powered by─ 東洋エンジニアリング株式会社の採用・求人情報

IT企画管理の仕事

MEMBERS
TOYOが誇る
IT企画管理メンバー
  • 脇寺 健太
    専攻:情報工学
    [私の仕事とやりがい]
    現在の部署では、社内向けのアプリケーションの開発・導入やICTインフラ基盤整備の推進をリードする役割を担っています。導入するシステムは海外拠点含むTOYOグループ全体で使用するため、英語でのコミュニケーションは必須となります。システム導入にあたっての詳細設計や開発・構築作業は、基本的に協力会社や外部ベンダーが行いますが、プロジェクト管理や要件定義、さらにはアプリケーション開発やネットワーク・サーバ等の幅広い知識が求められます。

    [私の専攻と業務の関連]
    大学、大学院では情報工学を専攻していました。大学ではアルゴリズム論やコンパイラ理論、自然言語処理等、ITの専門的な内容を学びました。現在の業務ではそこまでの深い知識を必要とはしませんが、日進月歩で進化するIT技術・ITサービスを追いかけられるだけの基礎知識・探究心は学生時代に身に付いたものと思います。

    [私の目標]
    システムをユーザに快適に・便利に使ってもらい、喜んでもらえること、さらにTOYOの業績向上に寄与することがIT部門に求められれていることであり、実現しなければならないことだと考えています。2010年に現部門に異動してから、そのための基盤整備に取り組んでいます。

    [入社以来、一番思い出に残っている出来事]
    2013年に、システム導入のために、海外グループ会社(インド、マレーシア、カナダ、アメリカ)に出張しました。私にとっては初めての海外出張でしたが、それぞれの会社のスタッフやオフィスの雰囲気を知ることができ、改めてTOYOはグローバルな会社だと実感しました。その後、海外のITスタッフと気軽にコミュニケーションを取れる関係になったことは、仕事を進めるうえで非常に有益な経験になったと思います。

    [学生の皆さんへ]
    情報システム部門の業務として、SIer(システムインテグレーター)との大きな違いは、自社向けのシステムを企画・開発・運用するという点です。TOYOの持続的成長のために、経営戦略に沿ったITサービスを、長期的な視野を持って提供することが求められます。グローバルに活躍したい方、TOYOの発展に、腰を据えて業務に取り組みたい方、是非お待ちしています。情報システム部門は若手が少ないので大歓迎です。

    [主なキャリア]
    2005~2006 化学メーカーの製造業務分析 @ 市原
    2006~2007 製薬会社向け製造実行システム開発 @ 東陽町
    2007~2008 証券システム開発・保守 @ 門前仲町
    2015~2016 Toyo-India向けERPシステム導入支援 @ Toyo-India
    2010~現在 TOYO ICT基盤整備 @ Toyo-Japan

     [趣味や休日]
    週末は、小学生の息子とテニスをしたり、自宅で映画鑑賞をしたりと、家族でゆっくり過ごすことが多いです。最近は息子がOne Pieceに興味を持っているので、一緒にOne Pieceについて語り合うことが多いです。
  • 齊藤 隼太郎
    専攻:化学工学
    [私の仕事とやりがい]
    IT企画管理本部では、TOYOグループ全体のIT戦略から様々なシステムの開発・運用、社員一人一人のPCの手配まで、ITに関する幅広い役割を担っています。その中でも現在私は、社内で利用している2000台以上のPCの管理・サポートを中心に、新規開発システムの企画や社内展開(ユーザートレーニング等)などを行っています。いわゆる社内SEですね。
    やりがいは、システムと業務がうまくかみ合った時に魔法のように業務が改善され、今まで得られなかった情報を得ることができるようになり、今までできなかったことができるようになることです。(逆に開発したシステムや機能が的を外して大ブーイングの時もありますが。)
    SEといっても実際の開発作業はシステム会社に依頼することが多いため、プログラミングの知識は必須ではありません。それよりも、社内の業務部門が抱える課題を抽出し、それを解決するITシステムを企画・開発するために、問題の本質を見極める力やITソリューションの引き出しをたくさん持ち、ITをよく知らない業務部門と業務をよく知らないシステム会社の橋渡しを行う能力が求められます。

    [私の専攻と業務の関連]
    私の学生時代の専攻は化学工学、その中でも伝熱工学の研究室と、ITとは直接関係の無い分野で学んでいました。しかしITの専門知識が無くとも、実験や論文作成を行う中で培われる力、例えばある事象の背景にある因果関係を考察する力、目に見えない現象を理論的に考察する力、仮説を立て検証する力、論拠を基に理論を展開する力など、論理的な思考力があれば十分にIT部門で活躍が可能です。

    [私の目標]
    ITの活用をもっと進めていき、業務の効率化や設計品質の向上を助けていきたいです。TOYOはプラント建設をその主な事業としていますが、私たちがポンプを作るわけでもなく配管を溶接するわけでもありません。私たちが扱っているのは、設計情報や調達情報や工事情報など、すべて「情報」であり、「情報」をいかに作成し共有し管理するか、「情報」を取り扱う力が競争力の源泉になると考えています。「情報」を取り扱うための技術であるITの活用を推進することで、TOYOの発展を支えていきたいです。

