特定非営利活動法人 国連UNHCR協会の採用・求人情報

特定非営利活動法人
国連UNHCR協会
「難民支援の輪を広げる」
ひとりひとりの力が集まって大きな力に

きっかけは
あなたが声をかけるところから


難民を守る・難民を支援する
ABOUT
国連UNHCR協会について
【~UNHCRについて~】
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は1950年に設立された国連の難民支援機関です。

【~国連UNHCR協会について~】
国連UNHCR協会は、このUNHCRの活動を支える日本公式支援窓口です。

UNHCRの活動資金は、各国政府からの任意の拠出金ならびに民間からの支援に支えられています。もっと広く民間から支えていこうという機運が世界的に高まり、アメリカ、オーストラリア、スペインに続き、日本では2000年10月に国連UNHCR協会を設立。

スイス・ジュネーブのUNHCR本部やUNHCR駐日事務所と連携して、広報ならびに難民支援の輪を広げるための活動を行なっている特定非営利活動法人(認定NPO法人)です。

>>詳しく見る
緊急支援・中長期的支援の現場から
MESSAGE
私たちの想い
すべての難民が
難民でなくなる
その日まで
「文化、宗教、信念が異なろうと、大切なのは苦しむ人々の命を救うこと。自分の国だけの平和はありえない。世界はつながっているのだから。」第8代国連難民高等弁務官(1991年~2000年)緒方貞子さん

想像してみてください。
世界各地で起きている紛争や迫害などで故郷を追われた人々が、どれくらいUNHCRの支援を必要としているか。
 
援助対象者は全世界に約7,480万人。
1分に25人、1日約37,000人が紛争や迫害、暴力等により、生活を脅かされ、故郷を追われ避難を余儀なくされているのです(2018年末時点)。

ご存じでしょうか。
世界中の難民の3分の2以上が、わずか5か国(シリア、アフガニスタン、南スーダン、ミャンマー、ソマリア)から逃れてきています。そして、避難先でもっとも多いのは自国内、国境を超える人の大半は母国の近くの国に滞在、さらに、約半数は18歳以下の子どもであるということを。

避難生活は、10~20年におよぶこともあります。先が見えない不安の中で、日々を懸命に生きています。UNHCRは避難している人の生活を、避難生活が始まったその日から安心して暮らせるまで支え続けます。

難民から自立した家族へ、ひとりでも多く救いたい!それが私たちの願いです
PHOTOS
キャンペーン活動
まだまだ日本では耳慣れない
「ファンドレイザー (fund+raiser)」
海外では人気の職種のひとつです。

Face to Faceファンドレイジングとは非営利団体が公共の場で(街頭、商業施設、イベント会場など)街ゆく人に声がけし、対面で、継続的な支援を募る、資金調達の手法のひとつです。

国連UNHCR協会では、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡を中心に国内の主要都市で国連難民支援プロジェクトのもと、難民支援の輪を広げるキャンペーンPR活動を展開しています。

ファンドレイザー(キャンペーンPRスタッフ)の役割は、難民支援の重要性を広く多くの方に知っていただく広報活動だけではありません。ご自身の活動によって継続支援プログラム「国連難民サポーター」をひとり、また、ひとり増やすことで、どれだけ難民に支援を届けられるかということにしっかりコミットする、無償ボランティアではない「きちんと届ける」ための活動です。

都度ごとの支援も大切です。
しかしながら、長きにわたる避難生活を援助するために、私たちは継続的な支援をよびかけています。

だからこそ!街ゆく通りがかりの、まったく知らない方、おひとりおひとりにお声がけし、難民の現状や支援の必要性を案内、ご理解・共感をくださる方に支援の輪へ加わっていただくはたらきかけを行っています。

PCやスマホからワンクリックで何でもできるこの現代にあって、地道な努力の積み重ねですが、心と心の触れ合いを大切にしながら「多くのひとを笑顔にする」やりがいを日々体感できます。

--------------------------------------
◇社会貢献のできる「何か」をしたい!
◇デスクワークより身体を動かしたい!
◇社会人になる前に就労体験+αを得たい!
◇営業/販売・接客の経験を活かしたい!
--------------------------------------

日本から届ける難民支援。私たちと一緒に支援の輪を広げませんか?
  • 拠点と活動範囲

    国連UNHCR協会 関東連絡所
    活動範囲:
    東京・神奈川・千葉・埼玉

    国連UNHCR協会 北海道連絡所
    北海道札幌市中央区
    活動範囲:
    札幌ならびに近隣の街
    道内他都市への出張(応相談)

