5
外国人雇用について
  • アンケート実施期間2019.6.182019.7.19
  • 有効回答数2,163名

こんにちは。engage(エンゲージ)事務局の白石です。

今回のアンケートテーマは『外国人雇用』について。2019年4月に「出入国管理及び難民認定法」が施行されて『外国人雇用』についてどのようにお考えなのか、2163社の企業に、その本音をお聞きしました!

「外国人採用を行なっている」と回答された企業は、全体の29%。この数値だけを見ると高い数値ではありませんが、「検討している」と回答された方は33%で、この2つを合わせると62%と、過半数を超える結果に!多くの企業が、外国人採用に対して、“前向き”であることが分かりました。

その理由の1位は「人手不足の解消」。今後、労働人口が減少する中で、『外国人雇用』は有効な施策の一つとして考えている企業が多くいらっしゃいます。

今回は、外国人の採用において「困ったこと」と「解決策」についても具体的なエピソードとともにご紹介しています。「職種ごとに必要な日本語のスキルレベルを決めておいた」「朝礼などで自国の文化についてスピーチしてもらい既存社員の異国文化への理解を深めてもらっている」など役立つご意見もたくさんいただきましたので、ぜひ参考にしてみてください!

それでは早速、見ていきましょう!

※当選者発表はこちら。順次メールにてAmazonギフト券をお送りさせていただきます。

  1. 過半数以上の企業が外国人採用に前向き
  2. 外国人採用の最大の理由は「人手不足の解消」、特に「サービス職」での採用が進んでいる
  3. 外国人採用で一番困ったことは「日本語能力の不足」、「日本語会話クラス」を作るなど工夫で解消
Q. 2019年4月1日に「出入国管理及び難民認定法」が施行されたことは知っていますか?
2019年4月1日に「出入国管理及び難民認定法」が施行されたことは知っていますか?  結果

「出入国管理及び難民認定法」とは、人材不足が深刻な14業種を対象に、一定の技能と日本語能力のある外国人に日本での就労を認めるものになります。まず初めに、この法律に対する認知度についてお聞きしたところ、過半数以上の方が「知っていた」と回答されている一方で、「知らなかった」と回答された方も4割以上という結果になりました。

Q. 現在、外国人の採用を行なっていますか?
現在、外国人の採用を行なっていますか? 結果

「外国人採用を行なっている」と回答された企業は全体の29%、「検討をしている」企業は33%で、合計すると62%。外国人の採用に“前向き”な企業さまは過半数以上であることが分かります。

Q. 外国人の「採用を行なっている方」に伺います。どの職種での採用を行なっていますか?(複数回答可)
b)貴社で、最も不足している人材はどの雇用形態ですか?(複数回答可)
「その他」の回答
  • 農業
  • 縫製
  • 公務員

外国人採用を行なっている職種については、「サービス職(販売・接客等)」が1位で26%。2位は「技術職(IT・Web・ゲーム・通信)」で15%、3位は「営業職」と「サービス職(医療、福祉、教育等)」で11%となりました。

サービス職は、1位と3位にランクインしていますが、販売、医療など業種を分けずに見ると、合計37%でダントツ1位に!サービス職での外国人採用が活発に行なわれていることがうかがえます。

Q. 外国人採用の理由について教えてください。(複数回答可)
外国人採用の理由について教えてください。(複数回答可)
「その他」の回答
  • 国籍問わず能力がある方の採用をしたいため
  • 単に優秀だったため
  • 縁故
  • 特に日本人と外国人を区別していない

次に「外国人採用の理由」についてお聞きしました。1位は「人手不足解消のため」で7割近い数字になっています。少子化が進み働き手世代が減少する中で、外国人採用は人手不足を解消するための有効な施策の一つとなっていることが分かります。

Q. 外国人の採用にあたり、困ったことはありますか?(複数回答可)
Q. 外国人の採用にあたり、困ったことはありますか?(複数回答可)
「その他」の回答
  • 突然、出社して来なくなった
  • 生活面のフォロー
  • 取引先の理解がない

外国人の採用にあたり困ったことについては、1位は「日本語能力の不足」で69%。続いて「行政手続きの煩雑さ」33%、「外国人向けの教育・研修の未整備」30%となりました。あわせて、困ったことに対する解決策についてもお聞きしました。具体的なエピソードとともにご紹介しますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

Q. 外国人採用で困ったことと、その解決策

「日本語能力の不足」と回答された方の解決策

  • 募集にあたり職種ごとに必要な日本語のスキルまた、母国語以外の言語(英語・中国語・韓国語等)のレベルを決めておいた。(東京都/IT・通信業)
  • 日本語会話クラスの開設(大阪府/サービス業)
  • 写真付きメニュー表を用意した。(山口県/飲食店)
  • 積極的に話しかけ、おかしな発音などは頻繁に指摘する。(沖縄県/ホテル・宿泊業)
  • ネット環境を用意して各自日本語の勉強をできるようにした(岐阜県/不動産業)

