株式会社パイテックの採用・求人情報

careers at
株式会社パイテック
株式会社パイテックは、ロール加工、シャフト製作を手掛けています。
世界トップレベルの高精度加工技術のある“匠”集団です。
創業から70年以上、重工業対応の超大型加工技術と超精密加工技術を武器に、
業界内で揺るぎない地位を築き、高評価をいただいております。
掲載中の求人情報はこちらarrow
MESSAGE
日本一の技術を
身につけたい方へ
一流の技術力を身に付けられる環境があります
創業77年のパイテックが所属するサクライグループは、
“西のサクライ”として加工技術の精緻さなどで知られる老舗企業です。

当社の強みは、その高い技術力。“匠”が主役のものづくりの会社です。
当社でスキルを磨けば、きっと世界に誇れる技術力をつけることができます。
唯一無二の技術者として働けるようになれることでしょう。

例えば、当社の強みでもある長尺シャフト・大口径ロールの最終的な仕上げは、
機械設備のスペックに頼っているだけではどうしても限界があります。
高い技術と長年の経験を積んだ“匠”の技は、
ミクロン単位を突き詰めていく上で必要不可欠なモノ。
当社グループといえど、その最終仕上げができる人材は一握りです。
そのため当社では、“匠”による実践レクチャーを定期的に開催することにより
優れた加工技術を次世代へと継承していく取り組みを行っています。

その他にも、QC(Quality Control)サークル活動の推進やキャリアアップ支援、
各種技能検定取得支援など、様々な施策によって社員の成長をサポート。
製品のクオリティ・生産性アップを目的としたQCサークル活動では、各職場内で月1回のミーティングを行っています。また3ヶ月に1回、グループリーダーが本社に集まり、活動の成果発表会などを実施。
キャリアアップ支援では、業界研修や工業会、自己開発、様々なセミナーなどを活用することで、スタッフのスキルやキャリアの向上に努めています。グループの総合力アップのため、毎日切磋琢磨しています。
高品質・高付加価値製品を追求し、創り出していくために、
パイテックでは人材育成に一層注力して取り組んでいます。

パイテックでは、2つのキャリアプランより、自身にマッチした将来像を目指すことが可能です。1つ目は、自身の技術を磨き、“匠”を目標とするキャリアプランです。自分だけのスキルを身に付け、周りから頼りにされる存在を目指していただきます。“匠”は、まさにパイテックを技術によって支える専門家です。このポジションは当社の花形であり、グループ全員の憧れとなります。2つ目は、次世代の経営幹部を目指してキャリアを積んでいくプランです。パイテックが持つ実績や技術を活用しながら、いかに更なる業績アップを図っていくかを考えられる人材を目指してもらいます。そのような人材になっていただくためには、柔軟なアイデアやそれを具現化するためのバイタリティが必要です。パイテックのブレインとして、経営に対し責任を持つ大切な立場です。当社には、様々な経験を重ねながら、将来自分のなりたい理想を目指すことができる環境が整っています。キャリアプランは、個々の移行や適性を考慮し決定されます。
当社では、何かを極めたいという職人思考を持っている方や、自主的な姿勢のある方、難しいことに挑戦するこの好きな方、最後まで諦めない粘り強さを持った方、周囲にも気配りができる方などを求めています。

また、“匠”というと師弟関係など厳しいイメージを持つかもしれませんが、当社はアットホームな雰囲気です。
わからないことなどは気軽に質問できる環境で、人間関係に悩まされずに仕事に集中できます。
時間をかけて培う経験と研ぎ澄まされた感覚を必要とする仕事においても、ひとりで作業ができるようになるまで先輩が丁寧に教えてくれるので安心。
働いているスタッフの平均年齢は38歳と、この業界では珍しく若手が多いことも特徴です。4年に1度慰安旅行へ行ったりと、社長と社員の距離が近い風通しのいい環境です。

モノづくりをしたいという情熱を持っていれば、特別な知識は必要ありません。大学で得た知識を活かしたいという方ももちろん大歓迎ですが、専門知識がなくとも高校生レベルの数学ができる方なら歓迎いたします。