    国連UNHCR協会 中部連絡所
    愛知県名古屋市中区
    活動範囲:
    愛知・三重・岐阜
    現時点では静岡県内での活動は行なっておりません

    国連UNHCR協会 関西連絡所
    大阪府大阪市北区
    活動範囲:
    大阪・京都・兵庫・奈良

    国連UNHCR協会 九州連絡所
    福岡県福岡市博多区
    活動範囲:
    福岡ならびに近隣の街
  • 全員が未経験からスタート

    日本ではまだまだ耳慣れない職種ファンドレイザー (キャンペーンPRスタッフ)。先輩たちも未経験から始めています。

    入職後、まずは座学での研修。

    国連のそれぞれの機関の役割、UNHCRについて、国連UNHCR協会について、そして、駅前などの街頭/商業施設/イベント会場で、どのようにお声がけしたら良いのか、どのように説明したら分かりやすく伝わるか…を中心に学び、ロープレなどのトレーニングを受けます。

    活動初日はドキドキいっぱい

    キャンペーンリーダーや先輩スタッフがフォローしますので、安心して活動に取り組めます。
  • キャンペーンPR活動

    キャンペーンPR活動は2~3名のファンドレイザー(キャンペーンPRスタッフ)と一緒に実施。ひとりで活動することはありません。

    現地集合、現地解散!
    活動準備(設営)や片づけ(撤収作業)には駅前などの街頭でのキャンペーンは15~30分、イベント会場や商業施設は1時間程度。

    お声がけするところからはじまり、難民の現状、支援の必要性、認定NPO法人ならではの税控除(税制優遇)、案内する内容は多岐にわたります。

    足をとめて耳を傾けてくださる方と15~30分程お話することも。

    移動は公共交通機関(在来線/路線バス)を利用し、交通費は実費で全額支給されます。

    ご自身の自宅が起点となって、日々の活動は直行直帰!

    月に1度、所属する連絡所でミーティング。活動のふりかえり、研修、最新情報を共有したり、お互いのスキルをシェアして磨き、そして翌日からの活動に活かします。
  • 1日の流れ(参考例)
    ~街頭編~

    09:30
    駅改札口(現地)集合

    09:50
    道路使用許可証に基づき最寄の警察署・交番にご挨拶/設営(活動準備)/朝礼

    10:00
    街頭キャンペーン活動開始!

    12:30
    交代でランチタイム

    15:30
    交代で小休憩

    18:00
    活動終了!
    撤収作業/夕礼
    (1日の実績集計、ふりかえり、スマホから各自の報告)

    18:30
    現地解散!
    今日も1日お疲れさまでした!
VIDEO
キャンペーン活動
MEMBERS
メンバー紹介
幅広い世代のファンドレイザー(キャンペーンPRスタッフ)が活躍中!
  • 2018年入職
    [応募のきっかけ]

    JICA青年海外協力隊の技術派遣を経て現職

    「世界が平和に向かうために直接的に行動している組織としてUNHCRが存在しているため」

    [現在は・・・]
    キャンペーンリーダーから拠点責任者に昇格。2019年ファンドレイザーを代表してバンコク(タイ)の海外研修に参加。帰国後は全国を飛び回ってファンドレイザーにスキルシェアしています。

    [あなたにとってこの仕事のやりがいは?]

    誰かのために自分が役に立っていること、誰かに自分が必要とされていること、これら人間の幸福度の頂点とされることを直に肌で感じることができる

    [メッセージ]

    世界を平和にするために、直接関われる仕事を一緒にしませんか!
  • 2019年入職
    [応募のきっかけ]

    「人の役にたつこと」をキーワードにWワークで活動中

    ミュージシャンの特集番組にUNHCR親善大使のMIYAVI氏が出演。番組内で親善大使としての音楽を通じた難民支援活動を知り、印象に残ったことから

    [あなたにとってこの仕事のやりがいは?]

    目に見えない、そこにいない誰かを救えていること。

    仲間との活動を通して、心の成長を実感。実は支援活動している自分が一番救われている。そう思えることが活動から(プライベート)生活まで、全てにおいて相乗効果になっていること

    [メッセージ]

    自分を大切に。だからこそ他の誰かを守ることができる。そして、ここには信頼と尊敬し合える仲間がいる。
    お互い元気を出して、高め合っていきましょう!
  • 2019年入職
    [応募のきっかけ]

    卒業後、春入職。

    学生時代、国際関係学を学ぶ中で、終わらぬ紛争の末、シリアからヨーロッパへ地中海をゴムボートで渡る人々のことを知りました。

    確実に陸にたどり着ける保証はない。それでもそれを、生きるための選択肢として選ぶ人がいる。そのような人々に何か出来ることはないか、と考えたことがきっかけです。

    [この仕事をするときに
    心がけていることは]

    足を止めて下さった方を、最後まで心を込めてお見送りすることです。

    入職して1年。私の話に耳を傾けて下さる方がいる。せめてそれが、「キャンペーン」という無機質、機械的なものとならぬよう、私なりの誠意をもってお話しています。

    納得して支援を始め、「あなたに会えてよかった」と言っていただけた時はとても嬉しいです。
  • 2018年入職
    [応募のきっかけ]

    学生キャンペーンスタッフからキャンペンリーダーに!

