株式会社オリエンタル・サービスの採用・求人情報

careers at

社員がリアルに語る! 「私たちがオリエンタル・サービスで働く理由」

MORE INFO
2018年度に入社した社員が「今思うこと」を素直に語ってくれました。
それぞれの場所でスキルに合わせて活躍している彼らの
リアルな声をぜひ参考にしてみてください♪
  • 【1.オリエンタル・サービスを選んだ理由は何ですか?】

    イチゴ「一番の理由は“人を大切にする気持ちが伝わってきたから”です。私は昨年春に大学を卒業して、イベントの企画会社で営業として働いていました。けれど、考えていたよりも勤務時間が長かったり、休日も電話で問い合わせがあったり休みたくても休めなかった時期が続いたんです。なので思い切って、以前から興味のあった貿易事務への転職活動を始めることにしました。いくつか内定はもらっていたのですが、例えば電話の対応で“悩んでいいし、相談とかも乗るから”と言ってくれたのはココだけだった。“働くんだったら絶対、人を大切にしてくれる会社がいいな”と思うようになったのが最大のポイントだったと思います」

    アンズ「私は“長く働いてもらいたい”と言われたのが一番の理由です。次いでイチゴさん同様、面接時の印象で“良い人たちだな”って思ったから。顔合せでもしっかりフォローしてくれました。通関の仕事は未経験だったのですが“ココだったら大丈夫かな”と思える雰囲気を作ってくれたのは大きかったかもしれません。だってその場で“ぜひお願いします”と伝えましたから(笑)」

    ブドウ「販売や派遣の事務をやっていて、貿易事務とは無縁でした。けれど前職を辞める時、身になる仕事を探していたら“あ、貿易事務ってなんか良さそう”みたいに思ったのが、この職種へのきっかかでした。だけど条件を入れて検索したら 2 社ぐらいしかヒットしなかったんですよ。しかもそのうちの 1 社は年齢制限もあって・・・とりあえず応募はしましたが、やっぱり落とされて。それで、残ったのがココ(笑)でも、応募した時にすぐ返信が返ってきて、トントン拍子で面接の日程が決まって、実際面接した時の雰囲気も良かった。就業先もすんなり決まって今に至ります」

    スモモ「レスポンスが早かったっていうのは、すごくわかる。私は職種を絞らずに転職活動をしていましたが、吟味していく中で“貿易事務が一番かな?”と。だけど、ど未経験の貿易事務ってあまり出回っていなくて・・・その中で未経験でも受け入れてくれたのは大きかったですね。顔合わせは大分緊張しましたが、カバーもしてくれましたし」
  • 【2.「やりがい」や「厳しさ」はどんな時に感じますか?】

    スモモ「始める前は本を買って勉強して“大量の書類を相手にする仕事かな?”って思っていました。だけど実際は、意外と人を相手にする仕事だったと感じています。私は営業部隊にいるので、顧客や通関などの中間的な立ち位置にいるような感じ。各方面とのやりとりが 4 割ぐらいを占めている。厳しさというのもやりがいというのも、ちょっとした対人関係の気遣い。そういうのが効果を上げたりするのがいいなと思ったりしています」

    ブドウ「私は“英語を使っている仕事ってカッコよさそう”みたいな感じで入ったんですけど、実際は事務作業だったり、電話でお客さんとやり取りしたりとか。正直“あれ? 違う”ってちょっと思ったりすることもあります(笑)でもやっと3 ヵ月が経って慣れてきたので、理解出来ることが増えてきたことで、やっとやりがいを感じ始めています」

    アンズ「やりがいも厳しさも“時間”ですね。任されている仕事は、営業さんから回ってきた INVOICE などの書類の情報を見ながら打ち込んで、自分でチェックして・・・というのが主な流れ。私は通関士の資格を持っていないので、通関士の資格を持っている人に渡して二次チェックしてもらってから申告をするので、その分の時間も必要。だから、その日のうちにどれだけこなせるか?間に合わせるか?みたいなところが“やりがい”と“厳しさ”でしょうか」
  • 【3.今後の目標や抱負があれば教えてください】

    アンズ「私は今年“通関士”の試験に挑戦しようと思っています。既に『貿易実務検定C級』と『ワールドトレードエキスパート』の認定は持っていますので、ゆくゆくは『貿易実務B級/A級』などの取得も目指しています。正直なところ、試験勉強と仕事の内容は全くの別物だなと、仕事を通じて感じています。けれど、試験勉強から得た知識があるのとないのでは、日頃の仕事への考え方や捉え方が、より濃いものになると思っているので、やれることはとことん挑戦したいです」

    スモモ「仕事が楽しいと感じられる事を増やしていきたいです。“これだけはやってから帰らないと”みたいな意識が出てきたというか・・・今まさにそれを楽しさを感じ始めているので、継続できれば。あとは、一時的に業務が普段より忙しかった時期はありましたが、バランスを取ったり、ある程度の判断もできるようになったので、出来ることを更に増やしていければと思います」

    イチゴ「私は新しい目標へ向かう為に、いま任されている仕事を全うする事です。“貿易に関わりたい”という漠然とした気持ちだけで飛び込んだ世界でしたが、仕事を通じて視野が広がりました。『貿易』と言っても色々な仕事があって、最初は“私はどこの部分をやっているんだろう?”とわからない状態でしたが、次第に“あ、こういう部分をやってるんだ”という感覚が掴めるようになってきました。更にその先のお客さんも貿易の仕事で繋がっている・・・というところまで考えられるようにもなったので“何年後にはここに行きたいな”とか“じゃあそこへ行く為に今なにをすればいいんだろう?”と最近よく考えています。実際に私が担当している業務の先のお客さんが、どのような手配をしているのかわかってくるし、それをわかった上で次、自分がどこへ行きたいのかって、多少なりとも理解することで選択肢が広がるので、それはすごい良かったなと思います」

    ブドウ「私はまだ今のところ時間が経っていないので、本当の意味での“楽しさ”はこれから見つけられるのかな?という感覚です。もうちょっと仕事ができるようになれば“今こういうことやっているんだ”と考えられるようになるのかなって。今は自分の目の前にある仕事を日々こなすことが精一杯。でも先日、コンテナの現場で実際の倉庫を見て“かっこいいな”みたいな感じが出てきて。同時に自分がやっている仕事は、そういう人たちも関わっているんだなというのがというのを学べたのも、この仕事の楽しさなんじゃないかな?って実感しましたね」
採用ページTOPへ戻る
SHARE