powered by─ iYell株式会社の採用・求人情報

Interview

ABOUT
iYellで活躍する社員に、インタビューしました!


  • 技術責任者 酒井さん
    —入社のきっかけを教えてください
    iYellのシステム開発責任者をされてる千歳さんと以前お仕事でご一緒したことがあり、立ち上がったばかりのベンチャー企業がシステム周りに詳しい人を探しているということでご紹介をいただき代表の窪田さんお会いしたのがきっかけです。
    金融機関で役員をされていたということで硬い方かなと思っていたのですが、会ってみるとすごく気さくな方で人を大事するという思いに共感し入社を決めました。


    —事業内容よりも人で選ばれたということですか?
    一番の決め手はそうですね。
    ただ、私自身も不動産系のサイト運営に携わっていたことがあるのでその経験も活かせると思い参加を決めました。


    —不動産系のサイトというお話ですがこれまでの経歴を簡単に教えてください
    大学が情報系の学部だったので学生時代からプログラミングを行ってきました。
    社会人になってからもエンジニア一筋でやってきましたが、不動産系のサービスだとHOME’Sの運営会社で3年半エンジニアとして常駐しました。
    自社に戻ってからも大手賃貸サイトの受託開発をしましたが、そのような不動産ポータルサイトでの業務経験が当社でも活かせると思っています。


    —いちプログラマーとしてやってこられたんですか?
    もともとはいちプログラマーでしたが、HOME’Sに参加して1年を過ぎたころ開発チームのリーダーを任せていただきました。
    前職に入社後は役員と二人で開発部署を立ち上げ、受託開発を始めました。HOME’Sの開発経験を活かし、大手賃貸サイトの受託開発なども担当させていただき、最終的にはCTOを任せていただくことができました。


    —お仕事をされる上で気をつけていることはありますか?
    ITの世界は技術や情報の進歩がとても早いので、そのスピードに置いて行かれないように情報収集には気をつけています。
    プロジェクトリーダーという視点だとメンバーのレベルの底上げを意識していますね。
    エンジニアにも得手不得手があるのでどうしてもばらつきが出てきてしまいます。
    システム開発はチーム力が重要です。チームの底上げを図りパフォーマンスを最大限発揮させることが私の使命だと思っています。


    —今後iYellでチャレンジしたいことなどはありますか?
    まずはきちんと開発のチームを立ち上げていきたいです。
    フラットな関係性で積極的に意見を出し合い、切磋琢磨しながらお互いに成長していけるようなチームを目指しています。
    また、プロダクトに関しても積極的に新しい物を取り入れつつも技術に寄り過ぎず、不動産屋さんが魅力に感じるサービスや使ってくださるユーザーが使いやすいサービスを意識して開発を行っていきたいと思います。
  • 経営責任者 大野さん
    ―iYellでの業務や役割を教えてください担当は経営企画ですが、なんでもやります!と言って入社したので、宣言通りなんでもやっています。
    事業と会社とが一体で大きくなっていかないとベンチャー企業はスケールしないので、iYellでは大まかな担当はあるもののみんなで協力し合ってアイディア出し合っていますね。
    色んな業務を横断的に学べるのもベンチャーの醍醐味ですよね。


    ―ベンチャーが好きなんですね?
    元々は、起業したいという夢が昔からあったんです。だけれども、いざ社会人になったら、起業する勇気がなかなか持てなくて。
    勇気がないくせに、夢も諦められない、そういうジレンマをどうにかしたいと思っていた時に、窪田さんが起業したことを知って、自分もこのままじゃいけないと思ったんです。


    ―入社のきっかけは窪田社長ですか?
    一言で言えばそうですね。踏ん切りも付かず悩んでいる私に機会を与えてくれたのが窪田さんでした。
    一歩踏み出そうと決めたものの、今の自分には力も人脈も自信も何もなかったので、今よりも一歩、片足だけでもいいから少しでも夢に近づく道を選ぶことにしました。それが、iYellという場所でしたね。


    ―iYellをどんな会社にしていきたいですか?
    実は、体を壊して長らく仕事ができない時期があったんです。なので、一度は起業したいという夢を諦めて、無理をしない安定した働き方をしていこうと決めたこともありました。
    でも諦められなかった…というより、諦めることはすごいストレスでしたね。
    人生何があるかわからない。いつまで働けるのかわからないのだから、やりたいことは今すべてやってやろうと決めたんです。
    とは言っても持続可能な働き方は大事じゃないですか。やりたいことを存分にやるためには、それだけの元気がないとできないし、やりたいことが時間をかけて達成させるものなのであれば、持続的に健康でいられるようにしないと。
    それは私に限ったことではなく、iYellで働く人たちやその家族が、元気にやりたいことを思う存分できる会社にしていくことが私の一つの目標であり使命だと思っているので、ライフステージの様々なフェーズに応じた働き方を実現できる会社にしていけたらと思っています。


    ―最後に、iYellで実現したい目標や夢を聞かせてください会社の夢と自分の夢とが同時に実現できればいいなと思っています。
    私はこのiYellで起業とベンチャー経営を学び、そのお返しにではないですがiYellを強く大きく育て、そして上場させたら新規事業会社の社長の座を狙って(笑)。そしてそして個人的な夢ですけど、『Forbes』に載りたい!そのために今はとにかく足で頭で学んでます。
    iYellには同じような意思を持つ仲間がたくさんいて、しかもみなさんリーダーとして尊敬できる人間性の方なので、チームとしてもライバルとしても学ぶには非常に良い環境なんです。
    なので、この場所で会社の夢も自分の夢も必ず実現できると思っています 。
採用ページTOPへ戻る
SHARE