powered by─ 東洋エンジニアリング株式会社の採用・求人情報

営業の仕事

MEMBERS
TOYOが誇る
営業メンバー
  • 松本 慎平
    専攻:会計学
    [私の仕事]
    投資計画のある企業の発掘及び営業活動。
    Toyo-China経営サポート(etc. 受注計画、人員計画、営業部門の組織力向上…)

    [私の目標]
    会社の看板に関わらず、個人として客先・協業先から信頼の厚い海外営業マンになること。
    上海駐在中の目標は中国語を使って仕事をすること。

    [入社以来、一番思い出に残っている出来事]
    Toyo-Japanの海外営業時代から3年間に追っていたインドネシアの大型肥料プロジェクト※を受注できたこと。開札後まもなくToyo-Chinaへ異動となったものの、引き続き客先の当社技術プラントへの訪問を中国で実施することになり、結果的に発掘から受注まで一貫して担当した案件です。この開札結果を利用してインドネシア以外の肥料案件でも技術優位性をアピールが出来、その後の新規プロジェクトの受注にも繋がりました。長期的な営業戦略が当たった1番の成功体験です。

    ※ インドネシアの肥料プラント16基中11基がTOYOの技術で作られています。今回の受注で12基目となりTOYOの技術がインドネシアの農業を支えています。

    [私のOFF]
    1. バドミントン(Toyo-Chinaで年に1回大会があり普段は中国人と練習)
    2. 朝散歩(自宅近くにある外灘のスタバまで朝食がてらよく散歩します。)
    3. 料理(駐在になって始めました。インド出張時に購入したスパイスでカレーを作ります。)
    4. 夏:スキューバ 冬:スノーボード(休暇取得時)

    [TOYOの社風]
    驚くほど若手に仕事を任せます。駐在員になったのも年次を考えると他社と比較して早いと思います。入社して早速バリバリ仕事をしたい人、大きい仕事がしたい人、世界を股にかけるビジネスマンになりたい人には持ってこいの会社です。

    [学生の皆さんへ]
    就職活動は繁忙期になると体調を崩したり精神的にゆとりがなくなったりと、普段遊んでいる大学生にとっては過酷な時期です(私はそうでした)。ただ、就職活動は決して悪い面ばかりではなかったと思います。自分を売り込む意味で二度とないくらい自分と向き合いましたし、社会に出てしまうと全く交流のない業界の人たちの話を聞ける貴重な経験が出来ました。社会人になる前にいろいろな業界を見て視野を広げてください。就職活動の末にどの業界に入ったとしてもその経験は無駄になることはありません。

    [ある日のスケジュール]
    7:00 起床
    8:00 出社・メールチェック
    8:30 会議資料準備
    10:00 Toyo-China月次財務報告会議
    11:30 昼食
    13:00 客先訪問対応
    14:00 出張準備(1)(プレゼン資料)
    15:30 案件状況報告会議
    17:00 出張準備(2)(提出資料)
    18:00 中国語学校、ジム
    21:00 帰宅
  • 松本 健志
    専攻:教育学
    [私の仕事]
    ・アジア地域における営業活動
    ・案件発掘・受注戦略立案、客先との商務交渉、協業先とのコーディネーション
    ・国際会議の運営サポート

    [私のやりがい]
    現在はアジアの中でもインドの営業を主に担当しており、インドは今まさに急速な経済発展の最中であるということを肌で感じる日々です。インドは1963年に当社が初めてプラントを輸出した国であり、今では約2,000人のエンジニアを抱える現地法人Toyo-Indiaが活動しています。

