powered by─ フロンティア株式会社の採用・求人情報

社員紹介

MEMBERS
メンバー紹介
  • 私は、以前は飲食業で働いていたのですが、ライフバランスを改善したいと思って、 転職を決意しました。営業職という未経験の業種でしたが、27歳という年齢を機に チャレンジしてみようと思いました。
    働いてみて、お客様の笑顔を引き出すのって、とても大事で、その術を私は前職で身につけられていたんだな、と気づきました。 レディくるはヒヤリングを徹底していて、お客様が何でも安心して相談出来る場づくりというのを大事にしています。この時に、笑顔を引き出せることが、強みになるなと感じました。
    営業という仕事は、これまでの経験がとても活かせる仕事なのだなと、 実感しています。また、お客様と話す中で、今まで経験していない事や、知らなかったことも 多くあります。そのおかげで様々な業界知識を身に着けることができました。 知識だけでなく、人脈もとても広がるので、 新卒でこの仕事と出会っていれば!と思うことも多いです。
  • 私がフロンティアと出会ったのは、転職活動をはじめた時でした。大学卒業後、大手ドラッグストアで 店舗の販売員として働いていたのですが、もっと密に会社の運営に関われるところで働きたいと思い、 転職をすることにしました。
    たまたま出会った、フロンティアの事業を聞き、他の企業にはないサービス 展開と、まだ少人数で会社としても成長中だったことに魅力を感じ、入社を決めました!
    中途入社ということで、社会人経験があるからこそ、臨機応変な対応やコミュニケーション能力は、 はじめから求められていたな、と思います。
    実際に働き始めて、新たに身につくこともたくさんありますが、 前職で身に着けたスキルが生かせているなと感じることもあります。私の場合だと、販促物やパッケージ の制作については、前職の時、店頭で様々な商品を扱い、POPや店頭什器なども使用していた経 験があったからこそ、実際の現場経験者からの視点でクライアント様にご提案をすることができました。 これまでの経験は、活かしやすいと思います。
  • 私がレディくるになろうと思ったのは、代表高橋の懐の大きさ、 事業課長の率直で裏表のない人柄に惹かれたことと、 やっぱりサービスの面白さに惹かれたからです。
    レディくるというサービスは、業種を問わずに学び続けることが必要です。 そこに面白さを感じました。私はこれまで、不動産会社で新規のテレアポ、 カフェ、アパレル、住宅仲介の事務など、様々な仕事を経験してきました。 レディくるの仕事は、前職のみならず、日々の情報収集や興味のあることなど、 すべての経験の積み重ねが、業務に活きる仕事だと感じます。
    この仕事をしていて大事だなと感じるのは、社会的常識の部分です。 中途で入れば、なおさら求められる部分だと思います。 私も至らない点があることが恥ずかしいですが、社会人として人と接することを通し、 相手に不快な思いをさせないことはもちろん、 相手を思いやって働くことは大事だなと思います。
  • 色々なことを学べるレディくるのサービス内容と、 自社のサービスに自信を持って営業できるところ、 そして、チャレンジさせてもらえて、自分の成長にもなりそうだなと思ったこと、 そしてそして、何より会社の雰囲気に惹かれて、入社を決めました!
    社会人としてやっていけるかなど、いろいろな不安はありましたが、 パワーポイントの使い方やプレゼンの仕方、大学の先生に教えていただいたこと (ブランディングの意味とか自己開示の大切さとか)、 アルバイトで幅広い年代の人へ接客をしたことなどなど、 これまでに経験したことがいろんな形で仕事に生かすことができました!
    経験を活かしつつ、色々な業種の企業様を回っているので、 この業種は広告にたくさんお金をかけていて、この業界は広告には結構閉鎖的なんだな、 など色々気づきがあって、とても面白いです!
採用ページTOPへ戻る
SHARE