木の香往診クリニックの採用・求人情報

"東海No1の在宅チーム診療"を目指す
〈全国応募歓迎〉
〈オンライン面談実施中〉
BUSINESS
事業内容
私たち木の香往診クリニックは、名古屋市を中心としたエリアで在宅医療を提供しています。
訪問診療や訪問リハビリを通じて、「住み慣れた場所で自分らしく過ごしたい」という思いを共に支えます。
  • 訪問診療
    高齢者や難病の方など、「住み慣れた場所で自分らしく過ごしたい」という思いをお持ちの方を対象に、訪問診療・往診を提供しています。
  • 訪問リハビリ
    在宅で少しでも自分らしく過ごしたい、QOLを高めたいという思いとお持ちの方を対象に訪問リハビリを提供しています。
MESSAGE
院長・佐竹重彦より
私たちが提供するのは  『安心感』です。
私たちが考える在宅医療において、診療所の業務は医療を通して患者様やご家族、またそのまわりの介護従事者の方々に対して安心感を提供していくことです。
 在宅医療ではさまざまな環境や条件に対応することが多く、ときには治癒を目的としない医療行為もあります。
安心感の提供のためにまわりの環境に合わせていきながら、誠実に医療を行うことが大切であると考えています。
MESSAGE
副院長(看護師)・佐竹昌代より
『患者様の生きるに寄り添う医療』に共感していただける方をお待ちしております。
在宅医療の現場は、クリニック単体で完結できるものではありません。
クリニック、訪問看護ステーション、介護事業所が同じ目線で、思いを共有しながら「チーム」となる必要があります。
他の職種の方々へ情報を正確に伝えるのはもちろんのこと、チームメンバーである他職種の方々が感じている声を拾い、問題点を洗い出し、課題解決をすること。患者さんが望まれる医療を提供するためには、これが必要です。
当院では、コミュニケーションも大切にしており、院内は風通しの良いオープンな関係です。職種の垣根はありません。
在宅医療に興味があり、「患者さんの生きるに寄り添う医療」に共感していただける方をお待ちしております。一緒に在宅医療を盛り上げていきましょう。
ABOUT
私たちについて
「できることなら住み慣れた場所で自分らしく過ごしたい。でも自分の体調に何かあったら不安」
このような思いをお持ちの高齢の方や、難病の方が数多くいます。
望みを叶えてあげたいと思っているご家族にとっては、寄り添いたい気持ちはあっても、
専門知識もなく、不安を感じられることも多いです。
こうした思いと現実の溝を埋めるのが在宅医療です。
私たちは名古屋市を中心としたエリアで、訪問診療・往診や、
訪問リハビリなど、在宅生活を支えるための医療を提供しています。
  • 理念 「地域に密着した在宅医療インフラの創造」

    在宅医療は、今後ますます進む高齢社会にとって必要不可欠なものです。
    私たちは、より質の高い在宅医療を安定的に供給していきたいと考えています。地域に密着した在宅医療のインフラとなることで、より多くの患者様・ご家族の思い・望みを叶えられる診療所を目指していきます。
  • コーポレートメッセージ「相談したくなるよろず診療所」

    在宅医療は、診療所だけでは完結しません。関係する介護事業所や訪問看護ステーション、さらにはご家族まで。患者様の望みを叶えるには、関わるすべての方が一つのチームとして機能する必要があります。その中で医療機関に対して、敷居が高く感じてしまう方も多いと思います。
    私たちは、垣根のない、敷居の低い診療所でありたいと考えています。「困ったことがあれば、まずは木の香往診クリニックに相談してみよう」そう感じてもらえる診療所を目指しています。
PHOTOS
カルチャーと職場環境
当院のカルチャーや職場環境をご紹介します。
当院の経営は、医師である院長と、看護師である副院長の2人で舵取りをしています。
2人で組織をマネジメントするため、独裁的にならず、フラットでバランスの取れた組織になっています。
  • フラットな組織で職種間の垣根がない

    当院には、医師、看護師、MSW、作業療法士、放射線技師、事務員、営業、ドライバーなど、さまざまな職種のメンバーがいますが、職種間の垣根はなく、かなりフラットな組織です。「患者様やご家族のためによい良い医療を提供する」という目的のためにメンバーがそれぞれの役割を担いながら、一丸となって取り組んでいます。
  • 業務効率を向上させるための仕組みを整えている

    当院では、業務効率を高める仕組み構築に力を入れており、ICTを活用しています。電子カルテ、業務用チャット、業務用ITツール、Ipadなど、さまざまなツールを導入し、効率的に業務を進めるための仕組みを整えています。
  • チームで仕事をし、みんなでフォローし合う

