文庫屋「大関」の採用・求人情報

文庫屋「大関」
有限会社田中商店
創業から90年、お客様に愛されるものづくりから
販売までを、自分たちの手で。
ABOUT
文庫革について
まっ白な革に型押しをして、ひと筆ひと筆職人の手で彩色をしてから、
漆と真菰(まこも)という植物の胞子の粉を用い、
独特の技法「錆入れ」で仕上げます。
現在では、昔ながらのこの技法で、文庫革の名前で製作しているのは
文庫屋「大関」1軒のみとなりました。

創業者、大関卯三郎が墨田区向島に工房を構え
2018年には創業91周年を迎えました。
  • 印象的な色鮮やかな柄は100種類以上。創業以来受け継がれる伝統柄のみならず、毎年新しい柄を発表しています。
  • 職人が色作りから始める彩色。色を塗っている段階では柄の輪郭は見えません。「錆入れ」の工程で徐々に柄が浮き立ってきます。
PHOTOS
商 品 紹 介
持っていて、毎日が楽しくなる革小物をご用意しています。
伝統柄から、最新柄まで、100種類を超える鮮やかな色・柄バリエーション。

http://www.oozeki-shop.com/
  • 【50年のロングセラー天溝がま口】
    自社特製の真鍮製の口金。開けやすく、しめる時にもパチンと心地よい…。和装の日には帯の内側に潜ませて使える、粋なお財布。
    よく見かけるがま口とはちがい、天に向いた口金の金具に、財布の袋をはめ込む「天溝」という構造で、国内の職人さんに特注で作ってもらっています。

    ●天溝がま口/錦紗(青)/¥9,300
  • 【たくさん入るお財布】
    「カードがいっぱいになっちゃうのよね」お客様の悩みを聞いている現場スタッフの提案から生まれたお財布です。
    収納力・使いやすさは勿論ですが、たくさん物が入っても『型崩れ』せずに使って頂けるように作りました。

    ●L字ファスナーのスリム束入れ/枝垂れ花鳥/¥22,700
  • 【かわいくてたのしい柄】
    2017年の秋にリリースされた新柄のひとつ「いちご」は、大人でも楽しめるいちご柄をテーマにデザインしました。
    型押しのぷっくり感、革のツヤ感まで、見るだけでなく、触っても楽しいいちごにしあがりました。SNSでも話題になっている人気柄です。

    ●カードケース/いちご/¥9,800
  • 【伝統の手彫りの版で】
    創業者大関卯三郎が残した柄は、200版を超えます。その中には、古くても人を驚かせるような斬新な柄も数多くあります。この鸚鵡の柄は、彫師が手彫りで作った、貴重な版です。

    ●2WAY札入れ / 鸚鵡 / ¥15,500
ABOUT
ここでの仕事
ものづくりは、お客さまとのコミュニケーションから始まる。
製作+販売=私たち
  • ≪マーケティング部≫
    文庫屋「大関」の販売は、まさにメーカーの窓口の仕事です。
    いくら「こだわりのものづくり」であってもそれがお客様にとって、価値の無いものであったり、意味が伝わらなければ、それは作り手の自己満足に過ぎません。
    作り手とユーザーの気持ちが通いあってこそ「良いもの」を作ることができます。

    気持ちが通い合う為に、作り手とユーザーの橋渡しをするのが文庫屋「大関」マーケティング部の仕事です。
    お客様とコミュニケーションを取りながら、ご要望を伺い、感動を共有し、アドバイスをしたり、意見交換したり、時にはお客様の勘違いを正したりもします。
    なので、マニュアル的な声掛け、接客、ルーチンな挨拶などはしません。「人と人としての会話」をします。

    手作り商品の良さとは何か?
    お財布はどう使えば長持ちするか?
    お手入れはどうするのか?

    などの疑問にお答えしながら、お客様はどんな疑問を持っているか?
    どんなことに不安を感じているか?
    または、文庫革のどこを喜んでいただいているのか?
    などのお客様心理を理解しながら、新たな商品作りに生かしていきます。

    商品企画や販売企画は文庫屋「大関」においては販売スペシャリストの仕事です。
    いい商品企画というものは、お客様と製造現場、双方の理解を要する仕事です。

    実際に販売の現場に立ち、お客様とコミュニケーションをはかり、お話を伺い、ラッピングをしたりレジを打ったり、それができなければ商品企画や柄のデザインはできません。

    何故ならば、

    「販売スキルを持たない商品企画やデザインは、自己満足に陥る。」

    からです。
    ですから文庫屋「大関」の販売スペシャリストは、ただの販売員でも売り子でありません。
    販売の総合職としてスペシャリストを目指してもらいます!!
  • ≪製作部≫
    文庫屋「大関」の制作職は、手作りの美しい工芸品を生み出す職人集団です。
    職人たちは、ものづくりが自己満足に陥らないよう、常に販売現場の情報をフィードバックして、どのようなものを作ったら、お客様に満足していただけるかイメージしながら制作しています。

