株式会社HIROTSUバイオサイエンスの採用・求人情報

HIROTSUバイオサイエンス
リクルート情報
現在募集中の求人案件を掲載しています。
(新規求人を随時更新中)
↓↓↓
掲載中の求人情報はこちらarrow
MESSAGE
私たちの想い
生物の力できっと未来は変えられる。
私たちは本気です。
当社は、研究開発による画期的な検査技術をもってがんの早期発見ができる世界をつくり、
人々の健康と未来への安心を守るために貢献致します。

新しい発想から生まれた「N-NOSE」

私たちは、この独自の技術でがんが早期発見できる世界を作り、
人々の健康と未来の安心を守ります。

当社では研究開発部門、検査部門、事業部門、管理部門に分かれ業務を行っております。
研究者が輝く未来を実現できるよう努めております。
ABOUT
私たちについて
私たちは、3つの「未来」を目指しています。
研究開発部門、検査部門、事業部門、管理部門ごとに、研究者が輝く未来を実現できるよう努めております。
生物の力できっと未来は変えられる。
私たちは本気です。


【心身ともに健やかな「未来」】
人生を豊かにするための基盤は、「健康」であると私は考えています。体が健やかであれば、自然と心も前向きになります。当社は皆様の心身の憂いを減らすため、画期的な病気診断技術の研究開発をもって貢献いたします。

【生物の能力を活かす「未来」】
従来の診断は主に人工機器によって行われてきたため、高感度と低コストを両立するのが難しいという問題点が指摘されていました。その壁を打破するのが「生物診断」です。人工機器を凌駕する生物の驚異的な能力を活かすことで高感度を実現し、飼育コストのかからない生物を選択することで低コストを維持することができます。これらを踏まえ、世界初の生物診断として当社が実用化した技術が、線虫がん検査「N-NOSE®」です。尿を使うため非侵襲かつ簡便で、高感度、低コスト、早期発見など多くの利点を併せ持っています。N-NOSE®の普及とさらなる発展を目指し、当社は研究開発に邁進します。

【研究者が輝く「未来」】
画期的な科学発明は、研究者の豊かな発想、たゆまぬ努力によって生まれるものです。昨今、我が国の研究者を取り巻く環境は厳しさを増していますが、当社は研究開発を第一とし、研究者がスターとなる会社創りを目指します。
  • がん患者の尿に含まれる微量な匂いを、体長約1ミリの線虫が検知。
  • 線虫がん検査 N-NOSE® の普及に向け、一緒に働く仲間を募集しています。
MORE INFO
たった1滴の尿から全身のがんリスクを高精度に判定することができたら。

がんの一次スクリーニング検査『N-NOSE』は、線虫C. elegans (シー・エレガンス)の化学走性(好きな匂いに近づき、嫌いな匂いから遠ざかる)を指標にした、これまでにない全く新しいタイプのがん検査です。

生物学者として線虫の嗅覚研究をしてきた広津崇亮(現在、当社代表取締役)が、ある条件下において、線虫が人の尿中からがんの匂いを検知してがんに罹患している人とそうでない人を高精度に嗅ぎ分けることを発見し、これを線虫の鼻(Nematode NOSE)を意味する『N-NOSE』と名付けました。

