3
求人・面接・選考で「やって良かったこと」について
  • アンケート実施期間2019.4.12019.4.26
  • 有効回答数890名

こんにちは。engage(エンゲージ)事務局の白石です。

今回のアンケートでは求人・面接・選考で「やって良かったこと」について、全国の採用担当者のみなさんにお聞きしました。

日々、みなさまからお寄せいただく、さまざまな採用に関するお悩み。「応募が集まらない」「効果的な求人の書き方を教えてほしい」「面接に来てくれない方が多い」などに対して、各社の工夫をご紹介いたします。

求人作成時、書類選考時、面接時…などで、すぐに使えるリアルなノウハウ満載です!

※当選者発表はこちら。順次メールにてAmazonギフト券をお送りさせていただきます。

これまでに「求人掲載」をしたことがあるものを教えてください(複数可)
これまでに「求人掲載」をしたことがあるものを教えてください 結果
「その他」の回答
  • 学内掲示板
  • 看板

どういったところに求人を出すか?ここによってノウハウも変わるもの。そこで、これまで「求人掲載」したことがあるものから、お聞きしました。

1位は「求人サイト・ウェブサービス(無料)」で81%。非常に多くの方が利用したことがあるという結果になりました。

2位は、「ハローワーク」で76%、3位は「求人サイト・ウェブサイト(有料)」で69%。

次に、その中で「特に効果がよかったもの」についてお聞きしています。

その中で、特に効果が良かったものはどれですか?(1つ)
その中で、特に効果が良かったものはどれですか?(1つ) 結果
「その他」の回答
  • 合同企業説明会
  • 紹介

特に効果が良かったものは?という質問に対しては、「求人サイト・ウェブサービス(有料)」が1位。続いて「求人サイト・ウェブサービス(無料)」、ハローワークと続きました。

「効果が良かった」とありますが、となると、気になるのが、どのような効果がでたのか。詳細についてご紹介いたします。

上記の求人にて、特にどんな効果が出ましたか?(1つ)
上記の求人にて、特にどんな効果が出ましたか?(1つ) 結果
求人・面接・選考で「やって良かったこと」があれば教えてください(複数可)
求人・面接・選考で「やって良かったこと」があれば教えてください(複数可) 結果
「その他」の回答
  • ターゲットを絞った掲載
  • 求人職の細分化

求人・面接・選考でやったことについては、1位「求人情報を充実させた (募集背景・仕事内容・福利厚生などの詳しい記載)」で40%、2位「会社情報を充実させた (会社概要・職場の雰囲気がわかる写真などの掲載)」で33%、3位「給与・待遇面の見直しを行なった」で31%という結果になりました。

採用担当者が実践! 求人・面接・選考のノウハウ

続けて、実際にどのような取り組みによって効果がアップしたのか。その工夫・取り組みについて見ていきましょう。

具体的に仕事が分かるよう求人情報を充実させて、効果アップ!

  • 求人掲載時に人数を増やす理由やダブルワークOKなどを記載し、また、募集している店舗についての情報も細かく記載するようにした( 岩手県 / 娯楽業 )
  • 福利厚生、手当等の表示、居住地に合わせた職場配置、休日等の相談可、副業可等、これまで面接時に口頭で伝えていた内容を記載するようにした。 ( 沖縄県 / 警備業 )
  • エンゲージを活用させていただきました。自社ホームページは古く、更新する予算もありませんでしたが、エンゲージのリンクを貼ることでより具体的な情報を伝えることができました。 ( 東京都 / 建設・店舗内装業 )
  • 新店舗に移転したばかりだったので、イメージ図を掲載した。福利厚生で貯蓄性の高い企業年金の詳細を記載した。( 愛知県 / 新聞販売業 )

会社や職場の雰囲気がわかるよう求人情報を充実させて、効果アップ!

  • 実際に働いている姿、働いている場所の写真を5枚ほど掲載しました。どんな雰囲気の職場なのかをイメージしやすいよう工夫した点は良かったと思います。また良いことだけじゃなく、デメリットの部分も赤裸々に掲載することもポイント ( 北海道/ 倉庫業 )
  • 定期的に仕事の内容や業務に対する意義や思いを発信し、応募者の方に自社の強みや魅力を訴求しました。 ( 愛知県 / 出版・編集 )
  • 社員の声や職場風景を掲載しました。 ( 福岡県 / 石油販売 )
  • ミッション・ビジョン・バリューを明確にしてアピールを行なった。 ( 愛知県 / サービス業 )

給与・待遇面の見直しを行なって、効果アップ!

  • 給与条件を向上させた。福利厚生を充実させて。事務所を駅地下に移転した。 ( 東京都 / 土地家屋調査士業・測量業 )
  • 平均給与以上の設定。 ( 埼玉県 / 医療 )
  • 同業他社より少しだけよい待遇にした。パートなど正社員にこだわらずに募集した ( 愛媛県 / 建材卸売業、大工工事業、内装仕上げ工事業他 )
  • ロッカーを新調し、休憩できるスペースを確保しました。従業員にわかりやすく張り紙をするなどして、まだ誰に聞いたら良いのか分からない新人でも不安にならないよう工夫をしました。常にプライベートを優先できるよう勤務時間に配慮するため余るほどの人数を雇用し、『急に休んでも大丈夫』と感じられるゆとりを演出し『休みたいと言うことでクビにされるかも…』といったネガティブな発想になる環境にしないよう努力しています。(多くの人数を雇用することで、『潰れかけの企業』というイメージでなく『未来が明るい企業』という良いイメージが従業員から外向けに発信され次の従業員確保に繋がりました。 ( 岐阜県 / 鉢物専門農協 )

応募資格のハードルを下げて、効果アップ!

