engage(エンゲージ)

Indeed(インディード)に無料で求人掲載

Indeedに求人を掲載する
簡単・無料

エンゲージは0円で掲載期間・掲載件数ともに無制限Indeedに求人掲載

Indeed掲載までの流れ

エンゲージに登録

このページの登録フォームを入力。
※登録内容は後からいつでも変更可能です。

求人情報を入力

フォーマットに沿って求人情報を
入力するだけでOK。

Indeedに無料掲載

入力頂いた求人を審査(1営業日)
その後、Indeedに掲載されます。

まずは簡単登録!

会社名必須
    部署名・店舗名任意
    ご担当者必須
    メールアドレス必須
    パスワード必須

    エンゲージでIndeedに求人掲載
    簡単・無料

    「仕事探しはIndeed♪」というCMで有名になったIndeed(インディード)。「無料で求人掲載できる」というところから興味を持ち、自社でも使ってみようと考えている採用担当者もいらっしゃると思います。しかし、「そもそも何で無料なの?」「よくある求人サイトとはどのように違うの?」といまいち分かっていない部分もあるのではないでしょうか。今回はそういった疑問について一つずつ解説。Indeed(インディード)とは何か、どのような仕組みなのかを理解し、採用活動に活かしていただければと考えています。

    1今話題のIndeed(インディード)とは?

    CMで有名になっているIndeed(インディード)。どのようなサービスなのか、何が支持されているのか説明していきます。

    1-1世界中で利用されているIndeed(インディード)

    2004年にアメリカで誕生したIndeed(インディード)。世界60カ国以上でサービスを展開していて、毎月2億5000万人以上のユニークビジターを記録しています。2012年にリクルートホールディングスが買収し、日本でのサービス提供がはじまりました。テレビCMで知名度が上がり、国内の利用者数は急増。今では、日本国内だけで月間約2500万以上のPVを誇り、多くの求職者がIndeed(インディード)を利用しています。世界的にみて、「仕事探しはIndeed」という価値観が普及してきていると言えます。

    1-2従来の求人サイトとは仕組みが全く異なる

    Indeed(インディード)を一般的な大手転職サイトのようなサービスだと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、その認識は正しくありません。Indeed(インディード)は求人に特化した検索エンジンで、「求人版のGoogle」と表現されることもしばしば。

    仕組みは、Web上にある求人サイトの求人情報や企業の採用サイトの求人情報を自動で収集。Indeed(インディード)内に集めてきます。これまで求職者が仕事探しをする際は、条件にあう求人を見つけるため複数の求人サイトを訪問して求人を探すのが一般的でした。しかし、Indeed(インディード)を利用すれば、あらゆる求人が1箇所に集まるため、求職者は複数の求人サイトなどへ行く必要はありません。求人を探す手間がぐっと減り、検索の利便性はぐっと高まったのです。(下記図を参照)

    Indeedを使わないと、サイト別にアクセスしなければならなかったIndeedを使うと、Indeedでまとめて検索できる

    実際にIndeed(インディード)がどのようなサービスなのか、画像を見ながら説明していきます。まずはGoogleやYahoo!などの検索エンジンで「Indeed」もしくは「インディード」と入力し、Indeed(インディード)のサイトへ訪問してみましょう。すると下記のように検索エンジンのようなものが表示されますので、キーワードに職種や会社名、希望条件を入力し、勤務地には希望勤務地を入力。今回はキーワードには「営業」、勤務地には「渋谷区」と入力して、求人検索をクリックします。

                     Indeedの検索エンジン

    すると下記の図のように、営業で勤務地が渋谷区の条件に合致する求人が一覧に表示されるので、気に入った求人をクリックすれば詳細の情報を見ることができます。このように、Indeed(インディード)の検索画面から「キーワード×勤務地」を入力するだけで、世の中にあるありとあらゆる求人の検索が可能になりました。求人から直接応募できるものも多く、この使いやすさが求職者に支持されています。

                     Indeedの検索結果画面

    Indeedに求人を掲載する
    簡単・無料

    2Indeed(インディード)を利用するメリット

    Indeedに求人を掲載することのメリットは、状況やケースに応じて実にさまざま。 採用活動において期待できる効果や、Indeedならではの求人掲載メリットを3つのポイントに絞ってお伝えします。

    あらゆる雇用形態に対応!

