三力信和水産株式会社の採用・求人情報

最終更新日: 2024年01月13日
careers at
三力信和水産株式会社
一緒に長野に漁港を作りましょう!
VIDEO
当社イメージ動画
「長野に漁港を!」のキャッチフレーズのもと、
魚好き・おいしいもの好きが活躍する会社。
(※音声はありません)
PHOTOS
当社の特徴
抜群の鮮度と、お客様をワクワクさせる
品揃えの豊富さが、当社の強みです。
  • 提携している全国の漁港(市場)から、豊洲市場と同様のタイムスケジュールで、新鮮な魚を仕入れる物流を整えました。

    品質の確かさと鮮度の良さは、業界の中では広く知られた存在です。
  • 当社では、「お寿司屋さんのネタケース」をイメージした品ぞろえを目指しています。

    「こんな魚もあるんだ。新鮮でおいしそうだな」とお客様に面白がっていただきたい、ワクワクしていただきたいという思いから、数多くの鮮魚を仕入れています。
  • 長野県には鮮魚市場が1つしかなく、地域の魚屋さんもどんどん少なくなっています。
    その一方で県内にはホテル、旅館、すし店、料亭、居酒屋、冠婚葬祭場など、おいしい魚を必要としているお客様がたくさんいらっしゃいます。

    お客様のご要望に応える食材を提供して、長野の食文化をさらに引き上げるお手伝いをしているのが、三力信和水産です!
ABOUT
当社について
  • 【当社の概要】
    当社は、「長野に漁港を!」のキャッチフレーズのもと、北海道から九州まで全国20か所の漁港(市場)と直接取引を行い、鮮度抜群の魚をお客様に提供する卸業の会社です。

    早朝から働くのがこの仕事の特徴ではありますが、午前中でほぼ業務は終了。
    午後の時間を自由に使うことができます!

    <こういう人はぜひご応募を!>
    ・魚が好きな人
    ・市場の活気が好きな人
    ・おいしいものが好きな人
    ・食べることが好きな人
    ・長野の「食」をさらに良くしたいと思う人
  • 【仕事内容】
    魚を仕入れ、担当エリアのお客様の注文を取りまとめて配送する「ルートセールス」が主な仕事です。

    魚が入荷する前日に相場表を作り、それをお客様に発信して注文を取ります。
    最近は、ラインやメールで注文を取るケースも多いのですが、電話やFAXのお客様にも対応します。

    仕入れた魚をお客様の注文に応じてピッキングし、荷造りするのも営業の役目です。担当エリアによっては、そのまま配送まで営業が担当します。
    お客様と直接顔を合わせて話をすることで、お客様が抱えている問題を解決できたり、大きな注文につながることもあるからです!
MESSAGE
代表あいさつ
魚が好き、おいしいものを
食べるのが好きな人にきて欲しい。
魚が好き、食べることが好きな人には、うってつけの会社。それが三力信和水産です。
お客様においしい魚を届けるには、社員自身がおいしい魚の味を知っている必要があります。そこで、当社が魚を納めている料亭で食事をするなど、社員がおいしいものを「食べる機会」を増やす努力をしています。

長野県には、有名なホテルや旅館、飲食店などがあり、県内外から訪れたお客様においしい料理を提供しています。
おいしい料理を作るには、鮮度の良い、良質な魚が不可欠です。
私たちは、最高の食材を提供することで、長野県の食文化の向上に貢献している会社だと自負しています。

当社は小さな会社なので、一人ひとりの社員が、最大の財産です。
最大の財産である社員に力を発揮してもらうため、入社後、なるべく早い段階から仕入れ業務や値付けなども担当していただくようにしています。
自分で考えて判断する。小さな失敗はあると思いますが、考えて判断することを繰り返す中で、社員は皆、とても大きく成長しています。

もちろん失敗の責任はすべて私が負いますので、心おきなく挑戦して欲しいと思っています。
私は魚が好きです。おいしいものが好きです。好きだからこそ、この仕事を続けてくることができました。
ぜひ一度当社を訪ねてください。卸業の現場を見てください。そして面白そうだなと思ったら、ぜひ、私たちと一緒に仕事をしませんか。
お問い合わせを、心からお待ちしています。


