powered by

─ 株式会社カノン・エージェンシーの採用・求人情報

いい会社は探すものではない
いい会社は創るものだ
「採用情報」はページの一番下にございます!
MESSAGE
カノン代表取締役メッセージ
テーマは「ココロ」
MESSAGE
求職者の皆様へ
いい会社が無いのなら...
いい会社を一緒に創ればいい
私が物心がついた時には年金がもらえない、増税、低収入、黒い政治などというネガティブな情報が飛び交う中で育ちました。同世代には、将来に対する希望が持てない、頑張っても意味がないと始めからチャレンジする事を諦めてしまっている人も少なくありません。        
そして、近年マスコミによく取り上げられている・・・いわゆるブラック企業が目立ちます。 
民間企業で働く社員の4人に1人が「転職したい」と考えているそうです。会社に何らかの不平不満を持ち、転職を希望している人が多いことがわかります。そして、「いい会社」を探していくうちに・・・転職を繰り返す負のスパイラルに陥ってしまうことがあるそうです。     


・・・それならいっそのこと

「いい会社を一緒に創っていきませんか?」


カノンは創立6年目のまだまだ歴史の浅い会社です。当然ながら、大企業と比べても組織の大きさや諸待遇面、安定性などではまだまだ劣ります。                    
          

しかし言い換えれば、あなた次第でこれから大きく変えることのできる会社です。


・・・想像してみてください!

「あなたが考えたアイディアが現実になっていく様を。」

・・・面白いと思いませんか?

「あなたの行動で会社が創られていく様を。」


あなたの一歩がカノンの今後を大きく変えるかもしれません。そんな活力のある人財をカノンは求めています!                                    


                                                                        取締役 青木 淳
MEMBERS
カノンの仲間たち
メンバー紹介
  • 山﨑 将司

    (営業部 主任)
    ●求職者へのメッセージ

    最初は、慣れない環境や人間関係、仕事など多くの不安があると思います。しかし、その時は、1人で抱え込まず、どんどん同期や周りの先輩方を頼ってください。まずは焦りすぎず、ひとつひとつのことを丁寧かつ確実にこなして、将来の自分の力にして欲しいと思います。そして、一日の振り返りを行うことも大切だと思います。昨日と今日を比べて自分はどのくらい成長できたか、失敗したときは反省し、次にどう生かしていくかをしっかりと振り返ることが成長に繋がると思います。これから、共に成長していきましょう。よろしくお願いいたします。
  • 吉岡 ゆき絵

    (運行部)
    ●求職者へのメッセージ

    1年間過ごしてみて感じたことは、時間はあっという間に過ぎていくということです。何もしなければしないまま時間が過ぎていきますし、何かを始めてコツコツと続けている人はこの1年間で何かを得る事が出来たと思います。私は非常に内容の濃い1年だったと思います。今は目の前の仕事に必死ですが、私もこの1年間は何かコツコツと続けて来年のこの時に何かを得られる様、努力して参りますので一緒に頑張っていきましょう!
  • 佐粧 政明

    (営業部)
    ●求職者へのメッセージ

    私が学んだことの中で特に大切だと感じた点をお伝えします。それは「定期的に確認をする」ことです。疑問点だけではなく、これからやること、やろうとしている作業の手順、本日やったこと等の「自分の現状」を相手と確認することで、自分の状況を上司や先輩と共有すると同時に、自分の中でも状況を整理することができます。確認しながら進めることで不明点が少なくなり、また間違えたまま作業を進めることも少なくなるため、手戻りも少なくなり自信にも繋がります。初めはわからないことが当たり前です。気になったことはなんでも確認し、知っていることを少しずつ増やしていきましょう。
  • 伊藤 ひろみ

    (総務部)
    ●求職者へのメッセージ

    色々な事が不安に感じると思いますが、焦らず少しずつ解消していきましょう。先輩方は質問に必ず答えてくれます。こんなことを聞くのは、と遠慮したりせずに色々なことを聞いて吸収していってください。現在不安に感じていることは聞いたり経験したりすることで知識として蓄積されていきます。相談したいこと、疑問点などあれば頼ってください。全ては解決できないかもしれませんが、答えにたどり着けるよう精一杯お手伝いします。弊社のなかで学ぶことはたくさんあります。ともに成長して頑張っていきましょう。
MORE INFO
カノン社員の主な経歴
みんなの前職を一部紹介します!
  • 自動車ディーラー(営業、整備士)
  • 広告代理店
  • トラック運転手
  • 予備校講師
ABOUT
カノンについて
カノンのことを少しだけお話しします!
  • ●社名の由来