「行政手続きの煩雑さ」と回答された方の解決策

  • 手続き等をマニュアル化し、確認・申請が必要な書類等については全社で共有できるようにした。(神奈川県/サービス)
  • 就労ビザ等手続きをエージェントに頼んだ。(東京都/接客サービス業)
  • 入管の手続きが面倒で、行政書士にお願いしている。(愛知県/商社)

「外国人向けの教育・研修の未整備」と回答された方の解決策

  • 生産工場では工場作業者への言語別マニュアルの整備を急ピッチで行いました。(茨城県/水産業)
  • 独自の日誌を作成し業務管理と日本語の上達、介護技術に向けた指導(神奈川県/介護業)
  • 共同組合に相談(千葉県/建設業)

「チームワーク・協調性の不足」と回答された方の解決策

  • 出来る限り日本文化に触れさせる。外国人同士が一緒になる時間を少なくする。(広島県/接客・サービス業)
  • ヒヤリングを行い、チーム内でのトラブルがないようフォローを行う。(東京都/IT業)
  • お互いにコミュニケーションを持つように意識して、話しを振ったり、納得が行くようまとめたりしている。(沖縄県/観光協会)

「既存社員の国民性や文化への抵抗感」と回答された方の解決策

  • 朝礼等で自国の文化についてスピーチをしてもらい既存社員の異国文化への理解を深めてもらっています。(神奈川県/IT業)
  • 面談、既存社員への説明(広島県/警備・設備管理業)
  • 既存社員の英語力アップ(埼玉県/小売・販売業)

「外国人向けの人事評価制度の未整備」と回答された方の解決策

  • 人事評価制度を海外人材用に作成中です。(福岡県/人材サービス業)
  • セミナーへの参加(東京都/IT・通信・インターネット)
Q. 外国人の「採用は行なっていないが、検討している」方に伺います。どの職種での採用を検討していますか?(複数回答可)
Q. 外国人の「採用は行なっていないが、検討している」方に伺います。どの職種での採用を検討していますか?(複数回答可)
「その他」の回答
  • カメラマン
  • 施工管理職
  • 自動車整備士

現在、外国人の「採用は行なっていないが、検討している」企業にも、どの職種での採用を検討しているかお聞きしました。こちらについては、すでに「外国人採用を行なっている」企業と同様の傾向で、「サービス職(販売・接客等)」「サービス職(医療、福祉、教育等)」が上位に。サービス職で合計すると、全体の4割にもなりました。

Q. 外国人採用を検討されている理由を教えてください。(複数回答可)
Q. 外国人採用を検討されている理由を教えてください。(複数回答可)
「その他」の回答
  • 人手不足は一番の理由ですが、ハングリー精神を見習いたいため
  • 外国人であるかないかは特にこだわっていない
  • コスト
Q. 外国人採用を行なう上での懸念点があれば、教えてください。(複数回答可)
Q. 外国人採用を行なう上での懸念点があれば、教えてください。(複数回答可)
「その他」の回答
  • お客様から見た、外国人社員の信頼度
  • スキル的な部分をどうクリアしていくか

現在、外国人の「採用は行なっていないが、検討している」企業に、その理由と懸念点についてもお聞きしました。理由は、「人手不足解消のため」が1位で80%。懸念点は、1位は「日本語能力の不足」で81%、「行政手続きの煩雑さ」51%、「外国人向けの教育・研修の未整備」48%となりました。

上記でお伝えした外国人採用の理由や懸念点については、すでに「外国人採用を行なっている」企業と同様の傾向で、大きな変化はありませんでした。

Q. 「採用しておらず、検討もしていない」方に伺います。外国人採用をされていない理由があれば教えてください。(複数回答可)
Q.「採用しておらず、検討もしていない」方に伺います。外国人採用をされていない理由があれば教えてください。(複数回答可)
「その他」の回答
  • 海外展開をしていないので、外国人採用が不要
  • 取引先との都合による
  • 外国人を雇入れることが出来ない業種の為
  • 技術の継承が主眼なので、途中で国に帰られてしまっては意味がない

最後に「採用しておらず、検討もしていない」企業さまに、外国人採用をされていない理由をお聞きしました。1位は「外国人向けの教育・研修が未整備」で56%、2位は「日本語能力への懸念がある」で53%、3位は「行政手続きの煩雑さへの懸念がある」で32%という結果になりました。

「外国人採用について」のアンケート集計結果は以上になります。

人手不足を解消するにあたり、『外国人雇用』は有効な施策の一つ。エンゲージを通じて外国人採用に成功した、外国の方が活躍しているという企業様がいらっしゃいましたら、ぜひお話を聞かせてください。

今月のアンケートも実施中です。ぜひご参加ください!

(engage 事務局白石)

ログインはこちら 新規登録はこちら