ベテランの先輩が、0から一流の匠へと成長できるように大事に育てていきます。
社員はみんな誇りを持ちながら明るく働いています。
BUSINESS
あらゆる産業を
支えています
産業ロール、シャフト、レベラーロールなどの製作・加工を行っています。
セラミックなどの特殊材料を使用した各種産業用機械部品などの作成、補修、再生。
また、製鉄鉄鋼用機械部品、長尺シャフト、原子力ポンプ軸、タービンローターなどの製作、
補修、再生など、幅広い分野で活躍する製品を手掛けています。

サクライグループはシャフト製作、ロール加工のなかでも、特に大口径ロール、
長尺シャフトの分野で実績を築いてきました。
創業70年以上で培われてきた“匠”の技術が長モノ、大物の難加工を可能にしました。
大口径加工は最大加工径2,100φ(※芯間長さ7,000 mmの場合)まで対応。
長尺シャフト加工は最長20,000mm(※ただし加工径1,600φまで)まで対応しています。

高い技術力と対応力で、「西のサクライ」として業界内でも確固たる地位を確立した当社。
一般にはあまり公表されませんが、船舶のタービン主軸や原子力発電のポンプ軸など、
「実はあの製品に使われている部品はサクライグループが仕上げたモノ」ということは
珍しくありません。国内屈指の製造加工メーカーとして、
MADE IN JAPANの根底を支えています。

“丸棒一本”をご用意したあとは、サクライグループにお任せください。
丸モノ加工の実績と技術には、確固たる自信をもっています。
より高品質で、より精巧なモノづくりを。サクライグループが独自に培った加工技術は、
ミクロの領域にフィールドを拡大しています。
また、長年ロール加工・シャフト製作を一筋に取り組む中で
培ってきた製作技術とノウハウ、そして先見性のある機械設備の導入により、
サクライグループのサービス領域は材料調達以外のほぼ全ての加工工程へ拡大。
製品の加工から搬入搬送まで、責任を持ったワンストップサービスをご提供します。
加工が難しい長尺シャフトや大型ロールなどの
再生・補修・新作のご依頼はサクライグループ並びにパイテックまでご相談ください。
BUSINESS
パイテックの特徴
サクライグループは、世界トップクラスの高精度加工技術を持つ、ロール加工・シャフト製作における“匠”集団です。重工業に対応する超大型加工技術と、ミクロン単位でニーズに応える超精密加工技を強みに、業界内での地位を確立し、高い評価をいただいてきました
  • 高精度加工
    パイテックはロール類の真円度・円筒度・振れ0.003mm、面粗度は0.05sと、高い加工精度が自慢です。(※一部条件あり)その技術力でもって、原子力発電所に使用される部品など、ほんのわずかな誤差も許されないシビアな公差が要求される超精密重要製品を取り扱い、長くお客様のニーズに応えてきました。
    また、加工精度をアップさせるため、最新機会設置の導入や国家技能検定の取得、トータルシステムワークの改善など、様々な施策を行っています。これらの施策が当社の高精度加工を支えているのです。
    精巧な仕上がりを追求し続けてきた技術体系により、ミクロン単位のシビアな公差を実現しています。
  • 長尺対応
    シャフト製作では、「6,000mmを超えると振れやしなり、たわみが生じてしまい加工が難しくなる」と一般的に言われているところ、サクライグループでは最長20,000mmもの長尺シャフトに対応。機械設備の導入とオリジナルに追求し続けてきた加工技術、そしてそれらを扱う職人の“匠”の技術を培ってきた結果です。長尺対応と高精度加工の両立により、多くのお客様のご要望にお応えしています。
  • 大口径対応
    ロールの大口径加工には、機械設備のスペックやラインナップが重要となってきます。そのためパイテックでは、直接加工を行う研削機や旋盤機に留まらず、品物を吊るす際に使用するクレーンといった周辺設備も大型のものを整えることで最大加工径2,100φを実現。大型加工だけでなく、高精度で対応できることを強みとしています。中でも、製鉄や製鋼、化学といった分野で用いられる超大型ロールの製作実績は他社をはるかに凌駕するものと自負しています。
  • ワンストップサービス
    1941年に創業したサクライグループは、以来一貫してロール加工とシャフト製作の分野で技術・ノウハウを蓄積してきました。併せて、機械設備と細心技術の導入にも注力。先見性をもった環境整備を心掛けています。その結果、サクライグループでは現在、材料調達の除く、研削・鏡面研磨・旋盤・フライス・バランス・仕上げ・検査・納入や搬送まで、ほぼすべての加工工程をグループ内で網羅するに至りました。
    搬送後は、最終製品に仕上げスムーズに納品いたします。また、当社にはコストの削減や工程管理の省略、短納期の実現といったメリットがあるので、お客様からお喜びの声をいただいています。
BUSINESS
パイテックの特徴
サクライグループは全社をあげて培った総合力で、皆様のニーズにお応えします。
  • 生産能力と短納期
    サクライグループの現場では、NC化を推し進め、「一人多台持ち」を軸にした生産管理を行うことで省力化、無人化を図り、確実で効率の良い生産システムを構築しています。昼夜2交代制を敷いた量産体制を構築することで、生産能力の向上に努めています。
    また、グループ全体においても、極めて効率的な生産体制を敷いています。そのため、突発的な緊急案件にも柔軟な対応が可能です。例えば、当該案件に必要な設備機械がフル稼働中の場合でも、同じグループ会社内で仕事を振り分け、連携し合うことで、必要に応じた生産能力をつど確保します。
    グループ3社の生産能力をフルで活かせるのが当社の特徴であり、強みです。この総合力を活かすことで、1社単独では難しい柔軟な生産能力の確保を実現し、突発的で緊急度の高い案件のご相談にも応えることができます。
  • ロジティクス
    サクライグループはロジスティクスにも強みを持っています。グループで自社トラック(2t、3t、3.5t、8t、25t)を保有しており、最終製品に仕上げられた品物は、当社が責任を持ってお客様のもとへ納入いたします。
    自社トラックを活用することで、夜間配送、特急案件の即時配送など、お客様のご都合に合わせた柔軟な対応を可能にしています。時間に捕らわれることなく、お客様のご要望にお応えしています。
  • 新作・補修・再生までの請負
    お客様が所有している、現状では使用できないロール・シャフト製品。それらを利用できるように生まれ変わらせるのもサクライグループの仕事のひとつ。表面の傷、軸の痛みなどで使えなくなった製品でも、一度ご相談ください。

