powered by

─ 育栄建設株式会社の採用・求人情報

careers at
育栄建設株式会社
私たちと一緒に働きませんか?
MESSAGE
「建築施工管理とは次元変換をすることだ」
育栄建設の採用ページをご覧いただきましてありがとうございます。
当社では「建築施工管理職」を募集しておりますが、
「建築施工管理とはなに?」と思う方も多いと思います。

そもそも建築物とは、土地に定着する工作物のうち、
屋根及び柱若しくは壁を有するもの等を言います(建築基準法第2条)。

そして、建築物は、人の身体を雨とか風とか自然の脅威から守るために造られるもので、
人が生活する上では絶対になくてはならない存在です。

この建築物に関わる仕事として、「設計」「施工」と大まかに分類されます。
「設計」の分野にはデザインなどを考える「意匠設計」、
地震等の外力にも耐えうる構造を考える「構造設計」などがあります。

そして「施工」の分野では、実際に現場で材料を加工し、手を動かし、
一つ一つの物を形作っていく「職人」と呼ばれる仕事と、

設計されている図面等を読み込み、
そこで表現されている建築物に仕上げるために、
人や材料の手配、職人さん達の作業の順番を決めるなど、
建築物を造り出すことをプロデュースする仕事の
「建築施工管理」という仕事があります。

この「建築施工管理」の仕事は、言い換えれば、
二次元の世界(紙に書かれた図面の世界)を
三次元の世界(立体的で実用的な物)に
次元変換する仕事なんです。

建築の様々な仕事の中で、
私たちのような「建築施工管理」をする人たちがいなければ、
紙に書かれた二次元の世界は、
実際に人々が使う三次元の世界に変換できないのです。

それくらい、魅力的な仕事だと言うことを
みなさんに知っていただきたいと思っています。

当社ではこのように魅力あふれる「建築施工管理」の仕事を
主要な業務として30年以上営業をしておりますから、
様々なノウハウを蓄積しております。

建築に興味を持たれているみなさま。
色々な仕事がありますが、次元変換に関われる仕事はそう多くはありません。

「設計」に興味を持たれている方も、
実際に造り出す過程をプロデュースする知識と経験は
将来的に絶対に活きてきます。

覚えることは多いかもしれませんが、
だからこそ、実際の建築物が完成したときの感動は大きいのです。

私たちと一緒に「施工管理」をしてみませんか?

