ヒューマンリンク株式会社の採用・求人情報

careers at
ヒューマンリンク株式会社
私たちと一緒に働きませんか?
MESSAGE
社長メッセージ
三菱商事グループ企業の「もうひとつの人事部」です
■人事ソリューションの専門家集団として主に3つの事業を展開

ヒューマンリンクは、三菱商事グループ企業の「もうひとつの人事部」として、クライアントに実効性のある人事ソリューションを提供している専門家集団です。主力事業分野は、教育研修プログラムをオーダーメイドで作成し運営する「人材開発」。経営戦略に応じた人事制度改革の設計・提案等を行う「人事コンサルティング」。そして、海外駐在員に係る様々な制度設計や実務を行う「グローバル人事ソリューション」の3つです。創立から23年、着実に実績を重ねています。

■社員の声を反映して社内の教育・業務体制の改革を進行中

人事ソリューションで企業を支えるとともに、社内の教育・業務体制の改革にも取り組んでいます。その一例として、社員からの声を受けて、人材育成体系を整備し、それに基づく独自の階層別研修を実施しています。階層別研修によって社員が事業領域の理解をさらに深め、自身に求められる役割期待を自覚し、行動することで、現在では部署を越えた連携も目に見えて増えています。全社員との意見交換会や、組織横断的な勉強会も数多く行っており、社員の誰もが「当社は一体感と風通しの良さが自慢です」と胸を張れる企業にしていきたいと考えています。

また、社員がプライベートを充実させつつ、仕事でも活躍出来る環境を整えたいと考えており、タスクフォースメンバーとして選出された社員が、ヒューマンリンクらしい新しい働き方について経営に対して提言を行いながら検討・推進する取組みを行っています。

■新たなニーズを掘り起こし、積極的に提案できるプロ集団に!

今後の目標としては、三菱商事グループ企業の要望に対して、満足度100%の人事ソリューションを提供できる会社になることを第一に掲げています。そのうえで、グループ企業以外からのニーズにも応え、積極的に提案できる人事のプロ集団に育てていきたいと考えています。

<代表取締役社長・濱 健一郎>
BUSINESS
事業内容
ヒューマンリンクは、三菱商事とグループ会社にとっての「もうひとつの人事部」として、
人事機能の一部を担い、専門家の立場からサポートしている人事のプロ集団です。

どの企業にも不可欠な人事機能を当社が担うことのできる理由は、人事は企業の根幹を支えるものでありながら、各企業にとっての本業ではないからです。例えばメーカーにとっては「モノ造り」、販売会社であれば「モノを売る」ことが本業です。当社が質の高いサービスで人事機能を担うことで、各企業は社内の人材を本業を発展させる仕事に投入できるのです。
  • 人材開発
    お客様の事業戦略や経営課題を正確に把握し、効果的な研修プログラムをオーダーメイドで提供しています。具体的な業務としては、プログラムの企画・立案、講師のアレンジ、会場の確保、資料の準備、当日の運営・実行など。社内外のリソースを活用し、研修をコーディネートするのが私たちの仕事です。

    当社の強みは、三菱商事やグループ各社の新人教育研修、階層別研修、グローバル人材育成研修、将来の経営者として期待する人材に対するマネジメント研修など、あらゆる人材開発のニーズに応えられることです。

    研修を受講した人の反応や職場での変化をもとに、より効果的な研修体系構築の提案も積極的に行っています。中長期的な視点で三菱商事とグループ会社のコアとなる人材の育成を推進できることは、当社の社員にとっても大きなやりがいになっています。
  • 人事
    コンサルティング
    人事制度はお客様企業の戦略を実現するためのツールですので、経営層と密にコミュニケーションを図り、会社のビジョンと方向性を正確に理解したうえで、企業の戦略にフィットする人事制度の改革案を設計・提案します。近年、案件として増えているのは2社もしくは3社の合併・統合による人事制度の改定・統合です。

    全体的な傾向としては、事業内容が比較的近い会社を統合するケースが多いのですが、たとえ同じ業種の会社であっても、設立の経緯や歩んできた歴史は大きく異なるものです。こういった案件において、それぞれの企業のバックボーン(企業理念や経営者・社員の思い等)を知ることからコンサルティング業務がスタートします。それから新会社の経営状況に合わせて社員一人ひとりの処遇を設定することも含め、人事制度の改定が完了するまでさまざまなフォローを行います。

    そのほかにも、経営陣の交替、人材育成方針の変更など、コンサルティングのニーズが寄せられるタイミングはさまざまですが、当社では企業活動の根幹となる人事制度のコンサルティングサービスを、業種・業態を問わず、あらゆる企業に対して提供することが可能です。もちろん、この重責を担うことができるのは正真正銘の人事のプロフェッショナルのみです。
  • グローバル
    人事ソリューション
    海外に駐在する約1,300名の三菱商事社員に対して、給与・処遇・税制面のケアを行い、現地で安心して仕事に専念していただくためのあらゆるサポートを行っています。また、現地採用のナショナルスタッフの海外転勤のサポートも行っています。

    現在は海外の事業投資先への出向が増えており、当社のスタッフがサポートする三菱商事の海外出向社員の数も増加の傾向にあります。また、駐在するエリアも欧米から成長の著しい東南アジア等へとシフトしています。

