powered by

─ 株式会社食文化の採用・求人情報

株式会社食文化
豊洲市場を拠点に、「食」の世界で、私たちと一緒に働きませんか?
ABOUT
企業理念
~「食」を通して私たちが実現したい4つのこと~

1.日本の食卓を楽しく豊かにすることで、幸せな家庭を増やします
2.食を通して日本人の健康促進と『元気で長生き』を実現します
3.日本の生産者・流通業者・消費者をつなぎ、全国各地の産地振興に貢献します
4.全国各地の食文化の伝承と発展に寄与します
BUSINESS
事業案内
食文化は「食」のコンテンツと産地開拓力と物流ソリューションを核に、様々な企業とコラボレーションビジネスを展開する会社です。築地市場を拠点に数多くの商品を取り扱い、大量の画像と多種多様なコンテンツで、産地開拓~出荷までを自社内包し、一気通貫のオペレーションを実現します。
  • EC事業
    「うまいもんドットコム」「築地市場ドットコム」「dancyuドットコム」などの自社サイトの運営。Yahoo!ショッピング、楽天などのECモールへの出店。
  • コラボレーション事業
    食文化が保有するリソース(商材・写真・コンテンツ・出荷・カスタマーサポート等)を使い、他社とコラボレーションしてEC事業以外の分野を事業化。
  • 都道府県案件受託
    都道府県・全農・農協・行政機関と協業し、新しい食のプロデュースや地方創生をテーマにした商品企画を実施。
  • マルシェ事業
    食文化のリアル店舗として都内を中心に開催されるマルシェへ出店。他社と一緒に食のイベントを企画・運営。
PHOTOS
食文化の日常
食文化社員に聞きました。食文化で働くことのメリットとは?

●食べ物に詳しくなれます
●築地市場で買い物ができます
●毎日職場は美味しいものでいっぱいです
●取扱商品を通常より安価で購入できます
●食事会が定期的に開かれ、補助金も出ます
●月間MVPに輝くと、豪華食事に連れて行ってもらえます
●人工知能やロボットに取って代わられない、多様で複雑な技能が身に付きます
  • 日本の台所「築地市場」を拠点にして食文化は活動しています!2018年10月に豊洲に引っ越し予定です。
  • 代表取締役自ら産地取材をこなし商品企画に関わります。「若い者にはまだまだ負けないゾ 」by 代表萩原
  • 食の経験値を上げるために、社内で定期的食事会を開催しています。一番人気は毎年10月末に開催される「松茸の会」です。
  • 社内には商品販売前の試食がたくさん。ミルクラム(生後6~8週間の子羊)の試食会は解体から試食まで2時間以上かかりました。
MORE INFO
食文化の仕事
食文化が一気通貫のオペレーションを実現できるのは、産地開拓、商品の仕入れ、販売企画、システム管理、カスタマーサポート、出荷・・・それぞれのプロがいるから
  • 商品プロデューサーはお客様ニーズを掘り起こし、商品の仕入れ・開発・企画をします。日々、築地市場をはじめ、全国各地を飛び回って日本全国のうまいもんを探します。
  • ECプロデューサーは食文化の根幹事業である食品のEC事業において、運営管理やメルマガ配信などを始めとした、ECサイトの分析や改善立案などWEBマーケティング全般を行います。
  • イベントプロデューサーは食文化のリアル店舗として都内を中心に開催されるマルシェに出店しします。他社と協業し、イベントの企画・運営やプロモーションも行います。
  • カスタマーサポートはお問い合わせの回答・注文の確認・出荷確認などを行う他、お客様データを分析し、社内への改善施策・新サービスの立案などを行います。
  • ロジスティックスは、商品の発注・検品・梱包・出荷、在庫管理、スタッフ教育、発注作業のコストダウン化、出荷作業の効率化等物流全体のマネジメントを行います。
  • アカウントセールスは、食文化が保有するリソース(商材・写真・コンテンツなど)を使い、他社とコラボレーションして事業化を進めます。
  • WEBクリエイターはWEBページのデザイン、レイアウトの作成、写真などのイメージ加工、動画作成、コーディング(HTML,CSS)などデザインに関する作業全般を行います。
  • 社長室では経理・人事・採用・総務・法務・社員教育などの会社運営に必要な管理系業務を担います。会社全体の利益向上を目的に、社長の想いを具現化する経営戦略的な任務もあります。
MESSAGE
私たちの想い
食の未体験ゾーンへ
社名の「食文化」は当社の商いと創業理念の基本を表しています。

