powered by

─ 株式会社南武の採用・求人情報

大手じゃなくても
世界を獲れる!
隠れた日本の超優良グローバル企業で成長する


株式会社南武 採用情報
MESSAGE
代表メッセージ
これからの南武にはチャンスしかない


創業1941年
日本で最初の油圧シリンダーメーカー

限られた領域で圧倒的な優位性を目指す
「ニッチ・トップ戦略」

自動車業界向けの「金型向け油圧シリンダー」は国内ダントツのトップシェア

製鉄・重工業向け「ロータリージョイント」グローバルシェアにおいて70%

経済産業省が選出する
「グローバルニッチトップ企業」


小さいながらも、
困難な社会課題の解決に挑戦し世界で戦う

それが南武です。
MESSAGE
先輩社員インタビュー#1
Engineer(設計職)

人見知りだった自分が変わった
将来は特許取得と自分の考案した製品を開発したい
平賀建翔
2013年4月入社
グローバルエンジニアリング学部 
機械創造工学科


南武の設計部は大きく2つのミッションを持ち、それを3つのグループで担っている。

1つ目のミッションは現行製品に関する設計である。日々お客さまからいただく要望に沿って正確且つスピーディに設計するのが第一グループ。そして第二グループは既存製品のアップグレードを行っており、主に油圧機器の世界標準に合わせて性能・機能改善をしている。

2つ目のミッションは第三グループが担っており、ここでは全く新しい製品の開発がされている。
例えば世界のトップクラスの自動車メーカーは工場から油を無くそうという動きがある。

それに対し、国内・世界でもトップクラスのシェアを誇る南武には、地球環境に配慮したエコなシリンダーの開発が求められており、チャレンジングなミッションとなっている。


理系出身で営業を経て設計部の第一グループに所属する平賀に話を聞いた。

↓詳しく見るで先輩インタビューを見る↓
MESSAGE
先輩社員インタビュー#2
Sales(営業職)

理系出身の自分が営業の最前線で活躍できる。
将来は海外拠点を担うかも!?
八重樫将樹
2015年4月入社
工学部機械工学科


営業部隊が製品を売った後は別部隊が顧客フォローする会社もある中、南武では顧客の窓口はすべては営業が担当する。営業メンバーの主な業務の一つは出張ベースも含め、既存顧客への定期的な訪問だ。顧客の声を聞き、実現したいことを汲み上げ、一点物のカスタマイズ製品の仕様を決定していくのが南武の営業部隊のミッション。

その他展示会への出展など営業部隊が旗を振りマーケティング・プロモーション活動まで行うため、販売戦略から受注・納品後のケアまで一連流れに携われることが魅力である。また個人の営業ノルマは持たず、チームで目標を一丸となって追いかけることが南武の営業部隊の特徴だ。

南武の最前線の営業で活躍する、元理系工学部出身の八重樫に話を聞いた

↓詳しく見るで先輩インタビューを見る↓
ABOUT
南武の強み
50年続く企業は0.02%とも言われる中、創業から70年以上続く機械装置メーカーが株式会社 南武だ。

南武の手掛ける油圧シリンダーはASEAN、 北米を含む日系自動車マーケットで7割、 ロータリージョイントは世界市場シェア3割を占める本物の超グローバルカンパニーだ。

日本で初めての油圧シリンダーメーカーでもある同社は、2014年に経済産業省が認めるグローバルニッチトップ(以下、GNT)企業として選出されている。
  • ◎世界20ヵ国以上から南武に視察が訪れている。

    実は数年前に鴻海(ホンハイ)の会長テリー・ゴー氏から一緒にやらないかと誘いを受けていました。丁度シャープの買収関連で日本に来ていて、その際に目をつけた幾つかの日本の中小メーカーを集めていて、そのうちの1社が南武でした。
    鴻海にとっては、南武の技術力が欲しかったのでしょう。結局、鴻海との協力体制についての話は進めることはしませんでしたが、素直に嬉しかったですね。

