    [ 将来の夢 ]
    “この人になら安心して仕事を任せられる”と言われるような人を目指していきたいと思っています。

    [ 入社以来、一番思い出に残っている出来事 ]
    資金管理業務の担当になって、初めての本決算と予算が一番印象に残っています。

    人一倍時間がかかってしまい、本当に期限までにできるのだろうかと不安ばかりでしたが、無事に終ったときは、とても達成感がありました。

    [ 私のOFF ]
    音楽を聴くこと。旅行。買い物。

    [ 学生の皆さんへ ]
    とても働きやすい会社だと思います。ぜひ一度、会社説明を聞きに来てください。


    6:00 起床。朝食。身支度。会社に向け出発。

    8:40 会社に到着。

    9:00 メールのチェック。会議用の資料の最終確認と準備。

    10:00 資金会議。

    11:10 月報資料の修正。

    12:00 1階にある食堂で昼食。

    13:00 伝票・リストの作成。

    14:00 決算に必要な資料の作成。

    18:00 退社

    19:00 友人と食事

    22:30 帰宅
  • 辻村 郁美
    専攻:英語
    [ 私の仕事 ]
    プロジェクトセクレタリー / 本部秘書業務

    [ 私のやりがい ]
    現在、海外プロジェクトでタイ発電プロジェクトのセクレタリーを担当しています。プロジェクトセクレタリーの業務内容は、主に海外出張アレンジです。長期出張者・帯同家族・社外派遣者のフライトやホテル予約、Visa手配を行っています。ホテルとVisa書類のアレンジはタイ現地のセクレタリーと連携を取りながら手配しており、コミュニケーションは全て英語です。ミスコミュニケーションの無いよう、文章作成の際には細心の注意を払っています。急な出張アレンジも多いのですが、出張者が予定通り出発出来た時とてもやりがいを感じます。また、本プロジェクトは7プラント同時進行のため、通常では1つで良い作業が7倍となり、骨の折れる作業をすることもありますが、日本側のプロジェクトメンバーは私だけですので、各部からの問い合わせや依頼事項に対応出来るよう、また滞りなく仕事が進むように努めています。

    [ 私の目標 ]
    “大型複雑案件に対応出来るプロジェクトセクレタリーになること”が入社当初からの目標です。

    [ 将来の夢 ]
    業務を通じて世界の人々の生活に貢献すること

     

    これは私の入社志望動機でもあります。

    東洋エンジニアリングでは、日本だけでなく世界を舞台にプラント建設を行っていることから、人々の生活に変化をもたらす可能性は無限大であると思っています。もし私の携わった業務が直接的なものではなく間接的であっても、それが世界のどこかの国の生活基盤となり、より良い国の発展や未来に繋がること、そして最終的にはその国で暮らす人々の笑顔に繋がると考えた時にスケールの大きさを感じました。私の業務は日本側でのサポート業務ですが、表舞台に立つプロジェクトメンバーの縁の下の力持ちとして、また、世界の人々の生活に貢献するという想いを念頭に置きながら日々精進していきます。

    [ 入社以来、一番思い出に残っている出来事 ]
    2010年の秋頃、タイ発電プラントプロジェクトにアサインされた時、あまりの多忙さからキャパシティーオーバーになったことです。

    入社以来、何件かプロジェクトを経験していましたが、現場のある大きなプロジェクトを一人で任されたのは今回が初めてでした。プロジェクトの立ち上げ時、大量の出張者手配に追われている中、私の経験の少なさから思うように仕事をこなせず、他部署からの問い合わせが一体何であるのか理解が出来ない状態が続き、さらに各部から届く7プラント分の関連書類の整理が終わらないという悪循環に陥りました。

    そんな私の状態を気にかけてくれた上司に「今自分のかかえている仕事を纏めてみて下さい。辻村さん一人では無理なようであれば、もう一人セクレタリーを入れます。」と声をかけてもらいました。

    自分の仕事を振り返り、担当している業務を纏めてみたところ、本プロジェクト以外にも掛け持ちしている業務が多々あり、それ故仕事が回らなくなっていることに気付きました。

    翌日、上司にそのことを伝えたところ、部署内及び関連部門への相談や業務調整をしてもらうことができました。

    それからは、仕事が回るようになり、本プロジェクトの業務に専念出来るようになりました。

    この出来事から、仕事をする上で大切なことを学びました。それは、「依頼されたこと全てに対してYESマンではいけない」ということです。以前の私は、自分の業務ボリュームがどうであれ、断ること無く依頼されたことは全てやってきました。しかし、それが原因でキャパシティーオーバーになり、優先的にやらなければいけない仕事にまで手が回らなくなってしまったのです。出来ることと出来ないことをはっきりさせる。出来ないのであればどういう理由で今出来ないのか、いつまでなら出来るのか、代案を提案することが必要なのだと痛感しました。こうやって文章にしてみると当たり前のことですが、当時の私は目の前にある仕事の多さから上手く業務をコントロール出来ていませんでした。普段から周囲の人たちと正直に意見を言える関係性を作ることも大切なのだと思いました。

    本プロジェクトの業務に注力出来るのも、直属の上司を含め、部署のみなさんのお陰だと思っています。感謝の気持ちでいっぱいです。

    [ 私のOFF ]
    国内/海外旅行・Cafe巡り・ネイルアート・お買い物・釣り

    先日3連休を利用して、同期と三宅島にドルフィンスイミングをしに行って来ました。竹芝ターミナルから三宅島までフェリーで移動し、翌日野生のイルカが多数生息するスポットまでさらにボートで移動、シュノーケルを付けてイルカと一緒に泳いできました。国内旅行だけでなく海外旅行も大好きで、今まで7カ国へ旅行に行きました。休暇を利用してアクティブに活動しています。同期との仲が良く、土日休みの時には早朝に南房総まで釣りに行くなど、とても充実した休日を過ごしています。

    ※写真はドルフィンスイミングに行った時の写真です。

    [ 学生の皆さんへ ]
    東洋エンジニアリングは個性豊かな人が多く、温かみのある会社です。

    職場の雰囲気もとても良く、上司ともコミュニケーションが活発に行われています。自分から手を挙げればどんどん仕事を任せてもらえますので、自分の限界を作らず、多岐にわたり意欲的にチャレンジして下さい。是非、一緒に頑張りましょう。


    7:00 起床、身支度、朝食

    9:00 出社、メールチェック、本部長・本部長代行のスケジュール確認

      出張手配(フライト・ホテル・Visa手配等)、請求書の処理、

      依頼のあっ たドキュメントの作成

    12:00 昼食。同期や職場の方と駅前にランチ。

    13:00 午前中の業務を引き続き行う、

      本部長やプロジェクトから依頼のあった仕事を進める

    17:30 退社

    19:00 帰宅、夕食

    24:00 就寝
採用ページTOPへ戻る
SHARE