    一般的な求人媒体や求人サービスは、「正社員」など特定の雇用形態に強みを持っているケースがほとんどです。Indeedの場合、正社員はもちろん、契約社員、アルバイト・パート、新卒、業務委託、インターンなど、あらゆる雇用形態の募集に対応しています。

    高い集客力・応募効果大!

    Indeedの大きな特徴の1つが、圧倒的なユーザー数を誇ること。
    月間約1000万人以上の求職者が仕事探しを行なうIndeedに求人掲載を行なうことで、媒体掲載や自社HPだけでは出会えなかったユーザーからの応募を集めることができます。貴社の求人が、日本全国のさまざまな分野の才能ある人材の目に止まるため、効率的な母集団形成が可能です。

    成果課金0円・広告費削減!

    Indeedでは、採用できたとしても成功報酬費はいっさい発生しません。また、Indeedは契約不要で初期費用は完全無料。たとえば、無料枠を活用して採用成功した場合、採用活動にかかるお金は「0円」ということになります。
    有料枠を使ったとしても、かかる費用は設定したクリック料金のみ。採用が成功した時の成果課金はありません。
    求人ページの作成や採用にあまり費用をかけられない企業様にも、Indeedはとても有効な手段と言えます。

    Indeedに求人を掲載する
    簡単・無料

    3Indeed(インディード)の仕組み

    「無料掲載ができるのは怪しいんじゃないか」「無料掲載だったら、どうやって収益をあげているの?」とIndeed(インディード)について疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。そこで、ここではIndeed(インディード)の仕組みについて解説します。

    3-1Indeed(インディード)はなぜ無料なのか

    Indeed(インディード)はWeb上にある求人情報を自動で収集し、検索しやすくしてくれるサービスです。またCMなどでは無料で求人を掲載できるとアピールしていますが、一体どのようにして収益をあげているのでしょうか。中には無料で掲載できるというのは怪しい、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

    じつは、Indeed(インディード)には無料広告枠と有料広告枠の2種類があり、しっかり有料で収益を上げることができています。そのため、決して怪しいサービスではありません。有料と無料の違いは、検索したときに表示される求人の位置。無料枠よりも有料枠の方が広告が上位に表示される仕組みです。もちろん、有料にせず、無料で利用し続けることも可能。どちらも掲載期限はありません。1度掲載すれば、ずっとIndeed(インディード)内に求人情報が掲載されます。

      Indeedの有料枠・無料枠

    3-2有料プランはクリック課金型

    有料枠の価格の仕組みは、求人サイトとは異なります。有料枠は「クリック課金型」という仕組みです。Indeed(インディード)内に掲載された自社の求人がクリックされるごとに費用が発生するモデルで、予算の上限も自由に決められのが特徴です。

    1クリックの相場は、職種や業種、勤務地によって異なるのですが、50円~300円の間です。クリック単価が200円だった場合、50回クリックされれば1万円、100回クリックされたら2万円になります。一方で、求人広告は掲載期間などによって料金が変わり、クリック数は料金とは関係ありません。たとえば、掲載料が30万円の求人広告の場合、極端な話1000回クリックされても30万円ですし、1回もクリックされていなくても30万円です。

    Indeed(インディード)の場合、自社の求人がクリックされなければ費用が発生することはありません。逆に少ないクリック数で応募が集まり、採用ができれば、費用を抑えることができます。詳しくはIndeedの掲載料について|気になる料金・費用を解説をご覧ください

    Indeedに求人を掲載する
    簡単・無料

    4Indeed(インディード)の2つの掲載方法とは?

