一般社団法人KaiKaiの採用・求人情報

careers at
一般社団法人KaiKai
私たちと一緒に働きませんか?
MESSAGE
どんなに重い障がいがあっても、その子らしく幸せに地域で生活するために
ホームページ『https://kaikaiokayama.com/』
フェイスブック『一般社団法人KaiKai』
インスタグラム『kaikaiokayamalala』
情報を随時アップしています。事業所の雰囲気が分かりますので、ぜひご覧ください。
【スタッフより】
開所から現在に至るまで、たくさんの方にご支援頂きながらいままでやってきました。
ご支援して頂けるける事が決して当たり前のことではな
いと自覚しながら日々業務に携わっています。
私たちも勉強しながらより良い関りが出来るよう試行錯誤しています。
話し合ったり、勉強しながらやりがいのある療育を一緒に頑張りませんか?
ぜひ見学だけでもいらしてください。
ABOUT
重症児デイサービス『多機能型事業所LaLa』を利用できる子どもは?
『多機能型事業所LaLa』を利用できる子どもは、主として重症心身障がい児です。

重症心身障がい児は、殆ど寝たままで自力では起き上がれない、食事や排せつも介助が必要など、さまざまな支援を必要としていることが多いです。 
さらに、医療的ケア(学校や在宅等で日常的に行われている、たんの吸引、経管栄養、気管切開部の衛生管理等の医行為)を必要としている場合も多いです。

産まれてからNICUに入院している間は、医師や看護師の方々が24時間体制で交代しながら見守ることが出来ます。

しかし、NICUを退院し、家に帰ることが出来た子どもは、多くの場合お母さんが1 人で24時間365日つきっきりで看護をし、空いた時間で家事をし、きょうだい児(病気や障害を抱えた兄弟姉妹をもつ子ども)の相手をし、夜も仮眠レベルでケアをする等、満足に睡眠もとることも出来ないという生活を続けています。

お母さん1人だけが重い負担、心労や疲労を抱えているという現実があります。
  • 産まれてからNICUに入院している間は、医師や看護師の方々が24時間体制で交代しながら見守ることが出来ます。

    しかし、NICUを退院し、家に帰ることが出来た子どもは、多くの場合お母さんが1 人で24時間365日つきっきりで看護をし、空いた時間で家事をし、きょうだい児(病気や障害を抱えた兄弟姉妹をもつ子ども)の相手をし、夜も仮眠レベルでケアをする等、満足に睡眠もとることも出来ないという生活を続けています。

    お母さん1人だけが重い負担、心労や疲労を抱えているという現実があります。
  • しかし、多機能型事業所LaLaを使い日中に纏まった時間が取れると生活リズムは一変します。

    重症児デイサービスはお子さまの療育だけではなく、家族のレスパイト(休息)という一面も担っています。
BUSINESS
事業内容
法人名・・・一般社団法人KaiKai(カイカイ)
施設名・・・多機能型事業所LaLa(ララ)

ハワイ語でKaiは『海』、Laは『太陽』を意味しています。

海のように広く大きく誰でも受け入れる事ができる法人でありたいという意味と、どんなに重い障がいがあっても、子ども達が太陽のように輝くことができる場所でありたいという意味が込められています。

施設の場所・・・岡山県総社市門田1209 
営業日・・・月曜~金曜(祝日も含む)
祝日も営業する事により、保護者の方のレスパイトの為に活用したり、きょうだい児がいらっしゃる方は、普段は重い障がいがある子どもにかかりっきりになりがちですが、きょうだい児との時間も大事にして欲しいと考えています。
将来は土曜日も開所できるようにしたいと思います。

事業は、児童発達支援、放課後等デイサービスを複合した多機能型事業所です。
児童発達支援・・・未就学児
放課後等デイサービス・・・就学~18歳
上記2つを合わせて1日定員5名です。
事業が軌道に乗れば、18歳~を対象とした生活介護事業を新設し、大人になっても地域に居場所がある環境を創りたいと考えています。

その他
カフェスペースを設置しています。
お子様が楽しく活動している様子を見ながら、コーヒーや紅茶などを飲んでほっと一息ついたり、他の保護者の方と交流、情報交換をしたりできる場所を提供しています。 

スヌーズレンルームを設置しています。

「スヌーズレン」という言葉は、オランダ語の「スヌッフレン(くんくん匂いを嗅ぐ、という意味。環境内のいろいろな刺激の探索)」と「ドゥーズレン(うとうとする、という意味。くつろぎ)」という二つの言葉から創られた造語です。
見る・聞く・触る・嗅ぐといった感覚を刺激するグッズを用いて、「心身の緊張がほぐれる」「穏やかになる」「コミュニケーションがとりやすくなる」などの療法的効果を提供します。
  • 重症児デイサービス『多機能型事業所LaLa』の運営
PHOTOS
働く環境
元々パン屋さんだった物件を改装しました。
子どもがわくわくするような楽しい雰囲気を作っています。
  • スヌーズレンルームもあります。
  • みんなが楽しめるようなイベントも計画しています!
  • 休憩室もあります!
  • 男女別の更衣室を完備しています。
BENEFITS
福利厚生
今はまだ少ないですが、様々な福利厚生を設置していきたいと思います!
  • ユニフォーム支給制度
    LaLaのロゴ入りののTシャツを支給します
  • 通勤手当全額支給(3万円まで)
    必要と認められる場合は、往路の高速道路代も支給します!
MESSAGE
代表よりメッセージ
利用されるお子さま、ご家族、スタッフなど、関わる人全てが幸せになる事業所を目指します。
初めまして。
一般社団法人KaiKai代表理事の佐薙幸一と申します。
私が2022年9月に開設した『多機能型事業所LaLa』は岡山県内の日中や放課後に居場所のない未就学~18歳までの重症心身障害児や医療的ケア児のお子さまを対象とした児童発達支援及び放課後等デイサービスの施設です。
岡山県内でも重症児専門のデイサービスは少なく、総社市にはLaLaが出来るまでは1件もありませんでした。また、あったとしても人工呼吸器のお子さまは利用を断られるなど、重い障がいをお持ちのお子さまや保護者の方は重い負担を強いられています。
私も重症心身障害児の息子がおりますが、実際に預け先に困っていて、施設を立ち上げました。
その様な状況を打破するために、求人をさせて頂きました。
定員1日5名という小規模マンツーマンで対応するため、ひとりひとりに寄り添った密度の濃いお仕事ができます。
また、社内外での様々な研修も行う予定です。
重症児にかかわる仕事をされたい方、是非ご応募下さい。
COMPANY
会社情報
会社名 一般社団法人KaiKai
事業内容 重症心身障害児、医療的ケア児が対象の児童発達支援、放課後等デ
イサービスの『多機能型事業所LaLa』の運営を行っています。

総社市初の重症児(重症心身障害児と医療的ケア児)デイサービス
です。定員1日5名で多職種が連携し、小規模で手厚い安心、安全
なサービスを提供しています。
企業
WEBサイト
https://kaikaiokayama.com
企業
SNS
所在地 岡山県総社市門田1209
リンクをコピーしました。
SHARE