inaho株式会社の採用・求人情報

careers at
inaho株式会社
私たちと一緒に働きませんか?
MESSAGE
人がやらなくても良いことを人がやらない世界をつくる
inaho株式会社では、"AI農機具ロボット"を開発しています。 

農家の大きな負担となっている仕事を、今だからこそできるテクノロジーを使って解決し、彼らと楽しく仕事ができる環境を提供するべくスタートしました。

第一弾として取り組んでいるのは、農作物の収穫ロボットです。 
収穫作業は、時間的にも肉体的にも、農家の大きな負担になっており、
「どうしたら野菜が美味しくなるか」
というクリエティブな所に時間を割けていない現状があります。

収穫ロボットのなかでも「選択収穫」と呼ばれるジャンルのロボットを作ります。 
圃場内を自律走行しながら、AIを使った画像処理で野菜の状態を判断して、ロボットアームが傷つけないように収穫する。
 
日本はコメ大国な事もあり、コメ向けの「一括収穫」機は多くありますが、農作物の状態を判断して収穫を行う「選択収穫ロボット」分野はまだ勃興したばかりです。

「人がやらなくても良いことはロボットがやる未来」では「きつい」「きたない」は必ず解決されます。そうなった時、農家はどうしたら野菜が美味しくできるかに没頭する”クリエイター”として「超かっこいい」存在になるはずです。

そんな未来をつくっています。
MEMBERS
  • 菱木 豊
    調理師専門学校を卒業後、不動産投資のコンサルタントとして働き、その後独立し起業。震災復興のための野外フェスの主催、地域活動のカマコンバレーの運営等様々なプロジェクトに携わり、2014年4月には株式会社omoroを設立。

    omoroは野外フェスの開催や、不動産時代の知見を活かしたWebサービスを開発運営し、短期間で数百社の会員を集め、事業売却の後会社を解散。新たにAI時代に新たな未来を作るinaho株式会社を設立。

    エンジニアでも、AIの開発者でも、そもそもIT系でも、農家でもないけど、やると決めたことはやる。
  • 大山 宗哉
    大学で経営学、大学院で理転しインタラクションを専攻。
    大学院にいきつつ芸大で非常勤でアートを教えながら、
    美術館で展示したり、夏フェスに出演して、一生分チヤホヤされる。

    新卒でチームラボへ入社。会社員(カタリスト)として事業開発に従事。
    3年の修行ののち独立。アートとハードを作る会社を起業し、
    スタートアップや大手家電メーカーの新製品開発をサポート。

    菱木とomoroを起業し不動産向けwebサービスを開発。事業売却後、解散。
    農業をブーストする会社、inaho株式会社を 2017 1月17日(良い稲の日)に起業。
COMPANY
会社情報
会社名 inaho株式会社
企業
WEBサイト
http://inaho.co
所在地 神奈川県鎌倉市材木座4-10-14
CAREERS
採用情報
現在、下記の職種で募集を行なっています。
応募を検討される方は、以下のページをご覧ください。
SHARE