    こうした事業を通じて蓄積したノウハウと現地の最新情報等を、グローバル化を進めている企業(約50社)に提供する会員制サービスも、ヒューマンリンクの機能のひとつです。これからは業界や業種を問わず、世界に出て勝負をしなければ企業としての成長は見込めません。お客様をサポートするために、社員の能力をさらに高める必要があると考えています。

    2016年3月には、シンガポールに子会社(ヒューマンリンク・アジア社)を設立し、アジア、大洋州地域の企業向けに人事ソリューション(採用支援、人事コンサルティング、出向者支援等)を展開しています。国内向けのサービスのみならず、海外向けのサービス提供にも力を入れて取り組んでいます。
MEMBERS
社員紹介(人材開発)
人材開発に関わる社員を紹介します。
  • H.I
    2017年入社
    早稲田大学
    教育学部 
    教育学科
    人材開発
    第一事業部
    【現在の仕事内容】

    現在は三菱商事の若手社員向けに、主に2つの研修業務を担当しています。

    1つ目は、オンラインコンテンツや講義を通した、ビジネスの基礎知識やスキルの習得を目指す研修の企画・運営、2つ目は海外派遣をベースとした研修の運営窓口です。

    それぞれ研修の形式は異なるものの、共通する私たちの役割は、受講生に研修の効果を最大限実感してもらえるよう、環境や制度を整えていくことです。

    人材開発のトレンドや海外情勢など、日々変化が巻き起こる中、毎年ただ同じことを繰り返すのではなく、様々な方向性から研修の効果を検討し、受講生に少しでも多くの学びを得てもらえるよう、チーム一丸となって取り組んでいます。

    【会社の雰囲気】

    非常に柔軟な働き方ができる環境だと感じています。

    業務はチームで行うことが多く、困った時はお互い様という雰囲気で、有給休暇の取得に対してもとても寛容です。また、フレックス勤務や在宅勤務といった柔軟に働くことができる制度があり、積極的に活用しています。

    産休・育休から復帰され、お子さんがいる方でも、制度を活用しながら自分に合ったスタイルで仕事をされています。

    【学生へのメッセージ】

    皆さんが社会人としての一歩を踏み出すにあたって、就職活動というこの機会に、とにかく真摯に自分と向き合うことの大切さに気付いて頂けたらと思います。

    企業の規模や事業、業務内容といった華々しさや、家族や友人といった「外からの視線」が気になることも多々あると思います就職活動を通して、世の中には実に様々な企業があることを実感されているでしょう。

    今まさに、自分がどんな仕事をしたいか、どんな環境で、どんな人たちと働きたいか、という自分自身についてじっくりと考えられる絶好のチャンスです。

    型に嵌り過ぎず、自分に合った企業に出会えるよう頑張ってください!その中で少しでも弊社に興味を持って頂けたら、是非イベントや説明会でお待ちしております。
  • T.S
    2016年入社
    早稲田大学
    文学部
    文学科
    人材開発サービス事業部
    【現在の仕事内容】

    三菱商事グループ全体の新卒採用支援担当として、三菱商事人事部と連携しながら採用イベントの企画・運営を行っています。

    具体的には、グループ企業合同の1Dayインターンシップや会社説明会、HP制作、先輩社員を交えた座談会などの企画を1年間通して行います。各企業の人事ご担当者だけでなく、会場探し、制作会社・運営会社との打ち合わせ、進捗管理など、関係者が多く大変ですが、学生と企業を繋ぐ大事な仕事だと思っています。

    【仕事上の失敗から得た教訓】

    入社1年目の終わりに、ある採用イベントを先輩から引き継いで担当しました。「去年は成功した」という理由から、スケジュールや内容を踏襲して実施したところ、その年の学生傾向とマッチせず、参加学生数が前年度の半分ほどに落ち込んでしまい、イベントに参加された各企業様にも、十分に満足頂く事ができませんでした。

    翌年は実施時期、会場、入場方法等オペレーションに関わる部分をほぼ全て見直し、多くの学生に参加頂くことが出来ましたが、「ビジネスでは『これまで通り』は通用せず、常に改善が求められる」ということを強く実感し、今でも教訓として心に残っています。

    【学生へのメッセージ】

    会社の規模、業種、業務内容といったことも大事ですが、「どんな環境で働いていきたいか」を一度じっくり考えてみてほしいです。

    大学を卒業して3年が経ちましたが、「希望の会社に入社したけれども、働き方や勤務地がどうしても合わずに転職した」という友人を何人か見てきました。就職活動時に思い描いたことが100%実現することはまずありません。何らかのギャップを必ず直面します。それでも、「どんな風に働きたいか」を一度突き詰めて考え、実現できる可能性が高い会社を見つけてほしいと思います。
  • M.O
    2013年入社
    立教大学
    人材開発
    第一事業部
    【現在の仕事内容】

    三菱商事及びグループ企業社員向けの研修2種を担当しています。何れも、主にミドルマネジメント層を対象として経営力強化を狙ったプログラムで、内容は、マネジメントに必要なスキル(財務やM&A、リーダーシップ、戦略、マーケティング、組織マネジメント)等、高度な内容が盛り込まれています。何れの研修も全編英語、または8割を英語で実施しており、世界中から多様なバックグラウンドの受講者が集う会場は圧巻です。

