powered by

─ 認定特定非営利活動法人大阪自然史センターの採用・求人情報

認定特定非営利活動法人
大阪自然史センター
私たちと一緒に働きませんか?
BUSINESS
事業紹介
Osaka Natural History Center

~ 社会と自然と博物館をつなぐ ~

自然を見つめ、自然から学び、自然を楽しく伝え、自然を大切に思う気持ちを育む

自然の姿を科学的にとらえる調査研究事業や 後世へつなぐ学術標本の収集にはじまり
そのデータや経験を生かした保全活動や 普及教育事業を展開しています
その活動は 自然史博物館や地域の自然資料館、動物園、学校などと連携することにより
多様な発展をみせています
  • 「大阪市立自然史博物館友の会」の運営
    博物館を積極的に利用して、自然と親しむ人々へ、情報を提供するため、「大阪市立自然史博物館友の会」事業を行っています。
    会員約1700世帯が参加し、さまざまな行事を通して、みんなで自然を学んでいます。
  • 「ミュージアムショップ」の運営、「ミュージアムグッズ」の企画制作
    自然とのつながりを広げ、深めるための窓口として、ミュージアムショップの運営、ミュージアムグッズの企画制作をおこなっています。
    また、自然に関する書籍の出版、イベント出店、通信販売などに取り組んでいます。
  • 自然や生き物の魅力を伝える「子ども向け普及教育プログラム」の企画実施
    ●博物館の展示物をもっと深く見つめるために、学芸員と協力しておこなう「博物館子どもワークショップ」
    ●被災した東北の博物館の復興支援を教育普及の面から支える「東北支援子どもワークショップ」
    ●身近な動物園の動物の魅力を知ってもらうことから、野生動物を大切に思う気持ちが芽生えることを願う「動物園ワークショップ」
  • 自然派市民の文化祭をテーマに、大阪の自然のおもしろさ、活動の楽しさを伝える「大阪自然史フェスティバル」を開催
    「博物館を自然に関わる人たちのプラットフォームに、自然に関わる情報の行き交う交差点」にするために。
    地域と博物館を結ぶコーディネーターとして、大阪自然史フェスティバルの事務局を運営しています。
MORE INFO
活動イメージ
  • ●自然史博物館子どもワークショップ(1)
    生き物の専門家である学芸員と協力し、博物館の展示を深く理解するための子どもワークショップを企画・実施します。
  • ●自然史博物館友の会の観察会(1)
    親子で楽しめるハイキングや、市民参加型の調査、宿泊を伴う観察会まで、自然を学ぶ多様なプログラムを行います。
  • ●自然史博物館友の会の観察会(2)
    毎月1回、さまざまな場所にでかけて自然を観察しています。公園へ花にくる虫を探しに行ったり、林にキノコやコケを観察しに行ったり、海岸で見つけた海藻を試食したりと、楽しい企画が盛りだくさんです。
  • ●ミュージアムサービス・出版事業
    自然や生き物の魅力を伝える商品開発に力を入れています。
    博物館の展示や企画に合わせ、毎年多くの新作グッズが店頭に並びます。
  • ●自然史博物館子どもワークショップ(2)
    企画するワークショップのテーマは、昆虫や化石に植物や動物など、多岐にわたります。
  • ●東北支援子どもワークショップ(通称:東北遠征団)
    2011年9月より、博物館で活動する市民サークル「なにわホネホネ団」とともに、東日本大震災で被災した東北沿岸部の博物館の応援を目的とした出張子どもワークショップを行ってきました。
  • ●大阪自然史フェスティバルのメイン会場
    各ブースにはそれぞれの団体の思いのこもった展示が繰り広げられています。 大阪自然史センターは自然史博物館と協働して、事務局・各種デザイン制作・広報PRなどフェスティバル実施のすべてを担います。
  • ●「高槻市立自然博物館」の指定管理運営
    大阪自然史センターでは、地元高槻市で川づくりなどの活動をしているNPO法人芥川倶楽部と連携し、北摂地域における自然史科学の教育・研究の拠点となる、自然博物館の充実と発展に努めています。
COMPANY
アクセス
大阪府大阪市東住吉区長居公園 1-23
SHARE