    「カノン」とは、クラシック音楽のパッヘルベルのカノンからきています。カノンは、複数の声部が同じ旋律を異なる時点からそれぞれ開始して演奏する様式の曲を指します。
    「ヒト」を商品として扱うカノンでは、毎月多くの方々がカノンへ入社致します。入社のタイミングは異なりますが、それぞれ個々の性格や特長、能力などそれぞれが持つ個性(楽器や音)を重ね合わせ、調和させることによって、一つの同じ目標(作品)に向かい、カノンのような一つの素晴らしい組織(音楽)を創り上げることをモットーとしています。
    ちなみに「エージェンシー」とは日本語で代理業者を指します。一般的に広告代理店や人材派遣会社などの組織に使われることがあります。
    お客様とお送りする人財との「良き懸け橋」になれるようにという想いを込めて名付けました。
  • ●ロゴに込めた想い

    カノンのロゴに込めた想いは、お客様のココロと私共のココロです。ちなみにピンクがお客様で、グリーンは私たちです。
    ハートはお互いに寄り添わなければ成り立ちません。近年、お客様至上主義が目立ちますが・・・それは結果的にお客様により良いサービスを提供する機会を失うことにつながる危険性があります。ビジネスパートナーである前に、一人の「ヒトとヒト」として、敬意をもって接し、互いに尊重し合ってこそ、初めて良い仕事ができるものだと考えます。そして、良い提案ができるようカノンは全力でサービスをご提供させていただきます。

    インターネット社会が広がり、どれだけデジタル化しようとも世の中をつないでいるのは、人のココロとココロ。
    だからこそ、顔と顔を合わせのココロを感じとり、ココロを伝えることがより必要だと私共は確信しております。そういった一見古風なようで、忘れがちな現代社会に、カノンはあえて初歩的なココロの結びつきを目標に掲げ、常に感謝の気持ちを忘れずに一歩一歩精進してまいります。

    「ココロを結ぶ、ココロで結ぶ」

    私たちがお客様に提供するのは、そういった気持ちを込めた「ココロ(サービス)」です。
MORE INFO
カノンの主な事業内容
労働人口減少時代だからこそ高まるニーズ
●送迎バス運行管理サービス

送迎バス運行管理サービスとは、正式には「自家用自動車運行管理請負業」といいます。簡単に言いますと、「運転士専門の人財派遣業(※正式には請負)」です。お客様のお持ちの送迎バス(ハード)に対しての運転、人財の労務管理、事故対応などの総合管理(ソフト)を長期的な契約に基づき請負う事業のことです。このシステムを採用することにより、業務管理の手間や万一の時のリスク管理の負担を軽減できます。ちなみに、ハード(車両)の持ち込みによる旅客自動車運送業や自動車運転代行業とは異なります。お客様にご用意頂くのは車両のみとなります。
MORE INFO
カノンの事業内容~オプション編~
カノンではさまざまなニーズお応えできるよう、こんなサービスもしております!
  • ●バスGPS位置情報サービス

    バスGPS位置情報サービスとは、送迎バスがリアルタイムでどこに走っているか分かるシステムです。交通事情や天候などの渋滞等により、バスは遅れてしまうことがあります。このシステムを利用することにより、「バスを待つイライラ」や「問い合わせ業務の軽減」につながり、スマホアプリを使うことで、より手軽に利用することができるようになります。
  • ●添乗員サービス

    添乗員サービスとは、その名の通り、送迎バスに同乗する「添乗員」のお仕事をカノンで請負うシステムです。特に幼稚園・保育園バスを利用する園児の安全を管理する添乗業務の一部をカノンにアウトソーシングするだけで、近年、社会問題の一つである「幼稚園教諭・保育士不足」解消へ社会貢献をさせていただいております。
  • ●メンテナンスサービス

    メンテナンスサービスとは、カノンで管理させていただいているバスの点検・車検、オイル交換や燃料代などの車両維持に関する全てを管理させていただくシステムです。
    バスに関する一切を任せたい・・・そんなお客様のためのサービスです。
  • ●イベント企画

    主に幼稚園、保育園様向けのサービスです。園舎の一部をお借りして、たとえば、保護者向けに参加型の料理教室を開催したり、お子様向けにボードゲームの体験イベントを開催したりしております。
MORE INFO
カノン運行管理システム導入すると・・・
カノンに感じるお客様のメリット
  • (1)年間を通じて専属運転士を確保できます