    研修事務局としての業務は、プログラム内容の企画に始まり、講師との打合せや契約、受講者への案内、会場・資料等の手配、研修当日の運営、精算と多岐に亘り、この一連の流れのすべてを1年間通して担当自らが行います。幅広い知識と効率のよい仕事運びが求められますが、業務を通して自分自身の成長にもつながります。

    また、受講者は各部門のビジネスの現場で経験を積んだ精鋭の方々ですので、研修会場ではハイレベルな議論が繰り広げられます。学問的な内容にとどまらず、実際のビジネスの最前線での経験談はダイナミック且つ大変刺激的で、事務局の私たちにも吸収する事の多い貴重な場と実感します。

    【仕事をする上で心掛けていること】

    日頃から電話やメールでのやり取りが非常に多いので、顔が見えないながらも、相手の目線に立って話す・書くことを心がけるようにしています。研修実施前からやり取りをしていた受講者と、研修会場で初めてお会いできた時はなんだか嬉しくなる瞬間です。

    部内でもメールでのやり取りは多いのですが、それだけに頼ることなく、直接声をかけたりメモを置いたり、チームで気持ち良く働けるよう、コミュニケーションを大切にしています。

    また、周囲には気配り美人・美男がたくさんいるので、研修のみならず会社生活で必要な広い視野を持つべく、アンテナを張って参考にするよう心がけています。

    【オフの過ごし方】

    ジム、習い事、買い物、友人と会うなど、リフレッシュに充てています。数日間の休みが取れれば国内旅行、長期休暇には海外旅行に、趣味のカメラを持って出かけます。社内には多様な(ユニークな?)な趣味を持っている方、フットワークの軽い方が多いので、話を共有するのも日々の楽しみの一つです。
  • T.H
    2011年入社
    上智大学
    外国語学部 
    フランス語学科
    人材開発第
    二事業部
    【現在の仕事内容】

    現在は内定者研修を担当しています。内定者が入社までに必要な知識・スキル(英語、簿記、PC関連等)を身につけるための研修の企画・運営を行っています。前年度の研修内容を踏まえ、全体の構成を考えた後、各プログラムの詳細を研修会社と相談しながら、教材や進捗確認のテストの内容等、細部にまでこだわって内容を固めていきます。また、研修実施と並行して、研修進度に遅れが生じていないか等を個別にフォローしたりと、研修受講の進捗管理を行うことで、受講者全員が効果的に学習できるよう努めています。

    受講者が学生である内定者研修では、学生生活と並行していかにモチベーションを保った状態で研修に取り組んでもらえるかに試行錯誤していますが、本研修にかかわらず、研修業務では「受講者の視点に立ったプログラムを提供する」ということを意識しながら様々なアプローチを考えることで、新たな発見や知識に出会えることが自身のやりがいにつながっていると感じています。

    【仕事をするうえで心がけていること】

    <従来のやり方・内容にとらわれない>

    様々な研修運営・企画を経験していると、例年、決まったやり方・内容で進めてしまいがちですが、従来の良い部分は残しつつ、どうすればより良い研修になるかを一旦まっさらな視点で自問自答することを意識しています。

    <相談しやすい雰囲気作り>

    所属する人材開発第二事業部では、各業務を2名体制(主担当・副担当)で担当しています。後輩と一緒に担当する業務において、質問・相談を受ける機会が多いのですが、些細なことでも気軽に声をかけてもらえるような雰囲気作りを心掛けています。

    また、日頃から他部署のメンバーとランチがてら情報交換をすることで、業務で困ったこと、依頼したいことがある際に気軽に声をかけあえるので、横のつながりも大切にしています。

    【オフの過ごし方】

    平日は仕事に育児に1日24時間では足りないぐらいめまぐるしく、1週間怒涛のごとく過ぎてしまうため、休日はのんびり過ごすことにしています。日中は家族で公園に行くことが多く、暖かい時期には芝生にシートを広げてピクニックを楽しんでいます。

    休日の夜はお茶を飲みながら読書をするのが楽しみです。(そのままソファで明け方まで寝てしまい、後悔することもしばしば・・・)
MEMBERS
社員紹介(人事コンサルティング)
人事コンサルティングに関わる社員を紹介します。
  • M.A
    2017年入社
    早稲田大学
    法学部
    国内コンサルティングサービス事業部
    【現在の仕事内容】

    三菱商事のグループ会社を主なお客様とし、人事制度設計のコンサルティングや人事労務に関する相談業務対応を担当しています。

    主な業務は立ち上がったプロジェクトにおけるお客様の課題を人事制度という観点から解決することですが、提案のためには、規程や人事制度の読み込み等の現状(プロジェクトによっては実際に社員の声を聞くアンケートやインタビューを実施することもあります)と、お客様の目指す姿や社員に求める人材像を掴むことが不可欠です。

    また、人事労務相談業務では、お客様の疑問にお答えするだけでなく、月に1度法改正や人事労務に関する世間動向をヒューマンリンクから配信するなど、様々な方法でお客様の課題解決・抽出のお役に立てるよう活動しています。

    時には、人事のプロフェッショナルとして、法律上の観点からはっきりと意見することでお客様の会社を守ることもできる、やりがいのある仕事です!