    Toyo-Japanのインド営業の主な役割の一つは、インドにおける巨大プロジェクトの国際入札に向け、営業活動をインド側と共同で行うことです。案件の発掘や情報の入手、客先へのアプローチ等社外への働きかけを中心になって行う一方で、戦略立案、契約・税務及び技術仕様などについて、社内や日本-インド間で擦り合わせる際の旗振り役にもなります。
    業務で求められるスキルは多岐に渡ります。インドの市況や契約・税務、客先が求めている技術などの広範な知識に加えて、次に何が起きるか考え事前に動く等々スピード感も求められます。シビアな局面に接することも多々ありますが、当社ビジネスの最前線にいるという感覚や、社内外で色々な方と接することで得られる経験や関係に対し、やりがいを感じずにはいられません。

    [私の目標]
    1.受注に貢献すること。
    2.客先・関係者と深い信頼関係を築けるようになること。
    3.世界中どこでも通用するビジネス感覚を身につけること。

    [将来の夢]
    仕事を通じて世界中の人とハートを共有し、プロジェクトを受注・成功させていくことで、世の中が今より幸せになる一助になりたいと思います。

    [入社以来、一番思い出に残っている出来事]
    中国の奥地で入社してから初めて客先と商務条件の話をした時の出来事が印象に残っています。
    今思えば準備の仕方が良くなかったことが原因ですが、相手の雰囲気にのまれてしまい、次々に話が自分の意図しない方向へ転がって行ってしまったことがありました。上司のアドバイスもあり結果だけ見ると悪くはありませんでしたが、過信していた自分を深く反省しました。
    具体的な部分での反省・対策だけでなく、どうしたら良い準備ができるのか、TOYOの人間として恥ずかしくない対応ができるのかを考える契機となりました。

    [私のOFF]
    趣味は幼稚園から続けているサッカーです。TOYOサッカー部では昼休みや土日、自分よりかなり年上の方々も激しくプレーをしており、非常に刺激的です。
    また最近娘が生まれ、休みの日は一緒に遊びます。写真はデリー事務所長が我が家に遊びに来た時に撮りました

    [学生の皆さんへ]
    世界中の人々と信頼関係を作りながら大きな仕事をしたいと思うのであれば、当社は非常に魅力的だと考えます。就職活動は自己分析、企業説明会と非常に忙しく感じると思いますが、心身共に健康に気をつけ楽しんで頂きたいと思います。ちなみに私は学生時代一旦就職活動を辞めて休学し、アジア・中東を放浪してから再スタートしました。日本社会の懐はそれ程狭くも無く、TOYOはそんな私にのびのびと仕事をさせてくれる会社です。是非充実した就職活動を行って頂き、その視線の先に当社があれば嬉しく思います。

    [ある日のスケジュール]
    7:00 起床~身支度
    8:15 出社、メールチェック、その日の予定、アクション項目確認
    9:30 社内打合せ
    10:30 打合せで出た課題につき、着手
    11:30 Toyo-Indiaに出向している営業担当と電話にて情報交換
    12:00 昼食
    13:00 会議用資料の再確認、気になった点はプロジェクト部に確認
    14:00 コスト会議。客先にオファーする価格まで決定
    15:30 会議結果書類の作成及び上司の確認
    16:30 メールチェック、現地事務所からの確認に対しすぐに回答
    17:30 客先との面談用資料作成、自分が担当する部分の他、プロセスシステム部が作成する資料も取り纏める
    19:30 契約書の読み込み気になる点をピックアップし、翌日契約部に聞きに行く準備
    20:30 回覧を読む、明日やるべきことを整理する、机の掃除をする
    21:00 帰宅
  • 南 智也
    専攻:国際政治学
    [私の仕事とやりがい]
    現在は海外営業で主にイランを担当しています。2016年1月にイランへの経済制裁が一部解除されたことを受け、新規案件の受注に向けた営業活動に従事しています。具体的な業務内容は、顧客や関係先との面談、契約金額や商務条件の交渉、未払金の督促等、多岐に渡ります。海外営業の仕事には、政治経済情勢の理解、市場・顧客・協業先・競合先の理解、商務知識、技術知識、語学力、コミュニケーション力、戦略立案力等、非常に幅広い知識と能力が求められます。高度な仕事ですが、その分、成長出来る機会も多く、それがやりがいの1つになっています。

