株式会社近藤鐵工所の採用・求人情報

株式会社近藤鐵工所
私たちと一緒に働きませんか?
MESSAGE
安定した経営基盤と社員の幸せのために。
『ものづくり』に熱意のある方に
お会いしたいと思っています。

多種少量生産のオーダーメイドのものづくり。
常に新しい機械を組み立てる機会があります。
『マザーマシン』という言葉をご存じですか?
工作機械は全ての産業を生み出す土台になるもの。そして、工作機械の精度が上がれば上がるほど製品の品質・精度が上がる。
つまり私たちが作っている機械は全てのものづくりの品質を決めていく機械。
全てのものづくりの生みの親。
まさにマザーマシンなのです。
日本品質・世界品質を進化させるものだからこそ、妥協できないこだわりがあります。
安定した経営基盤と信頼できる仲間がいるから、安心して挑戦できる環境があります。
令和3年9月には新工場が完成。新たなスタートに向けての募集です。
MEMBERS
高い品質を追求する仲間たち。気兼ねなく対話できる関係性がより良いものを生み出す大きな力になっています。
  • 秋野 和彦
    ●仕事を通して感じるのは、図面を見ただけで完成形をイメージし一つ一つの線の意味を想像することが必要で、何か一つ分からないところがあると加工できない。分からないところは聞いて、削る方向を決めていく。複雑なものであればあるほど完成した時に嬉しい。

    製品を完成させるためには材料の調達に始まり、最高の品質のものを最速のスピードで完成に達する道筋を立てること。それを見極めてより確実により効率的に作る。日々そればっかり考えています。だからこそ、完成時の達成感や喜びはひとしおですね。

    また、その道筋が見つからないと辛い時もある。でも、自分の考えを整理して周りに聞くことを恐れなければきちんと教えてもらえる。

    ●現在は生産管理
    製品を作り、組み立て、必要な個数を出荷納期に間に合うようにするのが仕事。
    難しいことは、イレギュラーな対応もたまに発生し、材料が間違ったり、遅れを取り戻す必要性が出たり、社内加工だけでなく外注する部分があると取引先とのつきあい方や伝え方に悩むこともあります。質の良い製品をみんなで仕上げていく過程の中でコミュニケーションは欠かせません。

    何より、ここでは学ぶことがたくさんあります。
    表円処理に関しても素材の硬度や種類に合わせて、良いり良い、適切なものを産んでいくために、やり方も制限がない世界。だから、ものづくりは知れば知るほど面白いんです。

    初めはできなかったことができるようになるために、先輩に支えられました。どうしてもできなくてきついなと感じたことも無い訳ではありませんが、昔気質の先輩に教えてもらい、社長が「がんばってくれ」と声をかけてくれる。
    今、教える立場になったからこそ、技術力をもっと上げることにこだわりたい。

    図面を見た瞬間に立体がリアルにイメージでき、仕上げていける。そのためにもっともっと知りたいことがあります。
  • 野末竜史
    ●初めて職場を訪れた時に、機械がなんというか「メカメカしく動いてる」という感覚に嬉しくなりました。工作機械ですから、様々な形の刃物が機械らしい動きをしているのが面白いというか。
    もともとプラモデルが大好きで、パーツを組み立てたりすることが好きでしたし。
    ここ4、5年は図面を見ると3Dの完成形がイメージで浮き上がり、頭でイメージできたことをプログラムによってミスなく指示し、製品として現実化すること。これが面白いんです。

    ●最近、CADで図面を書いています。
    治具の設計です。複雑な部品も1回固定して、素材を削って全てが完成できる。それを目指してどうすればよいのかひたすら考えるのが面白いですね。2回を1回に減らすというか、できるだけ回数が少なく、効率的にできるように、工程全体をイメージして効率化を図ります。納期もありますし、常にバージョンアップしていくことがやりがいです。一つ一つの製品が多品種少量生産ですので同じことを続けるというよりは、様々な素材や図面と向き合いながら、膨大な刃物の種類から最適なものを選びとることも必要ですし、同じ作業が無いということも技術力を試されているようで、やりがいがあります。
  • 竹内望湖
    ●地元で事務職の仕事を探していた時に、近藤鐵工所と出会いました。たまたま先輩が働いていて、長く勤められる会社と教えられたこともきっかけの一つです。

    アットホームな職場のイメージそのまんまで、家族のような雰囲気の会社ですね。経理ジムのお仕事は分からないことがあっても優しいメンバーが多いので、話やすい雰囲気の中、分からないことをすぐに聞けたり、おしえてもらえるので安心です。

    ●更に定時で上がれるのも魅力。自分の時間を大切にすることができます。ですから仕事が苦になることが無いですね。
    もともと運動が好きで、中学の頃からバレーボールをやっていましたので、今も地元のチームで続けています。

    友達と会って食事に行けたり、病院に行かなければならなくても間に合う。心の余裕をもって仕事ができるのはありがたいです。

    ●まさにワークライフバランスが充実しているので、このまま仕事を続けていきたいです。
    二年後に工場やオフィスが新しくなるのもとても楽しみです。
  • 総務部長
    人事担当
    酒井雅信
    ●平成29年4月から前勤務先の金融機関を離れ、当社に入社。総務部に所属し総務一般、人事関係、経理、庶務等の仕事を担当しています。
    ●入社したのは、当社はATC装置という工作機械の一部を部品製造から組立まで、一貫して手掛けており、その付加価値は高く、安定した業績で推移している企業だったからです。
    また、多品種少量生産であらゆる工作機械のATC装置を製造しているという点では、業容の先細り感はなく収益性も高いことから、安心感があり、これも入社のきっかけになりました。
    ●最初はATC装置、つまり自動工具交換装置といってもどんなものか、想像もつかなかったのですが、現場で部品の一つ一つ、そして組み立てていく様子を見ていると、とても興味深いものがあり、現場でみんなが実感している「ものづくり」の楽しさを共感できるような気がします。
    ●総務担当のため、機械の専門的なことはわかりませんが、「ものづくり」の面白さ、そして楽しさ等いろいろ話せる仲間がたくさんいますので、気楽に弊社の仲間になってください。
COMPANY
会社情報
会社名 株式会社近藤鐵工所
事業内容 ■工作機械の自動工具交換装置の部品製造・加工、組立
■自動車部品の加工
企業
WEBサイト
https://kontetsu.co.jp/
所在地 愛知県蒲郡市形原町東中畑27-3
リンクをコピーしました。
SHARE