    【今後の目標】

    担当するお客様の良き相談相手になれるよう、人事のプロフェッショナルとして知識や経験を積み重ねていきたいです。

    会社の能力開発制度が整っているので、労働法に関する通信講座や外部セミナー、社内で催される人事労務に関する勉強会など積極的に受講できます。

    また、お客様からの労務相談や人事制度の設計を通して疑問に思ったことは、自分で調べたり上司や先輩から教えてもらえたり、日常的にインプットの機会が多くあると感じます。さらに、人事制度設計のプロジェクトで提案を纏めていると、一辺倒な知識では対応できないお客様個々の特徴にぶつかり、提案のパターンを広げることもできます。

    お客様の要望に応えることはもちろんですが、隠れている課題にこちらから気付けるような距離感まで入り込み、悩み、解決出来るコンサルタントになるのが目標です。

    【オフの過ごし方】

    仕事のオンオフがはっきりしている方が多く、オフの時間を充実させることは私自身がこの会社に入社して影響を受けたものの一つです。平日でも休日でも、一度業務から離れたら仕事のことは忘れて、心身ともに自分自身と向き合うよう意識しています。友人と会って話をしたり、趣味に没頭したり、心から「楽しい!」と思うことでリフレッシュでき、すっきりした気持ちで仕事に取り組めていると感じます。

    最近はランニングにハマっているのですが、職場が皇居に近いので、平日も定時後に走りに行っています。何も考えずに走っていると、ふと新しいアイディアが浮かんだり、頭のなかが整理されたりするので、忙しいときこそ積極的に時間を作るようにしています。体力もついて風邪も引きにくくなったような気もします!
  • Y.N
    2017年入社
    東京都立大学
    都市教養学部
    国内コンサルティングサービス事業部
    【人事の仕事に携わりたいと思ったきっかけ】

    就職活動の自己PRとしてはありがちな話ですが、私は大学時代にサークルの代表を務めており、毎日のように「楽しいサークル作り」に頭を悩ませていました。そんな時、たまたま履修していた授業(「ヒューマンリソースマネジメント」)でリーダーシップとは何か、組織の所属員達がどのような環境であればモチベーションを高く保てるのか等を学び、自身のサークルに対しても実践してみると(具体的には、「自分自身がサークル活動にどんなやりがいを感じているか」や「どんなサークルにしていきたいか」を所属員に共有しました)、幽霊部員のような存在だったメンバーの出席率も上がり、多くの所属員が「サークル活動が楽しい」と感じてくれるようになりました。そこから人事の面白さ(=ヒトのモチベーションを喚起すること)を知り、就職活動でも『人事』の仕事ができる会社を探していました。

    【当社に決めた理由】

    多くの会社の場合、『人事』という仕事ができるのは一時的で、『人事』としての専門性を伸ばしていくことは難しいと思います。自身の就職活動を振り返って見ても、「御社に入社したら『人事』をやってみたいです」と言うと面接官の方々に怪訝そうな顔をされたのを良く覚えています。そんな中、当社の採用面接では、私の『人事』への思いをちゃんと受け止めてくれ、ここでなら『人事』の専門家を目指すことが出来ると思い入社を決意しました。

    【1日のスケジュール】

    新卒で入社してから、『人事コンサルタント』として人事制度構築のコンサルティング業務や人事労務相談対応業務を担当しており、一日の大半を「社内外との打合せ」、もしくは「打ち合わせに向けた資料作成」に費やしています。また、「お客様からお問合せ頂く人事労務相談に対する回答」も行っています。

    ~一般的な一日のスケジュール例~
    ●出社
    <午前>
    ・メールチェック、今日やるべきことの整理(緊急の要件があればすぐに対応)
    ・社内打合せ(上司と人事制度の提案内容について確認)
    ・午後の打ち合わせに向けた準備(人事制度提案書の印刷や要点の確認、等)
    ●休憩
    <午後>
    ・お客様と人事制度構築に関する打合せ(外出)
    ・帰社後、先ほどの打ち合わせ内容の整理
    ・人事労務相談への回答
    <夕方>
    ・メールチェック、明日やるべきことの整理(緊急の要件があればすぐに対応)
    ●退社

    【今後の目標】

    今後は、人事制度構築だけではなく、研修や採用等、『人事』の幅広いステージで活躍することが出来る人材になりたいと考えています。
  • E.K
    2017年入社
    早稲田大学
    国際教養学部
    海外コンサルティングサービス事業部
    【現在の仕事内容】

    海外に展開している三菱商事グループ内外のお客様に対して、主に人事制度の構築などの人事課題のコンサルティングを行っています。海外に拠点や子会社があるものの、人事制度が効果的に運用できていなかったり、日本本社の考え方とのずれが生じている、といった課題を抱えているお客様に対して、解決策をご提案し、解決のサポートを行っています。

    ご提案と言っても、最適な答えが常にあるわけではありませんので、お客様が本当に困っていることは何か、どんな解決策が考えられるのか、どうすれば実現できるのか、といったことをお客様と一緒に突き詰めて考えます。プロジェクトによって課題もアプローチも様々で、展開している国によっても考えるべきことが異なる為、日々新しいことを学んだり考えたりしています。