    チームで仕事をし、特定の一人に業務が集中しないようにしています。チームで仕事をするにはコミュニケーションが重要です。コミュニケーションを円滑にするために、オフィスはワンフロアとなっています。また、定期的な面談を設け、悩みを抱え込まないようなフォロ体制もあります。日々のコンディションを確認するツールも導入し、職員のケアに努めています。
MEMBERS
医師紹介
当院の医師をご紹介します。
医師は現在、常勤が8名、非常勤が26名の計34名が在籍しております。(2022年4月時点)
内科はもちろんのこと、皮膚科、眼科、精神科などの医師も在籍し、幅広い診療科目に対応しています。
  • 佐竹重彦(院長)
    木の香往診クリニックを立ち上げるまでは、総合内科で診療知識と経験を積んでまいりました。
    退院された患者さんがどのような生活を送っているのか、ということに興味を持ったことがきっかけで、木の香往診クリニックを立ち上げました。患者さんの生活環境をみながら医療の提案ができる在宅医療の奥深さにやりがいを感じ、現在に至っております。
    「患者様が病気と向き合いながら、どのような生活をしていきたいか?」を常に考え、日々の診療に努めてまいります。
  • 安江敦(中川院院長)
    総合病院で消化器外科医としての勤務を経たのち、日本緩和医療学会認定研修施設で緩和医療に携わっまいりました。
    これまで培ってきた経験をもとに、病気になっても自宅など住み慣れた環境での療養を希望される息者様やご家族の人生観や価値観を大切にしながら、安全かつ適切な医療を提供してまいりたいと思っております。
    病気そのものを診るだけでなく、患者様やご家族の目線に立ち、気持ちに寄り添い、話し合いを通して、患者様にとって少しでもより良い人生が送れるように、また、安心して療養ができるようお手伝いさせて頂きたいと思っております。
  • 鎌田航也(常勤医)
    在宅訪問診療は、これからの時代に、必要になると思います。
    目の前の人に、どれだけ幸せを感じていただけるか、喜んでいただけるか。
    初心を忘れずにいきたいです。
  • 清水洋(常勤医)
    今まで急性期病院で循環器内科として勤務して参りました。自宅で生活することの大切さを感じ、在宅医療に興味を持ちました。専門的なことはもちろんのこと、幅広く対応していきますので、よろしくお願い致します。
MEMBERS
看護師紹介
当院の看護師をご紹介します。
看護師は現在、16名が在籍しております。(2022年4月時点)
入職前は一般病棟で勤めていた看護師がほとんで、在宅医療未経験からスタートしています。
  • 佐竹昌代(副院長)
    木の香往診クリニックは2010年4月に開業しました。
    その時から地域で在宅医療を必要とされている方の受け入れ調整や、困ったときの相談対応などを行ってきました。
    在宅での療養生活を送られる中で、患者様やご家族は多くの不安や負担を抱えながら生活しておられます。
    私たちは、患者様やご家族の話を真摯に聞き、安心して在宅で過ごしていただけるよう、社会制度の利用やサービスの調整、療養環境の整備などを行なっております。
  • 西 真由(副主任)
    私は総合病院で8年間病棟勤務をしてきました。入院中の患者様からは「住み慣れた家に帰りたい」という希望やご家族様からは「家でー緒に過ごしたいけど不安」という思いをた<さん聞いてきました。
    そんな患者様とご家族様の希望を叶え、安らかな時間を過ごすことが柑来るようにサポートをしていければと考えています。そのために看護師として自分に出来ることは何かを考え、学び、少しでも力になれるように努力していきたいと思います。
  • 郡真智子
    学生時代から老年看護学や在宅分野に興味をもち、「その人らしく生きる」ためのお手伝いがしたいと考えていました。
    病棟勤務中に「住み慣れた家で過ごしたい」「最期は家で」と願う患者さんの声をたくさん聞き、その思いに寄り添いたいという気持ちが強くなりました。安心して家での生活ができるよう、自分にできることは何かを考え精一杯頑張りたいです。
  • 櫻井静香
    これまで病棟看護師として勤務していました。
    以前から住み慣れた場所で自分らしく生活する方々を支えていく在宅医療に魅力を感じていました。
    訪問診療を通じて、患者様やご家族が心から安心して生活していけるように看護師として精一杯頑張っていきたいと思います。
    よろしくお願いします。
MEMBERS
職員紹介
当院には、医師・看護師だけでなく、さまざまな職種のメンバーがいます。
  • 鈴木秀季(医療相談室・室長)
    在宅医療はご本人、ご家族のご要望に寄り添い、医師や看護師、ケアマネージャーなどさまざまな専門職が連携しあって成り立っています。
    医療相談室は「在宅医療連携の潤滑油」の役割を持っていると考えております。ご本人やご家族に納得していただける在宅医療を提供できるように、専門的な知識と技術でサポートさせていただきます。
  • 伊藤裕二(作業療法士)
    人生は小さな作業の積み重ねで、その人が大切にしていた作業に「その人らしさ」が表れます。
    これまでの人生を振り返ることを通じて、患者様やご家族の「その人らしさ」を見つけ、寄り添いながら、リハビリテーションを行います。
    価値観に沿った活動のご提案、ストレッチや筋力トレーニングなどの機能訓練、寝返りや起き上がりの動作の練習、歩行練習、日常生活動作の練習、福祉用具や自助具の選定、自主トレーニングや介助方法のアドバイスなどを通じてサポートいたします。
  • 永岡ゆう子(精神保健福祉士)
    私はこれまで精神科病院、精神科訪問看護の現場で働いていました。
    ”心の健康”はどの分野においても必要不可欠な要素であると思います。
    ご本人・ご家族・支援者の皆さんに選ばれる相談員であり続けられるよう、礼節と学びを常に意識しながら支援していきたいと考えています。
  • 手塚翔平(人事)
    人事では、採用から入職後のサポートまで一貫して取り組んでいます。
    職員の仕事満足度・人間関係・健康状態をツールを用いて定期的な
    ヒアリングを行い、より良い職場環境を目指し、適宜面談も実施しています。
    ワークライフバランスを保ちながら、最適なパフォーマンスを
    職員が発揮できるよう今後も制度設定含め職場環境構築を
    していきます。
    さらなる、訪問診療の発展をともに推進していける方
    お待ちしています!
COMPANY
会社情報
会社名 木の香往診クリニック
事業内容 訪問診療、訪問リハビリテーション
企業
WEBサイト
http://konoka-clinic.com
企業
SNS
所在地 愛知県名古屋市北区駒止町2-22
リンクをコピーしました。
SHARE