    近年、大型免許保有者は、普通免許をお持ち方の約7%といわれています。
    さらに車離れなどの理由により、大型バス運転士さんは年間約5万人ずつ減少しています。大型バス運転士さんの確保は年々難しくなっております。
    カノンにお任せいただきましたら、運転士の確保を心配する必要はありません。
  • (2)質の高い運転士を配置します

    「餅は餅屋」
    カノン独自の教育に加え、さまざまな技能研修とマナー教育を徹底し、プロとしての安全運行と高いサービスをお約束致します。また、万が一カノン専属運転士の運転や人間性などに問題がある場合には途中交代することもできます。
  • (3)本来の業務に専念できます

    カノン営業スタッフの徹底したアフターサービスにより、運行に伴う労務管理・事務処理など煩わしい業務がありません。万が一、専属運転士が業務につけない場合、代務運転士を速やかに手配します。
  • (4)万が一・・・もカノンが責任を持って対応します

    当社で保険に加入致しますので、万が一の際には、迅速な事故対応や煩わしい交渉、バスの修理から代車の手配までカノンが責任を持って対応致します!!
    また、お客様のリスクの軽減もできます。
MORE INFO
カノン主な業務の流れ~カノン人財フローチャート~
ビジネスの三大要素は「ヒト」「カネ」「モノ」といわれております。カノンでは「ヒト」「カネ」「ヒト」です。つまり、カノンの商品は「ヒト」なのです。どの企業にも共通して「ヒト」が大事なレートを占めますが...カノンではより一層「ヒト」の重要性が高くなります。そして、「ヒト」を管理することは言うまでもなく、とても難しいですがそれと同時に最もやりがいを感じることができる仕事です。                            

カノンの命ともいえる現場スタッフの「カノン人財フローチャート」をご覧いただき、当社の主な業務内容をご理解いただければと思います。                         

※わかりやすくするために、(     )はあえて製造業をイメージさせ、「ヒト」を「モノ」に例えてご説明差し上げます。
  • (1)お客様とご成約(受注)

    反響営業により、「営業部」が仕事をとってきます。
  • (2)求人手配(発注)

    「営業部」が求人会社等選び、掲載内容(エリア・給与面・現場の雰囲気など)を吟味し、募集をかけます。
  • (3)会社説明・面接(仕入)

    「営業部」が会社・現場について細かく説明し、職務、現場の適性があるか面接し、判断します。
  • (4)実地試験・適性検査・健康診断(検品)

    「営業部」が適性検査と健康診断を手配し、「運行部」が「実地試験」をし、評価します。
  • (5)社内研修(加工)

    「営業部」が会社と現場について説明および座学・マナー・現場のルールなどの細かい研修をおこいます。
  • (6)現場研修(加工)

    「営業部」が先方責任者と顔合わせをおこないます。また、当社で保険加入手続きやコース地図の作成をし、「運行部」が現場でコースや運行技術等の研修を行います。
  • (7)現場勤務開始(納品)

    現場スタッフの全ての研修が終わったら、「営業部」は改めて研修終了の挨拶に伺います。
  • (8)アフターサービス(メンテナンス)

    ここからが一番大切な業務となります。
    「営業部」は最低月に1回以上、お客様と現場スタッフの元へ足を運び、双方のパイプ役になれるよう全力で努めます。お客様には現場スタッフの評価を伺い、現場スタッフには雑談を通して時には愚痴や不満、改善点を聞きメンタルケアを心がけ、お客様に交渉や提案等するために、日ごろから細めなアフターサービスをします。

     また、現場スタッフがお休みの時には「運行部」が代務運行をしてフォローします。そして、年に数回運行チェックとして、現場スタッフの同乗研修も行います。
MORE INFO
カノンの正社員のとある1日のスケジュール~外回りver.~
カノンの営業部~外回りの一日~
7:30現場出社(春日部市内)

7:30~8:00 現場スタッフ・顧客への定期訪問(春日部市内)

8:00~9:00 移動

9:00~10:00 休憩

10:00~10:30 現場スタッフ・顧客への定期訪問・集金(川口市内)

10:30~11:30 移動

11:30~12:30 商談(所沢市内)

12:30~13:00 昼食(休憩)