代表取締役 水落 清
BUSINESS
~建築工事をワンストップサービスで~
育栄建設では、社員一人一人がお客さまに、より専門性の高いご安心を提供し続けることをお約束いたします。
ここでは、当社がどのような姿勢で日々の仕事に取り組んでいるかをご紹介いたします。
  • 公共工事
    ~発注者様の計画を的確に読み取り、公共性にふさわしい建築物を造り上げることが社会貢献につながると考えています~
    公共工事は、仕事が直接社会貢献につながります。住民のみなさまが、快適に使えるように私たちは、現場調整を重ねながら建物や施設を造り上げていきます。学校では子供たちの安心と笑顔が、公共施設では住民のみなさまの安心が、私たちの喜びです。みなさまの税金で行われる工事ですので、心を引き締めて取り組んでいます。
  • 民間工事
    ~お客さまの大切な建築物を長い時間軸でプロデュースできるワンストップサービスをご提供しています~
    お客さまとの長いお付き合いが可能な民間工事であるからこそ、私たちは長い時間軸でお客さまの大切な建築物の総合プロデュースをさせていただきます。例えば塗装工事では建物の資産価値を維持していくために必要な防水工事についても考慮に入れながらの経年計画を提示させていただいたり、屋根補修工事では外壁の傷みなどがあればせっかく足場を設けるこの機会に合わせて補修した方が長期的にはコストが抑えられる等の提案をさせていただきます。「育栄建設に頼めばなんでも対応してくれる」「育栄建設は長い時間軸で大切な建物を考えてくれる」このようなお客さまの声をいただきたい。私たちは建築ワンストップサービスをご提供します。
  • 協力業者として
    ~元請業者さまにとって最大の安心を提供してまいります~
    育栄建設は創業以来30年以上、元請業者様に一次協力業者として育てていただいております。そしてその間に培った一次協力業者としてのノウハウが会社の財産になっております。今後もご指導いただきながら今まで以上に当社の一次協力業者としてのリソースをフルに活用していただき、「任せて安心」と思っていただけるお仕事をお手伝いさせていただきます。
    「テレビスタジオ」「ホール」などの音響関係施設の施工管理についても多くの経験をさせてもらっております。
  • 建築士事務所として
    ~当社では建築士事務所を設置しております。他の建築士事務所と連携しながらお客さまにとって必要な監理を行っております~
    施工のみならず、設計監理のお仕事も今後は広げていこうと考えております。現在では提携させていただいたいている建築士事務所様のご協力をいただきながら業務を進めております。
MEMBERS
育栄建設で働く技術者たち
育栄建設の施工管理者はそれぞれが自分の目標を設定しながら、建築という仕事を通じて世の中に貢献することを第一の目標と考えて職務に従事しております。
  • F(1級建築施工管理技士)
    施工管理畑30年以上、私が社で心がけていることは、職場の雰囲気を良くすることです。建築業界はこれから、若い人たちがどんどん活躍しなければいけない業界です。私の培ったノウハウを確実に伝え、新入社員でも気軽に分からないことや知りたいことを上司や先輩に訊ける社風作りが大切だと考えています。
     また、協力業者さんや職人さんとの関係の幅を広げることも重要と考えています。なぜなら自由な発想に基づく民間工事では協力業者さんや職人さんの知識と経験に助けられることも多いからです。
     育栄建設は、建築分野においても特に改修工事を得意としており、その中でもスタジオやホール等を完成させる音響内装工事では20年以上の実績があります。
     これからも建築業界の人、モノ、知識に数多く触れることで、お客さまや社員たちが満足感を得られる仕事をやっていきたいと考えております。
  • H(1級建築施工管理技士)
    建築施工管理の仕事で私が一番大切にしていることは、チームワークです。色々な人の力を一つにすることでお客様にご満足いただける建築物を完成させることができると考えているからです。とは言っても、仲良しクラブの一員のような姿勢では良い仕事は出来ません。施工管理者、営業職、事務職、そして協力会社の職長さんや職人さん、番頭さん、営業さんがそれぞれの得意分野を切磋琢磨することによってこそ品質の高い建築物を造り出せると考えています。
     若手社員には切磋琢磨できる当社の環境下において、自分の疑問を一つずつ知識に換えていって欲しいと思います。私はお客様との信頼と社員の知識を「育む」気持ちで仕事に取り組んで参ります。
  • A(2級建築施工管理技士)
     私は文系出身なのですが、あるきっかけで建築業界に身を置くことになりました。建築の仕事はお客様をはじめ、職人さんや近隣の方など多くの人と関わることになります。その方たちとコミュニケーションを取りながら施工を進め、一つの現場を無事に完成させた時に「お疲れさま」「良かったね」「キレイになったね」と声を掛けてもらえることに嬉しさを感じます。
     おかげさまで2017年に2級建築施工管理技士に合格しましたが、まだまだ分からないことも多くあります。お客さま、協力業者の方、近隣の方、そして自分の会社の全てがメリットを感じ、満足出来るような建築物を造り出す施工管理者になることを目指しています。
  • I(二級建築士)
    私は同業他社から転職して参りました。当社では特に公共工事の受注が多いので、私自身が積み上げてきた経験を活かしつつ、今まで経験したことのない発注先への対応など、日々新たな知識を積み上げることで自分自身の成長を感じております。今後はさらなる飛躍を遂げるため、監理技術者資格を得たいと考えております。講習費用は会社が負担してくれるので、その制度を活用させてもらいながら1級建築施工管理技士を目指したいと考えております。
COMPANY
アクセス
東京都台東区浅草5-14-7
SHARE