  • 経験者が欲しいが未経験者まで間口を広げて、応募数を確保できたことと未経験者でも良い人材を採用できた。 ( 東京都 / ソフトウェア開発 )
  • 「資格所有必須」⇒「資格所有 優遇」へ条件を下方修正。( 福岡県 / 製造業・金属加工 )
  • 応募者の質も様々なので、採用ハードルは下げました。どうしても人が必要ではありますが、人物優先で採用しました。 ( 東京都 / 警備業 )
  • エルダーも可や、副職可とした。 ( 東京都 / 医療業界 )

求める人材・勤務地などによって求人を出し分けて、効果アップ!

  • フルタイム勤務と、ショートタイムでのシフト制での勤務を分けて掲載することにより、適切なターゲット層からの応募があった。 ( 大阪府 / テレマーケティング事業 )
  • 媒体を複数にし、エリア、時期、応募時間帯、応募職種等細分化し応募。 ( 群馬県 / コンビニエンスストア )
  • 未経験者と経験者の求人を分けて作成する ( 東京都 / 人材業 )
  • 全国的な募集を行ったため、就業地域を詳細に分けて掲載した ( 東京都 / 旅行業 )

面接の回数・やり方を見直して、効果アップ!

  • 応募者に対し、面接前に簡単な会社説明会を開きました。事業内容を知って貰う事はもちろん、働いている人(説明者)の人柄に触れられるせいか、参加者から好評を博しました。 その上で、面接を希望されるか判断して貰ったので、意欲的な人達と面接する事が出来ました。 ( 東京都 / IT事業 )
  • 1次面接はグループ面接で行うことで、お互い競合が生まれ、面接をする側は、比較しやすかった。2次面接(数名)をランチしながら、実施した。人間性がよくわかる。 ( 宮崎県 / 宿泊業・飲食業・物販業・婚礼業 )
  • 採用したい方に後日連絡するのでなく、面接の場で合格を伝えた。 ( 東京都/ 不動産 )
  • 採用をスピーディーにするために、2次面談の廃止、適性検査の廃止を実施した。 ( 福岡県 / ITサービス・エンジニアリング )
  • 面接希望日を3候補上げて、回答しやすいようにした。面接前日には、電話連絡、連絡つかない人にはメール送信した。 ( 兵庫県 / 介護福祉 )

書類選考の方法・プロセスを見直して、効果アップ!

  • 求人を各店舗での募集に変更した。 スピード強化の為、書類選考を早めた。 ( 東京都 / サービス )
  • 職務経歴書の提出を任意にし、書類選考をなくし面接をすぐに行う ( 岐阜県 / 学童保育 )
  • 応募があると、まず書類選考として応募書類の郵送を依頼していたが、採用しづらい職種については、履歴書持参の上、面接に来ていただくことで、選考辞退などが減った。 ( 神奈川県 / 医療 )
  • 適性検査の順番変更 → 先に行う事で面接を充実させることに成功 ( 愛知県 / 技術派遣 )
求人・面接・選考について、これからチャレンジしてみたいものがあれば教えてください(複数可)
求人・面接・選考について、これからチャレンジしてみたいものがあれば教えてください(複数可) 結果
「その他」の回答
  • インターンシップ

求人・選考について、これからチャレンジしてみたいものについては、1位「求人情報を充実させた (募集背景・仕事内容・福利厚生などの詳しい記載)」で42%でした。

その理由としては、

  • 「働くイメージを持つことで、親近感を感じ、応募に繋がると思うので」
    「応募者の心理的ハードルを少しでも下げたい」

という声がありました。

続く、2位は「会社情報を充実させた (会社概要・職場の雰囲気がわかる写真などの掲載)」で32%。 チャレンジしたい理由としては、

  • 「職場環境は、応募の上で気になる点だと思うので、雰囲気の分かる文章や社内画像を盛り込みたい」
  • 「売り手市場とはいえ、これまでと同様、当社に合った人材採用を行って行きたいから 」

という声がありました。

当たり前のことではありますが、応募者は「求人情報」を通じて、会社のこと、仕事のことを理解します。だからこそ、正しく、分かりやすく伝えることが大切です。結果として、スムーズな選考、入社後の定着・活躍につながっていくのだと思います。ぜひ参考にしてみてください!

今月のアンケート集計結果は以上になります。

明日から、いえ、今日からでも使えるものが1つでも見つかれば、嬉しく思います。 ぜひ積極的に試してみて、自社にあった採用活動方法を見つけていってください。

来月も、みなさんの採用活動が少しでもスムーズに、そして楽しいものになるように。 役立つヒントをお届けしていきますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

今月のアンケート「人材不足の状況について」も実施中です。ぜひご参加ください! 

(エンゲージ事務局 白石)

ログインはこちら 新規登録はこちら