    文庫屋「大関」では、何歳からでも職人になることが可能な環境づくりをしています。
    その1例が、完全分業制です。制作の職人たちは将来、彩色という色つけのスペシャリストを目指してもらいます。

    ただし、その過程の途中では、他の作業工程もローテーションを組んで分業制で取り組んでもらいます。
    全ての作業工程を知り、その経験を活かして彩色のスペシャリストになってもらいます。そして、将来、相応のスキルを身に付ければ、在宅でフリーの職人として自立できるように計らいます。

    ただし、職人とは作家とは違い工賃で仕事をする人の総称です。
    つまり自己発信でものを作り発表するアーティストとは、全く違う職業です。
    当然、出来高制の報酬ですので、才能よりも努力がものを言う世界です。
    与えられた仕事をできる限り早く、一定クオリティーで、できるだけたくさんこなすことが要求される仕事であるということを理解しなければなりません。
    時には、効率という課題で機械と勝負しなければならない時もあります。
    職人の仕事には、自己満足に浸る時間も隙間も無いのです。

    文庫屋「大関」での仕事は、販売も制作も人に感動や喜びをを与える仕事です。
    そのお客様の感動や喜びを自分自身にも受け取ることができる職場です。
MEMBERS
働く仲間たち
  • 彩色職人筆頭
    絵の具で色をつくり、型押し革に彩色をします。そして、伝統の技法で錆を入れる等、文庫革の完成までを手掛けています。
  • 製作担当
    webなどで商品の魅力を広く知って頂けるよう工夫しつつ、製作では完成した「文庫革」をしっかりと仕立てられるよう、スタッフと協力しつつ全体を見渡しています。
  • 製作スケジュール
    &在庫管理
    真っ白い革から文庫革へ。一つ一つ手作業で作られていく工程を俯瞰しながら、スケジュールを調整しています。
MORE INFO
誰のための店?
販売とは、物を売る仕事ではありません
「物を売ることならば簡単にできる」そう思っている人もたくさんいます。
でも、文庫屋「大関」では物を売りません。
心地良い空間をつくること、話して楽しいスタッフであること
メーカーとして責任のある受け答えをすること
「文庫革を持っている自分」に憧れる価値観をお客様に持っていただくこと…
お客様にとって、毎日が楽しくなるお手伝いを提供すること
これが販売の仕事です。

人はなぜ「もの」を買うのでしょうか?
人が「もの」と共に暮らすしあわせの深さ、
人が「もの」で表現するアイデンティティーの深さを、
販売のスペシャリストは追及し続けます。
MORE INFO
イメージより大切なこと
「手作り」の真の価値とは
私たちのものづくりは、道具と共にあり続けます。
そこには機械の力もたくさんあります。
機械や道具の使いこなしひとつをとっても、人の手と、勘と、技があってこそ。

手作り=いいもの
手作り=高価なもの
手作り=本当に価値のある物
手作り=温かいもの
手作り=頑丈なもの
手作り=緻密で精確でこそ価値がある

「そう思っている節はないですか?」

では、

「機械で作る物の価値は低いですか?」

手作りに比べて、何かどう違うのでしょうか?
作っている私たちだからこそ、「手作り」の真の価値をそれぞれ理解しなければなりません。
人は、
機械がやるべきコトを理解しています。
だから機械にできないモノを表現します。

人の手が施すことの意味とは何でしょうか。
MORE INFO
なぜ働くの?
あなたが変えたいのは・・・
職場ですか?
生き方ですか?
嫌な仕事はやりたくないと思っていますか?
仕事を通じて、自分を探したいと思っていませんか?
楽な仕事、すぐにできる仕事、時給の高い仕事、どれがいいかな?そんな風に思っていませんか?
私たちの仕事には、楽な仕事、すぐにできる仕事、適当でいい仕事
考えなくてもいい仕事はありません。
文庫屋「大関」の仕事は、ここにしか無いからです。
季節で変わる仕事、毎年変える仕事、先を読む仕事、振り返る仕事、
経験を重ねない限り、できない事もたくさんあります。
文庫屋「大関」で、何をしたいか?どんな自分になりたいか?
このイメージを具体的に現実にしたい仲間を募集しています。