13:00~13:30 移動

13:30~14:00 現場スタッフ・顧客への定期訪問(狭山市内)

14:00~15:30 移動

15:30~16:00 現場スタッフ・顧客への定期訪問(熊谷市内)

16:00退社 ※直帰
MORE INFO
カノン正社員のとある1日のスケジュール~事務所ver.~
カノンの営業部~事務所で一日~
9:00出社(会社:さいたま市西区)

9:00~10:00 現場スタッフの給与計算

10:00~11:00 月例ミーティング

11:00~12:00 A現場の求人手配、B現場スタッフの健康診断手配、B現場の保険手配

12:00~13:00 昼食(休憩)

13:00~15:00 C現場スタッフへの研修

14:00~15:00 面接(D現場スタッフ選考)

15:00~16:00 業者と打ち合わせ

16:00~17:00 書類作成

17:00退社(会社:さいたま市西区)
MORE INFO
カノン正社員のとある1日のスケジュール~現場ver.~
カノンの運行部~現場出社の一日~
※運行部が手薄の時には営業部も運行します。
7:30現場(さいたま市内)出社

8:00~10:00 バス運行(さいたま市内A幼稚園)

10:00~10:30 会社へ(移動)

10:30~12:00 PCでコース地図作成

12:00~13:00 昼食(休憩)

13:00~13:30 現場へ(移動)

14:00~16:00 現場スタッフの安全運行チェック(上尾市内B幼稚園)

16:00現場(さいたま市)退社 ※直帰
MESSAGE
カノン社員研修の流れ
入社後1年間の社員研修のフローチャート
カノンでは動画を用いた社員研修制度システムを導入しております。

1年間の時期に応じた研修を受講していただきます。
この研修システムでは、主に社会人としての「根っこの部分」についての研修となります。
カノンでは、この根っこの部分が最も大切だと捉え、力を入れております。

カノンの社員研修システムの特長については、大きく分けて3つございます。

(1)いつでもどこでも好きなときに学べる
タイミングや場所を選ばずにいつでも受講することが可能です。まだまだ小さい会社なので、人的余裕のないカノンでは、時間的な制約があるため、動画での研修制度システムを導入することにより、均一的な学びの機会を実現することができます。

(2)入社者だけでなく、上長の研修も同時に実施
入社する側と教える側の双方に研修を受けもらい、気持ちや考えのズレをできる限り少なくすることにより、双方が気持ちよく働ける環境づくりを心がけております。

(3)2年目以降、自分で選べる講義内容
下記の図でご案内している研修内容は、ごく一部です。カノンでは、1年の短期的な研修だけでなく、長期的な研修システムを採用しております。どの仕事でも必ず上手く行かない時や行き詰ってしまう時はあるものです。そんな時に、「自分が今何に悩んでいるのか?」を分析し、自分に合ったテーマを自由に選ぶことができるため、違う角度からのヒントの提供を心掛けております。
MORE INFO
カノン労務管理
カノン7つの働き方改革
  • (1)遠隔操作タイムカード制

    スマホアプリによるタイムカード制を導入しております。勤務日数および勤務時間、休憩時間の記録を細目におこなうことによって、会社に出社する時のみならず、営業活動、移動、出先での勤務時間および休憩時間をより正確に記録できるます。その結果、正確な労働時間の把握ができ、自分の裁量で細目な休憩を取得できます。
  • (2)正確な労働時間管理による残業代の支払い

    遠隔操作可能なタイムカード制により、残業時間の管理が正確に把握できるため、正当な残業代の支払いをします。
  • (3)土日祝の出社裁量制

    土・日・祝・長期休み時の出社については一定の裁量を与えております。当社の顧客先は多種多様で先方の休日はまちまちであり、現時点での当社の所定休日はどうしても統一できません。しかし、取引先の約80%が学校法人系のため、土・日・祝・長期休み時の出社の有無は自由しております。ただし、自分の仕事が終わってない場合や運行業務時の場合は例外です。
  • (4)有給休暇の定期消化

    有給休暇を毎月1日以上(最低1日)消化することを徹底しています。ただし、業務状況によって決まるため、月初めの勤務表には反映できず、取得できそうな時に適宜消化することとなります。
  • (5)別途遠方手当支給