     [入社以来、一番思い出に残っている出来事]
    通常業務のかたわら、2013~2014年に労働組合の執行部で賃金担当部長を務め、その中で全社員の代表として経営陣との賃金交渉を行いました。単に「給料上げろ!」と言っただけで上げてくれるわけもありませんので、財務諸表を分析したり、世間や同業他社の動向と比較したり、様々な交渉材料を検証しながら経営陣を納得させるためのロジックを組み上げ交渉に臨みました。その結果、私が検討した業績連動賞与の算定式が採用され、今では全社員の賞与額の算定に利用されています。
    当時若干32歳にして社長や役員と対等の立場で会社の状況や賃金について議論し交渉する機会を持てたことは、自身の成長という観点でも大変良い機会でした。(社長や役員も、若手だからといって軽んじることなく、真摯に誠実に対等に向き合う姿勢があるところはTOYOの良いところだと思います。)
     [趣味や休日]
    会社のテニス部に所属し、毎週水曜日の練習会に参加しています。(最近サボりがち・・・。)
    また学生時代からバイクに乗っており、休日にはツーリングに出かけたり、ミニサーキットを走ってみたり(ヘタです、400ccに乗っていますが125ccのバイクに抜かれます)しています。通勤もバイクです。

    [海外生活の想い出]
    入社3年目の時、現場実習でブラジルへ3ヶ月間出張しました。それまで海外旅行に1回しか行ったことがないような海外初心者だったので、ニューヨークでの乗り継ぎも、現地での入管手続きも、自分にとっては大冒険でした。そしてブラジルはポルトガル語圏で英語が余り通じない!(たぶん日本と同じくらい英語が通じない。)「カルロスは英語話せるよ」と聞き現地エンジニアのカルロスの席に話をしに行くと、英語を話せない方のカルロスでした、なんてこともありました。そんな日々が続くと、英語が通じるかどうかなんて気にせず、「当たって砕けろ」「出たとこ勝負」で飛び込んでいく思い切りが身につきました。

    [学生の皆さんへ]
    会社選びで重要なのは「この人達と一緒に働きたい!」と感じるかどうかが一番大事だと思います。私がTOYOを選んだのも、先輩社員達の話や雰囲気から、水が合うというかしっくりくる感じがした、というのが一番大きかったと思います。その感覚は入社してからも変わりありません。
    ですので、就職活動の中で色々な人に会い、色々な話を聞いて、自分に合う会社を見つけること、それから面接などではあまり自分を作らず、ありのままの自分で臨み、それを受入れてくれる会社に入社すること、その2つがうまくいくとHappyですね。
    その会社がTOYOであれば私もHappyです!

     [主なキャリア]
    2007~2008 四日市クメンプラント能増プロジェクト(プロセス設計部)
    2008~2009 3D設計システム(SmartPlant 3D)の導入(配管設計部)
    2009~2014 ドキュメント管理システム(SHOKA)の開発、利用プロジェクトへの導入支援(「SHOKA」「Oracle」で検索すると事例紹介記事が見つかります)
    2015~現在 工事資材管理システムの開発、利用プロジェクトへの導入支援
  • 長谷川 紘子
    専攻:法学
     [私の仕事とやりがい]
    現在の業務内容は、新規システム導入、IT予算管理、IT委員会事務局です。
    新規システム導入では、他部署の業務を調査するところから、システム導入後のサポートまで一気通貫して関わり、他部署に異動した気持ちで業務を行っています。
    IT予算管理・IT委員会事務局は、全社のIT予算のとりまとめを行い、その予算の承認を全部署の本部長から得るIT委員会の事務局を行っています。
    業務で一番求められると感じるスキルは、「コミュニケーション能力」と「行動力」だと思っています。

     [私の専攻と業務の関連]
    学生時代の専攻は法律だったので、現在はITという畑違いの分野で仕事をしています。
    しかし、何事も「コミュニケーション能力」と「行動力」があれば、どこでも何でもできるのではないかと頑張っています!

    [私の目標]
    ITという変化の大きい環境で、自分も変化しながら定年まで働き続けることです。

    [入社以来、一番思い出に残っている出来事]
    部署の中でも優秀と言われている方の下で仕事をすることができたので、現在でもその方の「真似」をして業務を行っています。

    [趣味や休日]
    津軽三味線をライフワークとして楽しんでいます!
    先日、2020年の東京オリンピックでの演奏に向け、1000人規模の大合奏でプレゼンテーションを行いました。その時の衣装は五色のはんてん!私は緑色のはんてんを着て臨みました。1000人規模での演奏はとても迫力があり、今でもあの時の感動を忘れられません!!

    [学生の皆さんへ]
    一言で言えば、面白い人財・世界に出会えるのが東洋エンジニアリングだと思います!
    様々な人・環境から影響を受け世界が広がり、仕事もプライベートも両方楽しんじゃいましょう!!

     [主なキャリア]
    2009~2012 人事部旅費チーム、専務秘書兼務
    2012~現在 IT企画管理本部 IT Promotion team
採用ページTOPへ戻る
SHARE