    以前から人道支援/社会貢献に携わりたいと考えていました。何か背中を後押ししてくれるきっかけ待ちでした。

    最寄駅で活動しているのを見かけ、応募。

    [今後どのように
    この活動を発展させたいですか?]

    キャンペーンスタッフとして、そして、キャンペンリーダーとして。

    世界の平和のために、難民支援のためにチームリーダーとして貢献させていただけることに嬉しく思い、また感謝の気持ちでいっぱいです。

    周りのキャンペーンスタッフの方のほうが人生経験や社会経験は多くあると思うので、これを機にさらにいろいろなことを学ばせていただこうという想いです
BENEFITS
福利厚生
  • 休日休暇
    ■週休2日制
    (月8日~10日/シフト制)
    ■年末年始休暇
    ■夏季休暇
    ■有給休暇
    ■病気休暇
    ■育児休暇
  • 福利厚生
    ■各種保険完備
    ※就労条件により異なる
    ■スマホ等備品貸与
    ■制服貸与
    └春夏秋:ベスト
    └冬:ベンチコート
    └通年:帽子
  • 各種手当
    ■時間外手当
    ■通勤手当
    ■昇給制度
    ■昇格制度
    ■出張手当
  • その他
    ■協会内公募制度あり
    ■正職員登用の実績あり
    ■無期雇用への転換実績あり
    ■難民キャンプ訪問
    └実績/行動評価により
    └上長推薦
BUSINESS
事業概要
  • 基本情報
    【名称】  
    特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
    (Japan for UNHCR)

    【所在地】
    〒107-0062 
    東京都港区南青山6-10-11
    ウェスレーセンター3F

    【設立】
    2000年10月

    【代表者】
    理事長 田中 明彦
  • 事業概要
    【事業概要】
    1. 世界の難民問題に関する知識の普及と啓発

    2. 国連難民高等弁務官事務所および援助関係者による難民への援助活動に対する協力と支援

    3. 本会の支援者および寄付者の募集および各種サービスの提供
  • 活動実績
    【資本金】
    特定非営利活動法人のため資本金はありません

    【寄付額】
    ※総額のうち92%が個人のご支援者からの寄付

    39億9241万円
    (2019年12月期実績)
    36億3646万円
    (2018年12月期実績)
    32億0231万円
    (2017年12月期実績)
    28億4000万円
    (2016年12月期実績)

    >>詳しく見る
    活動実績をグラフでご覧ください
  • 国連機関の
    それぞれの役割
    世界の難⺠問題に取り組む:UNHCR 
    世界の医療問題に取り組む:WHO 
    世界の⾷糧問題に取り組む:WFP 
    世界の児童問題に取り組む:UNICEF 
    世界の技術・開発に取り組む:UNDP
COMPANY
概要
会社名 特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
事業内容 1. 世界の難民問題に関する知識の普及と啓発
2. 国連難民高等弁務官事務所および援助関係者による難民への援助活動に対する協力と支援
3. 本会の支援者および寄付者の募集および各種サービスの提供
企業
WEBサイト
http://www.japanforunhcr.org/
所在地 【連絡先】
特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
ファンドレイジンググループ 
国連難民支援プロジェクト 採用担当
recruit@japanforunhcr.org

採用に関するお問合せは
上記メールアドレスまでメールにてご連絡ください。

【応募方法】
CAREERS 採用情報よりご応募ください。
engageにご登録が必要となります。
エン転職、LINEキャリア、facebook、Google+からのログインも可能です。

※応募内容は当協会で適切に管理し、選考以外に使用することはありません。
※応募書類は返却しませんので、予めご了承ください。

【面接地】
札 幌:北海道札幌市中央区
東 京:東京都港区南青山
名古屋:愛知県名古屋市中区
大 阪:大阪府大阪市北区
福 岡:福岡県福岡市博多区

※面接はご希望の勤務地から最寄の連絡所にて実施します。
※面接地詳細につきましては、面接日程をご案内する際にお伝えいたします。

【留意事項】
本ページはファンドレイジンググループ 国連難民支援プロジェクトの採用特設ページです。他部門での就業を希望されるかたは当協会HPより職種をご選択の上、ご応募ください。
リンクをコピーしました。
SHARE