白石建設株式会社の採用・求人情報

careers at

先輩情報

MEMBERS
現場で活躍する仲間たち
白石建設で働く若手社員にインタビューをしてみました。
皆さんとお会いできることを楽しみにしています!
  • Y・Oさん
    [2017年入社]
    施工管理
    Q.白石建設に入社しようと思ったきっかけや決め手について教えて下さい。

    A.元々は構造系の仕事に興味があって、企業もそういったところを探していました。でも就活をしているうちに、段々と「現場に出た方が建築について直接学べるし、幅広く勉強が出来るんじゃないか」と思うようになって、現場に出られる仕事をしよう、と思い直しました。それが大学3年の後期頃のことです。
    そこからはゼネコンを中心に企業探しをしましたが、せっかく建設会社で仕事をするのなら、色々な種類の建物を手がけるような企業が良いなと考えました。そんな時に白石建設のことを大学の先生から教えてもらって、用途も様々で見た目もユニークな建物を多く手がけていると知って、興味を持ちました。
    あとは、自分の学校と縁のある会社に入りたいとも思っていたので、卒業生が在籍していると知り、採用選考を受けることにしました。
  • M・Hさん
    [2016年入社]
    施工管理
    Q.白石建設はどんな会社だと思いますか?

    A.社員同士の交流が盛んな会社だなと思っています。
     例えばフットサルチームを作って大会をしたり、スキー部があったり、若手社員で新入生歓迎のBBQをしたり……。皆仲が良いので、自然と集まりが多くなっていますね。
     自分は球技が得意なんですけど、その話をしたら今度バスケットボール大会を企画してくれないかと先輩に言われました。
     そういった面倒見の良さみたいなのは、遊びの部分だけでなく、仕事や社内研修の中でも感じています。
     幅広い専門知識が必要な職種なので、CADの研修や定期的な技術講習の機会があるのは良いなと思っています。
     若手社員の教育に力を入れていて、技術や知識を教える・伝えるということを重視している会社なんだな、と感じています。
  • Y・Hさん
    [2015年入社]
    施工管理
    Q.若手社員の業務について、具体的に教えてください。

    A.まず朝出勤したら事務所の掃除をして、その後毎日ある朝礼の司会をしています。
     朝礼の後は現場の安全確認と作業確認ですね。現場を何周かして、危険な作業をしていないか、危険な箇所はないか、職人さんたちはちゃんと頼んだ通りに仕事をしているか、どこまで作業が進んでいるか、などの確認をします。
     それと、職人さんに材料の発注を頼まれることもあるのでその発注や、現場で必要な資材を発注するのも自分の仕事です。
     あと主な仕事は、コンクリートの数量の計算/型枠や配筋のチェック/写真の撮影/足場計画/墨出し/書類整理/発注などの作業です。
     事務所での作業は安全関係の書類や発注伝票のまとめ、写真整理などをやっています。
採用ページTOPへ戻る
SHARE