powered by─ 株式会社綜合企画の採用・求人情報

Be a Professional Marketing Researcher.

MORE INFO
マーケティングリサーチとリサーチャーの仕事
マーケティングリサーチとは、生活者が求めている新たな商品を開発したり、既存のサービスをより充実させるために、生活者のニーズやウォンツを探るための活動になります。このような活動を支えるのが私たち、リサーチャーの仕事です。

リサーチャーの仕事は、おおまかに次のような流れで進みます。

==========================================
企業や団体が抱える問題点や課題を捉まえ、整理します。そして、誰に(対象者)・なぜ(目的)・何のため(課題)・どこで(地域)・いつ(時期)・どのように(手法)といった5W1Hを押さえた調査計画をたてます。
==========================================
調査課題に沿った生活者の意識・思考、実態・動向などを適切な手法で調査し、データを集計したり多変量解析と呼ばれる分析を加えたり、調査対象者の発言内容から洞察を見つけていきます。
==========================================
分析をしてわかったことを調査結果報告書にわかりやすくまとめ、調査を委託したクランアントに報告し、クライアントが次の行動に進めるように支援します。
==========================================
MORE INFO
リサーチャーの仕事を通じて“得られるもの”
私たちは、リサーチャーが仕事を通じて“得られるもの”に、次のようなものがあると考えています。絶えず数字を扱うので、数字の持つ意味や背景まで紐解けるようになり、データを情報に変換できるようになります。

==========================================
クライアントと生活者の声を両方聴き課題解決の糸口を見つけるのがリサーチャーの仕事なので、情報の翻訳者になれます。
==========================================
自分が携わったさまざまな商品やサービスが、ヒット商品になったり話題を呼んだりするので自分自身に矜持がもて、クライアントの担当者と一緒に成長を実感できます。
==========================================
常に理詰めで考える癖がつくので、事象やものごとを論理的に、俯瞰してみることができるようになります。
==========================================
MORE INFO
リサーチャーの“醍醐味”は?
リサーチャーの“醍醐味”は、

==========================================
ヒット商品が世の中に発売される前から、製品開発に携われます各種メーカー(食品・飲料・アルコール・化粧品・日用品・ベビー用品・衛生用品・家電・素材他)、コンサル、流通、大学、協会、自治体など、さまざまな業界に触れることができます。
==========================================
さまざまな業界に接することで、各業界の基本構造や商品・サービスの知識も自然に身につき、ますます深くかつ横断的な提案ができます。
==========================================
業界が違う場合はもちろん、同じ業界で調査テーマや課題が多岐にわたるので、毎回飽きることなく、新鮮な気分で仕事に取り組むことができ、新たな気付きが得られます。
==========================================
業界知識が豊富なジェネラリストでありながら、リーサーチャーとして、腕一本で食べていけるスペシャリストになれる(※弊社には、社内外から“歩く飲料百科事典”と呼ばれるまでになった社員もいます)。
==========================================
MORE INFO
マーケティングリサーチ会社って、みんな同じ?
マーケティングリサーチを行う会社といっても、すべてのマーケティングリサーチ会社が同じことを行っているわけではなく、いろんな種類の会社があります。

例えば、

============================
インターネットリサーチに特化した”ネットリサーチ会社”
-------------------------------------------------
路上で調査対象者にあった条件の人を探し出し、会場で調査する”会場調査専門会社”
------------------------------------------------
調査員の手配などを専門に行っている”フィールド専門会社”
------------------------------------------------
データ入力を専門に行っている”データパンチ会社”
------------------------------------------------
集計を専門に行っている”集計会社”
------------------------------------------------
座談会と呼ばれるグループインタビューで使用する専門の部屋を貸し出している”貸しインタビュールーム会社”
------------------------------------------------
グループインタビューの司会をする人(専門的にはモデレーターと呼びます)を派遣する”モデレーター派遣会社”
------------------------------------------------
上記の一部を1社で行う中堅の”総合市場調査会社”
------------------------------------------------
上記のすべてを1社で行う大手の”総合市場調査会社”
============================


などです。

綜合企画は、小企業ですが「自社で調査の大部分を行う総合市場調査会社」に位置します。
MORE INFO
綜合企画での仕事って、大手の調査会社と比べてどこがいいの?
いろんな案件が飛び込んでくる大手の総合市場調査会社は、部門制となっています。

============================
大きく分けると、クライアントへのアポイントをとったり調査予算を管理する「営業部」
------------------------------------------------
調査企画を立て、分析・報告書作成を行う「企画調査部」
------------------------------------------------
調査員の手配や、回収された調査票を審査する「実査管理部」
------------------------------------------------
インターネットリサーチを行うための調査画面を専門に作る「画面管理部」
------------------------------------------------
データを入力し、集計を行う「集計部」
------------------------------------------------
総務・庶務・経理・法務などを行う「管理部」
=============================

などが代表例です。

大手の調査会社に入ると、上記のいずれかの部門に配属となり、そこで数年間じっくりと経験を積みます。

そして時期が来たら違う部門への配置換えとなり、そこで数年間じっくりと経験を積んでいくという、ジョブローテーションになっています。

綜合企画の場合は、入社後1~2年程度は、先輩社員の作業を通じて調査のイロハを覚えながら進めてもらいますが、その後は、一つひとつのリサーチ案件の全工程を自分でコントロールしながら進めてもらうかたちになっています。

結果、綜合企画で仕事をすると、企画立案や調査票の作り方、実査の勘所や集計、多変量解析を含む分析、インタビューの技術、洞察の発見、報告書の作り方等に至るまで、一貫してやらなくてはならないことがたくさんある分、自己の成長速度が格段に速いのが特徴です。
採用ページTOPへ戻る
SHARE