日本人の食は、地域性・歴史・宗教・自然環境・外国からの渡来物など、様々な要素が折り重なり、混じり合い、単に腹を膨らませる食から、文化と呼ぶに相応しい高いレベルにまで進化し、現在も進化を続けています。一方で日本の食文化は、伝統を軽んじる戦後の風潮に地方経済の疲弊、さらには全国的な少子高齢化と人口減少、経済のグローバル化などのため、各地で衰退しています。狭いように見えて、日本の国土は気候的にも多様で、単一民族と信じ込んでいるにもかかわらず、明治維新前までは多くの国に分かれ、独自の習慣や儀礼や文化を構築してきたのです。つまり、日本各地の食文化は各地の日本人の生命の源でもあったのです。日本人の食の欧米化で生活習慣病が蔓延し、がんなどの重大疾病もその顔つきを変えてきています。日本人のDNAは縄文時代、弥生時代、それ以降も長い年月を掛けて、選抜されてきたものです。数千年の年月で形作られて日本人が、そう簡単に変わるわけがないです。日本の自然が育む水や海山の恵みや発酵食品が、日本人の世界に冠たる長寿のバックグラウンドにあります。

欧米的な食生活に漬かり、加工食品と添加物まみれの食事で、日本人の免疫力はどうなのだろうか?腸内環境はどうなってしまったのだろう?国民的な問題になってしまったアレルギーだって昔はほとんど無かったはずなのに・・・今こそ、日本人の伝統的な食文化を見直し、動物としての日本人を見つめ、原点に立ち返るのが最善策なのではないかと考えます。また、観光資源としての街並みや神社仏閣同様に、地域の伝統の食はもてなしの最強の武器です。かつ、持続可能で、リピーター戦略の要でもあります。

旬の美味 季節が来れば食べたくなる。はれの食は、まさにエンターテイメントの主役であり、幸せの中心にある。そういう日本人ならではの食文化を守り育て、持続可能とするために、生産者と消費者を繋ぐのが当社のミッションです。そのために最新のIT技術を駆使し、価値を伝えるコンテンツを生み出し、生産現場の価値を消費者の食卓の価値として実現するべく、産地と商品をプロデュースし、物流ソリューションを考える。さらに、様々な業種に股がり、多種多様なアライアンスを構築して、多くの日本人に楽しんでもらう。そして、元気で長生きで、働き続けられる日本人を作るのがビジョンです。

(株)食文化 代表 萩原章史
MEMBERS
メンバー紹介
株式会社食文化は、こんなメンバーで構成されています。

●平均年齢34歳
●男女比6:4
●既婚率50%
●子持ち率25%
●女性の産休育休取得率100%
●食べることが好き率100%
  • セールス&マーケティングエゼクティブ 井上 真一
    『食のトータルプロデューサー』

    ●2005年9月入社
    ●前職は オーガニック食品専門店のバイヤー
    ●趣味は出汁を取ること
    ●紹介ページはこちら
    http://bit.ly/2C4zPkr
  • オペレーショ
    マネージャー
    加納 翼
    『オペレーション部の静かなるドン~』

    ●2010年10月入社
    ●前職(?)はバンドマン
    ●趣味はエレキギター
    ●紹介ページはこちら
    http://bit.ly/2pzlGJo
  • 商品企画
    プロデューサー
    天谷 めぐみ
    『肉とスイーツの敏腕女監督』

    ●2014年2月入社
    ●前職は食品メーカーの営業職
    ●趣味はフィギュアスケート観戦と食べ歩き
    ●紹介ページはこちら
    http://bit.ly/2oNP0Z2
  • ECプロデューサー
    佐々木 諒太
    『築地ECのゴールデンルーキー』

    ●2016年3月入社
    ●前職はプラスチックメーカーの営業職
    ●趣味はフットサルとコーヒー豆探し
COMPANY
アクセス
東京都中央区築地6-15-10-304
SHARE