    対面するお客様は、日本や海外の人事担当者から経営陣まで幅広く、日々接する部署のメンバーも個性豊かで、色んな考えに触れることができます。それが自分の視野を広げたり、異なる視点から物事を考えることにもつながっており、この仕事の面白さの一つでもあります。

    【会社の雰囲気】

    人事の会社として、在宅勤務制度を導入したり、新しい働き方を検討したり、業務の進め方や効率を見直したりと、働き方改革に先んじて取り組んでおり、社員がより働きやすい雰囲気づくりや制度を推進しています。休暇なども積極的にとりやすく、働きやすい会社だと感じています。
    社員の考え方や価値観も様々ですが、互いの考えを発信し、受け入れることができる風通しのよさも働きやすさの要因だと思います。

    【学生へのメッセージ】

    普段の生活で個人が接する人や考え方は限られています。就職活動は、色んな人や会社と出会い、様々な価値観に触れることで自分の考え方や価値観もまた変わったり、確信を持ったりする良いチャンスです。就職活動では是非そういった出会いを大切にしてください。

    そして、さあどんな仕事をしようか、と構えて考え込んでしまうと、本来自分が好きなことや得意なこと、やりたいことを忘れがちになってしまいます。普段から考えていることを忘れず、しっかりとした軸を定め、就職活動を楽しんでください。
  • A.M
    2015年入社
    上智大学
    外国語学部 
    海外コンサルティングサービス事業部
    【現在の仕事内容】

    三菱商事の海外拠点や海外のグループ企業における人事制度の構築等、人事面でのサポートを行っています。

    海外といっても世界各国で文化や慣習、法律が異なるため、その都度一から調べながら現地のニーズに合ったソリューションを提供しています。日本とは考え方や制度そのものも大きく異なるので、自身が思っている常識に捉われず、クライアントとのコミュニケーションや情報収集を通じて現状をしっかり把握した上で、クライアントのニーズに合った提案を行います。そのため、ルールに基づいた業務というより、企画要素が強い業務であり、大切なのは企画の得意・不得意というよりは、「相手のニーズに応えたい」という強い気持ちだと思います。

    また、仕事の面白みという意味では、世界各国の人事制度や人事面での課題を知ることが出来、とても勉強になります。様々な国の方と話をしたり、クライアントと一緒になって悩み考え、互いに協力し合うことで一体感も生まれます。今後も、実務経験を積む中で徐々に専門知識を身につけていき、人事面で少しでも多くの会社・人に貢献できるよう成長したいと思っています。

    【会社の雰囲気】

    明るく親しみやすく、真面目で責任感の強い社員が多いです。女性の割合が多い事もあり、会社全体の雰囲気としても柔らかく、意見も言いやすい風通しのいい会社です。また、新年会やBBQ等のイベントもあるため他部のメンバーとも交流をもつ機会もあり、仕事だけでなく横のつながりが出来るのも魅力の一つです。

    【オフの過ごし方】

    プロジェクトによって繁忙期もあれば、落ち着いている時期もあるため、メリハリをつけて仕事がしやすい環境です。フレックス制度を活用し、プライベートの時間を有意義に過ごしリフレッシュすることで仕事にも集中できます。オフの日は友人と旅行や、美味しいご飯を食べたり飲みに行ったり、習い事をしたり、ジムに行くなどして充実した週末を過ごしています。
MEMBERS
社員紹介(グローバル人事ソリューション)
グローバル人事ソリューション事業部に関わる社員を紹介します。
  • S.N
    2016年入社
    渡航事業部
    【現在の仕事内容】

    三菱商事及びグループ会社から海外へ赴任される方ご本人とご家族の海外赴任手続きを行っております。主な業務はビザの手配です。

    わたしは入社以来、北米・中南米・タイ・オセアニア・アフリカ諸国のビザ手続きを担当してきましたが、ひとつとして同じ国はなく、また同じ国の中でもビザカテゴリーが違ったりと、手続きの進め方も様々です。

    大使館への確認だけでなく、現地と連携し進めていく業務も多く、時差や国民性・お国柄等も考慮しながら赴任に間に合うようにスケジューリングし仕事を進めていくことが面白みでもあり難しいところと感じており日々勉強中です。

    その国の情勢がビザ手続きに影響することも多く、手順や必要書類の変更等もたびたび起こるので、以前より世界情勢のニュースに敏感になりました。

    ビザ申請書類の作成は間違えられないこともあり、高い集中力が必要となり非常に神経を使いますが、ずっと黙々とパソコンに向かっているわけではなく最新情報の共有や、時には談笑したりと、和やかな雰囲気の中オンオフを切り替えて仕事をしています。

    【入社後に感じた当社の良さ】

    わたしは転職活動中「女性が働きやすい職場」であることをひとつ軸としていました。産休育休の取得率が高く復帰後も活躍されている方が多数いらっしゃることは、当社の強みであり魅力だと感じています。

    また、人事部が分社化された会社のため、人事分野の中でも専門的な知識を身に付けることができることも魅力のひとつだと思います。日々高い専門性をもって働けることが信頼を得ることに繋がっているように感じています。

    中途で入社された方も多く、前職は多岐にわたるので、様々なバックグランドを持った方が働いています。多様性を受け入れ個を尊重してくれる社風であり、とてもアットホームな雰囲気の中働いています。

