powered by

─ 株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシーの採用・求人情報

株式会社
ジャパン・マーケティング・
エージェンシー
消費者を知り、マーケットを知る。
ABOUT
わたしたちについて
わたしたちは市場調査を行う会社です。
市場調査とは、日々生活している消費者のことを知ることです。
そこで得た知見を使って生活をより良くしていく商品やサービスの開発に貢献しています。

1968年の創業以来、消費者が何を必要としているのか真剣に考え続けています。
  • 伝統的な手法から最新の手法まで駆使して調査を行います。
  • アンケート、インタビューなどを通して消費者を理解していきます。
    データの背景を理解し、なぜそう回答したかを追求していくことで大切なことが見えてきます。
MESSAGE
社長メッセージ
よく学び、よく遊べ
■私たちの仕事とは■
私たちの会社の仕事は、一言でいえば「消費者とクライアントを結びつける」ことだと思っています。消費者が必要としているものとクライアントが売りたいものの間には往々にしてギャップがあることが多いのですが、リサーチというフィルターを通すことによって、お互いの意思やニーズをうまく商品に反映することが可能となります。

1つの新商品が市場に出るまでには様々なリサーチが行われます。私たちはリサーチによって得られたデータを分析し、そこから導き出された「答え」をクライアントに提案します。JMAの仕事の中にはこのような商品開発の案件が数多くあります。自分が携わった商品が店頭に並んだ時の喜びはマーケティングリサーチの醍醐味の1つといってよいでしょう。

このような話をすると非常に夢があっておもしろそうな仕事と思う人がいるかもしれません。
でも実際には地味で根気のいる仕事が多いのです。そういう1つ1つの積み上げの上にマーケティングリサーチというものが成立していることを忘れてはいけません。

■私たちが求める人材とは■
私たちJMAでは社員の多くが中途採用でしかも業界未経験で入社しています。よく入社面接で「未経験ですが大丈夫でしょうか」と聞かれますが、重要なのはリサーチ経験の有無ではなく、これまでの人生をどのようにすごしてきたかだと思います。

もちろんリサーチの知識や経験は即戦力としては重要なファクターではありますが、それにも増して例えば「どの位本を読んでいるか」「いい音楽や映画に接してきたか」「きちんとコミュニケーションをとれるか」などの方が重要です。
よく学び、よく遊んでいるか、そういうことを通じて得た知見や知識がリサーチの仕事に役立ちます。

代表取締役社長 中村 登
BUSINESS
マーケティング・リサーチとは?
マーケティング・リサーチとは、企業や公共機関などが製品やサービスの品質向上のために消費者・生活者の嗜好、要望、不満などを科学的に収集、分析することです。
それにより、消費者が本当に望んでいるものの実現に貢献します。
  • マーケティングとマーケティング・リサーチの違い
    マーケティングは、広く「どうしたらモノやサービスが受け入れられていくのか」を考え、そのための施策を検討、実行することです。製品やサービスの品質だけでなく、広告や流通の施策なども広く含みます。

    マーケティングリサーチは、マーケティング活動の一環ですが、あくまでも調査が仕事です。大胆で綿密な仮説、地道なデータ収集、精緻な分析により、クライアントのマーケティング活動を支援します。
  • 定性調査
    消費者の意見を深く聞き取り、その内容を分析する手法です。メインとなる手法はインタビューです。

    ■グループインタビュー
    数名の消費者を集め、座談会形式で行ないます。

    ■デプスインタビュー
    インタビュアーと1対1で行ないます。

    ■MROC(エムロック)
    Marketing Research Online Communityの略。
    オンライン上で対象者の方たちにインタビューを行います。
  • 定量調査
    数量的な分析を行ないます。メインとなる手法はアンケートです。

    ■会場テスト(CLT)
    アンケートを作成し、会場で回答いただきます。試飲、試食などを伴うことが多いです。
    ホームユーステスト(訪問調査)
    製品を実際にご家庭で使用していただき、その使用感についてアンケートに回答いただく方法です。
    ■ネットリサーチ
    インターネットを使ってアンケートに回答いただく方法です。
    ■覆面調査
    店舗などに行き、実際にサービスを受けてチェックをする方法です。
  • どんなものを調査をするか?
    主に、飲料や食品、バストイレタリーなどの一般消費財です。コンビニエンスストアやスーパーマーケット、ドラッグストアなどで取り扱っている製品の調査が多いです。
    そのほか、耐久消費財、流通、サービスなどの調査も行っています。
MEMBERS
JMAで働く人たち
マーケティング・リサーチを仕事をしている人たちはどのような人たちでしょうか
  • 冨重
    ■JMAはシャープだった
    私が入社した1994年はPCの世帯普及率が15%前後という世の中でした。
    仕事の中で、数百名分の調査票の自由回答を1つずつ鉛筆で転記するとてもタフな作業がありました。
    その作業をお手伝いしたとき、意識が朦朧としてきたことを思い出します。

    ■入社した頃の私が持った弊社の印象は「シャープ」。
    鋭角というか、とても尖ったイメージが残っています。
    これは先輩諸氏の仕事に取り組む姿勢(冷静、慎重、張りつめた緊張感)の印象です。消費者発信の生のデータを扱いますので非常にデリケートであり、失敗はできない緊張感が漂っていました。