三力信和水産株式会社 代表取締役社長
原田 達矢
MORE INFO
おいしものを食べよう!
おいしい食材を提供するために、
社員にもおいしいものを食べてもらいます。
三力信和水産では、おいしいものが好き、食べることが好きな人を歓迎しています。
お客様(プロの料理人)においしい食材魚を提供するには、自分たちがおいしい魚を食べ、味覚を鍛えておくことが必要と考えています。

そこで当社では週に1回、仕入れた魚をふんだんに使った海鮮丼などの「まかない」を用意して、社員にふるまっています。
全国20か所の漁港(市場)を訪ねる時は、社長と一緒に社員が同行し、現地の食文化に触れてもらいます。
また、料亭や寿司店など、当社が食材を納入しているお店に社員を連れていくなど、当社ではおいしい料理を食べる機会を増やすさまざまな努力をしています。

ちなみに賄いの内容は不定期に当社WEBサイトで発信中です。
働きながら職場でどんなご飯が出ているか興味がありましたら、ぜひ当社のWEBサイトも見てください!
https://www.sanriki.co.jp/news/
MORE INFO
もっと詳しく
質問・相談・ご応募 待っています。
三力信和水産株式会社についてもっと詳しく知りたい方はお気軽にご連絡下さい。
また、WEBサイトではより詳しい当社の情報を掲載しております。
当社の事業や職場環境、よくある質問など様々な情報を確認いただけます。

当社WEBサイトはこちら
https://www.sanriki.co.jp/
MORE INFO
社員の声
  • 営業担当 I.K
    2017年入社(出身地:東京都)

    海のない長野県にすごく鮮度がいい魚を届けるのは、面白い仕事だと思いました。


    -仕事の内容を時間軸で教えてください。
    冷凍品の担当をしています。朝2時頃に出社して、まず注文の集計を取って、ピッキングをして、お客様ごとに商品を発泡スチロールに詰めます。冷凍食品が終わったら、鮮魚や大物のピッキングを手伝います。
    それを担当エリアである上田、坂城、千曲市のお客様に届けるのがぼくの仕事です。配達エリアが遠方なので、早めに出社して道路が込まないうちに現地に着き、そこで休憩を取っています。配達が終わって本社に戻るのは、午後1時前後です。
    もともと朝は強い方なので、朝早く出社することはすぐに慣れました。


    -この業界、この会社を選んだ理由を教えてください。
    大学の時に水産を学んだので、その知識を活かすことができる業界に入りたいと思っていました。最初は魚の小売り業に就職することも考えましたが、BtoBの方がやりがいを感じられそうだと思って、卸業を選びました。出身大学は北里大学の水産学部です。
    インターシップ先を探していた時、たまたま三力をみつけて試しに働いてみたところ、社員の人たちが気さくだったことと、「長野に漁港を!」という会社のコンセプトが面白いなと思い入社を決めました。
    海のない長野県に、ものすごく鮮度のいい魚を届ける仕事って、結構面白いんじゃないかと思いました。


    -三力信和水産の良いところを教えてください。
    入社してわりと早い段階から、冷凍品の仕入れを任せてもらえたことです。
    お客様も、最初は上司の人と一緒でしたが、途中から少しずつぼく一人で担当するようになり、現在20~30軒のお客様とお取り引きがあります。
    任せてもらえると責任も感じますが、その分やりがいも大きくなります。


    -今後の展望や抱負を聞かせてください。
    上司に頼らず、お客様に頼ってもらえるような存在になりたいですね。
    先日も、カレイを切り身に加工してくれないかと相談がありました。当社では、冷凍品は基本的に加工は行っていないのですが、業者さんにお願いして切り身にして納品しました。コロナ禍などの影響で料理人が減って、なるべく手間をかけたくないという事情もあるのだと思います。
    こういうお客様の声を拾い、応えていきたいと思っています。
  • 営業係長 Y.R
    2015年入社(出身地:須坂市)

