powered by─ Hotel Reservation Service K.K.の採用・求人情報

一緒に働く仲間                    ~年代もバックグランドも異なる様々なスタッフが集結!  フラットな環境の中で、それぞれが活躍しています~

ABOUT
法人営業部
キー・アカウント・マネージャーの星野にインタビュー!
Q.なぜHRSに入社しましたか。
A.日本にない考え方を提供している会社で、興味深かった事が第一の理由。ヨーロッパでは知名度が高い会社で、以前オランダで勤務している時に知って、2014年に日本事務所が立ち上がる時に興味を持って入社しました。

Q.仕事の醍醐味は?
A.新規のお客様が予約してきた時の達成感。HRSが提供しているソリューションをお客様が満足してくれた時や、会社の収益に貢献できること。

Q. 部門の雰囲気や働き方について教えてください!
A.営業とサポートの2つに分かれていますが、それぞれが自分のタスクをきちんとこなす事で、チームとして機能しています。少人数ということで何でも相談できる雰囲気作りを心がけているし、話しやすい環境です。仕事の量によって、メリハリをつけて働いています。

Q.HRSの自慢は?
A.トレーニングプログラムが充実している点。ニーズがある所のトレーニングをやってくれるし、自分から知識を求める事ができる環境。日本の中だけではなく、本社の経験豊富なスタッフに質問もしやすいし、本社のスタッフとも話す機会は多いです。

Q.法人営業の方の一日のスケジュールはどんな感じ?
A.出社して朝のブリーフィング、外出、クライアント営業。新規のお客様のためにプレゼンの実施。午後は移動して別のクライアントさんに前月の利用状況の報告。夕方頃に帰社してトレーニングや電話会議の参加。翌日の準備という感じです。

Q.求職者へのメッセージをお願いします!
A.成長している会社なので、やりがいは非常に感じていただけると思います。一年に一度ある本社ドイツでのクリスマスパーティーを一緒に楽しみましょう!
  • 法人営業部の営業担当の星野。
    「仕事内容は、HRSのサービスを導入していただくべく、お客様の声を聞いて、それに対するソリューションの提供をしています。ビジネストラベルマネージメントという考え方が日本市場で浸透してきており、HRSが提供するサービスの需要が高まってきていると感じています」
ABOUT
法人営業部
Account Support Mgr  (ASM)として就業している和田にインタビュー!
Q.  なぜHRSに入社されましたか。
A.前職では同じ業界だったけどレジャーがメインだったので、若いうちに違う分野(法人)を体験したいと思っていて、ちょうどイギリスから日本に拠点を移す時で、自分の人生の新たなチャレンジを探していたタイミングと合致したのが決め手。 あと、テクノロジーが強い会社だと思ったし、自分のバックグランドが色んな人とコミュニケーションを取る事ができるグローバルな環境が働きやすいと思ったから。

Q.仕事の醍醐味は?
A.契約を取れた後から、長いプロセスだけどお客様のロールアウトができた瞬間。お客様とコミュニケーションを密にとってニーズをヒヤリングして、ローンチに持っていくのはモチベーションになります。常にHRSの中で新しいことが起きるので、そういう状況の中で起こる問題やフィードバックもとても勉強になるとこです。

Q.社内の雰囲気や働き方について
A.会社は自由な雰囲気で、世間話とかしてリラックスして仕事ができる環境。同僚も優しいし、フレンドリーなので質問も聞きやすいのは最高。プレッシャーもあるけど周りがあまりそれを感じさせないようにしていて、速いペースで物事は動いていくけど、ちゃんと理解してから前に進めることもできる。

Q. HRSの自慢を教えてください。
A. トレーニングは本当に充実していると思う。学ぶことは多いので、常に勉強しているけれども、OJTと供に独学をする為のツールもあるし、上海でのオリエンテーションもプラスのポイント(法人営業の新入社員は、オリエンテーションで上海に行っていただきます)。また、オフィスが小さいから、急に新しいプロジェクトを担当させてもらったりという、チャレンジだけど利点がある。

Q.ある日のスケジュールを教えてください。
A.予約の実績や統計を求めるお客様のためにレポートを作成して送付。新規のお客様のために、事業所の登録、レートローディングやセキュリティーの設定等をします。また、本社とのやり取りや、電話会議で問題やチャレンジの共有とかもします。