使ってもらえない「物」は、後世に受け継がれなくなってしまいます。
文庫屋「大関」は、これからもずっと伝統工芸の品物を作り続けるために、
社会から「使い続けたい」評価を必要としています。

その評価こそが、ここで働くスタッフへの評価です。
皆が自分の感性や技術を磨いて、本当の才能を発揮できるように、
会社、先輩は全力でサポートします。
ものづくりを通じて「自分への評価」に気付く喜びを、ぜひ体験してください。
PHOTOS
一緒に"はたらき"ましょう
お客様がいるから、作る物がある。
大切にして頂けるから、作り続ける事ができる。
お客様との対話で、作るべきものが見える。

創業から90年、これからもライフスタイルは変わり続けます。
ずっと使われる物でなければ「伝統」とはかけ離れてしまいます。
長く愛されるものを作るには、
人と物を、心から理解する姿勢が必要です。
MESSAGE
小さな会社で
働くということ
交換のきかない歯車になる
私たちの会社は、45人くらいで構成されている小さな会社です。
「小さな会社」を、あなたはどうとらえますか?

「やっていることも小さそう」
「将来、転職する時に不利かなぁ」
「なんとなく、頼りない」
「会社名の認知度低いってどうなんだろ」

中小企業に、そう思いを抱いたことはないですか?

私たちの会社は、小さな会社ですが、
真剣に働く人たちで作られています。
何百人、何千人も人のいる大きな会社のように
「誰か1人がいなくなっても大丈夫」という事はありません。
みんなが大切な一人一人です。

なんとなく、いれば一日が終わる会社ではないし
自分で考えないといけない仕事しかありません。
70歳以上のベテランもいれば、18歳で入ってきた仲間もいます。

どこかの会社で1/1000のパワーだった人も
ここでは大切な一人として活躍できます。
交換のきかない、重要な歯車になるのがあなたです。


自分の人生や、仕事に自信を持てる働き方をしませんか?
BUSINESS
入社後のイメージ
販売って考える仕事です。
子供が大人になるように、成長できる仕事です。
  • 入社1年目
    ネットショップ店長
    (34歳)
    1ヶ月目 PCでの受注業務を習得

    2ヶ月目 お客様からのメール問い合わせ、YouTubeの結果分析、LINEの導入

    3ヶ月目 季節に合わせたイベントも提案

    4ヶ月目 お客様からの問い合わせを汲み取って、イベント(受注会)を提案

    5ヶ月目 新しい受注システムの導入+在庫管理との連携、新システム導入後の問題解決

    6ヶ月目 新商品の写真撮りなども習得、演出力のある写真撮りも練習、メルマガ配信も少しずつ

    7ヶ月目 ブログの更新(週3回程度)、新商品の写真撮影・ページ作り

    8ヶ月目 LINE、メルマガ、ブログの配信バランスを考慮しつつ新商品発売に注力

    9ヶ月目 クリスマスラッピングの提案、福袋の企画の実行
  • 入社4年目
    浅草店スタッフ
    (26歳)
    1年目 店舗での販売実務の習得、英語や中国語の接客にもチャレンジ、個人ではイラストレータの使いかたを勉強

    2年目 接客力を身に着ける、店舗ディスプレーの練習、花の生け替えの練習

    3年目 顧客からの認知度がある店員として活躍、後輩にラッピング指導ができるようになる

    4年目 専門店スタッフとして知識を高める努力、通常業務の他、既存柄のトレース、アレンジの提案をする
  • 入社6年目
    元浅草店店長、販売責任(34歳)
    1年目 浅草店開店準備、ラッピング・レジ・修理受付など販売業務、ブログの更新、ディスプレー、花の生けかえを行う、途中から店長に就任

    2年目 自社販売数に応じて、商品の製作数を決める、全商品値上げ時の、値札管理、レジ管理、告知を行う、小売店への卸売りの対面・電話対応を担当、浅草店2周年記念のイベントの提案

