株式会社Pro-SPIREの採用・求人情報

careers at

社員紹介(中途入社)

MORE INFO
プロジェクトマネジャー

SI第2本部
(本部長)
岩本 光弘

「Pro-SPIREを変えるのは君だ!」
主に組織マネジメントや社員の育成などの業務に携わっています。
数年前までは、お客様先にて実際にプログラムの中身を見ることもありましたが、
最近では、営業のお話やプロジェクトマネジャー・PMOとしての仕事が多いですね。

印象に残っているプロジェクトは、組込メーカー様向けのテスト自動化プロジェクトですね。
5年以上お世話になっている組込みメーカーのお客様から相談を受けたのがきっかけでした。

このお客様の製品ラインナップは豊富で、ベースソフトをカスタマイズすることで
年に4~6回の頻度で商品リリースしています。
カスタマイズしたモジュール以外にも影響がないことを確認する必要があり、
テストに非常に多くの工数を割く必要がありました。
そこで、オープンソースのSeleniumやJenkinsを活用し、
テスト自動化ツールの導入を実施しました。

お客様から依頼されているテストケースは14,000件。
その60%を自動化ツールで補完することに成功しました。
結果、工数及び予算削減・品質の担保をすることが可能となり、
お客様からも非常に高いご評価を頂きました。
加えて、お客様自身でメンテナンスできるよう指導・支援することで継続的に利用頂いており、
今ではこの仕組みをオフショアで活用し、
更なるコスト削減にも成功しているとお伺いしております。

このような過去の常識に捕らわれないシステム導入は非常に面白みを感じます。

「今までとは一味違うシステムを開発したい」
「Pro-SPIREで新しいことをやりたい」
とお考えの方がおりましたら、是非一緒に働きたいですね。
MORE INFO
システムエンジニア

SI第1本部 第2部
(マネジャー)
水之浦 和泉

「ステークフォルダーごとの目線を大切に」
お客様より直接お褒めの言葉を頂いたときに、
とても”喜び”と”やりがい”を感じますね。

システム開発において正解は1つではありません。
要件定義や設計をしていく中で、複数の選択肢が発生する場面が必ずあります。

ユーザ目線での使いやすさ…
エンジニア目線での開発しやすさ…
運用での保守のしやすさ…

複数の視点で検討することが必要です。

目線の話といえば、システムの説明をする際にも
お客様目線を心掛けることが大切です。

あるお客様先で2年ほどDWHの運用・保守を担当した後に
現場を異動することになった際の話ですが。。
他にも多くのベテランエンジニアがいた中、ユーザ部門のお客様から
「水之浦さんからの説明が一番わかりやすかった」
というお言葉を頂いたことがありました。

日頃より、エンジニア用語をユーザ向けの言葉に変え、
説明していた姿勢を見て下さっていたのだと思います。
MORE INFO
プロジェクトリーダー

SI第2本部 第4部
(マネジャー)
松永 充洋

「”同じ仕事が無い” だからこそ面白い!」
システムエンジニアの仕事は、同じ仕事が無いところが面白いと考えています。
似たようなシステムやプロジェクトもありますが、そんな中でも新しい知識と発見があります。

業務のプロフェッショナルであるお客様と日頃より密なコミュニケーションを取ることで、
業務知識の理解や新たな課題発見をすることは非常に面白みを感じます。

時には、作業環境の変化やメンバー構成・規模など様々な要因により、
プロジェクト内でトラブルが発生することもあります。
しかし、日々積み重ねた知識や、お客様との人間関係・信頼関係により、
トラブル発生時でも早期解決につながることも多くあります。

Pro-SPIREでは、様々な業務領域でのお客様と関わることが可能であり、
常に知識習得していたい私のような人物にとっては、キャリアアップできる環境が整っていると感じますね。
採用ページTOPへ戻る
SHARE