powered by

─ 特定非営利活動法人 寝屋川市民たすけあいの会の採用・求人情報

特定非営利活動法人 

寝屋川市民たすけあいの会
私たちと一緒に働きませんか?
MESSAGE
キーワードは『たすけあい』と『すきま』
枠組みにとらわれない、開拓的で継続的な支援
いまから約40年前、1978年。主婦や学生がボランティアとして集まって始まった活動から現在。
「寝屋川市民たすけあいの会」では、障がいを持った方の日中活動スぺース「ぼちぼちはうす」やヘルパーステーション「ほっと」の運営、地域ボランティア活動の支援、小学生対象の遊び場「そるどみ」など、幅広い事業を行っています。とくに重度と言われる障がい者のための支援は先駆的な事業をいくつも立ち上げ、地域の核として頼られる存在になっています。
福祉サービスを利用する人=お客様ではありません。
私たちはメンバーさんの生活を支えながら、ともに時間を共有し、ともに生きていきたいと願っています。その場かぎりの活動でなくずっと継続していくために、地域のさまざまな人たちとつながりながら常に問題の背景や改善の方向を探っていきます。
自分たちの手と足と頭を使って、助けを求めている人の「今」を支えています。
ABOUT
【人生を豊かにする!「たすけあい」の精神で始まった支援】

市民のボランティア団体から始まった「寝屋川市民たすけあいの会」。
「困っている人と手をたずさえる」その基本精神は発足から40年が過ぎても変わることはありません。施設では利用者さんを「メンバーさん」と呼びます。助ける側・助けられる側ではなく、ひとりひとりの人間として、スタッフとメンバーさんは共に笑い、時にはぶつかりあいながら家族のように和気あいあいと過ごしています。
  • 【仕事内容】
  •  笑顔が絶えないとてもアットホームな職場です。初めて福祉の仕事に関わるという人でも、段階に合わせた研修制度が組まれているので、安心して仕事に慣れることができます。
    基礎研修時期は「とにかく向き合うこと」を徹底的に学んでもらいます。相手の求めていることに気づくことができるかどうかがこの仕事にはとても大切だからです。
    第2研修時期は「自由な発想の中であなたと私がともに楽しめることを考えていく」をテーマにしています。メンバーさんとともに楽しめるイベントをみんなで考えていきます。特技のある人はもちろんその特技をない人もいかんなく「自分」を発揮してください!
MORE INFO

みなさんにはこんな仕事をしていただきます
  • ケアスタッフ:重い障害のある方のおうちや外出の支援
  • リハビリテーションスタッフ:日中活動の中での高次脳機能障害者リハビリテーションや重度障害者のリハビリテーション
COMPANY
アクセス
大阪府寝屋川市長栄寺町5番1号
SHARE