powered by─ 社会福祉法人白山福祉会の採用・求人情報

大切にしているコト

BUSINESS
大切にしているコト
ヒトは、みな異なります。
価値観の押し付けや価値観の是非、価値観の優劣はいりません。
なぜならヒトはみな違うからです。
是非や優劣などを問うのは、個性ではなく理性の議論

ヒトはみな違うとは、考え方や思考、価値観、仕事の成果の表現等をあらわしています。

個性=身だしなみ自由ではありません。
個性=「社会人として当たり前のことはいらない」ではありません。
これが、個性を理性を勘違いしていることを示しています。
  • 多様性(ダイバーシティ)
    そこには、多数の価値観が存在します。「ケア」、「暮らし」へのこだわり。各人それぞれ異なるものです。異なることを否定するのではなく、共感する。人は違うということを・・・。人は得手、不得手いろいろあります。また、特殊で変わった能力を持っている者もいます。白山福祉会では、その多様性ある違いを「個性」を捉え、とても大切にした組織づくりをしています。「個性がある」とは、誰かが威張ったりえらくなったり価値観を押し付けたりすることではありません。もし、そのようなことがあればそれは、「個性がある、ない」ではなく、「理性がある、ない」ということです。
  • 人はみな違う文化の醸成
    「違いを認め違いを活かす」そこには、同じ目標に向かっていても、違った感性、想い、価値観を持った人々が存在します。人は皆違って当たり前です。白山福祉会では、異なった価値観や感性を持っていて当たり前という考え方を大切にし、お客様、スタッフ、ご家族、地域の価値観や感性の「違い」に焦点を当てています。違いは文化であり、その人の生きてきた証。だからこそ、お互いを刺激し助け合います。自分に足りないものは、持ってる人から、自分が持っているものは他人の手助けのために。押しつけではなく認めること。
  • 職域の広げる化を図る
    そこには、多様性なニーズを持ったお客様が存在しています。これからのお客様の多様なニーズは、専門スキルだけでは満たされません。時代が大きく激変し、遊びを知っている60代前半、50代の方々が特別養護老人ホームを利用し始めます。人それぞれの暮らし方、住まい方が異なります。白山福祉会では、専門知識やスキルだけではなく、「人の 暮らし」を感じることができるよう暮らし感 (暮らしのセンス)を大切にしています。個々のこだわりや想いを尊重し、個人にあった生活スタイルを大切にしてサポートするということは、専門知識やスキルだけでは達成できません。
MORE INFO
  • 資格取得支援制度
    社会福祉法人白山福祉会では、未経験者でも国家資格取得を目指していただくために、介護福祉士実務者養成講座を法人内拠点で開講しています。    

    こやまカレッジ麻生校として、全国20か所以上もあるグループ内拠点校と同様に全介護職員の介護福祉士取得を目指しています。講師も法人内拠点の専門職で構成されており、わからないことや学びたいことも気軽に聞くことができます。
  • キャリアパス
    それぞれの役職に基づいた目標を設定していただき、積極的にチャレンジしていただける環境に努めています。

    介護職員処遇改善手当についても、固定的支給の月額と年2回の評価制度に基づく支給など、やりがいにつながる制度を導入しています。
  • 個性を大切にする文化
    社会福祉法人白山福祉会では、人の価値観はそもそも異なって当たり前という文化を大切にしています。

    人間関係で悩む一番の問題は、自身の価値観が相手より上か下か、正しいか間違っているかで判断することが挙げられます。
    人は違って良いんです。それが本当の個性を大切にするということです。
  • 暮らすというスタンス
    向こう5年程度で、利用される方のニーズは激変してくると推測しています。

    ケアスキルが必要となることは当然ですが、個々のニーズがより一層多様化します。
    経験値も大切ですが、それ以上に個々の暮らし方をもっと掘り下げられる意識の向上が必要となってきます。昔ながらの好ましくない慣習を排除することにも意識を向けています。
PHOTOS
施設での取り組み
  • 地域貢献事業

    毎年恒例のレゴ®認定プロビルダー三井淳平with東京大学レゴ部のワークショップ。地域の子どもたちや市内の児童福祉施設の子どもたちがとても楽しみにしているイベントです。
  • 地域貢献事業

    レゴ®認定プロビルダー三井淳平with東京大学レゴ部のワークショップを開催しています。社会福祉法人の地域貢献事業として、地域の子どもたちや市内の児童福祉施設の子どもたちを招待して開催しています。
  • 得意なことを暮らしに

    毎月2回、施設内でカフェを実施しています。(認知症カフェ、地域向けカフェ)スイーツ作りが好きなケアスタッフ、リハビリスタッフなど男性チーム「チームスイーツ男子」が活躍しています。
  • 2つの顔を持って

    施設内には、コミュニケーションツールがたくさんあります。
    スマホのようにヒトとヒトがつながるコミュニケーションツールとしてレゴ®️を活用しています。今では福祉を知らない人も気軽に遊びに訪れ、年間の来館者が15,000人にもなっています。
ABOUT
キャリアパス
社会福祉法人白山福祉会では、未経験者から介護福祉士を目指して
就労するために、法人で資格取得支援制度を設けています。   


こやまカレッジ麻生校
(介護福祉士実務者養成講座)

法人内に、介護福祉士実務者養成講座を開講し、
講師は法人内にいる専門職で構成されています。
  • 平成28年度から介護福祉士の資格要件に実務者研修が加わります。その実務者研修をコヤマカレッジで受講することができます。

    実務者研修を修了すれば、介護知識・技術の向上や介護福祉士へのステップアップ、さらにはサービス提供責任者(※)の資格を得られるなど介護の現場でキャリアアップを目指す人であれば必須の科目だと言えます。

    目の前にいるお客様のために、ワンランク上のケアを提供できるよう、コヤマカレッジでは施設運営で培ってきたノウハウを生かして全力でバックアップしていきます。


    ※サービス提供責任者とは
    サービス提供責任者は、訪問介護業務において、ケアプランを基に詳細な訪問介護計画を作成しホームヘルパーに指示を行います。そのほかにもホームヘルパーへの技術指導や訪問スケジュールの組み立てなど業務は広範囲にわたります。
  • 介護福祉士資格取得までの流れ

    介護福祉士の資質向上を図る観点から、平成28年度の法律改正により、資格取得方法が変更になりました。

    現在、こやまカレッジ麻生校では、スマホやPCを活用したE-ラーニングを導入しています。
    受講するための費用は全額会社負担となります。

    ・平成28年度 受講生6名
    ・平成29年度 受講生5名
採用ページTOPへ戻る
SHARE