Q.求職者の方へのメッセージをお願いします!
A.グローバルな環境で働きたい人には是非、HRSを勧めます!英語を使える機会も豊富(ほぼ毎日!)なので、ネットワーキングやチームワークを求める人にも適しているし、日本だけじゃなくてアジアや本社の同僚たちとやり取りをするので、チームワークが好きな人にはフィットすると思います!
  • 法人営業部のアカウント・サポート・マネージャー(ASM)の和田。
    「システムと供にソリューションを提供をしており、バックオフィスでお客様のサポートをしています。営業が契約締結した後に、お客様の希望等を反映させながら企業専用のサイトを作ったり、ユーザートレーニングのセッションをやったりしています」
ABOUT
PD& IT 
Head of Product Development ヤスミン・ニルファにインタビュー!
日本オフィスのスタートメンバーの一員としてHRSに2014年前半に入社。
立ち上げ時期から今まで色々な経験を積まれてきているヤスミンに、
仕事の醍醐味を聞いてみました。

Q.仕事のやりがい、またHRSの良い所は?
A. 多文化環境、それから、トラベル業界専門の様々なテクノロジーを学びながら仕事するのは面白いですね。私もこの会社に入って、たくさん新しいことを学びました。 
ヨーロッパと日本の異なったビジネス戦略を学びながら仕事するのは本当に楽しいです。
もちろんチャレンジなことはありますが、 きちんとタイムマネジメントもできるから夜遅く働くこともありません。 
なので、次の日には爽やかな気持ちで働くことができるのはProductiveな仕事につながるので、やる気もでます! 

Q. ではその反面、チャレンジだと思う点は?
A. 本社のあるヨーロッパで開発されたプロダクトを、
外国のプロダクトに対して厳しく見る日本の市場で売り込むのはかなり大変です。
本社と日本での文化、Business Strategy に対する考えの違いがチャレンジな点だと思います。 ですが、前向きに考えるとグローバル展開をしていく過程に関われるので、
とてもいい仕事の経験になります。
  • PD&ITチームのヤスミン。
    「仕事の内容は多岐に渡り、自社サイトのメンテナンス、システムとのApiコネクションのプロジェクト、新規ソリューション導入の際の営業と一緒になってPD側からのプロジェクトリード、日々の本社の開発チームとのやり取り、また、日本だけでなくアジアの他の国のプロジェクトもやったりしています」
ABOUT
ホテル営業チーム
インサイド・セールス・マネージャー(ISM)の倉持にインタビュー!
Q. 入社のきっかけと動機を教えてください。
A. ホテルで働いていた経験があって、お客さんがどういった経路や視点でホテルを選んでいるのかなというのを知りたいという気持ちもあった所、
HRSの採用担当から声をかけてもらったのがきっかけです。
人から声を掛けられるってなかなかないし、自分が求められている所で働くっていうのは、モチベーションを保つ為のいいポイントにもなるし、そんな嬉しい事はないなと思ってます。
後は、自分がやりたい事と会社が提供してくれる事がマッチングしたのが大きいですね。
Inside Sales Managerですけれども、HRSと似たような他社のポジションと比べて、
営業の要素がもう少し色濃かったというのも、魅力的でした。
また、人と関わってきた経験を考えると、直接ホテルさんとお話をする機会があるのも、
とても楽しいです。

A.現在はどのようなお仕事に関わっていますか。
A.最初はホテルからの問い合わせ、管理画面の使い方、宿泊者の予約状況に関する問い合わせ等、ホテルのサポート業務を中心にやっていました。
その後、企業側からリクエストがあったホテル等に新規開拓営業をしております。
HRSがターゲットとする宿泊者は企業の出張者なので、立地、コスト、安全面も含め、出張者にとってよりよいホテルを提供する為、そして日本にある素晴らしいホテルを進んで利用してもらうために、日々営業活動に励んでおります。

Q.仕事をする上で心がけていることは?
A.ホテルとの関係づくりですね。
コミュニケーションを取るのが好きなので、良い関係を築くのをいつも心がけています。
密に連絡をすることもそうだし、対応を早くする事を心がけています。

Q.仕事をしていく上でのチャレンジは?
A.やらなくてはいけないタスクが多いので、タスクの優先順位付けをして
(例えば、今は一日何10件と電話をしなくてはいけないので)どんどんこなしていかなくてはいけないので、そのタイムマネジメントの所ですね。

Q.HRSの魅力、仕事をしていて楽しい事をお教えてください
A. 信頼できる上司をはじめ、一緒に働く人がいい人ばかりなので、働いていて楽しいです。
またやはり、エンドツーエンドで提供しているビジネストラベルのサービスは、HRSにしかないソリューションという点ですね。まだビジネストラベルに関して熟していない日本のマーケットにそれを広めていく楽しさ、難しさも含めて魅力的だと思います。
  • 「最近は、外出する機会も増えているので、毎日のスケジュールをうまくプランして仕事をこなしていくのがキーになります。」
採用ページTOPへ戻る
SHARE