株式会社オブジェクティブコードの採用・求人情報

careers at

メッセージ

MESSAGE
採用チームからのメッセージ
はじめまして!
オブジェクティブグループ採用チームです。

◆私達にとっての「採用」とは◆
オブジェクティブコードという会社の可能性を広げる為の手段です。
我々はITベンチャー企業であり、その役割として積極的に新たなビジネスを育てています。
ロボット、AI、Botなど様々な技術に関心を持ち、当社の事業をどう展開していくか日々模索しています。
そんな当社が事業を企画・推進していく中で一番大事にしているのが社員の経験やアイディアを活かす事です。
IT企業が生み出したサービスは、他の業界にも展開していくものばかりです。
当社が進めている事業のその一つです。
だからこそ、IT外の業界を経験して来た社員の声を大事にしています。
いろんな声を聴いていく事で、経営層だけでは気づけなかった事、思いつかなかったアイディアを生み出す事が出来ます。
まだまだ社会的にも名前が知られているわいえではありません。
そんな当社は社会に求められるモノを提供する為には、より良いと思えるモノを考え創る事が重要です。
今後も私達が持っていない経歴や考え方を持っている人達にお会いして、可能性を広げていきたいと思っています。
あなたの経験を聞かせてください。


◆こんな人に入社して欲しい◆
自分がやりたい事を「見つけたい」人をお待ちしています。
少人数からスタートした当社。
開発、営業、採用、教育、やらなければならない事は多い中、それぞれのスペシャリストがそろっていたわけではありません。
未熟ながらも一緒にやってみて、出来なければまた一緒に考えながら組織を作ってきました。
そんな我々が得意とするのは、何が出来るか迷っている人に「新しい経験」をさせる事だと思っています。
自分に自信が無い方、この先どうしたらいいか迷っている方、そんな人達にもこの先どうしていくべきか考え、将来の目標を一緒に決める自身があります。
人事を担当している私も入社当初から今の仕事をするとは思っていませんでした。
組織の体制が変化する中で、「やってみないか?」という話をよくされました。
気づいたらやりたい事を思い描けるようになってきた自分がいました。
あとはそれを組織の中でどう叶えていくのかを会社と相談すればいいだけです。
私自身はこの組織で「やりたい事」を見つけられました。


◆私達が皆さんに出来る事◆
成長出来るチャンスを与える事だと思っています。
新しい事を出来るようになるには、体験と学習を続ける必要があると思います。
やってみてもらい、出来るようになり、活躍してもらう人が多くなった事で拡大してきた当社。
今後も若いメンバーにいろいろな経験をしてもらう事で、当社の中でのスペシャリストになって貰いたいと思っています。
だからこそ、私達は「やってみたい」と思ってくれている人と一緒に挑戦していきたいのです。
それを実感してもらう為に、最初に提供できるのは面接で我々の考えを伝える事だと思います。
まずは、どんな会社なのかを知りに来てください。
MESSAGE
代表メッセージ
自分の成長が会社づくりに直結するということを是非体感してほしいです。
◆当社について◆
私達は、創業から6年が経過したIT企業です。
創業当時は、私しかいなかった当社も今では、独立支援により派生した2グループを含め、285名の体制を築けるまでになりました。
おかげさまで、取引先にも恵まれ日々、仕事の依頼も増加中です。
未経験から始めたメンバーが90%を超える当社は、年齢的にも若く、リーダーや役員についている人が15%以上います。


◆仕事をする上で大切にしていること◆
私は「会社が向かうべき方向性と目標を具体的に示すこと」を意識しています。
まだ子会社の規模も小さく、すべてを把握しておくことが一番重要だと思っていたところ、社員に意図した事が伝わらない。わかってもらえないなど、自分本位な問題をたくさん抱えていました。
しかし、規模が大きくなるにつれて最も大切なことに気づいたんです。
それは社長である私が社員に対して、「何を考え、どこをめざしているのか」をしっかり示すこと。
そして具体的に伝えることです。
当たり前のように思いますが、自分の考えを明確に分かりやすく伝えることは容易いことではありません。
当社はそうした環境作りや意識改善を働きかけてきたことにより、社員一人一人の考えに耳を傾ける環境が整っています。


◆入社される方に期待すること◆
私たちは、一緒に会社を成長させてくれるメンバーを募集します。
未経験の方だからこそ、気づくことがあります。
自分自身は感じた事や体験を会社の成長にも役立ててほしいと考えています。
皆さんが気づいた事、気づけた事に耳を傾ける準備は整いました。
「誰かが」ではなく「一緒に」より快適な環境を作ってくれることを期待しています。
個人で出来る事の限界を感じた私が取った行動が、「会社全体で問題を解決する」という事です。
私たちは今までやってきたことに無駄な事は無いと考えています。
同じように、皆さんがこれまで経験されてきたどのようなことも当社で活かしていく事ができるはず。
そのための方法や手法は一緒に考えていきましょう!
採用ページTOPへ戻る
SHARE