公益財団法人武蔵野市子ども協会の採用・求人情報

公益財団法人
武蔵野市子ども協会
ともに、つながり、育つ。
BUSINESS
事業内容
武蔵野市全市域の子ども育成活動全般を支える機関として、安心して子どもを生み育てることができる環境づくり、育児等における子育ての支援を行い、地域と協働した子育てや子どもの育成活動を促進し、活力ある地域社会の形成に寄与することを目的としています。
  • 認可保育所及び認定こども園に関する事業
    保護者が就労や病気などの理由により子どもの保育にあたることができない場合に、子どもをお預かりし、保護者に代わり保育しています。
    認可保育所を5園と認定こども園1園を運営しています。
  • 0123事業
    武蔵野市に住む0~3歳の乳幼児とその保護者を対象に子育て支援施設を運営しています。
    親子で自由にあそべる場を提供したり、育児相談など子育てをしている保護者への支援を行います。
  • おもちゃのぐるりん事業
    武蔵野市立みどりのこども館内の子育て支援スペースにおいて、武蔵野市内に住む未就学児とその保護者を対象に、子どもの心や想像力を育むおもちゃを用意し、親子が自由にのびのびとおもちゃで遊ぶ場と、親子のきずなを育む楽しい時間を提供しています。
  • 地域子ども館事業
    小学生の放課後等の安全な居場所を確保し、全児童対策の視点で子どもの健全育成を図る「あそべえ」と、授業の終了後に就労、就学、疾病等で監護することができない保護者に代わって、生活の場を確保し、適切な遊びや指導を行う「学童クラブ」とを連携させ、「地域子ども館」として運営をしています。
MEMBERS
職員からのメッセージ
  • 保育業務(正規職員)
     私自身、北町保育園の卒園児で、当時の楽しかった記憶もあり、自らが育った保育園で仕事をしたいなと思っていました。当時の担任の先生が、現在では園長として働いていることも心強く感じ、また、自分のことを覚えていてくれたことも嬉しかったです。

     目に見える成長ももちろんですが、子どもが素直に『ごめんね』と言えたり、かけっこで転んだ友達のひざについた砂を払いながら『大丈夫?』と声を掛けたりと、心の成長を感じる場面を見守ることができるのは、保育士の仕事の魅力の1 つだと思います。また、市職員、協会職員が同じ仲間として仕事をしているのも協会の特徴です。

     給与制度や休暇制度は、ほぼ市に準拠したものとなっていて、長く働き続けやすい環境が整っていると思います。
  • 一般事務(正規職員)
     私は、子ども関係の仕事を希望し、教員免許も持っていましたが、現場をサポートする仕事をしたいと思っていました。協会の職場見学を行い、生き生きと働いている職員の姿を見て、よりその気持ちが強くなり、子ども協会を志望しました。現在は、事業課で保育園や地域子ども館の運営の支援を行っています。最初は分からないことが多く、施設の職員に教えてもらうことも多かったですが、徐々に仕事を理解し、『ありがとう』を言われた時には、やりがいを感じます。また、各施設で頑張る様々な職種の同期の姿を見て勇気をもらっています。

     様々な施設で、様々な職種が、それぞれ協力し活躍しています。ぜひ一緒に、地域の子育てを支えていきましょう!
  • 学童保育業務(正規職員)
     学生時代から親しみのあった『武蔵野市』と、『子育て支援』の現場で働きたい、その2つが一致した武蔵野市子ども協会を志望しました。
     
     まだ経験は浅いですが、任せてもらえることも多く、周りと相談しながら自分の思いを実現できる環境が整っていることにやりがいを感じます。職場には、幅広い年齢層の職歴も様々な職員がいますが、皆が同じ方向を向き、困った時には皆が助けてくれるので、日々学び、成長しながら仕事に取り組むことができています。その中で、子どもの成長を子どもと一緒に喜ぶことができるのは、この仕事の魅力です。

     私自身、未経験での採用でしたが、周りには経験豊富な職員がたくさんいるので、安心して働くことができています。
ABOUT
私たちについて
 武蔵野市子ども協会は、平成4年に武蔵野市が任意団体として設立し、「0123吉祥寺」の管理運営団体として活動を行ってきました。その後、「0123はらっぱ」の管理運営を受託し、指定管理者制度導入後は、両施設の指定管理者となり、武蔵野市の子育てひろば事業の中枢を担ってきました。平成21年には、社会福祉法人武蔵野より、おもちゃに特化した子育て支援施設「おもちゃのぐるりん」の業務を受託するなど、着実に事業を拡大してきました。平成22年2月1日付けで法人化、平成23年には公益認定を受け、現在は公益財団法人として活動しています。

 公益財団法人化と同時に、市から公立保育園の移管を受け、認可保育園2園の運営を開始しました。平成25年には、さらに公立保育園3園の移管と境こども園の開設を行いまし
た。平成29年には、市から地域子ども館事業の委託を受け、事業を拡大しています。
今後も、武蔵野市と密接な関係を保ちながら、市内の子育て支援事業がますます充実し、武蔵野市民の皆さまの子育て環境の向上につながるよう努めていきます。
  • 武蔵野市から移管された保育園5園と武蔵野市唯一の認定こども園1園を運営しています。子どもが主体的に生活がおくれ、自分で考え行動できるよう保育を進めています。
  • 子どもたちにとって良い環境を作るため、ベテラン・若手保育士日々話し合い、学び合っています。
MORE INFO
ここがポイント!
  • 地域の魚屋さんのご協力により食材に触れることのできる機会を作っています。地域との交流を積極的にもち、つながりを大切にしています。
  • 野菜や米の栽培、収穫を楽しみ、クラスで調理保育を行い、「食」への興味関心を育んでいます。
  • 広い園庭で、大きな鍋を使って、芋汁を作ります。季節ごとに様々な行事があり、季節を感じながら生活をしています。
  • 四季折々の自然に触れ、季節の変化を楽しみ、豊かな感性を育みます。また、散歩や園庭遊びなど戸外で遊ぶ時間を多く作っています。
  • 人材育成、また魅力ある働き甲斐のある職場づくりのためさまざまな研修を実施しています。
  • 制度を整え、長く働くことのできる環境作りに力を入れています。ハンドブックを作成し、制度の周知を行い、周囲の職員も趣旨や制度について理解し、子育てを行う職員を積極的にサポートできるよう心がけています。
COMPANY
会社情報
会社名 公益財団法人武蔵野市子ども協会
事業内容 1.武蔵野市から受託する子育て支援施設の管理運営
2.武蔵野市財政援助出資団体から受託する子育て支援施設の業務運営
3.認可保育所の設置、運営
4.認定こども園の設置、運営
5.放課後子供教室の業務運営
6.放課後児童健全育成事業の業務運営
7.保育サービス及び幼児教育に関する研究、啓発
8.子育てに関する施設及び事業間のサービス連携
9.事業及び子育てに関する情報提供
10.その他、この法人の目的を達成するために必要な事業
企業
WEBサイト
http://mu-kodomo.kids.coocan.jp
所在地 東京都武蔵野市西久保1-6-27多摩信用金庫武蔵野支店4階
リンクをコピーしました。
SHARE