    魚の知識ゼロで入社。お客様の店に食べに出かけて、「味」から魚を覚えていった。


    -仕事の内容を時間軸で教えてください。
    午前3時に出勤して、その日のお客様の注文を電話やメールで確認して、注文をまとめます。自分はマグロの担当をしているので、まず冷凍のマグロをお客様の注文に合わせてカットします。次に、生マグロの加工に取り掛かります。
    加工が終わったら、軽井沢や佐久などの遠方に配達する商品をそろえる手伝いをします。午前7時頃になると、市内のお寿司屋さんなど、店頭買いのお客様の対応をしつつ、片付けをして。その後、市内の配達に行きます。
    マグロの加工と、商品のピッキング、配送が主な仕事ということです。
    自分は朝早く起きることにはすんなりと適応できました。


    -この業界、この会社を選んだ理由を教えてください。
    千葉県の大学に進学して、就職は長野でしたいと考えていました。出身学部は商学部で、就活の時は特にこれといってやりたい仕事はありませんでした。
    長野市の企業を探していたところ、「海のない長野県で魚屋さん」というPRを見て、なんで長野で魚にこだわってるんだろう?と思ったのが興味をもつきっかけでした。
    話を聞きにいったところ、三力が独自の仕入れルートをもっていて、全国各地から産地直送で鮮魚を集めて、なるべく鮮度のいい状態でお客様に提供していることを知り、この会社いいなとピンッときて入社しました。


    -三力信和水産の良いところを教えてください。
    自分はほぼ魚についての知識がゼロで、回転寿司のメニューくらいしか知りませんでした。そうした中で、何十年も板前をやっているお客様と対等に話すのはなかなか難しいことでした。
    でもお客様の中には優しい人もたくさんいて、こういう魚がいいんだぞ、と教えてくれました。自分でもお客様の店に食べに出かけて、味から魚を学んでいきました。今ではお客様にこれがいいですよ!と勧められるまでになっています。
    この会社のいいところは、お客様と信頼関係を築いて、その上で仕事ができること。自分がやりたいと思ったことを早い段階で任せてもらえること。おいしいものが食べられること。社員全員が話しやすい社風だということ。労働時間もそれほど長くなくて、8時間くらい働いてすぐ帰ることができることだと思います。


    -今後の展望や抱負を聞かせてください。
    仕事面では今の環境に満足していますが、できればお客様をもっと増やしていきたいですね。
    うちの会社のことを知ってもらったり、取り扱っている魚の良さを知ってもらうには、新しい社員の力が必要だと思っています。
    人が増えることで、新しい地域にも配達エリアを増やせると思っています。ぜひ入社してください!
  • 営業担当 S.S
    2015年入社(出身地:長野市)

    魚が好きな自分でも、見たことのない魚が次々と入ってくる。この会社を選んでよかったと思いました。


    -仕事の内容を時間軸で教えてください。
    出社は午前1時くらいです。FAXやスマホ、留守電などからお客様の注文を集計します。鮮魚担当のため集計作業が結構大変なので、他の人より早めに出社しています。
    その後、全国の漁港や地元の鮮魚市場から荷物が届くので、いったんすべて会社の中に入れて広げ、お客様の注文の魚をえり分けていきます。この作業が私の仕事のメインになります。
    終わったら、長野駅周辺に配達に回ります。仕事がすべて終わるのは、お昼前後くらいです。
    寝る時間が夜7時から8時くらいになり、朝早く起きることは最初のうちは慣れませんでしたが、3か月くらいで順応できました。仕事を終わって少し仮眠をとるようにしたのがよかったのだと思います。


    -この業界、この会社を選んだ理由を教えてください。
    大学はI君と同じで北里大学の水産学部です。海洋生命科学部といって、魚の遺伝情報を調べたり科学的な解析をする研究をしていました。
    でも、もともと魚が好きなんです。釣りも好きですし、子供の頃によく水族館に連れて行ってもらったことも影響しているのだと思います。
    就職先として、長野県で魚を扱っている会社を探していたところ三力信和水産をみつけました。仕事を見学させてもらって、結構面白い魚を扱っているなと思い、入社することを決めました。