    カノンでは、埼玉県内限定で営業展開をしていますが、遠いところでは(さいたま市を中心とした場合)、北は深谷・東は幸手・西は入間・南は三郷...と広範囲にお客様がいらっしゃいます。
    そのため、各自宅から現場まで30Kmを超える場合には、0.5時間を勤務したものとみなし、労働時間に加算します。本来、労働基準法ではその日の最初の通勤(自宅から勤務先までの移動時間)は労働時間として扱わないとされていますが、当社の運行業務では、通勤時間は各現場によるところが多いため、労働基準法を上回った基準を設けることとしました。距離の算定は地図上での最短ルートを参照とします。ただし、高速道路を利用した場合には対象外です。

    ※運行業務時のみ適用
  • (6)年2回の昇給時期、年3回のインセンティブ制度 ※運行部は対象外

    当社には定期昇給はありません。またボーナスもありません。

    その代わりに年に2回(7月・12月)の昇給時期を設けることと、年に3回(3月・7月・12月)のインセンティブ時期を設けております。

    ご存じのとおり、一昔前の年功序列、終身雇用、定期昇給...といった時代は終わりつつあります。
    現代社会では、やったらやった分だけ評価され、対価がもらえる...いわゆる「成果主義型」の会社が増えています。
    やはり継続的に一生懸命業務に取り組んでもらえる人財は宝です。やらない人に基準を合わせるのではなく、一生懸命やってくれる人に給与は多く払いたいのは、どの企業も共通していると思います。

    やらない人が給与が安いと不満がでることよりも...一生懸命業務に取り組み成果を残したのに正当な対価がもらえないことの方が問題だとカノンは考え、このような体制をとっております。
  • (7)「体感」年間休日数最大で140日?

    当社の年間休日数は105日(隔週土or日出勤:他業種の企業と比較すると決して多くはない)と定めています。これは当社の顧客は多種多様なため、どうしてもお客様に合わさざる負えません。しかし、「土日祝の出社裁量制」と「有給の定期消化」によって、実質的な月間休日数はプラス3日程度と捉えることもでき、「体感的な年間休日数は最大で140日程度」と考えることもできます。

    ※業務状況で左右されます。必ずしも取得できるわけではありませんので、ご注意ください。カノンの姿勢を評価して頂けると幸いです。
MORE INFO
カノン社員インタビュー
(営業部 佐粧)
カノン社員に聞いた!「カノンってぶっちゃけどうなの?」
Q.カノンに入ったきっかけは?                            
                           
A.以前は比較的規模の大きい会社に勤めておりましたが、規模が大きいが故にひとりひとりの業績・実績が見えづらく、また直属の上司が人事を行うとは限らないため、尽力したのに評価に結びつかなかったことに不満を抱いておりました。そこで、比較的規模の小さく新しい会社に絞って求職活動をしていたところ、求人サイトを通じてカノンの「会社を一緒に創っていく」というキャッチコピーを目にしてすぐに応募しました。                         


Q.仕事のやりがいは何ですか?                            

A.まず、人財を扱う仕事なので多くの出会いがあります。そして、現場スタッフは主にシニア層をターゲットとしているため、私の親世代もしくはそれ以上の方々なので、みなさん息子のように可愛がってくださいます。そして、現場で活き活きと働く姿を見て、一人の人生のキャリアを支援したことをやりがいに感じることができます。                       


Q.逆にこの仕事の大変なところは何だと思いますか?                  

A.「お客様からオファーを頂き、人財を手配する。」システムとしては非常にシンプルですが、時として現場スタッフの意向とお客様の意向の違いで、間で板ばさみになることがとても大変だと感じます。しかし、その分普段からの定期訪問を通して両者と蜜なコミュニケーションを図り信頼関係を築き上げることにより、話を聞いてくれるようになります。そして、しっかりと説明することでわかってもらえた時には、本当に嬉しく感じます。                    


Q.どんな人がこの仕事に向いていると思いますか?                   

A.フットワークが軽いことです。この仕事の適性は、コミュニケーション能力が高いことだとは思いますが...私は実は苦手なんです(笑)以前は私は人と長時間話すことが上手くできませんでした。そこで、「質より量」でカバーしようと考えを切り替え、話す時間より話す機会を多くする...つまり、定期訪問の回数を人より多くすることでカバーしたところ、自然と現場スタッフやお客様と以前より長く蜜なコミュニケーションを図ることができるようになりました。また、現場スタッフへの缶コーヒーなどの差し入れや誕生日プレゼント、お客様への差し入れなどの経費使用は、営業スタッフに裁量を委ねてくださっているので、営業ツールとして有効的に使えます。そうした活動を通して、現場に足を多く運ぶことで信頼関係を築き上げることがこの仕事で何よりも大切なことだと感じます。                                 


Q.この業界の将来性についてはどう思う?                       