    サクライグループの機械設備、そして加工技術なら、ロール製品の補修、再生を請け負うことができます。研削・旋盤・プラノミラー・バランスマシーン・ネットワークなどを活用し、鍍金・溶射・肉盛りを行うことで、ダメージのある製品をリペアすることも、別の製品へと再生することも可能です。
MORE INFO
営業品目
社会資本の根源ともいえる鉄鋼分野から、世界でも抜きんでている船舶分野、皆さまの暮らしに密着した製品を創り出す石油・製紙分野、エネルギーの絶対的な安全供給がマストとなる原子力分野など、サクライグループは幅広い分野に深く寄与しています。また、その他にもポンプや送風機、プレスなど、当社グループの高度な技術が創り出す豊富な製品群は、あらゆる産業の根幹を支えています。
  • ロール
    圧延ロール・矯正ロール・ワークロール・レベラーロール・バックアップロール・ピンチロール・ゼンジミアロール・テーブルローラー・コンダクターロール・シンクロール・コーターロール・カレンダーロール・プレスロール・カンバスロール・セラミックロール・ガラスロール・コットンロール・コーターロール・スキンパスロール・カリバーロール・ゴムロール・ハースロール・レアーロール・リフトアウトロール・ドライヤーロール・ストーンロール・シリンダータッチロール・粉砕ロール・その他各種ロールなど
  • シャフト
    ポンプシャフト・カムシャフト・タービンシャフト・インペラーシャフト・ギヤーシャフト・ラインシャフト・プロペラシャフト・ピストン棒・ボーリングシャフト・ピニオン軸・アーバーシャフト・その他各種シャフト・アクチエーター部品など
  • レベラーロール
    レベラーロールは、サクライグループのパイテックが担当しています。
    クラウン加工やアルミ向け高精度加工にも対応し、年間の製作実績は2,000本以上。かっくサイズの熱処理済みピーニング材を在庫として保有することで、短納期化を実現しています。