    3年目 新しいお財布・手鏡などの提案、小さな商品の柄デザインの提案、消費税変更時の、値札管理、レジ管理、告知を行う

    4年目 ネットショップ用のリーフレット作製の提案、ネットショップの予約会企画のスケジュール提案、浅草店免税レジの導入、クリスマス限定商品の柄提案

    5年目 ネットショップに移動、受注業務・メルマガ配信など習得、工房90周年イベントの企画
ABOUT
販売のお仕事
お客様に喜んでいただけることが
心から「うれしい」
  • 販売のお仕事に「簡単」「誰でもできる」そう思っている、思われている節、あると思いませんか?
    実はとても奥深く、こだわりを持てばいくらでも質を高めることのできる、面白い仕事です。
    「あのお店で買いたい!」
    「あの店員さんから買いたい」
    そう思って頂ける接客を目指して、一緒に働きませんか?
COMPANY
会社情報
会社名 文庫屋「大関」
事業内容 創業92年の皮革工芸品で、お財布や小物を作って販売しています。
自社で製作した商品を、銀座店、浅草店、ネットショップで販売しています。
企業
WEBサイト
http://www.oozeki-shop.com/
企業
SNS
所在地 本社 東京都墨田区向島1-15-9
CAREERS
採用情報
現在、下記の職種で募集を行なっています。
応募を検討される方は、以下のページをご覧ください。
中途採用

できる店舗販売、店長候補(浅草)及び店舗管理

給与
月給 200,000円~350,000円
・最低:20万円~/月
・個々の能力に応じ、制限なく随時昇給あり。
・PCスキル、撮影センス、ディスプレー、レイアウトスキルなど、個人の能力により活躍内容に応じ給与が決まります。
勤務地
東京都台東区
台東区浅草2-2-6ー1F
勤務
時間
10時以降に始業 / シフト制

webデザイン、企画、戦略強化、プロモーション業務

給与
月給 200,000円~300,000円
月給20万円以上+時間外手当
◎経験・能力を考慮の上、給与額を決定。
◎個々の能力に応じ、制限なく随時昇給あり。
└PCスキル、撮影センス、デザインセンス、レイアウトスキルなど、活躍内容…
勤務地
東京都墨田区
墨田区向島1-15-9
勤務
時間
09:00~18:00
残業なし

できる店舗販売、店長候補(銀座)及び店舗管理

給与
月給 200,000円~350,000円
・最低:20万円~/月
・個々の能力に応じ、制限なく随時昇給あり。
・PCスキル、撮影センス、ディスプレー、レイアウトスキルなど、個人の能力により活躍内容に応じ給与が決まります。
勤務地
東京都中央区
中央区銀座1-8-7-1F
勤務
時間
10時以降に始業 / シフト制

できる販売・総合販売職スタッフ(銀座店)

給与
月給 200,000円~350,000円
・最低:20万円~/月
・個々の能力に応じ、制限なく随時昇給あり。
・PCスキル、撮影センス、ディスプレー、レイアウトスキルなど、個人の能力により活躍内容に応じ給与が決まります。
勤務地
東京都中央区
中央区銀座1-8-7-1F
勤務
時間
10時以降に始業 / シフト制

できる販売・総合販売職スタッフ(浅草店)

給与
月給 200,000円~350,000円
・最低:20万円~/月
・個々の能力に応じ、制限なく随時昇給あり。
・PCスキル、撮影センス、ディスプレー、レイアウトスキルなど、個人の能力により活躍内容に応じ給与が決まります。
勤務地
東京都台東区
台東区浅草2-2-6-1F
勤務
時間
シフト制
新卒採用

できる販売・総合販売職スタッフ(銀座店)

給与
月給 200,000円~300,000円
・最低:20万円~/月
・個々の能力に応じ、制限なく随時昇給あり。
・PCスキル、撮影センス、ディスプレー、レイアウトスキルなど、個人の能力により活躍内容に応じ給与が決まります。
勤務地
東京都中央区
中央区銀座1-8-7-1F
勤務
時間
10時以降に始業 / シフト制

できる販売・総合販売職スタッフ(浅草店)

給与
月給 200,000円~350,000円
・最低:20万円~/月
・個々の能力に応じ、制限なく随時昇給あり。
・PCスキル、撮影センス、ディスプレー、レイアウトスキルなど、個人の能力により活躍内容に応じ給与が決まります。
勤務地
東京都台東区
台東区浅草2-2-6-1F
勤務
時間
シフト制
アルバイト・パート採用

できる販売アルバイトスタッフ(浅草店)

給与
時給 1,100円~1,500円
・最低:1100円~/時給
・個々の能力に応じ、制限なく随時昇給あり。
接客スキルにより随時昇給
勤務地
東京都台東区
台東区浅草2-2-6ー1F
勤務
時間
週2~3日からOK / シフト制

できる販売アルバイトスタッフ(銀座店)

給与
時給 1,000円~1,500円
・最低:1000円~/時給
・個々の能力に応じ、制限なく随時昇給あり。
接客スキルにより随時昇給
勤務地
東京都中央区
中央区銀座1-8-7-1F
勤務
時間
週2~3日からOK / シフト制
リンクをコピーしました。
SHARE