    ■昔も今も変わらないもの
    今では、PCの性能も当時とは比べものにならないほど進歩し、またITネットワークも調査ツールとして利用されています。
    このように情報処理速度が飛躍的に向上したことで仕事の進め方は様変わりしていますが、我々の仕事に必要なもの(地道に物事を進められる精神力、冷静な判断・分析力、本番での勝負強さ)は当時のままです。
  • 市村
    ■アンケートの設問一つにもこだわりが
    前職はマーケティング・リサーチのデータを使って商品開発をする立場でした。そのデータの見方、作り方に興味を持ったことがJMAに入社したきっかけでした。

    前職でも社内向けアンケートなどを作っていたので多少覚えはあるつもりでした。しかし、JMAでリサーチの仕事に携わってみると認識が大きく変わりました。
    アンケートの設問の一つひとつがこれほど考えぬかれて設計されているとは。リサーチについての認識が全く新しくなったのを覚えています。
    そしてすぐにこの仕事をしっかりやろう、という気持ちになりました。

    ■お手本になる先輩と戦友を得られる
    入社当時はわからないことばかりでしたが、「はじめは仕事には慣れないのが当たり前、続ければ必ず実になる」と開き直り、まわりの人たちに一つひとつ、調査の「作法」を教えてもらいました。

    私は先輩や仲間にとても恵まれていました。夜遅くまで飲んでいるのに仕事ではしっかり成果を出していた先輩はいろいろな意味でお手本でしたし、最も苦しい仕事をやっている時、同じような激務を抱えていた仲間はまさに「戦友」と呼べると思います。

    私もベテランの域になってきたので、周囲に影響も与えながら自分のやりたいことを追求していきたいと思います。
  • 沼田
    ■第一印象
    JMAのとても自由な雰囲気は初めから感じました。
    現在、最も強く感じる自由さは「違う」とはっきり言えることです。社内の立場や仕事の経験ではずっと上の人に対しても、この会社「違う」と言うことが喜ばれます。
    経験が浅かった頃にはその場の空気を読んで自分の考えていることを言わないこともありました。でも当時の上長に「そういうこと考えていたんだったら言ってよ」と言われて「ああ、発言してもいいんだ」と強く思ってから考え方が変わりました。いまでは相手に嫌われるかどうかは気にせずに、思っていることは言っています。
    また、前職では社内での挨拶が厳しき徹底されていたのですが、JMAではそういう規律のようなものがとても緩く、良いか悪いかわかりませんがそれも自由な会社だなあ、と感じることです。

    ■フィールドワーク部時代
    入社して配属されたのはフィールドワーク部でした。
    実査のオペレーションを行う部門でしたが、とにかく必死に目の前の作業をこなしていました。仕事を覚えなくちゃというプレッシャーが強く、担当している調査の目的や、リサーチャーやクライアントの意図を考えることもできませんでした。調査の仕事はやり直しが効きません。ですから間違えないように本当に必死な日々でした。おかげさまで致命的なミスを犯したことはありませんでした。
    フィールドワーク部で身についたことは「テスト品」に関する意識です。調査のために試作した「テスト品」は、いわばクライアントの魂がこもっています。入社してすぐの頃はとにかくこの意識を徹底的に叩き込まれました。マーケティング・リサーチャーとしての基本中の基本ですから、今でも忘れることはありません。

    ■オンライン定性調査部へ
    入社して1年弱の頃に当時、新手法として注目を集め始めていたオンライン定性調査の部門に配属されました。
    ここで大きな転機がありました。この新しくできたばかりの部門では実査だけでなく、クライアント先にも同行する機会ができました。それまでは実査をまわすことだけを考えていたのですが、それはでいけない、と強く感じました。というのも同行したベテランのリサーチャーとクライアントの議論を横から見ていて、言われたことだけでなく、プロとして提案する姿勢を見ることができたからです。このレベルに至るまでどれほどの経験、失敗があったのか想像もつかず圧倒されたことを覚えています。自分もプロとしてクライアントに貢献するためにはしっかりと知識をつけなければ、と強く思いました。
    当時のこの部門は実験的な取り組みを多々行っていました。それは配属されたばかりのわたしにはラッキーなことでした。興味深い案件や、新しい手法の話はいつもワクワクしながら聞いていました。時には「そんなことできるの??」というようなヒヤヒヤする案件もありましたが、いろいろなことに巻き込まれながら成長できたと思います。

    ■企画部へ
    その後、現在の企画部に異動となり、クライアントに直接調査企画を提案する立場になりました。
    まだまだ経験が浅く、調査が終わった後に「もっと工夫することができた」「もっと役に立つことを提案できたはず」と思うこともあります。しかしそういうひとつひとつを貴重な経験として、前回よりもよいものを、よりクライアントの悩みに寄り添おう、と意識をしています。
    最近は自分の足りない部分も具体的にわかってきたので、社外にも勉強する場所を求めてリサーチャーとしての腕を磨いています。

    はたらくモチベーション
    JMAに入社してから担当した仕事は、商品知識を持っているわけではありません。いまでも「こんな商品があったんだ」というようなものも多いです。
    しかしわたしはそのような自分とあまり接点のない商品のことを考えるととてもワクワクします。市場について調べたり、実際に売り場に行ったりして今まで自分が知らなかったことを知ることができることがとても楽しいです。JMAに入社してから明らかに自分の世界が広がっています。仕事ではつらいこと、厳しいこともありますが、新しい世界に出会って自分の好奇心が満たされていくのがとても充実感があります。
COMPANY
アクセス
東京都渋谷区宇田川町13-11KN渋谷1ビル6F
SHARE