株式会社南港マリンの採用・求人情報

(株)南港マリン
掲載中の求人情報はこちらarrow
BUSINESS
株式会社南港マリンは平成19年、大阪の堺市で創業したタクシー会社です。 株式会社南港マリンはサービス向上にあたって、全車両にクレジットカード・交通系ICカード(PiTaPa含む)・iD端末を搭載しております。また従業員にも働きやすさを提供するため、弊社はいち早く配車アプリDiDiを導入しました。弊社でもこれによって新人が50万、60万の給料を稼げる環境に。
これからも、高質な安全運転と心よいマナーに加え、多様化する社会経済環境のもと、時代のニーズをしっかりと受け止め、 株式会社南港マリンならではの価値ある商品とサービスを提供し続けて、未来社会の発展に寄与できる企業でありたいと願っています。 
代表取締役社長 宝上 能史
  • タクシー事業
MESSAGE
直近の最高月収92万円。チャレンジするなら今!
弊社の魅力

給料が高い
従業員の半数が40万以上、35%が50万以上、15~20%がなんと60万円以上の給料を得ています。

しっかり休める
従業員は自分で休みを決められます。月間7~8日の休みがあり、基本は日・祝・隔土 となっておりますが、これらを自分で自由に動かすことが可能です。休む前日までに伝えればOK。急な用事にも対応できるし5連休にして海外旅行なんていう人も普通に存在する弊社です。もちろん有給取得は100%です、

若手が多い
弊社の平均年齢は41歳です。大阪のタクシー乗務員の平均年齢は59歳と高めですが弊社は41歳、ベテランさん達を含んでこの数字です。毎月20代30代が入社するので業界では圧倒的な若さ。この時代にこの業種で20代30代が毎月採用でき定着率が8割を超えていることが、弊社が働きやすい会社であることを証明しています。

定着率が高い
昨今、社員の離職率は大きな問題で多いところでは3年以内に7割が退職すると言われております。ですが弊社の場合3年間での離職率は2割もありません。タクシーは入社祝金がもらえる会社が多いので毎年会社を変える人も多いのですが、弊社を離れる人はほとんどいません。弊社は祝金すらありません。なぜ弊社は定着率が高いのでしょうか。
それは、就業前のイメージと就業後の事実にギャップが無いからです。求人情報が大げさであったり、嘘の情報を記載している会社は多いですがそういうところは離職率が高いです。例えば70万円の給料がもらえると言われて働いてみたら30万円しかもらえなかった。そんな会社で定着率が良いはずがありません。弊社の定着率が高い理由は、
”嘘みたいに魅力的な求人情報のすべてが事実だから”です。
新入社員からは「むしろ良いギャップしかなかった!!(^o^)」と言われています。
VIDEO
アプリが営業をサポートしてくれるので稼げる環境◎
令和1年8月度最高月収は92万円
PHOTOS
配車アプリDiDIについて
弊社は今、密かに人気を集めています。自慢になっちゃいますが、求人も低予算でバンバン応募が集まり、採用もできます。人材難のこの時代、良い人材には恵まれてると実感するほどです。
その理由は他社よりも従業員が働きやすく、他社よりも稼げる環境構築に力を入れているからです。従来は”待機場”、”流し”、”無線”これらを使い分け、更にその他のテクニックを駆使しお客様にご乗車していただくのが普通でした。ところが配車アプリDiDiの導入により無線が必要なくなり流しをしなくてもお客様がやってきてくれる。待機中もその場所だけでなく半径2kmぐらいの範囲にアンテナを立てて待てるようになりました。
一言でいうと、タクシーで稼ぐのに難しいテクニックが必要なくなりました。
それぐらい画期的なシステムです。未だにアプリを導入していない会社も多いのですが弊社はこういった従業員が少しでも楽になるツールの取り入れに力を入れております。
  • DiDiによる配車で効率的に売上UP.新人さんでもこれを使いこなせば月給50万は余裕で超えられる。
  • 道がわからなくて不安?そんな悩みは時代遅れ。DiDiにはナビ機能があるし、DiDiで注文を受けたら自動的に行き先へのナビが表示されるから調べる必要すらありません。
  • お客様目線でも信頼感抜群。今タクシーがどこにいてどれぐらいで到着するかがリアルタイムにアニメーション表示されるから、気楽に構えていられる。
  • キャンペーン有りすぎ!DiDIが毎月様々なキャンペーンをしてくれるから、アプリ認知度も利用率も大阪No.1!!使うしかないでしょ!
COMPANY
会社情報
会社名 株式会社南港マリン
事業内容 タクシー業
企業
WEBサイト
http://nanko-marin.com
所在地 大阪府堺市堺区大浜南町1-6-11湊北高架下施設5A
リンクをコピーしました。
SHARE