powered by

─ 株式会社Pro-D-useの採用・求人情報

"その人にしかできない"事業創り
私たちはクライアントの独自性を大切に、中小企業やスタートアップ企業の
新たなチャレンジ(新規事業・新商品開発や販売・2代目社長の支援など)を
支援している経営コンサルティングファームです。
時代の変化を前向きにとらえ、歴史あるクライアント事業を
未来へつないでいくことで、日本を底上げしていきたいと考えます。
ABOUT
私たちについて
- 十人十色を真剣に実現するコンサル会社 -
  • 経営者は、いろんな動機で事業を開始します。ただただお金が欲しい人もいれば社会の役に立ちたいという動機の人など、その動機は十人十色、いろいろあります。私たちは、その中でも『自社にしかできないことを実現したい中小企業、経営者』に対してコンサルティングを行っています。これは即ち、私たちの成功パターンに顧客を当てはめるのではなく、顧客に合わせて、成功のパターンを一緒に作っていくことを意味します。その分、コンサルの業務は幅が広く難易度も高いですが、とてもヤリガイがある仕事です。
  • 新たなチャレンジをする中小企業・ベンチャー企業の経営者は、市場では前例のない壁にぶつかり、孤独で不安にさいなまれながら、それでも自分の従業員には前向きに明るく振る舞いながら事業を進めています。
    私たちが介在し、そんな経営者と一緒に動き、従業員の様に一緒に事業推進をすることで、日本にもっと面白い事業を、会社を、人をたくさん創っていきたいと考えております。ワクワクするような日本・経営者・会社を一緒に創っていきませんか?
BUSINESS
事業内容
私たちの事業サービスの軸は"日本の経営者の伴走者"です。
いわゆる、普通のコンサル会社が「難易度が高い割に面倒」と嫌がる仕事を
経営者の想いに答えて一緒に動いて解決していくのが最強の強みです。
  • 新規事業やサービスの
    ”開発者”
    「新しい商品を作って販売したいが、社内にやる気のある人がいない」「今のままでは事業が縮小していくのは見えているので、今のうちから新しい芽を見つけて育んでいきたいが、やれる人がいない」といった悩みを持った経営者の挑戦を支援します。
  • 2代目3代目社長の
    ”並走者”
    「先代から引き継いだ事業だけでなく、自分らしい事業もおこなっていきたい」「社内の社員が自分の顔色ばかり伺っていて主体的な動きをしてくれない」「生え抜きで育ってきたので”正解の探し方”が分からない」 こんな次世代経営者を支援します。
  • 事業領域の
    ”転換者”
    ・「BtoBビジネスしかやっていなかったが、BtoCの事業領域に飛び出したい!」
    ・「BtoCビジネスに限界を感じているので、BtoB領域にもチャレンジしていきたい!」

    そんな経営者のチャレンジを支援します。
  • 地方企業の東京進出の
    ”代行者”
    「絶対に作っているモノには自信がある。この商品を東京に進出させ知名度を上げていきたい!が…販売力には自信がないし、土地勘もないので、東京にオフィスを構えるのもリスクがあるなぁ…」
    と考えている地方の経営者のチャレンジを支援します。
MEMBERS
メンバー紹介
一緒に働くメンバーのご紹介
  • 代表取締役
    小笠原 亮太
    2009年 (株)リクルート 入社。その後、飲食店専門コンサルティング会社に転職し、わずか半年で主任に昇格。2年間勤務後、2015年に株式会社Pro-D-useを創業。“コンサルティング”の枠組みには囚われない商品作りで、担当する全ての顧客を売上UPに導く。その後、株式会社Pro-D-useを設立。リクルート時代はチーム表彰など多数受賞。組織をやる気にさせる仕組み作りや、無形のものを有形化し、意思統一する事を得意としている。
  • 取締役副社長
    岡島 光太郎
    2009年 (株)リクルート 入社。2013年Webマーケティングコンサル会社に転職後、営業や新卒・中途採用の責任者を務める。その後、アソビュー(株)において2 ヶ月で営業マネージャーに昇格し、営業メンバーマネジメントや、新規事業開発(事業者のコンサルティング)にも従事。その後、株式会社Pro-D-useの取締役副社長に就任。リクルート時代に、MVP・MVTなど個人・マネジメント賞を多数受賞。成果を上げる営業の仕組み作り、Webマーケティングを主軸とした売れる仕組み作りを得意としている。
  • 執行役員
    伊澤 亮
    大学卒業後、老舗のオーガニック宅配会社に就職。入社1年目から、新規事業の飲食店店長に就任。徹底的なマーケティングを元に赤字続きだった店舗の黒字化、昨対比150%達成。その後、飲食専門コンサルティング会社に転職し、現場で培った業績向上ノウハウでラーメンや焼肉店を営む企業を中心にコンサルティングを行う。クライアントの平均昨年対比は130%を越えるなど実績多数。その後Pro-D-useの理念に共感し、創業メンバーとして参加。「社長のビジョン達成」をモットーに、日々クライアントのビジョン達成のコンサルティングを行っている。
  • チーフバイヤー
    宮崎 彩美
    オーストラリアに留学後、7年間旅行添乗業務や海外旅行手配業務に従事。

    旅行手配では営業部長として営業チームのマネージメントを担当する。国内外から改めて日本を見つめなおすことでその魅力を再確認し、日本国内の地方や地域企業の発展をサポートしたいという思いから株式会社Pro-D-useに入社。現在は「事業マッチング部」を立ち上げ、地方のこだわり食材を全国へ広める為の活動を担当している。国内47都道府県、海外約50カ国に渡航経験あり。
MESSAGE
これから仲間になるかもしれない、求職者の方へ
顧客選びもそうですが、採用も“Wantがある人”がウチの会社に合うハズです。
私たちの会社のクライアントさんが口を揃えて言うのが、“独自性を重視してくれる”という感謝の言葉です。「クライアントのビジネスを型売りにはしたくない」という考えのもと、私たちは売上アップが見込まれる“うまい”パターンを押し付けるのでなく、クライアントが元々持っている適性や個性を伸ばす方向でコンサルティングを行っています。

正直な話、型売りではないフルカスタマイズ型のコンサルティングだから、大変なことも結構あります。クライアントとは密な付き合いが求められるため、週に1日、2日は相手先で過ごしますしね。だから、私たちが新規クライアントさんにに毎回伝えているのが、「経営者の右腕、左腕のつもりで採用してほしい」ということです。

そのため、私たちは新しいおつきあいを始める前には必ず無料で3回はお会いさせてもらっています。普通のコンサル会社だと1回だけ相談を受けて見積もりを出す流れなんですが、それだと相手をよく知らないまま一緒に仕事をすることになりますよね。ハンズオン型のコンサルティングをやってみて分かったことは、極論、コンサルって人と人とのお付き合いという側面も強いということ。相手のことも見極めないと、結局後でミスマッチに気づき、我々としてもクライアントさん選びに失敗しかねません。私たちも相手がどんな人か、しっかりと見極めているんです。

採用活動もそれと一緒で、私たちの会社に入ってきてくれるメンバーにおいて重視しているのは、“Wantがある人かどうか”ということです。朧げながらも欲するものの方向性だけでも明確であれば、私たちもサポートしやすくなりますし、目指す先にブレがないのが成長のために一番重要なはずですから。
COMPANY
アクセス
本社の場所はコチラです(都庁前駅直結)
SHARE