    -三力信和水産の良いところを教えてください。
    私は魚が好きなので知っている魚種は多いと思っていましたが、この会社には今まで見たことのない魚種が入荷してくることです。はじめのうちは名前を覚えるのもたいへんでした。
    本当にたくさんの種類を扱っているんだな、この魚は初めて見るな、という体験の連続で勉強にもなりましたし、この会社に入社してよかったと思いました。


    -今後の展望や抱負を聞かせてください。
    新しい人が入ってくれたら、仕事の幅を広げたいと思っています。
    例えば、直接一般のお客様相手に魚を売る小売にも挑戦してみたいと思っています。
    この仕事は朝早いこともありますし、肉体労働的なこともあります。たいへんだけど、その分、新しい発見があります。魚が好きな人に、ぜひ三力に入ってもらって、一緒に仕事が出来たら嬉しいなと思います。
BENEFITS
待遇・福利厚生
  • 休日は一般的な企業と変わりなし
    年間休日数は108日に加えて、有給休暇の義務消化分の5日は会社指定ではないため、自由な日に取得いただけます。

    その他は週休二日制、夏期休暇、冬期休暇があり、閑散期のある業種のため閑散期は年間5~7日の休みもあります。
  • 週に一度の賄い
    自分たちの扱う魚介の美味しさを知ってもらうため、週に1回まかないをふるまっています。

    卸業ならではの新鮮で多様な水産物の取り扱いがあるため、色々な魚を食べて知識が身についていきます。
  • 試用期間なしで採用します
    当社では試用期間を設けていないため、採用後は正社員としてすぐに働くことができます。

    未経験の入社でも先輩が仕事を伝授していきますので安心して下さい!
MORE INFO
職場風景
  • 仕入れた魚をお客様のご希望に合わせて梱包します。
  • 海のない長野県ですが、当社の取り扱う水産物の種類は非常に豊富なのが自慢。
  • 当社ではパッケージされた水産物も取り扱っており、取り扱いは本当に幅広いです。
  • 当社では魚の解体なども時に行うので、長野にいながらマグロの解体もできます!
  • 各地のお客様の元へ社用車で配送するのも仕事の一つで、様々なお客様とのコミュニケーションが生まれます。
  • 当社で働くと、週1回のまかないを五感で楽しめます!
BUSINESS
当社の事業
当社は、「長野に漁港を!」のキャッチフレーズのもと、北海道から九州まで全国20か所の漁港(市場)と直接取引を行い、鮮度抜群の魚をお客様に提供する卸業の会社です。

早朝から働くのがこの仕事の特徴ではありますが、午前中でほぼ業務は終了。
午後の時間を自由に使うことができます!
  • 魚の仕入れ・配送計画
    各地の漁港での魚の仕入れから、長野県内の担当エリアのお客様の注文を取りまとめて配送するのが主要な仕事となります。
  • 相場表作り・注文受付
    魚が入荷する前日に相場表を作り、それをお客様に発信して注文を取ります。
    最近は、ラインやメールで注文を取るケースも多いのですが、電話やFAXのお客様にも対応します。
  • 荷造り・配送
    仕入れた魚をお客様の注文に応じてピッキングし、荷造りするのも営業の役目です。
    担当エリアによっては、そのまま配送まで営業が担当します。
COMPANY
会社情報
会社名 三力信和水産株式会社
事業内容 三力信和水産は「長野に漁港を!」をモットーに、海のない長野県で水産物の卸業を展開しています。
「より新鮮な魚を!」の心意気で、全国各地で契約した漁師などから産地直送で水産物を長野県へ仕入れ、加工などを行って各地配送するなどして、長野県の希少なポジションの企業として活躍中です。
企業
WEBサイト
https://www.sanriki.co.jp/
所在地 長野県長野市市場6番地1
リンクをコピーしました。
SHARE