    【サークル・福利厚生について】

    現在当社には、「人事の実験室」「ゴルフ同好会」「テーブルゲーム同好会」「パパママサークル」「ヨガ同好会」があります。わたしはヨガ同好会とテーブルゲーム同好会に所属しています。

    ヨガ同好会は、外部から講師を招き毎回強化したいポイント・テーマを決めてかなり本格的なプログラムを行っています。日々のデスクワークで凝り固まった全身をほぐすことができ、月2回の癒しの時間です。

    テーブルゲーム同好会も月に1度開催しており、普段業務では関わりのない同僚や上司とも部署や年齢を超えて和気あいあいと楽しんでします。

    同好会を通し社内の人脈が広がり、仕事のやりやすさにも繋がっていると思います。また、福利厚生のベネフィットステーションを利用しプレミアムフライデーにスポーツジムで汗を流したりしています。旅行や娯楽、オンライン学習等メニューも様々で、どんなメニューがあるか時々アプリをチェックし活用しています。
  • J.M
    2013年度
    上智大学
    外国語学部 
    ドイツ語学科
    グローバル人事
    事業部
    【現在の仕事内容1】

    三菱商事及びヒューマンリンク社内文書の日英バイリンガル化に関する業務を担当しています。具体的には、各部局からの依頼に基づき英語のネイティブスピーカーへの翻訳をアレンジしたり、社外翻訳業者の契約管理を行ったりしています。

    グローバルに事業を展開する三菱商事では英語での発信が必要な情報も多いので、緊急性や分量、難易度などを勘案して、各部局からの英訳依頼と翻訳者のスケジュールをうまく調整する必要があります。翻訳者とも密にコミュニケーションを取り、常に作業のしやすい環境を整えられるよう気を配っています。

    【現在の仕事内容2】

    前述の業務に加え、海外の関係会社から三菱商事に出向してくる方のサポート業務も行っています。

    日本に出向してくる3か月ほど前から出向中の給与の試算や、雇用契約書を作成したりビザ取得手配をしたりといった手続きが始まり、出向期間中は給与改定や賞与支給、確定申告への対応を行っています。無事に出向を終えて帰国された後も、長い場合には2年ほど日本での納税対応が必要になる場合があり、長期間かつ多岐にわたる社内外の手続きに対応する必要があります。

    出向者に対して分かりやすい説明やご案内ができるよう、業務に関連する知識の習得に日々励んでいます。

    【部署異動について】

    当社では他部署の人でも業務上つながりがあったり、全社横断のタスクフォース(新しい働き方推進、全社勉強会など各部から選出されたメンバーが活動を行うもの)に参加したり、また社内の懇親会への参加や同好会の活動によって、普段からいろいろな部署の人と交流する機会があります。こうした交流を通じて他部署の業務や雰囲気を知ることは、自分自身のキャリアについて考える際に非常に参考となりました。

    また、会社としても部門勉強会やジョブトライアル(短期間のインターンのようなもの)を実施したりして、他部署への理解を深める場が提供されています。私は、2013年の入社から約5年間、渡航事業部で赴任チームの仕事をしていて、現在の部署へは2018年4月に異動しました。

    以前から面識のある方が多い部署だったので異動に際しての不安はなかったのですが、部ごとに少しづつ異なる庶務の手続きや新しい業務を習得するため、初めの頃は戸惑いもあり、緊張の多い毎日でした。しかし、いつも親身になってくださるリーダーや明るい部のメンバーのおかげで順調に部の雰囲気に溶け込むことができました。
  • M.M
    2012年入社
    明治大学
    経営学部
    海外事業部
    【現在の仕事内容】

    ・わが社の会員制情報提供サービスの海外分野窓口
    ・その他海外駐在員処遇相談窓口(主に嘱託と呼ばれる、他社から三菱商事に出向している方々に対する処遇について対応しています)
    ・三菱商事の海外給与計算、福利厚生費用精算

    当社の情報提供サービスでは、三菱商事の海外給与・福利厚生支援のノウハウを活かして、お客様から頂く様々なご相談やご質問に日々お答えしています。

    お客様は会社の人事担当者や実際に海外に赴任している駐在員まで幅広く、頂く質問内容も給与や福利厚生以外にも、費用支払方法や赴任地情報について等多岐にわたります。

    日本の法律や海外の環境も日々変わっていく中、タイムリーな情報提供がとても重要になりますので、外部セミナーへの参加や、お客様と情報交換をする等、積極的に自身の知識量の向上に努めています。

    その他、三菱商事の海外赴任者に対する海外給与計算や福利厚生費用の精算を担当しています。国や地域、出向会社別の取扱いを確認しながら、ミスなくスピーディーに処理することが求められるため、集中力が養われます。

    【当社について】

    会社概要には「変革に対応する人事部のパートナー」とありますが、学生の皆さんにはイメージが湧きにくいかも知れません。「人事」と言うと、一般的には会社の人事部をイメージする方が多数だと思います。

    主な業務内容に大きな差は無いにせよ、自社の人事業務しか携わることが出来ない所謂一般的な「社内の人事部」に比べ、当社では親会社である三菱商事は勿論のこと、多くの企業に対し人事制度・研修・海外人事情報サービス等の人事業務を多面的に支援していますので、多くの企業の人事業務に携わることが出来ることが強みだと思います。