    [私の専攻と業務の関連]
    大学で専攻していた国際政治学は、海外営業に従事する中で、国際情勢を理解する際の一助になっているかもしれません。ただ、それよりも学生時代に発展途上国でボランティア活動を行ったり、バックパッカーとして海外を旅したりといった経験を通じて、世界の広さを実感し、異文化を学び、国際問題への関心を持てたことが、現在の仕事への姿勢ややりがいに繋がっています。

    [私の目標]
    当社の使命である「Engineering for Sustainable Growth of the Global Community」という言葉の通り、当社は、エンジニアリング企業として、高度な技術力を用いて、世界各国の成長基盤であるエネルギー・インフラ産業の発展に貢献することが出来ます。私自身は、海外営業を主体としたキャリアを積みながら、当社ビジネスの一端を担える人財(※)に成長することを通じて、上記の使命の実現に貢献していきたいと考えています。そのためにも、プラントの建設現場での長期勤務、海外営業拠点への出向、期間限定での他部署への異動等、今後も様々な経験を積んでいきたいと考えています。
    ※当社では、あえて「人材」ではなく「人財」を用います。

    [入社以来、一番思い出に残っている出来事]
    最も思い出に残っている経験は、某国向けの当社尿素技術販売に関して、現地に張り付いて契約交渉を行ったことです。海外での契約交渉の機会は初めてでしたが、営業担当として1人で商務条件の交渉に臨みました。契約を締結するまで帰国が許されない状況の中で、契約交渉が纏まらずに帰国予定日を度々延期しながらも、本社の上司、先輩営業社員、契約担当者の方々の御支援をいただくことで、最終的に契約締結に至ることが出来ました。この経験を通じて、契約交渉の知見のみならず、担当営業としての仕事への責任感や忍耐力を養うことが出来たと考えています。

    [趣味や休日]
    アウトドアが好きなので、同期や友人とキャンプをしたり、冬はスノーボードをしたりして過ごしています。数年前にアウトドア好きな同期有志で千葉の田舎に土地を購入しました。当初は竹林でしたが、数ヶ月かけて切り拓き、最近は筍掘り、野菜栽培、ピザ釜作り等を楽しんでいます。ゆくゆくは家を建てようと同期で話しています。

    [海外生活の想い出]
    イランへの数ヶ月の出張を繰り返す中で、観光や国内旅行を楽しめる機会に恵まれました。また、現地での滞在を通じて、現地人の友人が出来たことも良い財産となりました。普段中々訪れることのない国や地域に出張する機会が多くあることも当社の特徴です。他方、やはり業務出張ですので、休日も仕事への意識が抜けきれず、心が休まらないこともあります。また、程度の差こそあれ、海外での生活は日本と比べて不便なことが多く、ストレスに感じることもあります。

    [学生の皆さんへ]
    当社は数百~数千億円規模の案件を手掛けるエンジニアリング会社のため、職種に関わらず、非常に高度な専門知識やスキルが求められます。その分、成長の機会も多く、やりがいも感じられ、仕事の楽しさを学ぶことも出来ます。海外勤務の機会も多くありますので、そうした仕事に興味のある方の期待には十二分に応えられる企業だと思います。技術系人財の多い会社ではありますが、事務系の方が活躍できる場も多いので、事務系の方も是非志望企業の1つとして検討してみてください。

    [主なキャリア]
    2010年4月~2013年7月 勤務地:日本/所属:国内営業
    2010年4月~2013年7月 国内顧客の国内案件担当
    2010年10月(1ヶ月) 現場実習(三重県四日市)
    2011年4月~2013年7月 国内顧客の海外進出案件担当
    2013年8月~現在 勤務地:日本/所属:海外営業
    2013年8月~現在 イラン担当
    2014年2月~2015年1月 カタール案件のプロポーザル業務
採用ページTOPへ戻る
SHARE