    まずIndeed(インディード)には、大きく分けて掲載料がかからない「無料枠」とクリック課金型の「有料枠」の2つの掲載方法があります。

    • 無料枠
      • クローリング型
      • 直接投稿型
      • 課金なし
    • 有料枠
      • 検索上位型
      • スポンサー型
      • クリック課金

    4-1Indeed(インディード)への無料枠への掲載について

    無料広告枠は名前の通り、いっさい費用をかけずにIndeed(インディード)への求人掲載が可能です。Indeed(インディード)がWeb上から求人に関する情報を収集して掲載する「クローリング型」と、Indeed(インディード)のアカウント登録をしてテキスト形式で求人を投稿する「直接投稿型」があります。

    クローリング型

    Indeed(インディード)はWeb上に存在する求人情報を自動で収集して、Indeed(インディード)のサイト上に掲載するという仕組みを持っております。そのため、自社で採用サイトを所有している場合は、特にIndeed(インディード)に登録をしていなくても自動的に掲載される可能性があります。

    直接投稿型

    無料枠のもう1つの掲載方法が、Indeed(インディード)のサイト上から直接求人を登録する方法です。Indeed(インディード)規定のフォーマットに基づいて求人情報を作成しましょう。

    クローリング型、直接投稿型のいずれの形式であっても、掲載料、クリック課金などが一切かかりません。

    4-2Indeed(インディード)の有料枠への掲載について

    一方有料枠では、Indeed(インディード)の検索結果の上部に求人情報が掲載されるようになります。「スポンサー広告」と呼ばれており、左下に“スポンサー”と表示されている求人広告が該当します。

    掲載時に固定の料金が発生する求人媒体と違い、クリック課金型のため、求職者がスポンサー広告をクリックした時にだけ、あらかじめ設定していた料金が発生する仕組み。上記のように無料でも掲載できる方法をご紹介しましたが、どんな求人でも掲載がされるわけではなく、掲載がされるかどうかはIndeed(インディード)の掲載基準に準じるという点に注意です。作成した求人情報がIndeed(インディード)に掲載されない場合は、掲載基準に満たしていない可能性が高いです。詳しくはあれ、求人が載ってない…|Indeedに無料掲載できない原因と対策はコレをご確認ください。

    応募効果や選考状況に合わせて、リアルタイムで料金の設定や調整ができます。より詳しく、掲載方法について知りたい方は、下記をご確認ください。

    Indeedの有料広告の掲載方法を解説! 気になる費用や効果も分かる!
    Indeedの求人掲載方法を解説|画像つきだから簡単!

    4-3Indeedの掲載基準について

    上記のように無料でも掲載できる方法をご紹介しましたが、どんな求人でも掲載がされるわけではなく、掲載がされるかどうかはIndeedの掲載基準に準じるという点に注意です。
    作成した求人情報がIndeedに掲載されない場合は、Indeedの以下掲載基準に満たしていない可能性が高いです。

    • 企業の担当者により直接求人サイトに投稿された、給与が発生する現在の求人のみを掲載すること
    • 企業名、勤務地、職務名、職務内容を含む、その求人に関する完全なデータを掲載すること
    • 貴社サイトに掲載後は、求職者は登録やログインの必要なく全ての職務内容を閲覧できるようにすること
    • 求人への応募は無料であること
    • エントリーは、不可欠な必須事項のみ記入が必要なシンプルなものにすること
    • エントリーは直接求人サイト上で行われ、求職者が他のウェブサイトへ移動する必要がないようにすること

    ※引用(https://indeedemployers.zendesk.com/hc/ja/articles/204575734-求人サイト向け掲載ガイドライン

    自社の採用サイトが上記の掲載基準に満たしているかを確認し、基準に沿った改修を行う必要がございます。

    Indeedの掲載基準を満たした改修ができない、やり方がわからない、そもそも採用サイトを持っていない、というご担当者様の方でも、Indeed掲載に対応した採用支援ツールengage(エンゲージ)をご利用いただくことで、以下すべてに無料で対応可能です。