    ・サイズ
    Φ16×6,000ℓ(8,000ℓ)・Φ35×6,000ℓ(8,000ℓ)・Φ60×6,000ℓ(8,000ℓ)・Φ20×6,000ℓ(8,000ℓ)・Φ40×6,000ℓ(8,000ℓ)・Φ70×6,000ℓ(8,000ℓ)・Φ25×6,000ℓ(8,000ℓ)・Φ46×6,000ℓ(8,000ℓ)・Φ80×6,000ℓ(8,000ℓ)・Φ30×6,000ℓ(8,000ℓ)・Φ50×6,000ℓ(8,000ℓ)
    ※このほかΦ90以上も承っています。
BUSINESS
対応仕様一覧
サクライグループは70年以上にわたって日本の産業の柱となってきました。様々な機械設備や洗練された研削加工、旋盤加工技術を利用し、多様な大きさのロールやシャフトの加工を手掛けています。
  • 研削
    最長芯間長さ:20,000mm(加工径1,600φの例)
    最大加工径:φ2,100mm(芯間長さ8,000 mmの例)
  • 円筒鏡面研削
    最長芯間長さ:12,000mm
    最大加工径:1,570φ
  • 旋盤(NC、大型含む)
    最大加工長:12,300mm(加工径850φの例)
    最大加工径:2,100φ(芯間長さ9,800 mmの例)
  • その他
    プラノミラー・バランス・五面加工機・ミーリング・横ボーリング盤・バランスマシーン・端面フライス・油圧プレス・ラジアルボール盤
MORE INFO
取引実績・表彰歴
創業70年、サクライグループは絶え間なく積み重ねてきた技術研鑽と、品質保証体制の構築により、多数の大手メーカーよりパートナー企業として認定をいただいています。また、長期にわたって顧客のニーズを実現すべく取り組んできた企業努力が認められ、お取引いただいている多くのお客様から感謝状・表彰状を賜りました。
  • ISO9001
    平成23年12月、お客様にご安心いただける安全で高品質な製品づくりを目指し、グループ社員が一丸となって「ISO9001」認証を取得しました。品質マネジメントシステムを効果的に活用し、さらなる品質の向上、安心・安全の追求に努めています。
  • 特許
    サクライグループは、創業以来培ってきた高い技術力を活かし、「真円度測定機」を開発。2011年に特許を出願し2014年5月16日に特許が認められました。特許認定技術を基に、更なる品質向上に努め、様々な産業分野でご要望にお応えできるよう取り組んでいきます。
  • 認定実績
    弛まぬ技術研鑽と品質保証体制の整備により、サクライグループは多くの大手メーカー様よりパートナー企業として認定をいただいています。また、工場を構える大阪府より、「賞by繁盛」・「ノミネート優良企業」・「大阪ものづくり優良企業賞」を受賞。これからも技術研鑽と品質の向上に努めていきます。
  • 表彰実績
    サクライグループは、創業以来一貫してお客様の要求に応えるべく企業努力を重ねてきました。その実績が認められ、お客様より数多くの感謝状や表彰状を賜っています。
    「当社でしか造れないから」とご注文をいただけるのは、モノづくりの会社として冥利に尽きるの一言。大手メーカー様をはじめ、様々なお客様が当社の技術力を評価してくださっていることを自負し、今後もさらなる企業努力に励んでいきます。
MORE INFO
環境対応・社会貢献
  • ソーラーパネル設置
    サクライグループでは、重要性がますます高まる環境対応の一つとして太陽光発電を通じた省エネ活動に着手。自社工場の屋上にソーラーパネルを導入し、ソーラー発電によって電力の一部を賄い、排出される温室効果ガスの削減に寄与しています。自然に優しい企業活動を目指し、グループ一丸となって取り組んでいます。
COMPANY
会社情報
会社名 株式会社パイテック
事業内容 当社は創業70年以上の歴史ある企業です。手がけるのは様々な分野で使用される超大型のロール加工をはじめ、シャフト作成、超精密ポンプ軸の加工などです。
私達が提供する製品は、普段の暮らしで目にすることはほとんどないでしょう。しかし、これらの製品は社会を根底から支えるために必要不可欠なものばかり。製品の加工には、ミクロン単位の精密さが要求されます。そのような重要部品に、自身の腕のみで挑む。このようなモノづくりの醍醐味、やりがいを感じることができるのは、当社ならではです。
企業
WEBサイト
http://www.sakurai-gr.co.jp/
所在地 大阪府大阪市西成区南津守5丁目4番9号
リンクをコピーしました。
SHARE