powered by

─ 株式会社くらしケアの採用・求人情報

くらしケア
看護の力で地域を変える
MESSAGE
企業理念
看護の力で地域を変え社会を変える
病気や障がいによる生きづらさは看護の力で変えられます。
誰もが自分らしく暮らせるように。
明日が待ち遠しいと感じられるように。
あなたの看護の力をあなたの住む街で活かしませんか?
BUSINESS
事業内容
障がいを持つ方と家族の抱える課題をワンストップで解決!
  • 訪問看護
    病気や障がいを持つ方とご家族の在宅生活を支えるため経験豊富な看護師があなたの自宅を訪問します。精神科訪問看護では精神障がいのある方をはじめご家族の悩みやご相談にもお答えします(=家族支援)
    訪問看護は主治医(かかりつけ医)からの指示に基づき行なわれ計画書&報告書を提出を通じて連携を図ります。
    親子関係が近すぎてうまくいかないとき、訪問看護師が第三者として関わることで、日々の暮らしへの変化が期待できます。
  • 相談支援
    保健師、看護師、ケアマネージャーの資格を持つ相談支援専門員を中心に最適な支援計画を立案します。くらしケアの相談支援は医療に強いこと。医療と福祉双方にニーズがある精神障がいの方、高次脳機能障がいの方、難病の方を対象に幅広い支援を提供。さらに精神保健福祉も在籍していますので、制度の様々な疑問にもお答えします。
    【ワンポイント】くらしケア介護障がい相談センターは平成29年4月より岐阜市障害者支援事業の委託先になりました。
  • 居住支援
    人の生活にもっとも必要なものは住まい。「福祉は住まいに始まり住まいに終わる」と言われるほど住まいは人々の生活の質に大きく影響します。
    くらしケアでは創業時から障がい者の居住支援を行っており住まいのノウハウは豊富です。同時に要望があれば生活全般の疑問や課題についてもアドバイスさせていただきますので総合的な安心を感じていただけます。
    【ワンポイント】居住支援活動は岐阜県の指定を受けて活動しています。
  • 通所支援
    新生児医療の発達で病気や障がいで亡くなる赤ちゃんが減り、医療デバイス(たん吸引、経管栄養、酸素吸入)をつければ生活できる子どもが増えてきました。しかし、医療的ケアの必要子どもが通える保育施設は皆無。行き場を失ったおかあさんと医療的ケアの必要な子どものために誕生したのがくらしケアのここぱーく。児童発達支援と放課後等デイサービスの福祉制度を活用。親子の笑顔を看護師保育士社会福祉士のスタッフが支えています。
MEMBERS
メンバー紹介
くらしケアは若いスタッフが活躍しています。
在宅医療の領域はまったく新しい分野。
さらにいうなら精神科訪問看護はもっと新しい分野です。
経験など無くてあたり前。臨床経験が乏しくても構わないのです。
事実くらしケアの訪問看護師の90%は訪問看護未経験者ですが大活躍しています。
・・・ということは看護師のあなたに出来ない理由はありませんよね?
私達は看護師のあなたに「新しい看護師の働きかた」を提供します。
  • 永井杜椛
    くらしケア取締役部長
    相談支援専門員
    看護師
    保健師
  • 多賀谷容子
    くらしケア岐阜訪問看護ステーション
    くらしケア各務原訪問看護ステーション岐阜サテライト
    所長(兼)管理者
    訪問看護師
  • 市川芳男
    くらしケア介護障がい相談センター
    くらしケア住まい相談センター
    精神保健福祉士
    居住支援
  • 田中聡美
    くらしケア介護障がい相談センター(岐阜)
    看護師
    相談支援専門員
    主任(管理者)
MESSAGE
代表メッセージ
あしたが待ち遠しくなる社会をつくる。
街には多様な暮らしがあります。