    • 採用サイトの作成(Indeedの掲載基準に対応)
    • 求人の公開(掲載件数・掲載期間ともに無制限)
    • Indeedの無料枠への自動掲載

    モバイル表示にも対応しております。求人検索の8割はモバイル端末で行なわれているため、いつでもどこでも求人情報が検索される環境を整えることができます。

    面倒な手続き不要で、スムーズにIndeed掲載まで進めることができますので、是非ご活用ください。

    Indeedに求人を掲載する
    簡単・無料

    5Indeed(インディード)の効果と採用成功事例

    実際にどのくらい効果が出るのでしょうか。今回はIndeed(インディード)の有料掲載でしっかり実績を出している2つの企業を紹介します。

    5-1福島県 防水工事スタッフの採用成功事例

    業界:建築
    職種:防水工事スタッフ
    勤務地:福島県
    クリック単価:300円
    応募数:5
    採用数:1
    費用:180,000円

    こちらの企業様は、Indeed(インディード)を利用される前は、大手転職サイトを利用していました。しかし40万円かけて集まった応募数はゼロ。効果が出ないことに悩まれていたのです。そんな中、Indeed(インディード)のCMを見たのがきっかけで導入することに。

    結果、5名を集め、1名を採用することができました。募集した防水工事スタッフは、採用難易度が高く、応募数が集まりづらい職種。そこでしっかりと効果を出せています。さらに都心から離れた福島というエリアで効果が出せているのも、Indeed(インディード)の効果によるところが大きいと言えるでしょう。

        

    5-2自動車部品メーカー 製造オペレーターの採用成功事例

    業界:製造業
    職種:製造オペレーター
    勤務地:三重県、滋賀県
    クリック単価:170円
    応募数:7
    採用数:1
    費用:225,000円

    こちらの企業様はIndeed(インディード)導入前は、地元の三重、滋賀などの求人媒体で半年ほど掲載を続けていたそうです。結果は半年で採用1名。そこでさらなる効果を求め、CMで知ったIndeed(インディード)を導入。最初は無料で利用されていましたが、より多くの応募を求め有料掲載へ。応募を7名集め、1名採用をしています。三重県、滋賀県ともに採用難易度が高いエリアで、かつ職種も製造オペレーターと採用難易度の高い案件で、しっかり効果を出せています。

    6すぐにIndeed(インディード)に求人を掲載したい人へ

    すぐにIndeed(インディード)に求人を掲載したいけど、なんだか難しそう…。そう感じている人には、engage(エンゲージ)。大手企業をはじめ、21万社以上が導入している採用支援ツールに登録すれば、すぐにIndeed(インディード)に求人を掲載できます。機能としては、専門知識不要で【無料】で採用サイトが簡単に作れて、求人作成が可能。つくった求人情報は自動的にIndeed(インディード)に掲載されます。

    無料で利用できるので、登録に際してのリスクもありません。PCが得意でなくても、誰もが簡単に使うことができます。だから21万社以上が導入済み。ぜひ採用活動に役立ててみてください!

    Indeedに求人を掲載する
    簡単・無料

    engage(エンゲージ)を利用してIndeedに簡単掲載

    無料アカウント登録 engage(エンゲージ) 最短1分

    engage(エンゲージ)は採用サイト作成、求人掲載、採用までを無料で行える国内No.1 採用支援ツールです。engageで作成いただいた求人は、求人専門検索エンジン『Indeed(インディード)』に自動で掲載されます。
    無料アカウント登録後、Indeedに掲載されるまでの流れを以下にまとめましたので、ご確認ください。

    求人情報を作成して公開 engage(エンゲージ) 最短10分

    まずは求人を完成させましょう。engageの規定フォーマットに沿って求人を作成するだけなので簡単です。尚、Indeed(インディード)の無料枠での求人掲載となるため、費用は一切かかりませんのでご安心ください。

    求人内容を審査 engage(エンゲージ) 1営業日

    作成いただいた求人は、engage事務局側で内容を審査いたします。審査にかかる時間は、1営業日ほど。
    ※engageでは求職者保護の観点から、求人内容の審査を実施しています。

    Indeed(インディード)への情報送信は事務局側の手続きです。皆さまに別途ご対応いただくことはありませんのでご安心ください。

    無料枠で自動掲載 Indeed(インディード)

    Indeedに求人を掲載する
    簡単・無料