有限会社 工藤板金工業の採用・求人情報

careers at
有限会社 工藤板金工業
私たちと一緒に働きませんか?
MESSAGE
私達の想い
世界に誇る屋根職人の技術
日本を支える「ものづくり」はここから
昭和37年に創業した工藤板金工業。「雨漏りする家から家族を守りたい」という創業者の想いから始まりました。
創業当時、日本は高度経済成長期と呼ばれ、人々が生きるために必死で働いていた時代でした。そこから約半世紀が経ち、現代の屋根づくりは、建物を守り、寿命を延ばすことへ。また、耐久力だけでなく、デザイン性も高くなっています。

IoT化やロボットの導入など、ここ数年で業界全体のレベルは飛躍的に進化。しかし、日本の風土にあった屋根づくりの工法は、熟練の腕があってこそ。職人一人ひとりの手作業と勘が大変重要です。日々の積み重ねが、プロの職人たちの技を培うということに、今も昔も変わりはありません。伝統を受け継ぎ、職人の技により磨きをかけ、私たちは、新しい未来へとチャレンジし続けます。
ABOUT
私達について
私たちは、ひとを愛し、ひとを育て、社会に貢献する企業を目指しています。
世界にも誇れる最高の技術と情熱で、お客様の笑顔のために、全力で仕事に取り組んでいます。
熟練されたプロの職人の技を学びながら、モノを作る喜び、完成時の達成感と感動を、共に味わいませんか?
  • 今年の春から、2020年東京オリンピック関連の仕事も手がけていく予定です。そのために、一層、元気のいい新たな仲間が必要です。自分たちの造った建物に世界各国から人が集まってくる。世界の代表選手たちがそこで競技をする。想像しただけでワクワクします。共にやりがい感じ、歩んでいけるスタッフを待っています。
  • 受け継がれる熟練の技 ~菱葺(ひしぶき)~
    菱葺とは、正方形の鉄板を1枚ずつ菱形に貼り付ける伝統工法で、高度な技術が必要とされ、熟練の職人にだけ許された工法でした。現在では歴史的建造物でしか見られなくなりましたが、工藤板金の総力を結集して菱葺の復活に挑戦し、2016年12月に完成させることができました。
BUSINESS
事業内容
私たちは屋根を作ります。屋根は、建物を守る大事な主要部分。その建物の下には、愛する家庭があり、毎日の暮らしがあります。私たちが作る屋根は、大事な人を守り、育てて行くための屋根です。
私たちの「ものづくり」の先には、たくさんの人の生活があり、幸せがあり、喜びがあるのです。
  • 屋根工事
    屋根は1年365日、強い日差しや風雨にさらされています。雨漏りを放置しておくと、内装の傷みはもとより建物全体の腐食をまねいてしまいます。新築工事はもちろん、一滴の雨漏り修理から大規模な葺き替え、塗り替え工事まで、確かな技術と質の高いサービスをご提供しています。
  • 外壁工事
    建物の顔ともいうべき外壁。屋根とともに過酷な気象条件にさらされ傷みやすい部分です。傷みや劣化をそのまま放置しておくと美観をそこねるだけでなく、雨水の浸入をもたらし、建物本体を腐らせてしまうおそれもあります。建物の立地条件に合わせ、きめ細かく対応します。
  • 雨どい工事
    屋根に降った雨水を集め、排水溝へとみちびく雨どい。目立たない存在ですが、建物を守る大切な役目を果たしています。雨どいがこわれると不快な雨だれ音のみならず、雨漏りや外壁、建物の土台にまでダメージをおよぼします。強い紫外線や風雨にくわえ、北国では雪の重さにも耐えうる頑強な雨どいが必要です。耐衝撃性とデザイン性にすぐれた、最適な雨どいをご提案します。
  • 各種金物加工・リフォーム工事
    水が入りこんで傷んでしまったキッチンの水まわり、こびりついてなかなかとれないステンレスの油汚れ、結露や雨水の浸入でゆがんでしまった窓枠など、家の中の気になる部分は、少し手をかけるだけで見違えるほど生まれかわり、使い勝手もグンとアップします。私たちは板金加工のプロフェッショナル。一枚の鉄板を切ったり曲げたり叩いたり、自由に加工してお客さまだけのオリジナル商品をご提供します。部分補修や大規模なリフォーム工事など、あらゆるニーズにお応えします。
MORE INFO
ギャラリー
BENEFITS
福利厚生
  • 各種保険
    健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険
    退職金制度/制服支給/親睦会
  • 社員研修
    映像でプロの技術を学べる「モデリング」を開発中。端末を横に置き、映像を見て真似しながら作業できます。何度でも繰り返し復習できます。
  • 社員旅行
    2018年5月仙台へ、交流も兼ねた研修旅行を計画。全日本板金工業組合連合会・全板連グループが主催する、全国板金技術大会を見学し、日本の最高レベルの板金技術に触れてきます。
  • 各種資格補助制度
    資格取得する際は、当社で全面バックアップします。
MEMBERS
メンバー紹介
  • 沢口由美子
    自動車関連のお仕事や販売、接客等のお仕事をしていましたが、手に職をつけたいと思い職業訓練校で勉強していました。
    住宅建築施工科でCAD検定などの勉強をしていました。
    学校からのご紹介があり習っていたこととは違いましたし、私にできるか?という不安もありましたが、新しいことに色々とチャレンジしたいと思い、板金工の世界に飛び込んでみました。今現在は屋根の部品の加工やシャッターの部品の制作をやらせてもらっています。現場に行って屋根の上に登ってみたり、見たことのない屋根の部品に触れてみたり、溶接してみたり、毎日新しいことに触れ、新鮮な気持ちでお仕事に望んでいます。
    業界未経験の私に今できることは笑顔と挨拶だと思っています。
    最近職人さんから「沢口さんが来てくれて職場の雰囲気が明るくなったよ!」って言われて、とても嬉しいです。
    一年後、技術面では何か一つでもお仕事を任されるような状態でありたいです。
    また、あなたが入社してくれてよかったと言われるような存在感のある人材になっていたいと思います。
  • 棚本 祐次
    この会社を選んだのは、社長がとても魅力的だったから。当時、務めていた会社が倒産し、ガソリンスタンドでアルバイトをしていた私は、よく社長の姿を見かけていました。気さくで明るい社長から、挨拶をされたのをきっかけに話すようになり、飲みに行く程の仲に。「一緒にこの仕事をしてみないか?」と誘われ、すぐにOKの返事をしました。
    それまで、営業畑だった自分が、職人という全く違う世界に入り、当初は、覚えることが山ほどありました。社長をはじめ、先輩たちに教わりながら、徐々に職人の世界の面白さと奥深さにはハマっていきました。
    住宅は、一生に1度の大きな買い物。家は、数十年という長い年月を過ごす大事な場所。その家の屋根作りを担っている自分の仕事に誇りを持っています。屋根屋は決して1人ではできない仕事。チームワークが不可欠。だからこそ、仕事をやり終えたとき、大きな達成感を共に味わえます。
    技術職には終わりがありません。もっと技術力を上げ、能率を上げ、1日でも早くベテラン職人の大先輩たちに追いつきたいと、精進の毎日です。
COMPANY
会社情報
会社名 有限会社 工藤板金工業
事業内容 屋根工事
外壁工事
板金工事
建築工事
建築内外金物工事
リフォーム工事
ステンレス各種製品加工
上記に付随する事業
企業
WEBサイト
http://kudou-bankin.co.jp
所在地 〒039-1161
青森県八戸市大字河原木字北沼22-17
TEL:0178-29-1855(代)
FAX:0178-29-1833
SHARE