ひとりひとりの人生があります。

そして、

喜びや悲しみ、夢や希望があります。



16歳のときにこの街で

病気が原因で障がい者になった少年は

それまでのあたり前があたり前ではなくなりました。



長引く入院生活で将来を悲観していた少年に向けて

ある看護師が言いました。



「自分に負けないで欲しい」



ひとりの人間として真剣に向き合あってくれていたんだ・・・

少年が悟った瞬間でした。


起きた不幸をなげくより

今やれることを見つけて

少しづつでもいいから

前を向いて歩いていこう。


そんな決意ができたのは
  
看護師のおかげでした。


このエピソードは私の看護の力の原点。

実話です。



実社会へ出ていくことは

想像以上の困難さでしたが

看護の力に支えられ「いま」があります。




くらしケアは看護師が中心となって活動しています。



医療職としてはもちろん

人として寄りそう存在であり続けます。



病気があってもその人らしく輝けるように。



障がいがあっても

幸せになることをあきらめなくても良いように。

心を込めてサポートします。


そして

親なききあとも安心してくらせるように。

私たちは全力で取り組んでいます。


看護師を目指して看護師になったあなたへ。

看護師になりたくてなったあなたへ。


私たちの仲間になってください。

あなたの看護の力で

生きづらさを抱えている人々に

生きる力強さと

生きる希望を与えてください。


近いうちに

そんな素敵なあなたと

お目にかかれる日を楽しみにしています。


くらしケア代表 直野武志
ABOUT
私たちについて
親なきあと問題を解消し、社会に必要不可欠な企業になるために!
  • 障がいがあっても、幸せになることをあきらめない人を全力で応援しています。
  • 医療福祉の担い手に夢と希望と存在意義に見合う待遇で迎えるための企業づくりに取り組んでいます。
PHOTOS
働く環境
「働きやすい職場とは?」をテーマにスタッフの意見を取り入れながらアップデートしています。
  • 30分単位で取得できるフレックス有休を採用。中抜けに使ってももちろん構わないから子どもが急に熱を出したときも安心です。
    また、家から直接訪問するチョッコウ(直行)や、訪問先から家に帰るチョッキ(直帰)も自由自在。ワークライフスタイルに合わせた働き方が可能です。
    なお有休は「入社直後」から使うことができます。
  • 看護師は最新知識のインストールが欠かせませんよね。そんな思いに応えるべくくらしケアでは様々な研修制度を用意しています。加えて自由に選べる外部研修には研修費用を補助。「ご利用者様のために料理や掃除のスキルを学びたい学びたい」だって、もちろんOKです。
    あなたの学びたい前向きな気持ちを全力で応援します。
  • お中元やお歳暮、バレンタインの義理チョコなどめんどくさいですよね。くらしケアでは社員間の贈答行為を一切禁止しています。これにより余計な気遣いを無くしてフェアな職場環境を実現しています。
  • 離職理由の第1位は人間関係。せっかく頑張っても人間関係でつまずいては意味がありません。くらしケアでは良好な人間関係を重要視。多様性と尊厳を大切に、社員のミッションとして掲げています。
ABOUT
スタッフが大切にしている価値観
(ミッション)
私たちくらしケアが大切にしている価値観です。
それぞれの意味はご縁のあったときにご説明しますね!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・くらしケアは私そのもので、チームの幸福は私が創っていることを理解しています。
・ご利用者様とご家族の明日が待ち遠しい暮らしの実現を大切な使命と心得ています。
・常に、個人・家族・地域社会の可能性を最大限に発揮できるよう援助します。
・多様性を受入れ、お互いに尊敬と尊厳をもって接し、働きやすい環境をつくります。
・私の自己実現とチームの繁栄には利益性が不可欠であることを認識しています。
MORE INFO
スタッフ紹介
地域をより良くするためにはたらく自慢の仲間です
  • 多賀谷容子(訪問看護師)
    ◆資格取得後の勤務
    私は、看護師免許を取得し最初の勤務先はCCU(冠動脈疾患:狭心症、心筋梗塞等の疾患を管理する集中治療室)でした。生体肝移植後の患者様に携わらせて頂き、その後出産を機に転職し、外来やデイサービス施設や小規模多機能型施設に15年勤務していました。

    ◆訪問看護に転職したきっかけ
    施設勤務時代に、在宅での生活をしたいと思ってみえる方がとても多く他職種の方と一緒に個人個人の方の在宅での生活を見つめる機会が多くあった際にくらしケアを知り、くらしケアの理念にある 私たちは「」の明日が待ち遠しくなるくらしを創造し実践します に共感し転職を決めました。

