powered by

─ 株式会社東江テクニカの採用・求人情報

株式会社東江テクニカ
地域と世界をつなげる技術
今と未来につながる事業

匠の心と技術でIT社会のインフラ整備に貢献します
BUSINESS
電気で支えるITインフラ
  • 全ては「電気」を必要とするお客様の為に――
    私たちは技術を磨き続けます。
    東京都江東区で物流をメイン事業にスタートさせた東江グループ。
    技術の追求は物流の世界だけにとどまらず、インフラ整備にまで広がりました。
    それが、1974年に設立、今年で44年目を迎えるわたしたち〈東江テクニカ〉です。

    主な事業は、
    ◆電気設備の施工
    ◆CATV伝送路設備の施工・導入工事及び保守業務
    ◆光アクセス関連設備の導入及び保守業務

    恒久的ニーズの高いメンテナンス業務には力を入れており、災害による回線の断絶などの緊急のトラブルに備えて、24時間体制で保守対応に当たっています。

    わたしたちたちが従事するのは、将来に渡り必要とされ続ける「電気」の仕事。
    近年では2011年7月の地デジ完全移行や、スマートフォン拡大に伴う通信網の整理。
    そして2020年の東京オリンピックに向け、ますますニーズと社会的責任が高まり続けています。

    地域をつなぐ、未来をつなぐ。

    わたしたちは匠の心で世界を牽引する日本の「ITインフラ」を支えています。
MESSAGE
わたしたちはいつも100%
「@tt-100.com」に込めた思い
事業を始める時、アドレスのドメインは「@tt-100.com」に決めました。
「100」には「何事も100%で取り組む」という信念を込めました。

何事も100%で取り組まないと、100点満点を取ることは出来ない。

野球で言えばバッターは10打席で10本のヒットを目指すけれど、
実際のところは3割打てれば合格の世界。
60%で臨んだら1割も打てないから、100%で取り組まないと結果は残せない。
仕事も同じ。70%や80%では合格点には到底届かない。

「自分は自分をよく見てるから常に全力しかない」
自分の中で100%を出し切らないで、結果はついてこない、そう思っています。

(イチローに感化されている事業部長の言葉より)
MEMBERS
出来る事なら、
このメンバーと一緒に笑って過ごしてほしい
毎日50名前後のスタッフが活動しています。
上は66歳から下は21歳までと幅広い年齢のスタッフが活躍し、
さまざまなバックグラウンドを持っているから、知識も経験も直接学ぶことができます。
不安な事があれば全員で支えます。
だから、事務所に帰ってきたら全員で笑いましょう。
  • 和知 栄次
    東江テクニカのボス。営業マンから、「手に職をつけなくては」と一念発起し、30代で電気工事の道へ。事業部の骨組みを作り上げたたたき上げの人。現在は事務所で全体の指揮を執りながら、現場でも辣腕を振るう。
    映画検定を持ち、ジムで自転車をこぎながら映画を見るのが楽しみのひとつ。
  • 東海林 聖也
    高校時代はプロを目指せるサッカー少年でした。料理人を嗜んだ後、電気工事の道へ進み、現在は現場と内勤をこなし、高い技術力とコミュニケーション能力で、社内外からの信頼も厚い。
    プライベートは2児のパパでもあり、最近マイホームも購入したそう。
  • 田代 真吾
    八丈島出身の天然系。人懐っこい性格からスタッフにも愛されている。
    前職は鳶職で、入社半年で独り立ちしたスピードスターで出世頭。
    現在も様々な工種の現場に出かけ、技術の向上に余念が無い。
    奥さんには尻に敷かれるタイプ。
  • 女性スタッフ
    女性スタッフは4名が在籍。日中の事務所を支えるのはわたしたちです。おしゃべりしつつ(もちろん仕事もしつつ)、事務所内が明るい雰囲気になるように努めています。
    「女性が元気な会社は成長する」なんて言われるように、お小言も言いつつしっかりと支えますよ!
COMPANY
アクセス
東京都江東区南砂1-16-8
SHARE