胃・大腸・肺・乳・膵臓・肝臓・前立腺・子宮・食道・胆嚢・胆管・腎臓・膀胱・卵巣・口腔・咽頭の15種類のがんにN-NOSEは反応します。
BUSINESS
事業内容
  • 【研究開発部門】
    線虫を使ったがん検査の基礎研究および臨床研究を行っています。研究開発は当社の組織において大変重要な位置づけであり、事業の源と考えています。生物学(分子生物学等)の分野で豊富な経験を積んだ研究者が、線虫の特性やがんの早期発見に関する研究に力を注いでいます。当社の創業者は自らが当社の研究の第一人者であるため、研究者が研究開発に専念できる環境を整えており、研究者が輝ける会社を目指しています。
  • 【検査部門】
    検査を受診していただいたお客様から検体をお預かりし、線虫を利用したがん検査を実施している部門です。また、検査部門では検査に使用する線虫の培養も行っています。検査の結果はお客様にとって大変重要な情報となりますので、慎重かつ正確に検査作業をすすめています。また、検査数の増加に対応できるよう自動検査装置を増設するなど、効率化に向けたオペレーションの改善にも取り組んでいます。検査拠点は日本各地に3拠点(2021年2月現在)が稼働していますが、検査申し込み数の増加に伴い拠点も増設していく見込みです。
  • 【事業部門】
    線虫がん検査のサービス企画・マーケティング・営業を担当している部門です。
    個人向け・法人企業向けの営業活動や、検査申し込みの販路開拓、法人企業向けの営業活動のほか、検査申込~検体受付~検査結果までの一連の業務の企画・運営を担っています。また、検査申し込みのお客様から持ち込まれる検体受付窓口「N-NOSEステーション」の運営や、お客様から寄せられる電話・メールでのご相談にも対応しています。
  • 【管理部門】
    経営企画、財務経理、情報システム、人事総務等のバックオフィス部門です。現在、会社は成長過程にあるため、まさに会社の屋台骨を作っている最中です。完成した組織ではないので、新しい発想をカタチにしていく会社の仕組みづくりが出来るのが魅力です。強固な会社基盤づくりと、社員が働きやすく業務に注力できる環境づくりを担っています。
BUSINESS
N-NOSEの特徴
線虫くん
線虫くんがイメージキャラクターとして新登場。
「N-NOSE」(エヌノーズ)は、嗅覚に優れた線虫が、
がんの匂いに引き寄せられることを利用した検査です。 

生物の能力を活用したこの新しい検査は、 簡単で痛みがなく、
早期がんにも反応することが確かめられています。

がんの心配がないうちから定期的に受けておけば 万が一、がんが見つかっても、
早期治療ができるので、 心身の負担・経済的な負担が減らせます。
  • 簡便
    健康診断と同じく、わずかな尿で検査が行えます
  • 安価
    線虫の飼育コストが安いため、検査料金を抑えることができます
  • 高精度
    感度は86.3%
BUSINESS
  • 早期発見が可能
    ステージ0、1の早期がんも検知することが臨床研究において確かめられています
  • 苦痛がない
    わずか1滴の尿で検査ができるため、 身体的負担がありません
  • 全身網羅的
    一度の検査で全身のがんリスクを調べることができます
MORE INFO
線虫くん新登場!
新登場したN-NOSEのキャラクター線虫くんを
よろしくお願いいたします。
【新テレビCMの放送開始!】
株式会社HIROTSUバイオサイエンスは、がんのリスク早期発見サービス「N-NOSE」(エヌノーズ)の新TVCMを2022年5月18日より関東エリア・関西エリアにて放映開始しました。
「N-NOSE」は、嗅覚に優れた線虫という生物が人の尿に含まれるがん特有の匂いを検知することを利用した、世界初のがんの一次スクリーニング検査です。
HIROTSUバイオサイエンスはN-NOSEを通じて、がんの早期発見・早期治療が当たり前のこととなり、一人でも多くの方が健康で長生きできる未来を創りたいという想いを込めて新テレビCMを制作いたしました。
このCMでは、がんのリスクをいち早く見つけるために役立つ「N-NOSE」の特長を伝えます。
田中麗奈さんは、早期発見すれば “がんは治る時代” であることを提起する語り手として出演。
また、“線虫くん” という新キャラクターも登場し、軽快なコーラスとともに「N-NOSE」の利点をわかりやすく解説します。
田中麗奈さんと線虫くんの掛け合いにより、がん検査に対して少しでも前向きにとらえていただけるような仕上がりになっておりますので、是非ご注目ください。

【新キャラクター線虫くんが登場!】
5月18日に新たに放送開始したテレビCMより、線虫がん検査のマスコットキャラクターである「線虫くん」が新登場しました。
軽快なコーラスによって、がんの早期発見によりがんを治せる時代になることを知らせてくれます。
MEMBERS
代表取締役 広津崇亮