    代表:野村
  • 売上が半減したリーマンショック時、赤字の中3.5億円の投資で中国での現地子会社設立を決断。同時に既存事業(新品製品)と競合するリスクのある新事業(リユース製品)を展開。このチャレンジにより離れた顧客を取り戻すと同時に新規顧客を獲得、シェアの維持・拡大に成功した。この挑戦とその後の実績を評価され東京商工会議所の第15回「勇気ある経営大賞」の優秀賞を受賞することになる。
ABOUT
南武のこれから
1、インドや南米での拡大を視野に入れた今後の展開
2、困難な社会課題の解決に挑戦する、GNT企業としての使命
  • ■インドや南米での拡大を視野に入れた今後の展開

    南武の社是である「技術を以て社会に奉仕する」ということを、現在とこれからの南武に照らし合わせて具体的にすると

    “世界中の過酷な環境下にある一品物Big Power(油圧)の安定稼働を支える”

    という事になります。

    戦略としては、『過酷な油圧の使用環境に、ハード・ソフト・アドバイスで「ソリューション」を提供し続ける、圧倒的ニッチトップ戦略で世界の油圧産業を下支えする』ということです。

    私が社長に就任してから様々な改革をしてきましたが、その中の一つがIoTソフトを自社開発し、自社製品(ハード)とアドバイスを掛け合わせた、「ハードを核としたサービス業化」を推進していることです。

    また、グローバルという点では2030年を照準にするなら売上拡大余地は軽く倍はあると思ってます。経済成長が著しい中国やインド、さらには南米でのマーケットはまだまだ拡大しています。

    代表:野村
  • ■困難な社会課題の解決に挑戦する、GNT企業としての使命

    南武の技術を以て地球環境に貢献していかなくてはいけないと強く思っています。

    ESG投資(環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)に配慮している企業を重視・選別して行う投資)など世間では言われています。

    特に環境面では二酸化炭素の排出量削減や化学物質の管理であり、南武としてはそこに配慮していきます。

    日本国内だけで事業を行っていたらもしかしたら必要ないことかも知れない。ただ南武はグローバルで戦っていくし、何よりも世界から求めらている。

    実は詳細はお伝えできないのですが、とある超大手企業からの相談でより環境に配慮した油圧シリンダーの研究開発に取り組んでいます。南武の実績を技術力を認めていただいての話しではあるが、これがまた非常に難易度が高い。でもやる価値があると思っています。

    ありがたいことに、様々なところからお声がけいただいているが、何でもかんでも引き受けることはしません。社会課題を解決し世のため人のために南武の技術を生かす価値があり、かつ非常に難易度が高く挑戦し甲斐のあるものだけやっているんです。

    代表:野村
MESSAGE
人事メッセージ
つっかえても、ぎこちなくとも良い、大切なのは自分の言葉で表現できる事

■面接で重視するポイント

『どのような考え方を持ち学生生活を過ごされてきたのか?』というところに焦点を当てています。そして特に大切なのは自分の言葉で表現して欲しいという事ですね。スマートに話せなくていい、たとえつっかえても、ぎこちなくとも自分の言葉で語っていただけると、表現に具体性があって、表情が豊かになるので人となりが分かります。それが南武としてはありがたいと思っているからです。


■なぜ自分らしさを求めるのでしょうか?

それは、南武の理念にもある『他社の模倣をしない』という考え方に繋がるからです。もちろん素晴らしいものを真似たり、参考にすることは悪いことではありませんが、最終的にはそれらを取り入れた上で自分なりの独自性を出していくことが重要だからです。


■逆に面接する側として気を付けていることはありますか?

特に決まった質問事項などはなく、機械的な質問をすることはありません。時には脱線しながらの対話なので、面接とというよりは面談のようなイメージでお話を聞いています。その方が本当の姿が見えてくると考えているからです。


■新卒に期待することは?