    ◆求職者の方へひとこと
    私は、今現在先輩スタッフと同行訪問し、ご利用者様の安心で快適な在宅生活のサポートに奮闘中です。くらしケア訪問看護では、子育て中の方へのバックアップ体制が整えられており又、働きやすい環境作りをスタッフ一丸となって行っていますので是非一緒に働けると良いです。
  • 後藤美保(訪問看護師)
    ◆訪問看護に転職したきっかけは?
    看護師となり、最初の配属先は手術室でした。関わった患者様はお元気になると一般病棟に異動されるので、バッタリお会いすることがあると臥床していた頃とは一転しており感動したものです。
    もっと患者様と話したいと思い一般病棟に配属異動しましたが、繁雑な業務で当初考えていたように寄り添い向き合うことが出来ないジレンマがありました。
    看護職を始めた頃の原点の思いと、くらしケア訪問看護の「一緒に考え行動をサポートする」姿勢に共感し転職しました。

    ◆今後の目標
    今はナースコールに遮断されることなく、目の前の利用者様に集中出来ます。
    貴重なその時間の無駄遣いにならないようにすることが課題であり、目標です。

    ◆求職者の方へのひとこと
    新しい環境に馴染めるか不安いっぱいでした。職場全体で働きやすい環境作りに力を入れておられ、話しかけやすい雰囲気があります。研修開催も多く、一緒に学んでいこうという環境です。あなたも仲間になりませんか?
  • 野田知里(保育士)
    ◆くらしケアに入職しようと思った理由
    私は、前職ではじめて障がいの方とかかわる仕事につき、何もかもがはじめてでとても衝撃を受けると同時に、もっと障がいについては学びたい!もっとお子さんや親さんの気持ちを理解し寄り添いたいと日に日に思うようになりました。そんな気持ちの中、くらしケアと出会いました。くらしケアでは、社内での勉強会はもちろん、研修なども積極的に参加出来るような制度があり一人一人がしっかり学べ、情報交換し会社全体でスキルアップできる環境に魅力を感じ入職しました。

    ◆求職者の方へメッセージ
    私は今、子育て真っ最中で、子どもの行事や子どもの急な体調不良などで、お休みいただくことがあります。
    そんな時、嫌な顔ひとつせず、皆同じ立場だから、今は、お子さんの隣に居てあげてと、快くお休みをいただけるとても家族思いの職場であり仲間です。だからこそ、お休み明けには、もっとお仕事頑張ろうという気持ちになれます。
    また、分からないことも一つ一つ丁寧に指導していただけるので、不安より笑顔が増え笑いの耐えない職場です。

    ◆ご利用者様、ご家族様へのメッセージ
    ここぱーく開設してまだまだご利用者様やご家族様に至らないところも沢山あると思います。
    でも、だからこそ皆さんの意見やアドバイスを良いことも嫌なことも沢山お聞きし、またここぱーくに行きたいなぁと思ってもらえるよう、皆さんが笑って過ごせるよう、ご家族様に寄り添い、ここぱーくを皆さんと一緒につくっていけたらと思います。
  • 広瀬真理子(社会福祉士)
    ◆くらしケアに入職しようと思ったのはなぜですか
    私は3人の子を持つ親で、1番下の子が幼稚園へ通うのを機に仕事を探していました。
    前職では、障害者の就労支援、生活支援の仕事をしていたので、そこでの経験を生かせるようにと障害者関係の仕事をしたいと考えていました。
    ハローワークでここぱーくの求人を知り、くらしケアのホームページや代表のブログを見て、就業規則や企業努力を知り、共感と共に大きな拍手でした。
    良好な人間関係が無くては、ご利用者様により良いサービスはできない、本当にそう思います。この会社で働いてみたい、そんな思いで入職しました。

    ◆働きやすさについて
    子どもを持つ職員が多いので、急な子供の体調不良や学校行事等でお休みをもらう際に、お互い様の気持ちがとても強く、助けられています。職員としても、人としても尊敬できる方ばかりで、一緒に働けるのがとても楽しいですし、毎日学ばせてもらっています。

    ◆ご利用様へひとこと
    いつもここぱーくへ、大切なお子様を預からせて頂き、ありがとうございます。
    私自身も親として、どんな場所だったら、どんなスタッフだったら自分の子どもを預けたいと思うかを考えながらここぱーくを創り上げていきたいなと思っています。
    至らない点や気づかない点が多々あると思います。皆さまのご意見やご要望を伝えて頂きたいと思います。
    子供たちはもちろん、親御さんとも楽しい時間を過ごしていきたいです。
COMPANY
アクセス
岐阜県岐阜市中鶉2丁目15番地1
SHARE