powered by

─ 株式会社 東奥日報社の採用・求人情報

careers at
株式会社 東奥日報社
私たちと一緒に働きませんか?
ABOUT
会社の概要について
東奥日報社は青森県内で朝刊・夕刊ともに23万7千部を発行し、県内9紙ある新聞の中で占有率55%の新聞社です。これを理由に、青森県を代表する新聞という意味で「県紙東奥日報」と言う場合もあります。 東奥日報は明治21年12月6日に創刊し、平成29年には129周年を迎えます。東奥日報の創刊は弘前市に東奥義塾を設立し、欧米文化の移入に務めた本社初代社長菊池九郎の主唱によるものです。当時県内には「官僚の御用紙」といわれた新聞が唯一発行されていました。東奥日報はこれに対抗して「自由民権」伸長の目的で誕生しました。東奥日報の前身は明治12年発刊の青森新聞、さらに系統をたどれば明治10年発刊の北斗新聞にさかのぼります。東奥日報は同じ題字で128年以上を数えますが、これを通算すれば140年弱の歴史があります。この間、時代に挑み、時代を築き、時代と向き合って青森県のすべてを記録し報道し続けてきました。 東奥日報社は青森県の発展と県民読者の公益に努めることを基本姿勢に、新聞、出版のほか、活発な各種文化事業を通じ、県民読者から厚く信頼される新聞社として確固たる位置にあります。
  • 本社社屋
  • 朝刊と夕刊、同部数発行している新聞社は全国的に見ても少数です
BUSINESS
 東奥日報社は青森県内で朝刊・夕刊ともに23万7千部を発行し、県内9紙ある新聞の中で占有率55%の新聞社です。これを理由に、青森県を代表する新聞という意味で「県紙東奥日報」と言う場合もあります。新聞報道はもちろんのこと、ウェブサイト「ウェブ東奥」、「携帯サイト」、「速報メール」、「東奥日報DVD縮刷版」、タブレット端末・スマートフォンアプリ「東奥日報タブスマ」など、多メディア事業にも積極的に取り組んでいます。
COMPANY
アクセス
青森県青森市第二問屋町3-1-89
CAREERS
採用情報
現在募集している職種はありません。
SHARE