好奇心旺盛でいて欲しいです。自分なりの確固たる意見を持ち、興味を持ち様々な事にチャレンジをして欲しいと期待しています。

会社としては型にハメたくなく、良い意味で中小規模なので自由に動き回って活躍して欲しい。
必ず幹部になってください!というものでもなく、その方の素養や志向性に合わせて、会社としては良さを引き出していきたいと思っています。実際に入社10年も絶たないうちに海外現地法人の責任者となった社員もいるくらいです。


■人事としてのチャレンジ

南武で働く全ての従業員の満足度をさらに高めていける工夫や取り組みをしていきたいと思っています。また、南武自体のイメージを変えていきたいとも思っています。油圧機器というどうしても地味に見られがちな製造業で、模索中でありますが、時代に即したイメージ転換を図っていきたいと考えてます。


メッセージ

どんな時代になっても優れた技術を求められ続けますので、一緒にチャレンジしていきたいと思っています。

思っている以上にやれることは沢山あることは間違いありません。手を挙げて挑戦すればやる気さえあればどんなこともできると思います。

私は総務人事におりますが、本当にいろいろ経験し、充実しているなと私自身も感じています。

是非一緒にチャレンジしていきましょう。


取締役総務部長:二階堂
MESSAGE
求める人物像
南武が求める6つの人物像
それは南武自身が皆様への約束でもあります
↓詳しく見るから説明文をご覧ください↓
BENEFITS
環境と制度
  • --------
    働く環境
    --------
    《働きやすい環境づくりへの尽力》

    当社ではワークライフバランスの向上にも力を入れて取り組んでおり、2018年の年間休日は126日としっかり休んでリフレッシュを図ることができます。また、産業医と契約して社員が常に最良のコンディションを保てるようケアにも力を入れています。労使が協力して労働安全衛生活動を活発に推進し、安全衛生水準の向上が評価され、自治体から労働基準監督署長表彰を受けました。
    こんな点も、南武の“隠れた魅力”の一つだと言えます。
  • --------
    社内制度
    --------
    《福利厚生・社内制度》

    ・中小企業退職金共済
    ・財形貯蓄
    ・総合福祉団体定期保険
    ・保養所・リゾートホテル(健康保険組合)
    ・資格奨励金・報奨金(会社にとって有用な改善提案をした社員や功労者に対して
     支給されます)
    ・新車購入奨励金(4輪及び250cc以上の2輪)
  • --------
    研修制度
    --------
    《新入社員研修》
    ◇各部署の概要説明/就業規則・福利厚生・安全衛生・ISOの説明
    ◇ビジネスマナー研修/フォローアップ研修

    《設計部研修》
    ◇製品とその構造説明/図面管理方法説明/製品把握のための製造現場でのOJT研修
    ◇Auto CAD操作研修/3D CAD操作研修/作図のOJT研修

    《その他》
    階層別研修/各種セミナー職能別研修/週1回の外国人教師による英会話教室(自由参加)/社内勉強会、OJT/国内外の展示会の参加
    など
  • --------
    自己啓発
    支援制度
    --------
    《資格取得奨励制度(奨励金、受験費用等の支給)》

    ◇語学系:TOEIC/実用タイ語検定
    ◇管理系:日商簿記
    ◇技能系:油圧装置調整(技能士)/機械製図CAD作業(技能士)/普通旋盤作業技能検定/円筒研削盤作業技能検定/平面研削盤作業技能検定/数値制御旋盤作業(NC)技能検定/マシニングセンタ作業(MC)技能検定/フライス盤作業技能検定/数値制御フライス旋盤作業技能検定/ボール盤作業技能検定/機械組立仕上げ作業技能検定/金属塗装作業技能検定/噴霧塗装作業技能検定/電子機器組立て作業技能検定/機械設計技術者/
    など。

    入社後に以下の資格を取得した場合は奨励金全額。入社前または資格が奨励対象になる前に取得した場合は、奨励金の半額をお支払いします。
PHOTOS
社内イベント
  • 納涼会2018

    夏に行った納涼会からのスナップです。夏に納涼会、年末に忘年会は、浜松のメンバーも参加して開催しています。
  • 50周年記念旅行

    設立50周年をお祝いして、金沢へ社員旅行に行きました。
    有名な加賀屋ホテルに泊まる豪華な旅行でした。
  • ダイカスト展示会2018

    11月に開催されたダイカスト展示会の当社ブース写真です。2年に一度開催されるダイカストの国内最大の展示会です。今回は当社もブースを拡張して出展いたしました。
  • 旧萩中工場記念撮影

    2015年の横浜移転前に、大田区の旧工場で記念撮影した写真です。
PHOTOS
【社是】
技術を以って社会に奉仕する
COMPANY
アクセス
神奈川県横浜市金沢区福浦2-8-16
SHARE