豊州車輛工業株式会社の採用・求人情報

careers at
豊州車輛工業株式会社
私たちと一緒に働きませんか?
MESSAGE
求職者の皆様へ
”全てが桁違い”
そこがあなたの働くフィールドです
国内で自給自足可能な唯一の鉱物資源であり、セメントや製鉄、建設土木などの社会インフラを支える幅広い産業にとって不可欠な原材料でもある石灰石。
その国内最大規模の産出地である津久見地区鉱山で稼働する数多くの採掘・運搬重機は、街中を走る大型車輌がオモチャに見えてしまうほどの巨大さ。
そんな全てが桁違いのフィールドで、重機の安定稼働を支えるべく、当社が誇るエンジニア(車輌整備士)たちは日々格闘している。

相手にする鉱山重機はダンプトラック、ホイールローダー、穿孔機など様々。
例えばダンプトラック。その一回の積載量は最大95トン(成人男性約1,400人分)で、車幅は約7m、タイヤの直径は約3mにもなると言えばその巨大さが伝わるだろうか。
また、CATERPILLAR社やコマツ社などメーカーごとに異なる構造や特徴も把握しつつ、電気系や油圧系、トランスミッション系など安定稼働を脅かす異常を突きとめるには高度な専門知識が必要不可欠だ。

社会インフラづくりの最上流とも言える石灰石採掘。その現場を止める訳にはいかない。
「重機の安定稼働」という顧客のミッションをクリアするために不可欠な存在が当社であり、その責任は決して軽くはない。
だが、永年に亘りその期待に応えてきたからこそ、”代わりのきかないプロフェッショナル集団”として顧客はもちろん、重機メーカーからも頼りにされる存在として当社は成長し続けることが出来た。

その実績の中で培ってきた高度な専門知識と技術は熟練エンジニアから若手へと数十年にわたって受け継がれ、この瞬間もエンジニアたちは重機と格闘している。

そして今、これから先の数十年を一緒に闘ってくれるチームメンバーを私達は求めています。

今後も重機整備・修理の需要が拡大することが予測されるなか、顧客のニーズに一層迅速に対応できる機動力を備えたプロフェッショナル集団へと進化し、更なる成長へのエンジンを加速すべく、この度重機整備部門の人員体制の強化(増員)を図ることになりました。

また、古手川産業グループ企業としての安定した経営基盤を背景に、安心して業務に専念できる環境を提供できるのも当社の大きな魅力です。

全てが桁違いなフィールドを舞台に、20年・30年先も顧客から必要とされる知識と技術を有するプロフェッショナル集団の一員として、安定的な採鉱事業とその先にある国づくり・まちづくりをあなたの技術で支えて下さい。
COMPANY
会社情報
会社名 豊州車輛工業株式会社
事業内容 1. 鉱山建設機械及び一般車輌系建設機械の修理整備、販売
2. プラントメンテナンス(製罐等)
企業
WEBサイト
https://hoshu-sharyo.com/
所在地 大分県津久見市下青江2430-3
リンクをコピーしました。
SHARE