    当社は人事業務の様々な分野を経験出来る職場だと思いますし、その道のプロフェッショナルとして知識を磨くことも出来るので、「人事」の仕事に興味がある方はやりがいを感じられる会社です。多くの顧客とのやり取りを通して、その会社が持つ特色や人事が抱える問題についてのトレンドがわかるのも仕事の面白味のひとつです。

    【オフの過ごし方】

    オフの日は娘の習い事の応援や運動をして過ごすことが多いです。子供もだいぶ大きくなり、親ではなく友人と遊ぶことが多くなってきたので、空いた時間に旧友とランチをしてストレスを発散したり、ヨガやトレーニングに行き身体をメンテナンスしています。また、自己啓発として人事関連で興味のある分野のセミナーに参加することもあります。

    当社では、育児休業から復帰して活躍する社員も多くいますので、社内の育児サークルで様々な情報交換をしながら互いに良い刺激を受けられる環境があると思います。
  • M.I
    2012年入社
    津田塾大学
    学芸学部 
    国際関係学科
    グローバル人事
    事業部
    【現在の仕事内容】

    三菱商事の海外拠点で働く社員が、駐在員として来日される際のサポートが弊部の仕事です。担当は国毎に分かれており、サポート期間は赴任決定から帰国後まで数年にわたります。

    赴任時には、給与計算・ビザ手配・雇用契約書の作成や社宅手配など、生活基盤を確立し、仕事をする上で必要なあらゆる手続きを行います。また、人事分野に限らず、日々寄せられる様々な質問に幅広く対応するのも弊部の特徴です。税金や給与以外にも、予防接種の申し込み方、財布を落とした等の困りごとにも対応します。些細な質問こそ聞く相手が分からなくて困ることも多いだろうなと考え、担当として丁寧に回答できるよう心掛けています。

    この仕事に就いてから、公的書類や町の掲示に日本語表記しかないと気になるようになりました。異なる文化の中で働く方々が少しでも安心出来るよう、日々試行錯誤しながら業務にあたっています。

    日本に居ながら、文化や考え方の違いに気づき、目を開かされるような感覚を味わえるのはこの仕事の醍醐味だと感じます。自分の至らなさに頭を抱えることも、日々の失敗談にも事欠きませんが、様々な「違い」を感じることのできる、魅力的な仕事です。

    【仕事をしていて嬉しい瞬間】

    ふとした瞬間に自分の成長を感じ、駐在する方の役に立てたかなと感じられた時、仕事をしていて良かったと思います。

    人事関連は複雑な制度も多く、自分の知識量や事前の想定範囲がダイレクトに駐在員ご本人に影響してしまう怖さを日々感じています。仕事に取り組み、地道に経験を積んでいく中で、少しは役に立てたかな、と思える瞬間は大きな励みになります。

    駐在に来る方のバックグラウンドは多様で、初ケースの対応も増えています。手始めはここ、と業務の道筋がつけられるだけでも、感じるプレッシャーや立ち上がりのスピードが全く違うことを実感しています。

    【会社の雰囲気】

    些細なこともすぐに周囲に相談できる、風通しの良い職場です。部内での上司や同僚への相談事はもちろん、他部署の皆さんも忙しい中丁寧に対応してくれる方が多く、プロ意識の高さを感じます。

    また、弊社は残業の削減に力を入れ、休暇の取得も奨励されています。自分の業務が調整出来れば長期休暇も取得出来るので、私も年に一度は海外に行くことを目標に、日々の仕事に励む毎日です。全体として、しっかり仕事をしつつ休みもとる、オンオフそれぞれを楽しめる職場だと思っています。
ABOUT
当社に決めた理由
  • 私がヒューマンリンクに決めた理由は採用担当者の方の人柄です。ヒューマンリンクの最終面接直前に、内定を頂いていた会社があったのですが、その会社から「まだ面接が残っている会社は全て辞退してほしい」と言われました。もともと、ヒューマンリンクの業務に興味があったものの、もしかしたら内定はもらえないかもしれないという不安から、一度お断りをしてしまいました。しかし、採用担当者の方から「もう一度面接に来ないか」とお声かけ頂いたおかげで私はヒューマンリンクに入社する事が出来ました。もしもそのまま、前の会社に入社をしていたら、ヒューマンリンクに興味があったにも関わらずあきらめてしまったことを、ずっと後悔していたと思います。人生に一度しか無い就活ですので、皆さんも後悔の無いように頑張ってください。(人材開発第一事業部)
  • 人事関連の中でも給与管理に携わりたいと思い就職活動を行っており、人事に特化した企業を見て回る中で、三菱商事というグローバルな企業に関わる事ができる当社に魅力を感じました。また、普通の企業であれば人事部に配属されないと人事業務に携わることは難しいと思いますが、当社であればやりたいことがすぐにでき、若いうちから専門的な知識を習得することで自身が成長できると感じました。特に、国内人事ではなく海外人事に携われるという点は、多くの人事会社とは異なる魅力であると感じ、入社を決めました。(海外事業部)
MORE INFO
採用情報
募集要項・採用フロー
■募集職種・分野 

総合職
それぞれの事業分野でスタッフとしてスタートしていただきます。 

■仕事内容

 ・人材開発事業
 研修の運営、企画業務
 (顧客:三菱商事(株)、三菱商事グループ企業、その他企業)