【経歴】
1972年 山口県生まれ
1991年 私立東大寺学園卒業
1995年 東京大学理学部生物学科卒業
1997年 東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 修士課程修了
1997年 サントリー株式会社入社
2001年 東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 博士課程修了 博士(理学)
2001年 日本学術振興会 東京大学遺伝子実験施設 特別研究員
2004年 京都大学大学院生命科学研究科 ポスドク研究員
2005年 九州大学大学院理学研究院生物科学部門 助教
2016年 株式会社HIROTSUバイオサイエンスを設立し、代表取締役に就任
2018年 Adjunct associate professor, QUT(Australia)

【受賞歴】
2002年 井上研究奨励賞受賞(井上科学振興財団)
2016年 開発研究奨励賞(ニューロクリアティブ研究会)
2016年 中山賞奨励賞(中山人間科学振興財団)
2016年 ナイスステップな研究者(文部科学省)
  • 広津崇亮
    代表取締役
MORE INFO
N-NOSE(エヌノーズ)は、日本内外の研究機関と共同研究を行っております。
上尾中央総合病院・稲沢厚生病院・揖斐厚生病院・遠軽厚生病院・大阪大学
鹿児島共済会南風病院・岐阜大学・京都府立医科大学・クイーンズランド工科大学
熊本大学・久留米大学・国立成育医療研究センター・埼玉医科大学国際医療センター
四国がんセンター・昭和大学・新山手病院・筑波大学附属病院・帝京大学・東京大学
徳島大学・戸田中央総合病院・都立駒込病院・ヒルズガーデンクリニック・広島大学
MORE INFO
NEWS
東京大学との原発性肝癌における
線虫がん検査 「N-NOSE」 の臨床研究がスタート
当社HIROTSUバイオサイエンスと東京大学は、 原発性肝癌における線虫がん検査「N-NOSE(エヌノーズ)」に関する共同臨床研究を開始いたしましたので、お知らせいたします。

両者は 「N-NOSE」について、原発性肝癌の治療とその後の経過との関連を評価検討することで、手術による治療効果の確認と術後再発や予後を予測することが可能かどうか検討してまいります。

本邦の 2019 年の悪性新生物による死亡数は 376,425 人、そのうち肝癌による死亡は 25,264 人であり、全体の 6.7%を占めています(人口動態統計による死亡データ(1958~2019 年)。
また世界的にも肝癌は依然として重要な癌であり、2020 年には肺癌、大腸癌に次いで癌死亡の第 3 位を占めています。
がんの早期発見や再発の兆候を早期に検知するためには、人体に起こったかすかな異変をとらえる必要があり、検出精度が高く、かつ非侵襲なスクリーニング検査が求められています。
BENEFITS
福利厚生・制度
画期的な科学発明は、研究者の豊かな発想、たゆまぬ努力によって生まれるものです。

昨今、我が国の研究者を取り巻く環境は厳しさを増していますが、
当社は研究開発を第一とし、研究者がスターとなる会社創りを目指します。
  • 休日休暇
    ・年間休日120日以上
    ・年末年始休暇
    ・夏季休暇
    ・有給休暇
    ・特別休暇
  • 福利厚生
    ・雇用保険
    ・労災保険
    ・厚生年金
    ・健康保険
    ・従業員持株会
    ・交通費支給あり(上限5万円/月)
MORE INFO
募集していない職種に関してもお気軽にお問い合わせください。
recruit@hbio.jp
COMPANY
会社情報
会社名 株式会社HIROTSUバイオサイエンス
事業内容 生物診断研究:線虫および線虫嗅覚センサーを利用したがん検査の研究・開発・販売
企業
WEBサイト
https://hbio.jp/
所在地 東京都千代田区紀尾井町4番1号 ニューオータニガーデンコート22階
リンクをコピーしました。
SHARE