ヘアーサロン銀座マツナガ 成田店/ボンベルタ店の採用・求人情報

あなたの理容師資格をもっと価値あるものに。
やっぱり君じゃなきゃダメなんだよ

そんなお客様の声を、ともに喜びあえる理容志(師)の募集です。
MESSAGE
2018年入社 パート勤務|篠塚綾乃
働き方はいろいろ、だから、まずは一歩踏み出す
理容師はお客様と多くのコミュニケーションをとれる仕事

卒業後は、接客業を希望して外食産業に就職。勤務する中で、お客様と対話できるような接客時間が少ないことを痛感して転職を考えました。より多くのコミュニケーションをとれるような仕事に…と考えていたところ、理容師は年齢を重ねてからも長く続けられるいい仕事だという親戚からの後押しもあり、転職を決意しました。
いざ仕事が始まると、お客様と何を話せばいいのかわからない日々で…最初のうちは大変でした。でも、技術を覚えることはおもしろくて、覚えたいという気持ちがどんどん大きくなりました。技術ができるようになってくると自然と会話も広がり、接客も楽しくなるんですよね。
がんばった分だけ身についていくことで充実感も感じました。

・ ・ ・

求められている、認めていただいているという実感

理容師をしていると、自分のモチベーションのスイッチをお客様が入れてくださる場面が多いと感じます。「あなたと話したくて来てるの」「手がやさしいね」って女性のお客様が言ってくださったり、転職した後でお手紙をいただいたり…とてもうれしいお声をいただきました。
日々の仕事を通して、自分自身が求められている、自分のやっていることが受け入れられている、喜んでいただいたという実感が持てることは、前向きにいられる原動力になっています。

・  ・  ・

キャリアの幅を広げるために

これまで男性のお客様が多いサロンで勤務していたので、もちろん担当もメンズカットがメインでした。今後のキャリアを考えたときに、これまでの経験を活かしながら女性のお客様むけの技術もやりたいって思っていました。
通っていたヘアサロンで、そんな話をしているうちに、いつも担当していただいているスタイリストの方が、実は銀座マツナガ出身者だったというお話で…女性のお客様も多く通うサロンだから向いているんじゃないか、と背中を押していただいたから一歩踏み出せました。

・  ・  ・

いい意味で敷居が高くない、「お客様目線」

入社前は、“銀座マツナガ”って名前の印象もあり敷居が高いっていう、斜に構えているようなイメージが先行していました。でも入ってみたらぜんぜん違う。お客様も気さくで、スタッフもアットホームな感じ。お客様との距離感がほどよく近くて、いわゆる地元密着サロンですね。
お店のオペレーションや環境づくり、技術内容など、さまざまな局面での判断基準が「お客様目線」だからなんだと思います。おかげさまで働きやすいです。

・  ・  ・

働き方はいろいろ

私自身、時間短縮型のパート勤務で働いています。働ける時間は必ずしも営業時間どおりとは限りません。それを考慮してもらえて、働けるのは、ある程度のスタッフ人数がそろっているサロンだからできることなんだと思います。
時間のこと、技術のこと、考えれば不安はさまざま浮かびますが、なによりも一歩踏み出してしまえば、けっこう色々動き出すものだなって思いました。資格があるなら眠らせておくのはもったいないし、資格がいらない技術でも身につけた分だけ自分の武器になる、長い目でみて自分の糧になる働き方っていいなと思います。
MESSAGE
2010年入社 中途採用|戸島英子
資格よりまずは強い気持ち、これまでのキャリアはプラスになる
理容を軸に、理容という枠にとらわれすぎない可能性

サロンにはそれぞれに特徴があると思いますが、うちのサロンでできる仕事は想像以上に幅がありますし、奥行きもあります。ヘアカット、セット等のヘア技術だけでなく、同じくらいの割合でフェイシャルやボディに関わる技術も多いからです。
だからできる技術は幅広くなりますし、相乗効果もあってそれぞれの技術の質も全体的に上がるんです。そして、やればやるほどに追求したくなるから奥行きも感じる。飽きているヒマなんてないから、仕事がおもしろいと思えます。

私の担当は主に女性のお客様のレディスシェービング、フェイシャルケア、ボディリンパケアです。逆に言えば、はさみを持たない技術に特化しています。うちのサロンではそれでもいいんです。
理容の基本は大切にしながら、理容という枠にとらわれすぎず、お客様に求められるものを追求して提供することで可能性はどんどん広がります。


・  ・  ・

スロースターターという危機感

私がこの業界に入ったのは、30歳の頃。それまでの20代は営業職でハードに仕事をしていました。当時から、人の役に立つ仕事をしたい、会社対会社というスタイルではなく、目の前でお客様の反応が見える仕事をしたいという思いがありました。
結婚出産後、その思いを実現して手に職をつけようと、実家の稼業である理容業に転身しました。
だから、私は技術者としてはスロースターターです。今では、営業職時代よりも技術者としてのキャリアのほうが長くなりましたが、当時は試行錯誤でした。子どもを保育園に預け、働きながら技術を習得、家では資格の勉強も…とにかく、最初の数年は大変だったなぁと記憶しています。
その頃から今でも変わらず自分の中にあるのは、「スロースターターという危機感」。他の人よりもスタートが遅いのだから、もっと上手にできるようになろう、もっと知っておこう、今やれることを集中してやろう…といった思考につながっていると思います。

・  ・  ・

これまでのキャリアはハンデではなく「プラス」になる

前職までのキャリアは理容の仕事とつながらないように感じても、実は活かせることが多いんです。サロンにおいては、接客・販促・データ管理・教育・チームワーク・関係各所との調整…技術にプラスしてスキルが求められる場面がありますが、これは中途採用・パート勤務の方々だからこそ補完できる部分ではないかと思います。
私自身、前職までの経験もフル活用しながら現在店長職をさせていただいています。
だから、“始めることに遅すぎることはない”と強く思います。

・  ・  ・

「手に職をつける」ことは前向きに生きる手段

技術は習得するまでに時間を要しますが、長い目でみるとやはり手に職があることは、自分の自身にもつながりますし、前向きに生きる手段の一つになると思います。
資格があってもなくても、異業種からのキャリアチェンジでも、私たちのサロンでできる仕事は様々あります。
「手に職をつけたい」「自分の可能性を広げたい」という強い気持ちさえあれば、サロンでキャリアを重ねて、技術者になることは実現できます!
COMPANY
アクセスマップ
会社名 ヘアーサロン銀座マツナガ 成田店/ボンベルタ店
事業内容 理容業、フェイシャル・リンパケア等を含むエステティック事業
企業
WEBサイト
http://matsunaga-narita.jp
企業
SNS
所在地 [成田店] 千葉県成田市不動ヶ岡2034‐87
[ボンベルタ店] 千葉県成田市赤坂2‐1‐10 ボンベルタ成田4F
リンクをコピーしました。
SHARE