A.現在、日本が人口減少時代に突入しており、日本の労働力人口が減ることは様々な統計から明らかになっています。さらに大型自動車免許保有者は、全体(普通自動車免許保有者)の約7%といわれており、そして年間約5万人ずつ減少しています。取引先のお客様自身でドライバーさんを探してもなかなか見つからない時代です。そのため、有り難いことにカノンには毎月のようにお客様からオファーを頂いており、その数は年々増しているように感じます。将来的にも需要は高まっていくかと思います。ただし、さきほど申し上げた通りドライバー人口が減っているため、ドライバーさんの確保(供給)が課題になってくるかと思います。そのために必要なことは、いかにドライバーさんを確保するかということと、今いる現場スタッフの離職率を下げること、つまりES(従業員満足度)を高めることかなりがポイントだと思います。そのために、カノンの企業理念にもあるように、「ココロ」を込めた訪問・アフターサービスを通して、現場スタッフひいてはお客様の「ココロ」をいち早く肌で感じとり、策を講じることが重要かと思います。          


Q.カノンのいいところはどこですか?                         
        
「古き良きものと最新の良いものとの融合」です。                    
文字通り、古き良き大切なことはしっかり残し、最新で確かに良いものは取り入れるところがカノンの柔軟なところだと思います。例えば、情報社会化された現代では、顔と顔を合わさないコミュニケーションが目立ちます。くどいようですが、カノンの商品は人です。コミュニケーションの最上級は直接会って話すことだと思います。そのため、現場スタッフの元へ月に一回、必ず泥臭く足を運びますし、電話やメールでの新規営業は禁止しています。それは、直接会わなければ相手の些細な変化やニーズを感じ取れないからです。つまり、「ココロ」を感じ取れないからです。また、同じく「ココロ」も伝えることもできません。そういった古風なところはしっかりと残しています。もう一方で、GPSアプリを商品として取り扱っていますし、社内連絡や取り急ぎの報告などではLINEアプリを多用します。また、労務管理のためにタイムカード制のアプリ、営業マンにタブレットを支給したり、便利で良いサービス・良い働き方につながるものはどんどん取り入れます。そのバランスが取れているがカノンの良いところだと思います。             


          
Q.最後に応募を考えている求職者のみなさまに一言お願いします!            

A.カノンはまだまだ小さく、業種的にもマイナーで歴史の浅い会社です。大企業と比べても社会的信用や保障は薄いです。でも、その分アットホームで無駄な業務も少なく、柔軟な働きやすい会社だと思います!カノンはこれからまだまだ伸びる会社だと確信しています!大きい組織で数千人の一人として働くよりも、数人の中の一人として働くのでは、一社員が会社に与える影響は大きく違います。これからの皆様方の力がカノンを大きくするといっても過言ではありません。そして、皆様方のアイディアで、これから新事業も展開することも大いに可能です!近年、オーダーメイドの商品が増えていますが...これからは、労働者自身が働きやすい会社を創っていくのではないでしょうか?いわば、労働者が企業をオーダーメイドしていく…そんな時代になるのではないかと個人的に考えております(笑)。
MORE INFO
カノンで働くメリット
  • まだまだ若い会社なので柔軟でアットホーム
  • やりたいことをすぐに実践できる
  • 会社の成長を肌身で感じることができる
  • 主に学校法人系が取引先なので比較的安定している
MORE INFO
カノンで働くデメリット
  • 大手に比べて保障や福利厚生が薄い
  • 比較的朝が早いことがある
  • 勤務場所がその都度変わることがある(移動時間が長い)
  • 大儲けできない
MORE INFO
カノンのお私事♪~社員ブログ~
https://ameblo.jp/kanon-agency/

是非、ご検索くださいませ♪HPトップにもリンクあります!
社員一人一人、週替わりでブログを更新しています。我々の人となりが見えてくるかもしれません♪
MORE INFO
エントリー~採用までの流れ
  • (1)書類審査
  • (2)会社説明
  • (3)適性検査
  • (4)面接
  • (5)採用
  • (6)大型自動車免許取得 
    ※大型免許を持っていない場合、カノン資格取得制度を利用(会社全額負担)
COMPANY
アクセス
埼玉県さいたま市西区佐知川1040-4
SHARE