・人事コンサルティング事業
 人事制度構築・改定、人事労務に関する相談業務
 (顧客:三菱商事(株)、三菱商事グループ企業、その他企業)

・グローバル人事ソリューション事業
 三菱商事(株)及び三菱商事グループ会社の海外駐在員に係る給与等処遇
 関連業務、赴任・帰任手続き
 三菱商事(株)の海外拠点現地スタッフの本邦受入関連業務 

■募集人数

1~5名

■採用フロー 

 説明会・座談会【5月】※本年度は終了しました 
※説明会・座談会では当社の役員はじめ、複数の先輩社員が参加します。 
↓ 
 適性検査
↓ 
 一次面接(個人面接) 
 【6月上旬を予定】 
↓ 
 最終面接(個人面接) 
 【6月中旬を予定】 
↓ 
内々定 
 【6月中旬を予定】 

■選考方法

適性検査、面接

■提出書類

履歴書(写真貼付)

■採用実績(学校)

<大学院> 
京都大学、東京大学、一橋大学、早稲田大学
<大学> 
青山学院大学、跡見学園女子大学、茨城大学、桜美林大学、大阪大学、神奈川大学、学習院大学、関西学院大学、京都大学、金城学院大学、慶應義塾大学、国際基督教大学、埼玉大学、上智大学、成蹊大学、聖心女子大学、専修大学、千葉大学、中央大学、津田塾大学、都留文科大学、東京大学、東京外国語大学、東京学芸大学、東京女子大学、東北大学、東洋大学、東洋英和女学院大学、同志社大学、獨協大学、日本大学、日本女子大学、一橋大学、広島大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、武蔵野美術大学、立教大学、早稲田大学

■過去3年間の新卒採用者数(男女別)

・2017年 5名(女性3名、男性2名)
 ・2018年 6名(女性5名、男性1名) 
・2019年 4名(女性4名、男性0名)

■問い合わせ先(E-MAIL)
hlc-jinji@org.mitsubishicorp.com
MORE INFO
採用情報
入社後の待遇
■基本給

215,500円(2019年4月実績) 

■諸手当

通勤費、時間外手当支給 

■昇給

年1回(4月) 

■賞与

年2回(6月、12月) 

■休日休暇

完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、年次有給休暇、
結婚休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇等 

■福利厚生・社内制度

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金制度

■勤務地

本社(東京) 

■勤務時間

9:00~17:30 または 9:15~17:45(休憩時間12:00~13:00 実働7.5時間)
フレックスタイム制度有り(コアタイム11:00~15:00) 

■教育制度
内定者研修、新入社員研修、新入社員フォローアップ研修、その他 各種研修プログラムあり
入社後1年間、インストラクターがつきます 

■研修制度

内定者の方には英語、簿記、財務会計、PCスキル等の研修を受講頂き、入社前に社会人としての基礎知識を学習頂きます。入社後はロジカルシンキング、タイムマネジメント等のビジネススキル研修だけでなく、よりよい組織作りについて社員同士がディスカッションする階層別研修も行っています。また、マネープランや人材育成等、社員が知りたいテーマに関する任意参加の勉強会等を活発に行っており、部門横断の交流の場にもなっています。 

■自己啓発支援制度

社会保険労務士、簿記の通信講座等会社が研修費用を負担する自己啓発制度があります。

■メンター制度

入社後1年間インストラクターがつき、業務上の指導を行うだけでなく、会社生活をする上での相談にも乗ります。

<実績>

■前年度の月平均所定外労働時間

22時間(2018年度実績) 

■前年度の育児休業取得対象者数

8名(うち女性7名、男性1名、2018年度実績) 

■前年度の育児休業取得者数

8名(うち女性7名、男性1名、2018年度実績)
COMPANY
設立:1996年7月 

資本金:1億4,000万円 

株主構成:三菱商事(株)100% 

従業員:179名(2019年4月) 

売上高:29億円(2018年度実績)

子会社:Human Link Asia Pte. Ltd.
会社名 ヒューマンリンク株式会社
事業内容 ■人材開発事業
・会社の事業戦略を担う経営人材の育成、グローバル人材の育成など、
 さまざまなレベルの人材育成に係るソリューションを提供します。
・戦略人材、コア人材の動機付けに真に効果を発揮する研修プログラム
    をオーダーメイドで設計します。

■人事コンサルティング事業
・企業文化・理念を、組織の隅々にまで伝達・浸透させる人事制度
 の策定から運用、フォローまで行います。
・経営の意志を的確に把握し、変革のメッセージを的確に伝える
 ツールとしての人事制度改革を実現します。

■グローバル人事ソリューション事業 
・企業の国際展開の初期段階から、国際展開の定着を目指すプロセス
 において直面するさまざまな問題に関し、具体的なソリューション
 を提供します。
・グローバルな人材競争の時代に求められる、実践的なノウハウを
 提供します。
企業
WEBサイト
http://www.humanlink.co.jp/
所在地 東京都千代田区丸の内2-2-3丸の内仲通りビル8階

<交通機関>
JR各線『東京駅』より徒歩5分
東京メトロ千代田線『二重橋前駅』より徒歩2分
東京メトロ各線『大手町駅』より徒歩7分
リンクをコピーしました。
SHARE